ハワイ(ホノルル周辺)のガーリックシュリンプを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

Pocket
LINEで送る

ハワイ名物、ガーリックシュリンプ。

ガーリックシュリンプの有名店といえば、

カフク、ハレイワといった、ノースショアのイメージですが、

わざわざノースショアまで行かなくとも、旨いガーリックシュリンプは食べられます。

 

ほとんどの人がワイキキに滞在するんだから、

手軽に食べに行けなければ意味も無いよね。

って事で、ホノルル周辺でガーリックシュリンプ食べ歩きました。

個人的なオススメ順に、ご紹介。

海老のフレッシュさと、ソースの濃厚さが決め手です。

Barefoot Beach Cafe(ベアフット ビーチ カフェ)

ビーチサイドに有る店舗で、ロケーション最高のベアフットビーチカフェ。

DSC05654

エッグベネディクト、ロコモコ、アサイボウルにパンケーキと・・・

ハワイ定番メニューが揃いますが、ガーリックシュリンプも美味しくてビックリ。

 

海沿いの席。赤いパラソルも有名ですね。

DSC05686

公園(Kapiolani Regional Park)側の席。昼時でしたが空いてました。

DSC05657

ガーリックシュリンプ(Shrimp Plate)は15ドル

DSC05681

一緒に頼んだオニオンリング(Onion Rings)は6ドルでしたが・・・可も無く不可もなく。

 

定番のガーリックバターのソースでは無く、濃厚でスパイシーでクリーミーなソース。

DSC05675

海老は大粒でプリプリだけでなく、凄いジューシー。背中切込みの殻付きタイプ。

DSC05684

実は、ブルーウォーターシュリンプ系列店という事で、

ガーリックシュリンプの味はお墨付き。

そう言われてみれば、確かに海老の半レアブリブリ感が一緒な気がする。

 

ベアフットビーチカフェは、ワイキキから海沿いを歩いていれば、到着します。

クイーンズビーチ(Queens Beach)を過ぎたあたり、赤いパラソルが目印です。

DSC05653

なにより、目の前が絶景なので、何食べても美味しく感じてしまうという。

DSC05665

エッグベネディクトや、パンケーキ、アサイボウル・・・と、

簡易的な店舗とは裏腹に、どのメニューも美味しいし、どのメニューも量が多いです。

ガーリックシュリンプに限らず、訪れるべき店舗の一つかと。

 

d.k Steak House(d.k ステーキ ハウス)

熟成肉で有名なd.k ステーキハウス。

ステーキ店のガーリックシュリンプですが、

下手なフードトラックより、断然美味しくて、値段も格安でした。

DSC01310

Monster Shrimp Scampi(モンスター シュリンプ スカンピ)は、13.25ドル

大きな海老のガーリックバターソースという事で、ホントに海老がデカい。

DSC01323

海老がデカいだけでなく、ブリンブリン。殻も取ってあるので食べやすい。

DSC01325

何より美味しいのが、このバターソース。濃厚さヤバいです。

DSC01328

パンに染み染みして食べれば、病気になりそうな美味しさ。

パンもサービスで提供されるから・・・もぅエンドレスに食べられる。

 

メインの熟成肉も美味しくて、他店よりも格安なので、何を食べるにしてもオススメ。

DSC01344

レストランなので、それなりの料金が取られるのが難点かな。

ガーリックシュリンプだけって訳にも行かず、食べ歩きもできませんからね。

 

フードトラックや屋台店舗って、その時々で、味もマチマチだし、

作る人次第で、味も結構違うっていう。

その点、シェフの居るレストランなら、ブレの無い店の味が食べれます。

調理スタッフが居るという事は、味のバラつきも少ないですから。

 

ちなみに、ドレスコードを懸念して長ズボンに着替えて入ったんだけど、

ディナータイムでも、短パンサンダルの人居ましたからね。

カジュアルな雰囲気なレストランってのもGoodなポイント。

日本語メニューも有るし、スタッフも日本語ペラペラでした。

 

Bogart’s Cafe(ボガーツ カフェ)

アサイーボウルで有名店ボガーツ。

ハワイのアサイーボウルを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

 

行列なのは、アサイボウルが美味しいからというワケでも有りません。

その他メニューも絶品で、

ガーリックシュリンプ(Garlic Shrimp Plate)も、ご多分に漏れず美味。

14.4ドルで量も多い。盛り盛り。

DSC06275

サラダが鬼盛りなので、エビとライスが見えないっていう。

ほぼサラダしか見えませんが、ご飯も海老もガッツリ入ってます。

DSC06277

サラダにかけるドレッシングがこれまた美味しい。不思議なソース。

DSC06284

海老は大粒でフレッシュ。背中を切込んだ殻付きタイプ。

味は、定番のガーリックバターの味で、ザ・ガーリックシュリンプっていう感じ。

DSC06276

ご飯も固すぎず、柔らかすぎず、良い炊き加減。

DSC06291

 

ガーリックシュリンプに負けじと美味しかったのが、

カニとアボカドのオムレツ(Crab Avocado Omelette)で13ドル

DSC06278

その名とおり、カニとアボカドがゴロゴロと、蟹の風味も最高でした。

DSC06286

ボガーツは、人気メニューだらけ。

DSC06255

フライドライスや、ワッフル、サンドウィッチ・・・悩むね。

こちらも、ガーリックシュリンプだけじゃない店舗です。

ちなみに、クレジットカードは使えない、キャッシュオンリー店舗なので注意。

 

Blue Water Shrimp & Seafood Market(ブルー ウォーター シュリンプ & シーフード マーケット)

ノースショア、ハレイワの名店ブルーウォーター・シュリンプは、

ワイキキに進出・・・というか移転。

ホノルル周辺に2店舗も有り、気軽にノースショアの本格な味が楽しめます。

 

ブルーウォーターシュリンプの店舗

  • アラモアナセンター店(1階フードコート内)
  • ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート店

 

今回は、アラモアナショッピングセンターのフードコート(マカイマーケット)の店舗へ。

DSC01706

6尾で10.95ドル、9尾で14.95ドル

味はマイルド、ミディアム、スパイシーの3種類から選べます。

今回は9尾で、スパイシー味をチョイス。

DSC01746

海老は大きく、しっとりブリブリ。

いい意味で生っぽさを感じるくらいしっとりしてる。

DSC01752

ただ味付けがちょっと微妙。塩気が強かった。

ご飯はパラパラっとしてますが、ソースと絡めて丁度良い感じ。

DSC01750

ただやっぱり、ちょっとしょっぱいな。

付け合わせは、たっぷりのサラダと、ライスアゲイン。

DSC01749

海老の下にもたっぷりライスが入ってるので、結構なボリュームです。

3種類の味が選択できるので、好みを探すのも楽しいと思う。

 

ちなみに、日本にも進出しており、4店舗も有ります。

ブルーウォーターシュリンプの日本店舗

  • ブルーウォーターシュリンプ 上越店
  • ブルーウォーターシュリンプ 横浜ワールドポーターズ店
  • ブルーウォーターシュリンプ イオンモール幕張新都心店
  • ブルーウォーターシュリンプ 沖縄ライカム店

日本進出したハワイで大人気の有名店。ハワイ店舗との違い。

 

Ken’s Kitchen(ケンズ・キッチン)

アロハテーブルの目の前に、青いトラックが登場。

ガーリックシュリンプ専門店が出来たという事で、行ってきました。

ハワイで1番美味しいという事ですが・・・その根拠は謎。

DSC01575

定番のガーリックバター、スパイシーだけでなく、

レッドカレー、タイバジル味も有ります。全て15ドル

DSC01570 (2)

唐揚げ12ドル、ニューヨークステーキ20ドルも売ってます。

クレジットカードは利用不可能で、現金のみ。

店員さんは日本語OK。アロハテーブルも関係しているのかな?

日系店舗で、お客さんも日本人だらけぇ~。

 

スパイシー味をチョイス。サラダとパイナップルも付いてます。

DSC01583

海老は大粒ですが、ブリブリ感は控えめ。

DSC01589

海老よりも、ソースが美味しかった。

辛いだけじゃないし、ガーリックたっぷりなのも見てわかる。

 

ご飯の炊き加減も丁度良いので、ソースと絡めてこれは一つの料理。

DSC01593

サラダのドレッシングも美味しくて、備え付けのパイナップルも激アマでした。

 

免税店裏という事で、アクセスは良いのですが、食べる場所が微妙です。

その場で食べるにしろ駐車場だし、日当たり抜群過ぎる。

DSC01570

日陰の椅子も、店舗前で狭く、ちょっと微妙っていう・・・

DSC01572

ビーチも公園も近くに無いので、ホテルが近いなら良いんですけどね。

私はTo Goにして、食べる場所に困りました。

 

Sam’s Kitchen(サムズ キッチン)

ワイキキで本格的なガーリックシュリンプが食べられるという、サムズキッチン。

場所が変わってしまって、分かりづらい場所に有りました。

DSC01552

看板は出てますが、ここ店舗?って言う感じのところを入って行きます。

DSC01553

店舗は細長く、注文する場所は、一番奥の奥の突き当り。

DSC01559

ガーリックシュリンプは12ドルですが、

1ドル追加でライス or サラダ付きとなるので、プレートなら13ドルって感じ。

 

レジをしてくれた店員さんが、会計後作ってくれました。

揚げてる揚げてるっ~で、出てきたガーリックシュリンプ。

DSC01562

エビがプリプリって伺ってましたが・・・なんかイメージと違う。

海老の唐揚げ状態のモノに、ガーリックソースがボロっと乗っている程度。

DSC01564

ガーリックもボトボトっと乗っている程度で、ソースという感じでもない。

DSC01565

海老もパサパサだし、これで13ドルは、正直無いな。

DSC01566

口コミサイトや、聞いていた評判とも違うので、オーダー間違えたのかと思ったけど、

間違えようも無いし、移転して味が変わったのか?

仕上がり具合に差があるのか?疑問は尽きません。

私はハズレを引いてしまったのかも。

店員さんも、イマイチやる気無かったし。まぁ、もう2度と行かないでしょう。

 

Goofy Cafe & Dine(グーフィ カフェ & ダイン)

アロハテーブル系のグーフィカフェダイン。

せっかくなので、行ってきました。

DSC05957 (2)

ガーリックシュリンプ(Kauai Garlic Shrimp)は16ドル

DSC05970

海老の頭付きでカリカリに揚がってる。

ガーリック感も控えめで、ガーリックシュリンプというよりも、

エビの素揚げっぽい感じ。

DSC05971

小粒だから頭ごとイケるんだろうけど、殻を食べる感じは否めない。

 

ご飯は美味しい。流石の日系ハワイアンカフェ。

DSC05977 (2)

人気という事で行ってみましたが、日本人行列・・・混んでます。

DSC05959

店舗は広く無いですが、日本人が好きそうな雰囲気。

アロハテーブル系という事で、日本語スタッフが常駐しています。

DSC05976

ロコモコ、エッグベネディクトを食べてる人が多かった印象。

ヒルトンホテル近くなので、朝食狙いで、再挑戦してみます。

 

ガーリックシュリンプは当たり前に美味しい。

ガーリックシュリンプの名店と言われる店舗で食べてきましたが、

なんか、思ってたのと違うって事・・・正直、結構ありました。

人気店ゆえに、期待値も上がってしまい、

実際、まぁこんなもんだよね。ちょっと残念な感じ。皆経験してるよね。

 

人気店ほど混雑しちゃって、作ってる人は忙しくなっちゃって、

サービスや、味の維持も難しいのかなって、そんな感じもしてしまいました。

いつまでも最高のクオリティで、毎回提供するのも難しいよね。

屋台やトラックで作ってるんだからね。

 

考えたら、ガーリックとバターだけで、最高に美味しいの。

海老だって高級食材、基本的に外れたら困る。

ガーリックシュリンプという言葉に、縛られ過ぎてた私。

専門店じゃない店でも、エビ料理は旨いから。

レストランでも気にせず頼んでみて。

 

ちなみに、ハワイでガーリックシュリンプを流行らせた店舗といえば、

ジョバンニズ・シュリンプトラックが有名ですが、

日本にも店舗有るし、あのソースは日本で購入できます。


GIOVANNI’S ジョバニンズ スキャンピマリネード 354ml 3本セット【ハワイアン 雑貨 ハワイアン雑貨 ハワイ 雑貨 ハワイ雑貨 Hawaii スキャンピソース ガーリックシュリンプ ガーリックオイル クリスマス】

 

ハワイでガーリックシュリンプは15ドル前後の価格帯、日本円に換算したら約2000円。

フードトラックで作れるんだから、自宅のキッチンでもお手軽。

ソースとエビを用意して絡めるだけ。日本の海老も美味しいから。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です