ハワイ(ホノルル周辺)のガーリックシュリンプを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

ハワイ名物、ガーリックシュリンプ。
ガーリックシュリンプの有名店といえば、
カフク、ハレイワといった、ノースショアのイメージですが、
わざわざノースショアまで行かなくとも、旨いガーリックシュリンプは食べられます。

ほとんどの人がワイキキに滞在するんだから、
手軽に食べに行けなければ意味も無いよね。
って事で、ホノルル&ワイキキ周辺でガーリックシュリンプ食べ歩きました。
個人的なオススメ順に、ご紹介。
海老のフレッシュさと、ソースの濃厚さが決め手です。

目次

Barefoot Beach Cafe(ベアフット ビーチ カフェ)

ビーチサイドに有る店舗で、ロケーション最高のベアフットビーチカフェ。

エッグベネディクト、ロコモコ、アサイボウルにパンケーキと・・・
ハワイ定番メニューが揃いますが、ガーリックシュリンプも美味しくてビックリ。

海沿いの席。赤いパラソルも有名ですね。

公園(Kapiolani Regional Park)側の席。昼時でしたが空いてました。

ガーリックシュリンプ(Shrimp Plate)は15ドル

一緒に頼んだオニオンリング(Onion Rings)は6ドルでしたが・・・可も無く不可もなく。
定番のガーリックバターのソースでは無く、濃厚でスパイシーでクリーミーなソース。

海老は大粒でプリプリだけでなく、凄いジューシー。背中切込みの殻付きタイプ。

実は、ブルーウォーターシュリンプ系列店という事で、
ガーリックシュリンプの味はお墨付き。
そう言われてみれば、確かに味付けや、
海老の半レアブリブリ感が一緒な気がする。

ベアフットビーチカフェは、ワイキキから海沿いを歩いていれば、到着します。
クイーンズビーチ(Queens Beach)を過ぎたあたり、赤いパラソルが目印です。

なにより、目の前が絶景なので、何食べても美味しく感じてしまうという。

エッグベネディクトや、パンケーキ、アサイボウル・・・と、
簡易的な店舗とは裏腹に、どのメニューも美味しいし、どのメニューも量が多いです。
ガーリックシュリンプに限らず、訪れるべき店舗の一つかと。

ただ、注意点としては、鳥さんが多いので・・・
食べ物を置いたまま席を立つと、鳩の群れに襲われるという悲惨な事態を招きます。

くれぐれも料理を置いたまま、席を離れないように。注意です。

Barefoot Beach Cafeの場所

  • 営業時間:7:00~20:30
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

d.k Steak House(d.k ステーキ ハウス)

熟成肉で有名なd.k ステーキハウス。
ステーキ店のガーリックシュリンプですが、
下手なフードトラックより、断然美味しくて、値段も格安でした。

Monster Shrimp Scampi(モンスター シュリンプ スカンピ)は、13.25ドル
大きな海老のガーリックバターソースという事で、ホントに海老がデカい。

海老がデカいだけでなく、ブリンブリン。殻も取ってあるので食べやすい。

何より美味しいのが、このバターソース。濃厚さヤバいです。

パンに染み染みして食べれば、病気になりそうな美味しさ。
パンもサービスで提供されるから・・・もぅエンドレスに食べられる。

メインの熟成肉も美味しくて、
他店よりも格安なので、何を食べるにしてもオススメ。
ウルフギャング、ルースズクリス・・・よりも、私はdkステーキハウス派。

ホノルル(ワイキキ周辺)のステーキ店を食べ比べ。勝手にオススメランキング。

レストランなので、それなりの料金が取られるのが難点かな。
ガーリックシュリンプだけって訳にも行かず、食べ歩きもできませんからね。

フードトラックや屋台店舗って、その時々で、味もマチマチだし、
作る人次第で、味も結構違うっていう。
その点、シェフの居るレストランなら、ブレの無い店の味が食べれます。
調理スタッフが居るという事は、味のバラつきも少ないですから。

ちなみに、ドレスコードを懸念して長ズボンに着替えて入ったんだけど、
ディナータイムでも、短パンサンダルの人居ましたからね。
カジュアルな雰囲気なレストランってのもGoodなポイント。
日本語メニューも有るし、スタッフも日本語ペラペラでした。

レストランの場所は、マリオットホテルの3階。
宿泊せずともレストランは利用できますが、ついでに泊まりたいホテル。

Waikiki Beach Marriott Resort & Spa(ワイキキ ビーチ マリオット リゾート & スパ)宿泊レビュー。

D.Kステーキハウスは、人気店なので予約してくのがベターです。

d.kステーキハウスを予約する

DK Steak Houseの場所

  • 営業時間:11:00~15:00、17:00~0:00
  • ハッピーアワー:火曜〜土曜の17:30~19:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:必要

Bogart’s Cafe(ボガーツ カフェ)

アサイーボウルで有名店ボガーツ。

ハワイのアサイーボウルを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

行列なのは、アサイボウルが美味しいからというワケでも有りません。
その他メニューも絶品で、
ガーリックシュリンプ(Garlic Shrimp Plate)も、ご多分に漏れず美味。
14.4ドルで量も多い。盛り盛り。

サラダが鬼盛りなので、エビとライスが見えないっていう。
ほぼサラダしか見えませんが、ご飯も海老もガッツリ入ってます。

サラダにかけるドレッシングがこれまた美味しい。不思議なソース。

海老は大粒でフレッシュ。背中を切込んだ殻付きタイプ。
味は、定番のガーリックバターの味で、ザ・ガーリックシュリンプっていう感じ。

ご飯も固すぎず、柔らかすぎず、良い炊き加減。

ガーリックシュリンプに負けじと美味しかったのが、
カニとアボカドのオムレツ(Crab Avocado Omelette)で13ドル

その名とおり、カニとアボカドがゴロゴロと、蟹の風味も最高でした。

ボガーツは、人気メニューだらけ。

フライドライスや、ワッフル、サンドウィッチ・・・悩むね。
こちらも、ガーリックシュリンプだけじゃない店舗です。
ちなみに、クレジットカードは使えない、キャッシュオンリー店舗なので注意。

Bogart’s Cafeの場所

  • 営業時間:7:00~17:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用不可能
  • チップ:基本不要(ドリンクもセルフ)

Blue Water Shrimp & Seafood Market(ブルー ウォーター シュリンプ & シーフード マーケット)

ノースショア、ハレイワの名店ブルーウォーター・シュリンプは、
ワイキキに進出・・・というか移転。
ホノルル周辺に3店舗も有り、気軽にノースショアの本格な味が楽しめます。
ワイキキなら、クヒオ通りのお店が一番アクセスが良いかと。

ブルーウォーターシュリンプの店舗

  • アラモアナセンター店(1階フードコート内)
  • ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾート店
  • クヒオ通り店(VIPレンタカー駐車場内)

私がよく行くのは、アラモアナショッピングセンターのフードコート(マカイマーケット)の店舗。

6尾で10.95ドル、9尾で14.95ドル
以前は、マイルド、ミディアム、スパイシーの3種類の味から選べたのですが・・・
マイルド or スパイシーの2択となってました。

ご飯かサラダを選べます。
今回は9尾のスパイシー味をチョイス。

海老は大きく、しっとりブリブリ。
いい意味で生っぽさを感じるくらいしっとりしてる。

ただ味付けがちょっと微妙。塩気が強かった。
ご飯はパラパラっとしてますが、ソースと絡めて丁度良い感じ。

ただやっぱり、ちょっとしょっぱいな。
付け合わせは、たっぷりのサラダと、ライスアゲイン。

海老の下にもたっぷりライスが入ってるので、結構なボリュームです。
2種類の味が選択できるのも楽しいと思う。

定番で間違い無いのが、マイルド味。

他店のガーリックシュリンプとは違う、クリーミィーで濃厚なソース。

ソースもたっぷりで、ご飯とも非常に合う。とにかく独特なソースが旨い。
アラモアナセンターでガーリックシュリンプを食べるなら、間違い無くココですね。
ちなみに、日本にも進出しており、4店舗も有ります。

ブルーウォーターシュリンプの日本店舗

  • ブルーウォーターシュリンプ 上越店
  • ブルーウォーターシュリンプ 横浜ワールドポーターズ店
  • ブルーウォーターシュリンプ イオンモール幕張新都心店
  • ブルーウォーターシュリンプ 沖縄ライカム店

日本進出したハワイで大人気の有名店。ハワイ店舗との違い。

Blue Water Shrimp & Seafood Marketの場所

  • 営業時間:9:00~19:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

Nico’s Pier 38(ニコス ピア 38)

海鮮といえば漁港。
新鮮なシーフード料理ならニコスピア38が間違いない。
ハワイの名物、ガーリックシュリンプも有ります。

調理したガーリックシュリンプが食べられるのは、
右側の店舗レストランの方。
といっても、夕方以外はテイクアウトメインなんで、
チップ不要で、気軽に利用できます。

カウンターで注文して、
料理が出来上がったら、自分で取りに行くフードコートスタイル。

注文したら呼び出し用の端末が渡され、席も自由に座れます。

料理が入ったプレートボックス。

正確には、ガーリックシュリンプではなく、
Garlic Pesto Shrimpで14ドル
ペストといえばバジリコなので、バジル風味のエビ料理です。
ガーリックシュリンプで紹介されがちだけど、見た目も他店とは違います。

ライスは白米、玄米が選べ、サラダもマカロニとグリーンサラダが選べます。
グリーンサラダを選んだ場合は、こんなん付いてきます。

Pestoなので、ガーリックというよりは、ガーリック抑えめの上品な味。
イタリア~ンな味で美味しいです。
エビは小ぶりですが、殻が剥いて有って食べやすいし。

ニコスピアは漁港だけあって、魚料理はどれもハズレ無しなんで、
シュリンプ以外も、海鮮料理が食べれるのも嬉しいところ。

隣にあるフィッシュマーケットのポキも有名なので、
一緒に食べたら、幸せになれます。
フィッシュマーケットでは、ポキのガーリックシュリンプも売ってますので。

ハワイ(ホノルル周辺)のアヒポキ&ポキ丼を食べ比べ。勝手にオススメランキング。

難点は、やはりアクセス。
ワイキキ方面からは、「19番」「20番」のバスで約30~40分の距離。
アラモアナセンターからだと、「40番」「50番」「C」のバスで行けました。
The Busを使うなら、Google Mapが有ると便利です。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

最寄りのバス停からも歩きますので、
バスで行く場合は、気合を入れて行きましょう。

Nico’s Pear 38までのアクセス

Nico’s Pear 38(Restaurant)の営業時間

  • Breakfast:6:30~10:00(日曜日は朝食休み)
  • Lunch:10:00~16:00
  • Happy Hour at the Bar:16:00~18:00
  • Dinner:17:00~21:00
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要(ディナータイムを除く)

Nico’s Pear 38 Fish Marketの営業時間

  • 月~土曜日:6:30~18:00
  • 日曜日:10:00~16:00
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

STEAK & FISH COMPANY(ステーキ&フィッシュ・カンパニー)

こちらも、アラモアナセンターのフードコートに有るステーキ&シーフード屋さん。

Steak&Scallopのセット。14.95ドル+TAX 0.7ドルの合計15.65ドルでした。
ステーキもガーリックシュリンプも食べれて、この値段は格安。

エビはガーリックシュリンプというよりも、バーベキュー的な味付け。
香ばしい匂いがまた、食欲をそそります。

ガーリックゴリゴリのガーリックシュリンプを求めるなら、
同じくフードコードのブルーウォーターシュリンプを食べれば良いわけだから。

肉も柔らかくて、グレービーソースがかかってる、マッシュポテトも最高。
野菜もよく分かんないけど、美味しいから。
ガーリックシュリンプだけだと、後半飽きてくるし、
なによりステーキが柔らかくて旨い。
両方楽しめるってコストパフォーマンスは高いかと。

STEAK & FISH COMPANYの場所

  • 営業時間:10:00~21:00 ※日曜日19:00まで
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

Hau Tree Lanai Restaurant(ハウツリーラナイ)

エッグベネディクトで有名なハウツリーラナイ。

Spicy Garlic Shrimp(スパイシーガーリックシュリンプ)は25ドル

見るからに辛そうですが、激辛なので注意。この激辛ソースでご飯が進む進む。

エビの殻が向いてあるタイプなので、非常に食べやすい。
殻無しなのに、大粒ですから。

辛いのが苦手な方には、
Garlic Shrimp Scampi(ガーリックシュリンプスカンピ)21ドルもオススメ。

有名なエッグベネディクトも間違いないし、景色も非常に綺麗なので、

難点は、ワイキキから歩いて行くとちょっと遠く、
ホテルのレストランという事も有り、料金が高め。
2人でドリンクを頼むとなると、チップ込で70ドルは超えてしまうかと。
エッグベネディクト次いでに、シュリンプも試してみてはいかがでしょうか?

Hau Tree Lanaiの場所

  • 営業時間:7:00~11:00、11:45~14:00、17:30~21:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:必要

Ken’s Kitchen(ケンズ・キッチン)

アロハテーブルの目の前に、青いトラックが登場。
ガーリックシュリンプ専門店が出来たという事で、行ってきました。
ハワイで1番美味しいという事ですが・・・その根拠は謎。

定番のガーリックバター、スパイシーだけでなく、
レッドカレー、タイバジル味も有ります。全て15ドル

唐揚げ12ドル、ニューヨークステーキ20ドルも売ってます。
クレジットカードは利用不可能で、現金のみ。
店員さんは日本語OK。アロハテーブルも関係しているのかな?
日系店舗で、お客さんも日本人だらけぇ~。

スパイシー味をチョイス。サラダとパイナップルも付いてます。

海老は大粒ですが、ブリブリ感は控えめ。

海老よりも、ソースが美味しかった。
辛いだけじゃないし、ガーリックたっぷりなのも見てわかる。

ご飯の炊き加減も丁度良いので、ソースと絡めてこれは一つの料理。

サラダのドレッシングも美味しくて、備え付けのパイナップルも激アマでした。

免税店裏という事で、アクセスは良いのですが、食べる場所が微妙です。
その場で食べるにしろ駐車場だし、日当たり抜群過ぎる。

日陰の椅子も、店舗前で狭く、ちょっと微妙っていう・・・

ビーチも公園も近くに無いので、ホテルが近いなら良いんですけどね。
私はTo Goにして、食べる場所に困りました。

Ken’s Kitchenの場所

  • 営業時間:11:30〜15:00、17:30〜21:30
  • 定休日:不定休
  • クレジットカード:利用不可能
  • チップ:不要

Giovannni Pastrami(ジョバンニ・パストラミ)

ガーリックシュリンプで有名な、落書きだらけのフードトラックといえば、
Giovanni’s Shrimp Truck(ジョバンニ・シュリンプ・トラック)。
あのジョバンニのガーリックシュリンプが、ワイキキで食べれます。
ワイキキ中心地に店舗を構えるのが、ジョバンニ・パストラミです。

店内はレストランと言うよりも、スポーツバーの雰囲気。

ジョバンニ名物のガーリックシュリンプ。21ドル

ニンニクがゴロゴロ、丸ごと入ってたりします。

ガーリックシュリンプは殻付きタイプ。味はニンニクのゴリ押し。
ニンニク風味が強いだけで味は微妙・・・というかスッゲ薄い。
ソースも少ないので、ご飯も余る余る。結果、塩をかけて食べましたとさ。

塩ニンニクにしたら旨かったけど、そういう事じゃないと思うんだ。

この店で、日本人に人気だという、トリプルプレイも注文しましたが・・・

エッグベネディクトのマフィン部分はただのパン。パサパサ。
ロコモコの肉もゴムのように硬く、ご飯も団子状。これは不味いレベル。

パンケーキのイチゴは美味しかったけど・・・これで23ドルですからね。
申し訳無いですが、お世辞にも美味しいとは思えませんでした。
これならハワイ名物が3種同時に食べれると思われがちですが、
これが本場の味だと思われてしまうと悲しいね。

メニューは完全に日本語対応しているので、観光客向け店になってしまったのかと。
だけど、店員は日本語は話せません。

昼時にいきましたが、店内もガラガラ。日本人グループがポチポチと。

料金も二人で、53.41ドル
チップ18%を含めたら、合計63.41ドルでした。
ランチタイムから、中々の高級店プライス。コスパ悪し。

ガーリックシュリンプは非常に有名なのですが、
他にも美味しいお店は多いので・・・まぁ、一度行けば良いかなと。

Giovannni Pastramiの場所

  • 営業時間:8:00〜0:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:必要

Sam’s Kitchen(サムズ キッチン)

ワイキキで本格的なガーリックシュリンプが食べられるという、サムズキッチン。
場所が変わってしまって、分かりづらい場所に有りました。

看板は出てますが、ここ店舗?って言う感じのところを入って行きます。

店舗は細長く、注文する場所は、一番奥の奥の突き当り。

ガーリックシュリンプは12ドルですが
1ドル追加でライス or サラダ付きとなるので、プレートなら13ドルって感じ。

レジをしてくれた店員さんが、会計後作ってくれました。
揚げてる揚げてるっ~で、出てきたガーリックシュリンプ。

エビがプリプリって伺ってましたが・・・なんかイメージと違う。
海老の唐揚げ状態のモノに、ガーリックソースがボロっと乗っている程度。

ガーリックもボトボトっと乗っている程度で、ソースという感じでもない。

海老もパサパサだし、これで13ドルは、正直無いな。

口コミサイトや、聞いていた評判とも違うので、オーダー間違えたのかと思ったけど、
間違えようも無いし、移転して味が変わったのか?
仕上がり具合に差があるのか?疑問は尽きません。
私はハズレを引いてしまったのかも。
店員さんも、イマイチやる気無かったし。まぁ、もう2度と行かないでしょう。

Sam’s Kitchenの場所

  • 営業時間:10:00~23:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

Five Star Shrimp(ファイブスターシュリンプ)※閉店

※2018年6月30日、ファイブスターシュリンプのフードトラックが有る、
パウハナマーケットが閉店となりました。

ワイキキの屋台村の中にある、ファイブスターシュリンプ。
雑誌でも必ず紹介されているので、とりあえず行ってみました。

ガーリックシュリンプといえば、フードトラックですね。

一番人気はGarlic。次いでLemon Butter、Spicyという順番みたい。

私は、定番で一番人気のGarlic Shrimpを注文。
ご飯の上にガーリックの潰したソースが乗っかってます。

エビはフレッシュでブリブリな感じ。

ただ、エビは美味しいのですが、

味付けはシンプルなニンニク味で、全体的に味が薄い。

ソースも少ないので・・・ガーリックとご飯を絡めて食べられなーい。

付け合わせのマカロニも微妙。サラダは美味しかったけど。
私ならオススメしない。

ワイキキ周辺でアクセスは良いので、手軽に食べられるって点では良いけど・・・
ガーリックシュリンプとしてはイマイチですね。
価格は14.99ドルで、TAX込みで15.70ドル
味も微妙で、ちょっと高いと感じたのは、私だけでも無いハズ。

Five Star Shrimpの場所

  • 営業時間:7:00~22:00
  • 定休日:無し
  • クレジットカード:利用可能
  • チップ:不要

Goofy Cafe & Dine(グーフィ カフェ & ダイン)

アロハテーブル系のグーフィカフェダイン。
せっかくなので、行ってきました。

ガーリックシュリンプ(Kauai Garlic Shrimp)は16ドル。レストラン料金。

海老の頭付きでカリカリに揚がってる。
ガーリック感も控えめで、ガーリックシュリンプというよりも、
エビの素揚げっぽい感じ。

小粒だから頭ごとイケるんだろうけど、殻を食べる感じは否めない。

ご飯は美味しい。流石の日系ハワイアンカフェ。
ただ、ガーリックシュリンプの醍醐味、ガーリックソースも無いので・・・

いや、まじでエビの素揚げやーん。

人気という事で行ってみましたが、日本人行列で・・・混んでました。

店舗は広く無いですが、日本人が好きそうな雰囲気。
アロハテーブル系という事で、日本語スタッフが常駐しています。

ロコモコ、エッグベネディクトを食べてる人が多かった印象。
ヒルトンホテル近くなので、朝食狙いで、再挑戦してみます。

GOOFY Cafe & Dineの場所

  • 営業時間:7:00~23:00
  • 定休日:無し

ハワイでオススメのガーリックシュリンプまとめ。

ガーリックシュリンプの名店と言われる店舗で食べてきましたが、
なんか、思ってたのと違うって事・・・正直、結構ありました。
人気店ゆえに、期待値も上がってしまい、
実際、まぁこんなもんだよね。ちょっと残念な感じ。皆経験してるよね。

人気店ほど混雑しちゃって、作ってる人は忙しくなっちゃって、
サービスや、味の維持も難しいのかなって、そんな感じもしてしまいました。
いつまでも最高のクオリティで、毎回提供するのも難しいよね。
屋台やトラックで作ってるんだからね。

考えたら、ガーリックとバターだけで、最高に美味しいの。
海老だって高級食材、基本的に外れたら困る。
ガーリックシュリンプという言葉に、縛られ過ぎてた私。
専門店じゃない店でも、エビ料理は旨いから。
レストランでも気にせず頼んでみて。

ガーリックシュリンプに限らず、ハワイはプレート料理が豊富。
同じシーフードでは、ポキ丼も有名だけど・・・ハズれは有りますので。

ホノルル(ワイキキ周辺)のアヒポキ&ポキ丼を食べ比べ。勝手にオススメランキング。

アメリカだけに豪快なステーキプレート。こちらも店舗により微妙に異なります。

ホノルル(ワイキキ周辺)のステーキ店を食べ比べ。勝手にオススメランキング。

ハワイ名物といえばアサイー。これは正解が分からないっすけど。

ハワイのアサイーボウルを食べ比べ。勝手にオススメランキング。

ちなみに、ハワイでガーリックシュリンプを流行らせた店舗といえば、
ジョバンニズ・シュリンプトラックが有名ですが、
日本にも店舗有るし、あのソースは日本で購入できます。


GIOVANNI’S ジョバニンズ スキャンピマリネード 354ml 3本セット【ハワイアン 雑貨 ハワイアン雑貨 ハワイ 雑貨 ハワイ雑貨 Hawaii スキャンピソース ガーリックシュリンプ ガーリックオイル クリスマス】

ハワイでガーリックシュリンプは15ドル前後の価格帯、日本円に換算したら約2000円。
フードトラックで作れるんだから、自宅のキッチンでもお手軽。
ソースとエビを用意して絡めるだけ。日本の海老も美味しいから。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメント一覧 (1件)

  • ファイブスターでガーリックシュリンプたべました。
    トランプホテルにスティしていたのですぐ裏で近いので、部屋にテイクアウト。

    味はさっぱりしていて❔って感じでした。

    ハワイは物価高いですが、価格からするとんんんんん⁉️って感じでした。
    もうここでは買わないかな????

    ウォルマートのなかのショップのガーリックシュリンプは私好みでした。

コメントする

目次
閉じる