マレーシア航空クアラルンプール→成田便(A380-800)ビジネスクラス搭乗レビュー。

マレーシア航空クアラルンプール発ビジネスクラス

マレーシア航空ビジネスクラスセールでのFOP修行。

往路は、まさかの欠航でANA便振替となってしまったので・・・

ANA国際線 羽田→シドニー便ビジネスクラス(B787-9)搭乗レビュー。

 

復路シドニー→クアラルンプールのMH122便に引き続き、

マレーシア航空シドニー→クアラルンプール便(A350-900)ビジネスクラス搭乗レビュー。

クアラルンプール→成田のMH89便となります。

 

同じマレーシア航空のビジネスクラスといえど、

路線が変われば機材も変わり、

もちろんスタッフも変わり、イメージもがらりと違いましたので。

改めまして、ここに搭乗記録を残しておきます。

MH89便で搭乗した機材:A380-800

私が搭乗したのは、

クアラルンプール23時30分発→成田7時40分着のMH88便。

DSC05422

機材はエアバスの「Airbus A380-800」。

空いていたので、二人並び席の窓際席を選びました。

2018-10-06_06h36_06

エアバス社のA380は、2階建ての超大型旅客機であり、

2019年春には、ANAのハワイ便で導入予定となってる機体。

日本発着の便も限られているので、私も初めて搭乗でした。

乗るときも1階と2階に分かれてたんで、新鮮でした。

 

ちなみに、今回は乗れなかった往路の成田発便(M89)でも、

全く同じ機材A380-900に乗る予定となってましたので、

成田→クアラルンプールでも同じような感じになるのかと。

マレーシア航空ビジネスクラスの機内食(クアラルンプール発)

マレーシア航空のビジネスクラスといえば、

事前オーダーのChef-on-Call(シェフ・オン・コール)。

クアラルンプール発のメニューは、

往路のシドニー行きも、復路の成田行きも全く一緒。

やはり、出発場所で料理が変わるのですね。

※参考→シェフ・オン・コール

 

今回私が利用した、クアラルンプール発便は、以下のメニュー。

2018-10-06_06h39_05

Chef-on-Callメニュー From Kuala Lumpur

  • Braised Lamb Shank
  • Beef Cheek with Polenta and Vegetables
  • Cod Papilotte
  • Beef Rib with Apple & Demi Glaze
  • Pan Fried Silver Cod with Soya Glaze

※2018年10月現在のメニュー

 

シェフオンコールを頼まなかった場合は、

ナシレマッ、オムレツ、フレンチトースト・・・と朝食系メニューとなります。

IMG_3330

搭乗時に注文できるメニュー

  • Fruit Smoothie
  • Seasonal Fruit
  • Yoghurt
  • Cereal
  • Bakery Selection
  • Nasi Lemak
  • Mushroom Omelette
  • French Toast filled with Mango and Coconut
  • Traditional Japanese Favourites

クアラルンプール→成田は、深夜発の早朝着便なので、

逆方向の成田→クアラルンプールの方が、料理もメインとなるみたいですね。

ウェルカムドリンク→おつまみ

ビジネスクラス恒例のウェルカムドリンク。

何のジュースだったか忘れました。

DSC05408

 

離陸後にドリンクサービスと、おつまみのサービス。

Black SoyのNat Mixは、MH122便と一緒。

IMG_3313

ゴールデンラウンジで飲みすぎた私は、既に飲む気にならずに。

温かいお茶を頂きました。

サテ(Malaysian Satay)

ドリンクサービスのあとは、マレーシア航空お馴染みのサテ。

深夜発便でも、サテのサービスは有るんだな・・・完全に夜食。

今回はミックスではなく、チキンを頂きました。

DSC05436

お腹いっぱいでも美味しいサテ。安定の旨さです。

夜食(DINE ANY TIME)

サテ提供後に、いつでも注文できるメニューとして、

2種類のメニューが用意されてました。

2018-10-26_05h54_21

DINE ANY TIMEメニュー

  • French Onion Soup
  • Steamed Man Tou Bun with Pulled Chicken Teriyaki,served warm Seasonal Fruit

 

シドニー→クアラルンプール便に比べると、軽食程度の内容。

まぁ、深夜なので皆さんサテも食べずに、寝てる人も多かったですけど。

私も、さすがに注文してません。

ブレックファースト(Chef-on-Call)

到着3時間前頃に、朝食のお伺い。

寝てたんで、後にするかも聞かれましたが・・・寝ぼけながら食べると伝えました。

飲み物は、日本の緑茶をチョイス。

まずはパン、フルーツ、ヨーグルトの提供。

DSC05444

いやーお腹いっぱいだわーって頃に、メインディッシュが登場。

シェフオンコールでチョイスした「Beef Cheek with Polenta and Vegetables」。

早朝からインパクト有ります。

DSC05450

スゲー柔らかくて、お腹いっぱいでも飲めるように食べれました。

箸でほぐれる頬肉。朝からゴクゴク食べてます。

DSC05455

付け合わせの黄色い物体。Polenta(ポレンタ)?コレ駄目でした。

DSC05457

焼きトマトにかかってるソースは、グリーピース。これも苦手やー。

DSC05458

マレーシア航空ビジネスクラスのドリンクメニュー(クアラルンプール発)

基本のドリンクメニューは、シドニー発も、

クアラルンプール発、成田発も変わらなかったです。

 

ソフトドリンクは、コーヒー、茶、ホットチョコレート、

フルーツジュース、ミネラルウォーター、炭酸水。

ただ、ワインのセレクションが、シドニー発便の内容とは異なりました。

IMG_3331

※画像タップ&クリックで拡大します。

IMG_3332

シドニー発で有ったデザートワインが無い。

まぁ、深夜便なので、お酒を楽しむ余裕もありませんでしたけど。

マレーシア航空ビジネスクラスの座席(クアラルンプール発)

私が利用したのは、A380-800というスーパージャンボ機。

座席周りも、非常に広かったです。

DSC05477

全席通路側ではないものの、難なく座席前を歩けるくらい広い。

DSC05402

といっても、私の隣は空席。比較的ガラガラでした。

 

座席には、枕とブランケットと寝る時用のマットレス。

DSC05406

こんなに広いの。

DSC05421

足伸ばしてもぶつかる気配なし。

DSC05474

バッグ置いても余裕。バッグは収納しないと駄目だけど。

DSC05475

 

広いんですが、全体的に設備は古臭い。リモコンも歴史を感じる。

DSC05418

座席操作も分かりづらい。マッサージ機能付いてますが、微妙にバイブするだけ。

DSC05419

座席の隙間にグローバル対応のコンセント。

DSC05466

テーブルは、膝置きに収納されていました。

DSC05424

パカっと開けると、テーブル出てきます。

DSC05425

テーブル出してみた。縦向きから横向きにスライド可能。

DSC05461

 

座席が広い以上に、収納が多く、座席の横に謎の収納ボックス。

DSC05412

蓋をあけると、深めの収納スペース。なんか汚いです。

DSC05407

目の前のディスプレイ下にも収納。

DSC05417

その下にも、更に深めの収納。やっぱりなんか汚いです。

DSC05416

座席の間にも、冊子を収納できそうなスペース。ホコリだらけ。

DSC05470

エンターテイメントモニターも大きい。遠いけど。

DSC05410

モニターの対応言語は、英語とマレー語のみ。

DSC05434

映画も基本的に英語対応ばかり。

シドニー発便に比べるとラインナップも少ない。

イヤホンの穴が見つからない・・・と思ったら、肘掛け下に隠れてました。

USB端子も隣にあります。

DSC05465

 

シートベルトは簡易的なタイプ。ウエストだけでOK。

DSC05423

シドニー発便(A350-900)のように、

肩から斜めにシートベルトする必要は有りません。

 

座席はフルフラットにもなり、囲いも無いので広く感じます。

ただ、やはりプライベート空間が無い中、上を向くのはちょっと抵抗がありました。

結果、壁向きに横になって寝るという。

DSC05440

マットレスは、ペラッペラのタイプ。

シドニー発(A350-900)のマットレスと比べても薄い気が・・・

気持ち程度に敷く感じ。ANAのマットレスの方がダンゼン快適でした。

まぁ、疲れてたんで爆睡しましたけど。

マレーシア航空ビジネスクラスのアメニティ類

貰えるアメニティ類も、シドニー便と一緒でした。

DSC05427

ヘッドフォンがアテンダントから配られるのも一緒。

ただ、スリッパは有りませんでした。

DSC05429

ヘッドフォンは、到着前に回収されます。

アメニティが貰えるのは嬉しいんだけど、

このアメニティポーチ結構かさばるし、片道だけで2個。

DSC05032

成田→クアラルンプール→成田を往復すると、4個にもなるわけですね。

二人なら8個。お土産に配れるレベルですな。

マレーシア航空ビジネスクラスのトイレ

トイレに行った時にビックリしたのが、機内に階段があるということ。

さすがA380の大型機。改めて2階建てジャンボの凄さに感動しました。

IMG_3299

階段前には、広めのスペースが有り、雑誌類も置いてありました。

日本語の雑誌も有ります。

IMG_3304

トイレはというと、シドニー発便(A350-900)と変わりませんでした。

ただ、ちょっと広いかな。

IMG_3302

洗面所。可もなく不可もなく。

IMG_3296

ACCA KAPPAのフレグランスも一緒です。

IMG_3303

マレーシア航空ビジネスクラスを利用した感想

人生初のジャンボ旅客機A350ということで、

なんだか全体的に広かったんですが・・・

 

シドニー路線のA350-900の方が、こじんまりして私は好きでしたね。

マレーシア航空シドニー→クアラルンプール便(A350-900)ビジネスクラス搭乗レビュー。

DSC05121

 

広ければ良いわけでもなく、収納が多ければよいわけでもない。

リクライニングでゆったりしてしまうと、

手の届かない範囲に収納があるってのは、面倒なんですよね。

DSC05430

シートベルトは基本着けてないと行けないし、

エンターテイメントモニターも遠いから、小さく感じるという。

 

なにより不満だったのが、全体的な汚さ。

設備が古臭いってだけでなく、チリ、ホコリ、目立ちました。

清掃が行き届いていない。

収納も多いんだけど、そんなに要らないし、

ボックス内部に髪の毛とか残ってる方が、気持ち悪いんだよ。

機材は、綺麗で最新なのが間違いないですね。

 

サービスの質もシドニー発便より、劣るように感じました。

こればっかりは担当する添乗員に依るんだけど、笑顔が無い気がした。

こちらも相手が日本語通じないとなると、顔は強ばるし、

相手も言葉が通じないとなると、無愛想になってしなうのでは無いかと。

俺がマレー語堪能だったら、もう少し楽しめたかもしれん。

 

ちなみに、シドニー→クアラルンプールでは日本語ナシでしたが、

クアラルンプール→成田は、日本語アナウンスあり。

日本人スタッフも一人だけ乗っていました。

ただ、私の座ってる側の担当ではなかったので、絡むことも無かったです。

 

まぁ、ANA便のビジネスクラスを乗ってしまったばかりに、

文句が出てしまうのですが・・・

ANA国際線 羽田→シドニー便ビジネスクラス(B787-9)搭乗レビュー。

DSC03894

 

普通に考えたら、全然良いサービス。

所詮、半額セールで購入してる身分ですからね。

シドニーでは、カンタス航空ラウンジも使えたし、

シドニー国際空港カンタス航空ラウンジ「Qantas Club Lounge」レビュー。

クアラルンプールでは、ゴールデンラウンジも使える。

クアラルンプール国際空港「Golden Lounge(ゴールデンラウンジ)」レビュー。

 

機内食も美味しかったし、横になれるってだけで料金相応の価値は有ったかと。

ANAとJALと比べたら劣るけど、あちらは料金も高いわけで・・・

こうやって人は傲慢になっていくってことですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です