Hilton Sydney(ヒルトン シドニー)宿泊レビュー。

ヒルトンシドニーレビュー

シドニーで中心地に有るヒルトンホテル、

「Hilton Sydney(ヒルトンシドニー)」。

 

シドニー市内のヒルトンホテルって他にも無いから、

ヒルトンユーザーの私は、ここに泊まるしか無かったんだけど、

なんだかんだで悪くないホテルでした。

ヒルトン シドニーの詳細

外観&ロビー

シドニー最大の道路「George St(ジョージ・ストリート)」沿いに有るホテル。

目の前は、Queen Victoria Buildingと立地も最高。

DSC04244

ホテルの入り口。回転扉がお出迎え。

DSC04484

入り口からのロビー。外観とは裏腹にゴージャス。

DSC04250

左手にチェックインカウンター。

DSC04406

ロビー前には、休憩スペースも多い。

DSC04481

ソファーも有るし、テーブルも有るし。

DSC04407

更に奥にも、ソファーテーブル。

DSC04409

ロビー窓際の休憩スペース。

DSC04511

ロビーを突き進めば、

反対側の道路「Pitt St(ピットストリート)」に出られます。

DSC04477

こちらの入り口付近にも、ボックスタイプの休憩スペースが有ります。

DSC04510

エレベーター&客室フロアの廊下

1階フロア中央にエレベーター。

カードキーをタップしないと、客室フロアにはいけません。

DSC04251

こちらの黒いサークルにカードキーをタップ。ボタン押すタイミング難しい。

DSC04252

客室フロアのエレベーター前。

DSC04313

客室フロアの廊下。客室が奥までなが~く並んでます。

DSC04312

宿泊した部屋の雰囲気と設備

私が予約したのは、一番安いキングヒルトンゲストルームだったのですが・・・

なんちゃってゴールド会員のおかげで、

35階のキングヒルトンエクゼクティブルームへアップグレード。

ラウンジフロアも使えるというラッキーパンチです。

部屋の内装

部屋に入ると、右手にバスルーム、

奥に部屋が広がっており、まぁまぁの広さ。

DSC04258

窓際にベッドと液晶テレビ。

DSC04259

ベッドは、キングサイズなんでデカイ。一人ですけど。

DSC04272

室内入り口にデスクコーナー。ガラス張りテーブルでスケスケ。

DSC04601

ベッドサイドに、電話機とデジタル時計。メモ用紙&ボールペン。

DSC04268

コンセントは、ほぼ埋まっており、空いているのは一箇所くらい。

スイッチオンしないと給電されないタイプです。

DSC04270

 

窓側のベッドサイドには、ブラインド調整スイッチが有り。

DSC04276

寝ながらブランドを下げられるという。

DSC04277

ブラインド下げないと、目の前のオフィスビルから丸見えだからね。

うっかり、裸でウロウロしてて焦ったわ。

 

窓からの眺望&夜景

35階の高層階ということで、夜は窓からの夜景も綺麗でした。

DSC04469

右手にシドニーの街並みが広がっています。

DSC04471

下はシドニーのメイン通り。ジョージストリート。高いですな。

DSC04472

右手は綺麗なんですが、左手は高層階のビルが多く、視界が遮られております。

DSC04468

オーストラリア人は、夜働かないイメージでしたが、

向かいのオフィスビルの人たちは、皆さん遅くまで働いてらっしゃいました。

ちなみに、窓は開きませーん。

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

ヒルトン会員は、1日あたり水ボトル2本無料。

デスクの上に置いてありました。

DSC04260

コンセント用の変換プラグも、テーブルの上に。

DSC04262

日本のコンセントにも対応しています。

DSC04271

デスク上に有る謎のレザーケースは・・・

DSC04267

筆記用具セットでしたー。使わねー。

DSC04266

 

テーブル横には、ミニバーも置いて有りましたが、こちらは全て有料、

しかも動かしたら自動で課金される仕組み。あぶねぇっす。

DSC04264

 

デスクコーナーの反対側に、ドリンクコーナー。

DSC04280

グラス、ポット、カップ類が置いてあります。

DSC04283

ティーバッグ類。

DSC04281

お茶のバリエーションが豊富。緑茶もありますね。コーヒーは無いのか。

DSC04282

下の扉の中には冷蔵庫がありますが、こちらも自動で課金されるミニバー。

DSC04284

動かしたら課金されちゃうんで、自分の飲み物は入れられませんね。

DSC04286

冷蔵庫の右手の引き出しに、ランドリー袋。

DSC04278

左の黒い袋には、ドライヤーが入ってました。風量だけは強い。

DSC04279

 

クローゼットには、バスローブが1着。

もう一着はバスルームにありました。

DSC04287

アイロン、金庫もクローゼットの中。

DSC04288

金庫の下にはスリッパも有りました。

DSC04289

バスローブ、スリッパが有るのは、ポイント高いですね。

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

部屋の入り口にバスルーム。

洗面所はコンパクトにまとまってます。

DSC04291

ボディローションと石鹸。

DSC04303

洗面台の下にティッシュ、ハンドタオル。

DSC04292

洗面所の裏手にシャワールーム。

DSC04302

上下可動のシャワーヘッド。水量弱め。

DSC04301

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。日本のヒルトンと一緒のやつ。

DSC04299

シャワールームの反対側に、バスタブまで有りました!

DSC04295

石鹸がこちらにも一個。

DSC04293

バスタオルは、バスタブの上。

DSC04294

シャワールームとバスタブの間にトイレ。ウォシュレットは無し。

DSC04297

バスルームはこじんまりとしてますが、

風呂とシャワーが別ってのは、素晴らしいですね。

必要なアメニティ類も、狭いながら上手く収納されていました。

ヒルトンゴールド会員特典について

私はヒルトンのゴールド会員。

ゴールド会員特典として、朝食無料特典があるのですが、

ヒルトンシドニーの場合は、特別ルールがありました。

DSC04311

会員特典で、エグゼクティブルームにアップグレードされた場合は、

ラウンジアクセスの権利が付与され、

クラブラウンジでの朝食だけでなく、

アフタヌーンティー、カクテルタイムも無料で利用できるようになる。

 

一方、エグゼクティブルームにアップグレードされなかった場合は、

2階のレストラン「Glass Brasserie(グラス・ブラッスリー)」での、

朝食ブッフェが無料になるとのこと。

 

幸い私は、エグゼクティブルームにアップグレードとなったので、

朝から晩まで、クラブラウンジが使えるってわけ。

早速、行ってきます。

エグゼクティブラウンジ(クラブラウンジ)

エグゼクティブフロア宿泊者にする人、

ヒルトンオーナーズのダイヤモンド会員は、

36階のエグゼクティブラウンジが利用できます。

DSC04314

エレベーターを降りると、エグゼクティブラウンジの文字。

DSC04360

突き当り右手が入り口となります。

DSC04594

入り口受付テーブルにはスタッフが座っており、

入室する毎に部屋番号を聞かれました。

DSC04592

エグゼクティブラウンジ内観

エグゼクティブラウンジの営業時間は6:30~21:00

食事提供の時間以外でも、ドリンク利用が可能です。

DSC04513

ラウンジの内観。

DSC04512

左からグルっと回ってみる。

DSC04316

窓際のテーブルコーナー。36階なので景観も最高。

DSC04352

突き当り奥の休憩スペース。

DSC04321

更に奥に、ソファーコーナーもあります。

DSC04331

中央付近には、ダイニング用のテーブルコーナーも。

DSC04591

パソコンは2台、WindowsとMacが1台ずつ。

DSC04345

電源もボチボチ有るので、パソコン持ち込んでる人も多かったです。

DSC04350

 

ラウンジ中央にドリンクコーナー。

ラウンジオープンしている時は、自由に使えます。

DSC04542

カプセルタイプのネスプレッソマシーン。

DSC04334

ネスプレッソ4種類が飲み放題って贅沢。もちろんどれも旨い。

DSC04339

ミルク、スキムミルク、シュガー、持ち帰り用のカップまで置いてあります。

DSC04336

ティーバッグ類も壁にたっぷり。急須もたくさん置いてあります。

DSC04359

下の冷蔵庫には、瓶ボトルのソフトドリンクも。

DSC04319

炭酸水、トマトジュース、りんごジュース、オレンジジュースとバリエーションも豊富。

DSC04355

 

右側のワインやビールが入ってる扉は、鍵がかかってるので、

夕方のカクテルタイム以外は、アルコール類は飲めません。

DSC04545

 

ボトル飲料は飲み放題ですが、部屋への持ち帰りは厳禁です。

DSC04318

部屋に持ち帰れるのは、ネスプレッソのコーヒーのみですね。

DSC04363

アフタヌーンティー(15:00~18:00)

おやつの時間帯は、アフタヌーンティーで茶菓子を提供しています。

私もチェックイン早々、期待して行ったんだけど・・・あるのはスコーンくらい。

DSC04322

スコーン用のホイップクリームと、ジャム4種とバター。

DSC04325

あとは、クッキーとおつまみナッツくらいです。

DSC04342

青りんご、りんごも有りました。

DSC04343

レモン水?

DSC04320

仕方なく、コーヒー淹れてスコーンを食す。

DSC04329

スコーンだけしか無いのかぁ~と甘くみてましたが・・・

このスコーンが強烈に美味しかった。

 

しっとりしてバター効いてて、ホイップクリームとも合うのねん。

生クリームも脂肪分高めのカロリー高いやつ。ジャムかけると最強。

おかわりして、合計4個も食べてしまいました。

DSC04347

 

数少ないラインナップのクッキーも美味しかった。

海外のクッキーって、基本的に日本のより濃くて旨いよね。

DSC04348

予想外に食べすぎてお腹いっぱい。

ちなみに、アフタヌーンティーの時間帯は、

メニューが少なく、人気も無いようで結構ガラガラでした。

私一人スコーン貪り食ってたわー。

カクテルタイム(18:00~20:00)

午後6時~午後8時の時間帯は、アルコールと食事が提供されるカクテルタイム。

一応ドレスコードも有り、スマートカジュアル指定。

スポーツウェアやサンダルはNGです。

 

午後6時の開始早々に行きましたが、アフタヌーンティーとは違い超混んでました。

料理も軽食レベルではなく、ガッツリ食事メニューです。

DSC04413

具だくさんのミートピッツア。

DSC04459

春巻き。

DSC04431

春巻き終了後は、チーズ入りのポテトボールへ。

DSC04457

続いて、野菜コーナー。

DSC04417

ガーデンサラダ。

DSC04428

モッツァレラチーズとトマトのサラダ。

DSC04427

ビーフサラダ。カットされた牛肉がたくさん入ってます。

DSC04429

野菜スティックと、ディップソースが3種類。

DSC04415

3種類のハムとエビのカクテル。エビもデカイ。

DSC04416

おつまみのチーズコーナー。

チェダーチーズ、ブリーチーズ、ブルーチーズ、ゴートチーズ、ブドウと食べ放題。

DSC04411

 

デザートのケーキコーナー。

DSC04412

チョコレートココナッツタルト。

DSC04432

ピナコラーダスライス。パイナップル系のケーキ。

DSC04433

Chargrilled Vegetables。焼き野菜でしょうか?クソまずかったでっす。

DSC04424

たけのこみたいなやつ。こちらも無理でした。

DSC04425

 

カクテルタイムの時間帯だけ、

ドリンクコーナーに、簡易バーカウンターが登場。

DSC04441

アルコールの種類も豊富で、カクテルも作ってくれます。

DSC04419

カクテルとか注文するの難易度高いから、とりあえず瓶ビール。

DSC04437

サラダがとにかく旨い。

DSC04420

これモッツァレラチーズだからね。サラダにゴロゴロ入ってる。

DSC04423

こちらはお代わりしたビーフサラダ。肉まみれ。

DSC04465

肉の焼き加減が素晴らしい。柔らかくて美味しすぎた。

DSC04446

エビもデカイし、チーズも旨いし。山羊のチーズは臭すぎたけど。

DSC04421

春巻きはイマイチでしたが、ピッツアは具だくさんで旨い。

DSC04434

この揚げポテトもチーズ入ってるからね。不味いわけがない。

DSC04463

ケーキも素晴らしかった。

DSC04451

このタルトは中トロトロで最高。ほんのりココナッツの濃厚チョコレート味。

DSC04454

ほんとは軽く食べて、外へも食べに行くつもりでしたが・・・

思ったよりも本気の料理がでてきて、止まらなくなりました。

品数はそれなりですが、どれも美味しかったです。

ブレックファースト(6:30~10:00)※土日祝11:00まで

朝はラウンジオープンと同時に、朝食メニューが並んでます。

これまたオープンと同時に行きましたので、まだまだ空いてました。

DSC04552

定番の朝食メニュー。

DSC04514

ゆで卵にウインナー。

DSC04515

スクランブルエッグに、芋だっけな?

DSC04516

サラダコーナー。レタス、トマト、きゅうり。

DSC04517

シリアルコーナー。

DSC04518

ナッツ、種、ドライフルーツのシリアルトッピング。

DSC04554

シリアルは、ミューズリー、ブラン、コーンフレーク、ウィートビックス。

DSC04519

牛乳、スキムミルク、豆乳まで有りました。

DSC04521

パンコーナー。

DSC04523

マフィンだけで数種類。具もゴロッと入ってます。

DSC04524

クロワッサンとか甘いデニッシュ類。

大きなパンも置いてあり、お好みの厚さにカットできます。

DSC04527

トースト系のパン。ジャムとかバターとか。

DSC04528

デザート&フルーツコーナー。

DSC04529

キウイ、メロン、スイカ・・・

DSC04530

ヨーグルト&ベリー、ミューズリー。美味しくなるように手が加えられてます。

DSC04531

スモークサーモン、ハム4種。サーモンいいねぇー。

DSC04532

ヨーグルト、コンフォート、オニオン、ピクルス、レモン・・・

DSC04533

ドライフルーツ、オリーブ、ブドウ、チーズチーズチーズ!!

DSC04536

オレンジ、アップル、グレープフルーツ、レモン水。

DSC04539

 

朝食メニューは、どれもこれも美味しく。

サラダ、ハム、サーモンと食べすぎました。

DSC04557

パンもフルーツも美味しかったし、

デニッシュもサクサクパリパリで、中にクリームみたいのも入ってた。

DSC04575

特に旨すぎて食べすぎたのが、ミューズリーとヨーグルト。

DSC04585

気づいたら2個ずつ食べてました。朝からもぅ動けませーん。

カクテルタイムからの朝食で、体重ヤバイです。

宿泊した感想

ヒルトンブランドであり宿泊料金はちょっと割高でしたが、

シドニー中心地にあり、タウンホール駅からも徒歩圏内。

どこへ行くにも交通の便が最高でした。

シドニーの公共交通機関は、オパールカードで乗りまくれますからね。

シドニー公共交通機関の料金システム。オパールカードの使い方&注意点。

オパールカード

 

シドニー空港から最寄りのタウンホール駅も、エアポートリンクで簡単に行けますし、

空港からオペラハウスを目指すのと大差有りません。

シドニー空港から電車(Airport Link)でオペラハウスまで行く方法。

 

ホテルの目の前には巨大なショッピングセンター「Queen Victoria Bulding」も有り、

スーパー「Woolworth」も近いので、

観光、ショッピング、お土産選びに困ることも無い。

DSC04239

オペラハウスにも歩いて行ける距離であり、

散歩がてら、ブラブラしていればサーキュラーキーにも着いてしまいます。

DSC04390

 

ヒルトンだけ有って、接客も部屋の設備も文句なし。

歯ブラシはないけど、スリッパ、バスローブと有り、バスタブまでも有る。

ただ、冷蔵庫は残念。

オートチャージシステム搭載なので、自分の物は冷やせません。

 

個人的に大満足だったのが、エクゼクティブラウンジ。

ラウンジアクセスできれば、おやつ、夕食、朝食と食べ物に困らないので。

追加料金を考えても割安かと。

特に夕方のカクテルタイムは、アルコールも飲み放題。

プラス数千円なら、エグゼクティブルームをオススメします。

その他「ヒルトン・シドニー」情報

  • チェックイン:午後3時
  • チェックアウト:午前11時
  • Wifi:有料
  • 駐車場:パーキング1日58.5ドル、バレーパーキング1日83ドル
  • 客室数:579室
  • 階数:43階建て

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です