マレーシア航空シドニー→クアラルンプール便(A350-900)ビジネスクラス搭乗レビュー。

マレーシア航空シドニー発ビジネスクラス

JAL FOP修行でお馴染み、マレーシア航空のビジネスクラスセール。

成田→クアラルンプール→シドニーの、

クアラルンプール経由でシドニーへ行くという遠回り便。

 

往路は、マレーシア航空恒例の大幅遅延&欠便に遭遇してしまったので・・・

まさかのスターアライアンスANA便へ振替に。

ANA国際線 羽田→シドニー便ビジネスクラス(B787-9)搭乗レビュー。

 

復路は、予定どおりマレーシア航空を利用することになりましたので、

初めて搭乗となったのがシドニー発→クアラルンプール便。

マレーシア航空ビジネスクラス初搭乗レビューとなります。

MH122便で搭乗した機材:A350-900

私が搭乗したのは、

シドニー14時05分発→クアラルンプール19時55分着のMH122便。

機体はエアバスの「Airbus A350-900」。

窓際の一人席です。

2018-10-06_06h30_58

 

ちなみに、今回は乗れなかった往路のクアラルンプール発便(MH123)でも、

全く、同じ機材A350-900に乗る予定となってましたんで、

クアラルンプール→シドニーでも同じような感じになるのかと。

マレーシア航空ビジネスクラスの機内食(シドニー発)

マレーシア航空のビジネスクラスは、

Chef-on-Call(シェフ・オン・コール)というシステムが有り、

オンラインで事前にメインメニューを選べます。

座席指定時に、料理も選択できます。

2018-10-06_06h46_34

提供メニューは、出発場所で異なっており、WEBでも確認できます。

※参考→シェフ・オン・コール

今回私が利用したオーストラリア発便は、以下のメニュー。

Chef-on-Callメニュー From Australia

  • Braised Beef Ribs with vegetable Medley
  • Salmon and Cod Duo
  • Steamed Barramundi with Teriyaki Sauce
  • Braised Chicken in Curry
  • Stir Fried Egg Noodles with Seared Prawns

※2018年10月現在のメニュー

 

事前にシェフオンコールで、料理を選択しない場合は、

搭乗時に配られるメニューから選ぶことになるようです。

DSC04983

メニューを見てみましたが、選べるメニューは完全に別物でした。

DSC04985

搭乗時に選択できたメインメニュー

  • Hainanese Chicken Rice
  • Slow-cooked Lamb
  • Pan-fried Hoki with Onion Sambal
  • Pumpkin Tortellini

※2018年10月シドニー発のメニュー

シェフオンコールの方が、選べるメニューが多く、

全体的に手が込んだ料理が多い印象。

事前に決めておけるので、確実に食べれるってのも良いところかと。

ウェルカムドリンク→おつまみ

搭乗すると、最初にウェルカムドリンク。

DSC04957

おしぼりも頂けました。激アツなんで、ビーケアフルです。

DSC04963

 

離陸してしばらくすると、シートベルトサインが消え、

ドリンクサービスが始まります。

私は、シャンパンを注文。チェイサーの水も一緒に提供してくれました。

DSC05044

おつまみスナックは2種類。

右側のはマレーシア航空オリジナルとのことでしたが・・・ピーナツですね。

IMG_3316

サテ(Malaysian Satay)

食前にサテのサービス。マレーシア航空といえばコレですね。

スタッフが専用のカートでやってきて、目の前で盛り付けてくれます。

DSC05047

チキン or ビーフ or ミックスと聞かれたので・・・

初体験の私は、ミックス。

チキン&ビーフと一緒に、野菜盛り。

DSC05052

これは、肉の味っていうよりも、ソースが凄い旨い。

甘くて辛い濃厚なソースに、ナッツみたいなのもゴロゴロ入ってる。

残ったソースをクシで頑張って食べてるほどの味。ご飯欲すぃ~。

DSC05055

ビーフとチキンなら、チキンの方が柔らかくて美味しかったです。

ランチ(Chef-on-Call)

サテが食べ終わると、続いてメインディッシュの提供へ。

午後2時発なので・・・ランチというよりも、夕方の提供ですね。

 

スターターは、テリーヌ or スープ。

私はスープの「Curried Lenti Soup」を選択。

ココナッツクリームベースのスープは、濃厚で美味しかったです。

DSC05056

パンもカゴで持って来てくれ、どれにする?って聞かれたんで、

ワンオブイーチで、3種類全部貰って置きました。

バターだけでなく、バルサミコ酢×オリーブオイルでも楽しめました。

DSC05075

メイン料理で私が選んだのは、魚料理の「Salmon and Cod Duo」。

DSC05064

サーモンも肉厚で美味でしたが、タラもフワフワで凄い美味しかった。

臭みもなく、ソースの味もGood。コレ正解。

DSC05071

つけ合わせの人参は、グラッセではなく蒸し野菜。

素材本来のほのかな甘みで柔らかいー。

DSC05072

マッシュポテトも最高。サワークリームでも入ってるんでしょうか?

酸味の有るチーズの香りで、粘り気も強く濃厚うまいうままままー。

DSC05073

デザートは、チーズケーキ、アイスクリーム、フルーツと選べましたが、

私は、チーズケーキ「Seasonal Berry Cheesecake」を頂きました。

DSC05079

柔らかくて甘さ強め、ベリー強めのレアチーズケーキですね。

DSC05080

ディナー(DINE ANY TIME)

到着2時間前くらいに夕食タイム。

2食目の料理は、到着2時間前までなら、いつでも注文できるんですが、

食べてない場合は、着陸前のタイミングで聞かれると思うので。

 

ライト点灯と同時に、リフレッシュのおしぼり。またしても激アツ。

DSC05104

目醒めのコーヒーと、オレンジジュースを頂きました。

DSC05105

選べる料理は4種類。食事メニューは、焼きそば or パイの2種類でした。

DINE ANYTIMEメニュー

  • Stir-Fried Hokkien Noodle
  • Classic Australian Meat Pie
  • Selection of Ice Cream by Serendipity
  • Seasonal Fruit

 

私は、焼きそばの「Stir-Fried Hokkien Noodle(ホッケン・ミー)」を注文。

ついでに、アイスクリームも頂きました。

DSC05107

麺は太麺で柔らかめですが、ミーゴレン的な味ですね。嫌いじゃないです。

DSC05113

アイスは、ピスタチオとキャラメルクリームが選べましたが、

私はピスタチオを頂く。

ピスタチオの香りというよりも、はちみつのような香り。

DSC05116

旨いけど甘いなー。

マレーシア航空ビジネスクラスのドリンクメニュー(シドニー発)

ドリンクは、ANAやJALに比べると少なめに感じました。

ソフトドリンクは、コーヒー、茶、ホットチョコレート、

フルーツジュース、ミネラルウォーター、炭酸水。

DSC04988

※画像タップ&クリックで拡大します。

 

アルコールメニューは、シャンパン、白ワイン、

DSC04990

赤ワイン、デザートワイン、

ビール、コニャック、ラム、ジン、ウォッカ、ウイスキー・・・

DSC04989

※画像タップ&クリックで拡大します。

 

ワインに詳しく無いんで・・・

ちょっとお酒の質はわからないですが、サービスは良いです。

私は、シャンパンを飲んでましたが、

少しでも無くなると、すぐ気づいて注いでくれるという。

おかげでベロンベロンになりました。

 

ちなみに、クアラルンプール発→成田着便は、

ワインのラインナップが、微妙に異なりましたので、

シェフオンコールの料理同様、出発地でワイン銘柄も変わるのかと。

マレーシア航空ビジネスクラスの座席(A350-900)

私が乗ったのは、A350-900という機材のビジネスクラス。

半個室となっているタイプで、シートもフルフラット対応でした。

DSC05121

枕、ブランケットと、寝る時用のマットレス。

DSC04958

座ってみると・・・JALやANAに比べ、広く感じました。

DSC05012

左側に大きなサイドテーブル有るし。

DSC05119

なんだか収納スペースも多い。座席横の収納スペース。

DSC04967

その手前に小物入れ的なスペースも有る。

DSC04970

スマホ置き場。iPhoneXSもピッタリサイズ。

DSC04973

ペットボトルホルダーも有り、ボトルを入れると良い感じにライトアップ。

DSC05098

更に、上にも小物入れ。

DSC04982

サイドテーブル下にも収納スペース。バッグ入りますね。

DSC04996

足元も収納スペースが無い分、スッキリと広い。

足伸ばしても余裕。ブラブラしても全然ぶつからない開放感。

DSC05013

テーブルもサイドに収納されており、

DSC05092

引っ張ると、どでかいテーブル出てきます。

DSC05090

横に倒して・・・

DSC05084

回転させれば、立派な作業スペースです。

DSC05082

通路側に有る肘置きも収納できる。

DSC04999

肘掛けのレバーを押しながら下げれば、更に広々。

DSC05000

リモコンは、収納されてました。

DSC04981

裏面はキーボードだけのタイプ。

DSC05003

シートベルトがちょっと特殊で、変なポッチが付いていると思ったら、

DSC04992

離着陸時は、三点留めしないと駄目という。ちょっと嫌なルール。

DSC05021

 

シートは前後上下と細かく操作ができ、マッサージ機能まで付いてました。

といっても、マッサージは微妙に振動するくらい。全然役にたたないやつ。

DSC05007

座席を倒すと、足が前に吸い込まれていく。

DSC05101

フルフラットになりました。

DSC05100

実際寝てみると、足元はちょっと狭いです。僕の長い足だと当たりました。

DSC05099

まぁ、昼便なので、他に寝てる人はおらず、

すぐリクライニングに戻したんですけど・・・マットレスも未使用です。

 

リクライニングの座り心地もよく、

個人的に嬉しかったのが、ヘッドレスト。左右が角度付くタイプ。

DSC04979

頭の収まりもよく、私はリクライニングしたまま寝てました。

 

エンターテイメントモニターは、画面サイズがデカイのは良いのですが・・・

DSC05017

対応言語が、マレー語と日本語のみ。

DSC05026

ほとんどの作品が、日本語未対応なので・・・

日本語作品を見ていました。

DSC05027

おかげで、普段見ないであろう邦画にも挑戦できましたとさ。

 

なんか涼しいと思ったら、上から送風されまくってました。

送風量が自分で調整できるので、これはこれで良いかなと。

DSC04965

マレーシア航空ビジネスクラスのアメニティ類

ヘッドフォンは、座席に置いてなく、

出発後にアテンダントから配られました。到着前にもヘッドフォン回収しに来ます。

DSC04968

ノイズキャンセリングのヘッドフォン。ANAのやつよりも質が良かったです。

DSC04977

アメニティ類も、アテンダントから配られる流れ。

スリッパとAIGNER(アイグナー)のアメニティポーチ。

DSC05029

スリッパは、ペラッペラっすね。透けちゃってます。

DSC05031

アメニティポーチの中身は、AIGNERのアメニティ類と、

歯ブラシ、ブラシ、アイマスク、ソックスみたいなやつ。

IMG_3324

AIGNERブランドのアメニティは、

マウスウォッシュ、リフレッシュミスト、ボディーローション、リップクリーム。

IMG_3329

実際、使うかと言えば微妙ですけど、

お土産として貰えるだけ嬉しいですね。

JALのビジネスクラスなんか、ポーチしか貰えないからね。

マレーシア航空ビジネスクラスのトイレ

ビジネスクラスのトイレは、ちょっと違う・・・ハズ。

と思ってましたが、まぁ普通でした。

IMG_3286 (1)

洗面所。

IMG_3285

ティッシュとハンドタオル、紙コップ。

IMG_3287 (1)

ACCA KAPPAのフレグランス。トイレ用みたい。

IMG_3288 (1)

現場からは以上です。

マレーシア航空ビジネスクラスを利用した感想

成田でのマレーシア航空欠便対応はさておき、

シドニー発便のビジネスクラスは悪くなかったです。

A350-900の機材は座席も広く、収納スペースも多い。

シェフオンコールの料理の質も高く、名物サテも美味しい。

 

 

シドニー⇔クアラルンプール間の運行ということで、

日本語アナウンスは一切なく、日本語対応スタッフもいませんでしたが、

対応してくれた男性スタッフの方が、日本語に挑戦してくれて楽しめました。

喋れないけどトライしてくれるっていうのは嬉しいね。

「すいませぇ~ん」って、毎回オカマみたいに声かけてくれる。素敵。

私もマレー語を覚えてくるべきだったなと、

コミュニケーションの大切さを再認識させられました。

DSC05117

ただ、飛行機着陸前に、

スタッフが機内にスプレー撒きながら歩いて来たのはビックリしたけど。

クアランプール到着便は、到着前に毎回消毒スプレーを撒くらしい。

・・・降りてからじゃ駄目なのか?っていう。

 

また、これからクアラルンプール→成田便でも、

マレーシア航空に乗ることになるんだけど、

同じビジネスクラスでも「A380-800」の機材はイマイチでした。

マレーシア航空クアラルンプール→成田便(A380-800)ビジネスクラス搭乗レビュー。

DSC05422

座席周りも、なんか全体的に汚かったし、

成田行きということで、日本語スタッフも居たんですが・・・

私を対応するスタッフは、なんだかイマイチな印象が残りました。

やっぱ、スタッフの印象で、フライトのイメージも決まるよね。

その点、日本のJALやANAは、やっぱ凄いと思ったんだな。

 

まぁ、割引価格で購入しているので、文句は言えないけど。

ビジネスクラスでラウンジ利用も考えたら、悪くないんですけどね。

シドニーでは、カンタス航空ラウンジ。

シドニー国際空港カンタス航空ラウンジ「Qantas Club Lounge」レビュー。

DSC04840

クアラルンプールでは、ゴールデンラウンジ。

クアラルンプール国際空港「Golden Lounge(ゴールデンラウンジ)」レビュー。

DSC05382

どちらも、空港の中でメインとなる大きなラウンジ。

設備も飲食メニューもゴージャスでしたらから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です