「ヒルトン東京ベイ」宿泊レビュー(withコロナ)

ヒルトン東京ベイ

Go Toトラベルは、ディズニーチケット付きのツアーが超お得というわけで、

私も「ヒルトン東京ベイ」に宿泊して来ました。

Go To トラベルキャンペーンで「ディズニー」「USJ」「レゴランド」を予約してみた

 

コロナの影響でどのようにサービスは変わったのか?

久しぶりのディズニーついでにレビューします。

ホテル外観

今回、我が家は車で行ったので、首都高速湾岸線を使って舞浜リゾートへ。

舞浜周辺の道路は、リゾート感がありますね。

IMG_3795

ヒルトンホテルへ向かう道路へ入る。

IMG_3802

手前の駐車場に車を停めて、ホテル入口へ。

DSC01308

ロビー

ホテルは横に長い造り。

IMG_3817

入って左側にフロント。

DSC01335

フロント前には自動検温器。

DSC01313

ヒルトン会員は、右手に優先チェックインカウンターも利用できます。

DSC01324

フロント前にソファ。

DSC01325

近くには、キッズスペースも有ります。

DSC01331

ヒルトンにミッキー居るって不思議。さすが舞浜リゾート。

DSC01344

ホテル入り口脇のカウンターでは、ディズニーチケット販売中。

チケット付きプランの場合、コチラでチケット交換となります。

ホテル向かって右側の宴会入り口。シャトルバス乗り場はコッチ側。

DSC01354

 

ちなみに、ノンストップチェックアウトが可能で、

ロビーには専用のルームキー返却ボックスも有ります。

部屋の電話機から専用の番号を押して、

ルームキーを返却するだけでチェックアウト完了でした。

IMG_4057

エレベーター&客室フロア

エレベーターは、カードキータップで動作するタイプ。

DSC02055

3~5階はハッピーマジックルームのフロア。

DSC02056

エレベーター前から、テンション上がるぅ~。

DSC02059

木のモチーフの中を除けば、なんか生き物が写ってる。

DSC02061

客室フロアの廊下もメルヘンチック。

DSC02063

中央は吹き抜け。

DSC02064

客室のドアもなんか可愛い。

DSC02058

客室の雰囲気と設備

部屋の内装

今回、宿泊したのは、「ファミリーハッピーマジックルーム」。

最大6名での滞在が可能な2段ベッドが有るお部屋。

ヒルトン東京ベイで一番人気らしい。40平米ということで、なかなか広い。

DSC02068

シングルベッドが3台。

DSC02076

反対側には、オリジナルバンクベッド(2段ベッド)。

DSC02074

子供同士で、早速ベッドの争奪戦。

DSC02077

今回はベッド5台ですけど、人数に合わせてベッドも6台まで増やせるみたいね。

DSC02080

デスクの上に、テレビは壁掛け。

DSC02086

サイドテーブルに電話機、アラーム、メモ帳。

DSC02085

消毒済みリモコン、デスク脇にコンセントとか。

DSC02087

入り口脇にクローゼット。

DSC02096

足元には、浴衣、スリッパ、セキュリティボックス、アイロン。

DSC02098

子ども用スリッパは、ベッド脇にありました。

DSC02079

ハッピーマジックルームということで、部屋には至るところに細工が。

DSC02115

鍵を挿してみたり、鏡で魔女が出てきたり。

DSC02083

魔女ティアラの絵本が有ったり。

チェックイン時には、魔法の女の子からの手紙も貰えました。

DSC02090

窓からの眺望&夜景

4階ということで、高層階のフロアでは有りませんが、

海沿いのホテルというわけで、窓からはオーシャンビュー。

DSC02133

目の前には、富士山。

DSC02135

周辺には大きな橋がたくさん有るし、

DSC02130

東京の街並み、スカイツリーも見える。

DSC02134

海なんで、夜は真っ暗ですけど。

DSC02088

コーヒー&ドリンク類

ドリンク棚。

DSC02091

コーヒーは粉末、お茶はティーバッグタイプです。

DSC02092

棚の下には、空っぽの冷蔵庫。持ち込みドリンク冷やしておけます。

 

ちなみい、以前ヒルトン公式で予約した時には、

水ボトル「いろはす」も置いて有りました。

ゴールド会員特典で、ウェルカムギフトも貰えました。

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

客室脇にバスルーム&トイレ。

DSC02100

アメニティ類は、ボディークリーム、歯ブラシ、クシ、シャワーキャップ、ひげ剃り。

DSC02103

ハンドソープ兼用のフェイシャルソープ。

DSC02104

洗面所の下にはバスタオル、ハンドタオル。

DSC02101

洗面所の脇にスグトイレ。ウォシュレット付き。

DSC02102

シャワーは、カーテン仕切りタイプ。

DSC02106

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは備え付けタイプ。

ヒルトンでこのタイプは、珍しいですね。持ち帰れなーい。

DSC02108

バスタブ。そんなに広くない。

DSC02110

シャワーヘッド2個は、上からも出せます。

DSC02109

部屋サイズの割に、シャワールームは狭いですね。

ディズニーホテルは、風呂が立派なんで尚更そう感じるのかも。

フィットネスセンター

ヒルトン東京ベイの地下には、24時間営業のフィットネスセンターが有り、

宿泊者はジムとプールを無料で利用できます。

IMG_3890

地下の廊下は広い広い。宴会場も有るみたいですね。

IMG_3891

広い廊下を進むと、奥の方にフィットネスセンター。

IMG_3894

フィットネスセンター入り口。

IMG_3935

受付で客室番号を告げ、ロッカールームの鍵を受け取る。

プールは帽子着用が必須ですが、受付無料でレンタルも可能です。

IMG_3896

フィットネスセンターは広く、

ロッカー、スタジオ、ジム、室内プール、お風呂が有ります。

IMG_3895

最初に更衣室で着替える。

IMG_3898

ロッカールーム内には、大浴場も有りますが、宿泊者は別料金。

IMG_3903

ロッカー。

IMG_3900

リクライニングチェア。

IMG_3899

ロッカールームの洗面所。ドライヤーはダイソンでした。

IMG_3904

冷たい水。

IMG_3905

ジム

フィットネスセンター右手奥にジム。

IMG_3934

マシン類も豊富で、なかなか広め。

今回は利用しませんでしたけど。

IMG_3933

室内プール

プール入口。

IMG_3906

プール利用前には、必ずシャワーを浴びて下さいとのこと。

シャンプー類も備え付けで置いてあります。

IMG_3907

25mの室内プール。

IMG_3928

水深1.1mなので、小学生ならギリ足がつくかな。

IMG_3911

プールサイドには、リクライニングベンチも有り。

IMG_3915

一番奥だけ、水泳コースとなってました。

IMG_3925

バスタオルは自由に使える。

IMG_3927

Eye Washの水道。

IMG_3930

ビート板も有りました。

IMG_3929

室内プールは、無機質なプールなので、

あんまり子供と遊ぶって感じでは無いですけども、

都心ホテルのプールよりは広くて空いているので、遊びに行っても問題なし。

我が家の子供は、プール大好きなので小一時間帰れませんでした。

ガーデンプール

フィットネスセンター前から、屋外プールのガーデンプールへ行けます。

宿泊者は割安ですが別料金。※ヒルトンダイヤモンドメンバーは入場無料

IMG_3936

ガーデンプールは、夏季限定営業なので・・・今回は利用できず。

2020年度はコロナせいで営業もしませんでした。

次回こそは使いたい。

朝食ビュッフェ

朝食ビュッフェは、1階ロビーフロアにある「フォレストガーデン」。

6:30~10:00(9:45ラストオーダー)で営業しています。

DSC01327

今回「フォレストガーデン」だけでなく、

「ラウンジ・オー」でも、朝食ビュッフェを提供してました。

IMG_3949

ロビーフロア中央に有るレストランです。

IMG_4040

ビュッフェメニューも全く一緒ということで、コチラを利用しました。

IMG_4038

レストラン内観

IMG_4029

大きな窓が開放感有って良いですね。

IMG_4031

ソファー席も多め、子連れも安心。

IMG_4030

ビュッフェ提供スペース。

コロナ下ということで、入り口には消毒アルコールと手袋が置いて有り。

IMG_4035

マスクの着用、手袋の着用も必須。

IMG_3952

取り分けトングも、一回一回新しいのを使うようになってました。

ビュッフェメニュー

コーンスープ、味噌汁。

IMG_4004

味噌汁の具材、ふりかけ。

IMG_4005

パンコーナー。

IMG_3973

クロワッサン、デニッシュ。

IMG_3976

ジャム、バター、はちみつ、シロップ。

IMG_3991

丸っこいケーキみたいなの。中にクリーム入ってました。

IMG_3974

キッズ用カトラリー類も豊富。

IMG_3969

サラダバー。

IMG_3982

冷菜類。チーズ、ハム、サーモン有ります。

IMG_3979

そば、納豆。薬味のネギ、わさび、大根おろし。

IMG_3994

だし巻き卵、漬物類。

IMG_3983

小鉢的なメニュー。浅漬、キムチとかも有ります。

IMG_3984

オムレツステーション。具材を選んで目の前で作ってくれるやーつ。

IMG_3985

ホットミール。

肉じゃが、レンズ豆、焼き魚。

IMG_3995

カリフラワーミモザ、スクランブルエッグ。

IMG_3997

ベーコン、ソーセージ、きのことサツマイモの真薯、目玉焼き。

IMG_3999

ゆで卵。

IMG_4002

シュウマイ。

IMG_3998

キッズステーション。

スマイルポテト、オニオンリング、ワッフル。

IMG_4013

パスタ、カレー、パンプディング。

IMG_4014

フルーツコーナー。

IMG_3987

シリアルコーナー。

IMG_3990

ヨーグルト、ドライフルーツとか種も有ります。

IMG_4015

ミルク、豆乳、飲むヨーグルト。

IMG_3989

 

ヒルトンの朝食ビュッフェにしては・・・って感じでしたけども、

これくらいが子供には丁度良い気がしました。

コロナ前とは、ディスプレイ方法は変わったけど、

メニューは大差無しってのも良かった。

私は、オムレツ食べて、グラノーラとサラダで満足。

オムレツの仕上がりは、同じヒルトンでもマチマチですね。

サーモンモリモリサラダ。品の無い盛り方で恐縮です。

IMG_4020

サーモンばっかり食べてました。

IMG_4018

全体的に洋食よりも、和食のが良かった。

IMG_4021

真薯が特に美味しかったです。

IMG_4017

キッズメニューが有りましたけど、

パンプディングもワッフルもオニオンリングもポテトも微妙でした。

IMG_4019

ウチの子供は、納豆と蕎麦とグラノーラがお気に入りだったよう。

IMG_4023

ドリンクメニュー

ドリンクバーは、デジタルタイプ。

ミニッツメイドの炭酸とかも有りました。

IMG_3962

エスプレッソマシンは、コーヒーのみ。他のメニューは選べません。

IMG_3965

ティーバッグ類。それなりに有る。

IMG_3971

ホテル内ショップ

ホテル内には、コンビニ「生活彩家」が有ります。

7時~23時まで営業しているので、パークから帰った後にも使えます。

IMG_4050

ホテル内には、ディズニーストアも有り。

IMG_4049

ヤマトの配送受付も目の前なので、お土産そのまま配送できる。

ヒルトン専用ボックスで送ってくれるのも格好良い。

IMG_4045

駐車場

ヒルトン東京ベイ宿泊者は、駐車場が空いていれば、

宿泊当日から駐車場を利用可能チェックアウト日も午後3時まで料金に含まてました。

駐車料金は1台につき1泊3,100円

私は駐車料金も込みのプランだったので無料でした。

IMG_3804

駐車場入り口にて、チケット発券するタイプ。

IMG_3808

ホテル駐車場は複数箇所ありますが、コロナの影響のせいか凄い空いてた。

ホテル目の前の第一駐車場に停めれました。

IMG_3812

シャトルバス

ホテル目の前からJR舞浜駅へのシャトルバスと、

ディズニーリゾートラインの「ベイサイド・ステーション」へ行く、

ディズニーリゾートクルーザーにも乗れます。

DSC01381

ディズニーランドに行く場合は、舞浜駅へ。

ディズニーシーへ行く場合は、ベイサイド・ステーションへ。

 

今回、我が家はディズニーランドの利用でしたけども、

シャトルバスの本数も1時間に3本と、スムーズに乗れて助かりました。

IMG_3815

ちなみに、舞浜駅のシャトルバス乗り場。降りる場所と一緒です。

DSC01388

宿泊した感想

ヒルトン東京ベイは、日本のヒルトンホテルの中では格安なんで、

コストパフォーマンスで考えると悪くないです。

わざわざ舞浜で宿泊って、ディズニー利用がメインだと思いますので、

ゆったり滞在するってホテルでもないし、ちょっと贅沢。

朝食を食べる間も無く、ディズニーに行く人も多いかなと。

 

まぁ、今回は、Go Toトラベルのおかげで、

格安にディズニーリゾートまで満喫できたわけで、

まぁ控えめに言って最高でした。

1デーチケットも朝食も付いて、家族5人で約6万円って破格。

Go To トラベルキャンペーンで「ディズニー」「USJ」「レゴランド」を予約してみた

 

今までの半額以下でディズニーも楽しめたわけで、

ディズニーホテルって、いろいろ特典も有るけど、やっぱり高いんですよね。

子連れ家族5人のディズニー旅行1泊2日の費用。反省点と安く済ませるポイント。

 

ディズニーランドも入場制限で空いていたし、

ファストパスは中止でしたけども、全アトラクション1時間も待つような事も無い。

新しい「美女と野獣の城」の抽選も当たったし、

同じく新アトラクションの「ベイマックス」にも乗れました。

DSC01484

それ以外の抽選は全滅でしたけども、

最後のパレードもソーシャルディスタンスで、快適に見れたのも最高でした。

DSC01979

ショー系は、決まったスペースにしか立てず、人が割り込んで来る事も無い。

事前に場所を取ってないと見れないので、凄い贅沢な空間でパレードが見れる。

こんなに落ち着いてパレードを見れたのも初めて。

DSC02024

唯一大変だったのが、地域共通クーポンの使いみち。

一休での予約だったので、電子クーポンを消化が大変だったこと。

Go To トラベルキャンペーン第2弾の攻略&裏技。Go To予約しまくって気づいた注意点。

 

舞浜駅前のNewDaysでクーポン消化して・・・

残りの電子クーポンは、帰り道にショッピングモールに立ち寄り、

アウトドア用品を購入して使い切りました。

パーク内では、未だに紙クーポンしか使えませんからね。

Go To トラベル「地域共通クーポン」の利用方法と利用先。電子クーポンを必ず消化する方法。

 

今後、コロナの影響で、どのようにディズニーのサービスが変わるのか?

色々と懸念は有りますが、関東を代表するテーマパークとして存続して欲しい。

西のUSJとも、また違った魅力が有りますからね。

ディズニーとUSJの違い。ディズニーユーザーの私が感じたUSJのデメリット。

ファストパス有料化って話・・・ちょっと残念。

コロナの影響ここにも有り。ホントどうなるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です