神奈川県湯河原町「源泉湯処 大滝ホテル」宿泊レビュー(withコロナ)

大滝ホテルレビュー

ホテルばかり宿泊してる私ですが、せっかくのGo To。

最寄の湯河原町の旅館へGo Toトラベルしてきました。

 

歴史を感じる客室は、賛否両論ありそうですけども、

たまには日本らしい旅館も良い。料理と温泉は間違いないですね。

ホテル外観

ホテル前は、狭い路地。

IMG_3355

ここだけ車一台しか通れない道なので気をつけて。

IMG_3550

細い道を抜けると、右側に大滝ホテルの看板。

IMG_3356

ホテル入り口もぐるっと周って反対側で、しかも急斜面。

IMG_3549

駐車場は、ホテル目の前、

ホテル前でスタッフの方に鍵を預けると車移動してくれます。

IMG_3528

狭いスペースにパズルみたいに駐車するのです。

ホテルの温泉は厳選かけ流しで、歴史の有る旅館。

IMG_3526

外観からして歴史を感じるんだな。

IMG_3546

ロビー

ホテル入口を入ると、すぐ目の前にチェックインカウンター。

IMG_3364

吹き抜けのロビー。思ったよりも洋風。和モダン・・・ってやつですかね。

IMG_3367

チェックイン後は、客室までスタッフが案内してくれます。

自分サイズの浴衣もこちらで受け取る。

IMG_3523

ロビーには、売店も有り、湯河原のお土産も購入可能。

IMG_3521

2階のカフェスペース。

IMG_3518

カフェって感じでも無いですけども、ドリンク注文できます。

IMG_3513

IMG_3520

ゲームセンターや自販機も有りました。

IMG_3515

エレベーター&客室フロア

エレベーターは、よくあるタイプ。

IMG_3430

エレベーター前のソファ。

IMG_3384

客室へ向かう廊下。

IMG_3383

和風の装飾。

IMG_3381

IMG_3382

客室前には、宿泊者の名前が貼られている。このスタイルは懐かしい。

IMG_3378

客室の雰囲気と設備

今回宿泊したのは、一番安いスタンダードの部屋。

和室10畳で、バストイレ付のお部屋だったかと。

内装

客室の入り口に踏込スペース。広いです。

DSC01229

前室スペースも有り、奥に洗面所、トイレ、お風呂。

DSC01230

右手側に客室。

DSC01248

主室の中央にテーブル。床の間も有り。

奥には、広めの縁側スペースも有ります。

DSC01198

エアコン。

IMG_3376

テレビ。

DSC01209

ウェルカムドリンク。お付きのお茶菓子。

お茶は、コロナということで?粉末タイプ。

DSC01212

広縁の冷蔵庫。

DSC01219

冷蔵庫は空っぽなので、持ち込みドリンクも冷やせます。

DSC01220

押入れの中にお布団類。

DSC01224

DSC01225

食事中に、お布団を敷いてくれるサービスも有ります。

IMG_3482

窓からの眺望&夜景

IMG_3496IMG_3494DSC01263

洗面所、バスルーム、トイレ

洗面所スペース。

DSC01235

消毒済みのコップ、ハンドソープ。

DSC01234

歯ブラシにシャワーキャップ。

DSC01243

ドライヤー。

DSC01242

客室内にもお風呂あります。

しかも、温泉の源泉かけ流しって凄いですね。

DSC01241

あんまり広くは無いですけども。

DSC01237

DSC01240

シャンプー類も有ります。

DSC01239

お風呂の反対側にトイレ。狭いです。

DSC01244

プール

大滝ホテルには、温水プールまで有ります。

屋上階ってなってますけど、8階から階段で行けるようです。

IMG_3386

8階には、癒やしの広場、水着の露天風呂も有り。

IMG_3387

8階エレベーター前。

IMG_3413

案内に従って、階段を登る。

IMG_3391

水着のレンタル(200円)も有るってよ。

IMG_3390

温水プールに行くには、一旦外に行く必要が有る。

というわけで、出入り口に有るサンダルに履き替える。

薄汚れたサンダル。ちょっと抵抗が有るのは私でしょうか?

IMG_3393

外に出ると日本庭園みたいなスペースに足湯と水着着用の露天風呂が有る。

IMG_3403

IMG_3404

温水プールは、更に奥。

IMG_3402

雨降ってたんで、移動するのが厳しい。傘はあるけど屋根は無し。

IMG_3394

プール前に、トイレと更衣室。

IMG_3395

IMG_3399

更衣室といえど、ボックスが有るだけ。

IMG_3398

一番奥にプールです。

IMG_3397

正直、プールは広くないし、全体的に古っぽい。

着替えるのも面倒なんで、大浴場を楽しんだ方が良いかなと。

癒しの広場

8階プールの反対側に癒しの広場。

IMG_3388

卓球台と、奥にマッサージチェアがあります。

IMG_3411

6階屋上には、テニスコートも有るんですね。

IMG_3408

8階からの眺め。

IMG_3406

景観が良い・・とは言えないけど、ボロボロの建物が見える。

これはこれで趣が有って良いのではないかなと。

IMG_3407

大浴場(露天風呂)

お風呂は午後2時から翌朝10時まで。夜中、深夜、早朝の時間帯も入れます。

ただ、朝6時~6時15分の間は、男女入れ替え&清掃で利用不可となってました。

IMG_3385

大浴場は5階。

IMG_3414

滝の湯。

IMG_3415

蛍の湯。

IMG_3420

更衣室。

IMG_3486

麦茶のサービス。

IMG_3493

更衣室の洗面所。ひげそりも有り。

IMG_3491

お風呂は、露天風呂も有り、外も中も広めで最高でした。

厳選かけ流しなんで、泉質も間違いない。

売店

1階の売店。大滝ホテル限定アイテムや、

湯河原のお土産、小田原のお土産とかも売ってます。

IMG_3522

ホテル内には自動販売機もあり。

IMG_3416

ペットボトル、お酒、ジュースと売ってます。

IMG_3417

IMG_3418

大浴場前にはアイスクリームも売ってました。

IMG_3419

夕食

5階の大広間での食事提供でした。

IMG_3480

万葉彩御膳という、大滝ホテル限定プラン。

一番安いプランの食事ですけど、

お刺身付きで、量も有りなかなか豪華。

IMG_3468

しゃぶしゃぶ鍋。

IMG_3452

魚の煮付け。

IMG_3455

海老の天ぷら。

IMG_3461

椀物。

IMG_3463

茶碗蒸し。

IMG_3465

土鍋の炊き込みご飯。

IMG_3470

カニ汁。

IMG_3476

スイーツ。かぼちゃプリン。

IMG_3473

子供メニュー(小人A)は、大人マイナス2品。

幼児メニュー(小人B)は、完全別メニューのキッズメニュー。

ハンバーグにエビフライにオムライスでした。

IMG_3433

料理はどれも非常に美味しく、食べきれないほど。

まぁ食べきりましたけども。

朝食

朝食も同じ会場での料理提供でした。朝もなかなか豪華です。

IMG_3510

特に美味しかったのが豚汁と焼き魚。

鮭は分厚くて脂ものって皮目もパリパリ。

IMG_3511

具材ゴロゴロの豚汁も出汁が効いて美味でした。

IMG_3504

宿泊した感想

料理は美味しく、厳選かけ流しで露天風呂も有る。

ゆったりするには最高な旅館ですね。

Go Toトラベル×かながわ県民割でスンゲー安かったし、

地域共通クーポンも貰えたし、Go Toさまさまです。

Go To トラベルキャンペーン第2弾の攻略&裏技。Go To予約しまくって気づいた注意点。

IMG_3548

 

ご飯は美味しかったけど、ホテル自体の古さは否めないので、

綺麗なホテルが好きな人は、ちょっと駄目でしょうね。

旅館スタッフも年配の方が多く、サービスがワンテンポ遅れたり、

良くも悪くも適当な感じが・・・しないでもない。

周りには観光施設も無く、車も容易に出せないので1泊が限界かなと。

IMG_3545

ホテル目の前の赤い橋を渡っても、行き止まり。

IMG_3544

強いていう観光地は、近くに有る不動滝。ホテルから歩いて行けます。

IMG_3530

滝の入口に茶店有り。

IMG_3531

不動滝の入り口から、滝までは徒歩2分。

IMG_3540

趣は有りますが・・・5分くらいで見終わりました。

IMG_3539

老舗旅館は、なにもしない為に行く場所ですね。

子連れだったし、地域共通クーポンも消化しないとイケなかったんで、

翌日は早々に帰りました。

Go To トラベル「地域共通クーポン」の利用方法と利用先。電子クーポンを必ず消化する方法。

 

コロナの影響のせいか・・・湯河原駅周辺の人も少なく感じました。

箱根も厳しいようですが、湯河原はもっともっと厳しいんじゃないかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です