「ハイアットリージェンシー箱根リゾート&スパ」宿泊レビュー(withコロナ)

ハイアットリージェンシー箱根レビュー

他ホテル会員の都合、あまり泊まることが無いハイアットホテル。

せっかくのGo Toトラベルということで、

ハイアットリージェンシー箱根を利用して参りました。

 

ハイアットリージェンシーって、

ハイアットの中では、グレードの低いブランド・・・

って勝手に思ってましたけど、

箱根のハイアットリージェンシーはカテゴリー6。

想像していたよりも、スンゲー素晴らしいホテル。

久しぶりに良いホテルに泊まった気がしました。レビューします。

ホテル外観

箱根のハイアットリージェンシーは、強羅に有るので、

箱根エリアでも上の方、山道をだいぶ登った先に現れました。

IMG_4839

ホテル目の前の道路も狭め。

入り口の左右にハイアットリージェンシーの看板。

IMG_4838

ホテルの敷地に入ると、立派な屋根。

IMG_4841

ホテル入口にて、ホテルマンがお出迎え。

とりあえず、入り口に車を停めて、荷物を預かりますっていう丁寧な感じ。

IMG_4842

荷物を預け、車は反対側の駐車場へ。駐車場の入り口も立派ですね。

IMG_4872

駐車場は広く、地下にも続いているようでした。

IMG_4693

BMWとベンツとポルシェだらけ・・・

お出迎えの雰囲気といい、えっとそんなに高いホテルだったん?

ってのが第一印象です。

ロビー

車を停めて、ホテルエントランスへ。

IMG_4694

ホテルロビーでは、多めのスタッフがお出迎え。挨拶がスゲー。

IMG_4847

入り口入って左手にフロント。

IMG_4843

チェックインは、座って行うお高級なホテルスタイル。

スタッフの衣装がオシャレだし、対応もとてもとても素敵でした。

IMG_4871

下には、噂のリビングルーム。

ロビー自体はそんなに広くないのですけども、この造りは圧巻ですね。

IMG_4845

客室の雰囲気と設備

今回、私が宿泊したのは、73平米のデラックスツインルーム。

ロビーと同じフロアですが、ロビーとは反対側の建物に有り、

客室まではスタッフが案内してくれました。

IMG_4830

客室の廊下も広く、客室のドアも大きい・・・ように見えるデザインでした。

部屋の内装

まず、客室入って、玄関スペースがスンゲー広い。

DSC02297

靴べらの置き方も贅沢。

DSC02286

そして、何も入ってない靴箱。

DSC02295

館内移動用のスリッパ&下駄みたいなサンダル。

DSC02287

ホテル内は、ロビーも温泉もスリッパ移動可能。

レストランでの食事も浴衣でOKだとさ。

 

そしてそして、凄い広い客室。

DSC02219

別アングルから。

DSC02225

窓側から。

DSC02223

ソニーのテレビ。テレビ台もモダンだな。

DSC02249

荷物置きの台。余りあるスペース。

DSC02340

窓際にデスク。

DSC02293

机の中には、鉛筆とかランドリーバッグ。

DSC02303

カーテンの向こう側には、縁側にスペースも有り。

DSC02245

これぞホントの広縁。ほんとの和モダン。

DSC02265

更にバルコニースペースも有る。

DSC02266

カーテン広げると、広い客室にもなるのさ。

DSC02314

ベッドは2台のダブルベットなんで広いですけども。

DSC02227

追加でエキストラベッドを1台入れて貰いました。

DSC02305

1台まで無料ですってよ。

朝方は、ドアに新聞も掛けられてました。

IMG_4820

窓からの眺望&夜景

サンテラスことバルコニースペースも広いです。

DSC02248

バルコニー専用のサンダルも置いてある。

DSC02309

あいにくの林。

DSC02317

残念ながら景観は拝めませんが、部屋によってはマウンテンビュー。

DSC02405

真上を見上げてみる。上階は埋め込みバルコニーか。DSC02403

コーヒー&ドリンク類

洗面所に人数分の水ボトル。

DSC02231

縁側スペースに、ドリンクラック。

DSC02255

ポットに急須まで有る。

DSC02256

緑茶、紅茶、ハーブティーの3種類。

DSC02264

大きな水ボトルまで有る。客室で2Lボトルは初めて見た。

DSC02257

コーヒーは、ネスプレッソ。カートリッジ6個。

DSC02258

ミニバー。有料です。

DSC02259

スナック菓子にカップラーメン。有料です。

DSC02260

冷蔵庫の中もドリンクがギッシリ。有料です。

DSC02263

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

洗面所とバスルーム。

DSC02301

洗面台が2個。

DSC02229

別途、化粧台まで有るという。

DSC02282

DSC02268

バスタオルもフッワフワ。

DSC02300

アメニティ類は、木箱の中。

DSC02271

歯磨きセット、ヘアブラシ、ボディローション、綿棒、裁縫道具、爪ケア・・・

コロナ下ということで、除菌シートも置いて有ります。

DSC02272

グラスにフェイシャルソープ。

ハンドタオルも綺麗に畳んで置いてある。

DSC02273

バスルーム。入り口はガラス張り。

DSC02233

タオル掛けは、乾かせるバー。これ欲しい、エコですね。

DSC02339

浴室も広く、バスタブとシャワースペースは別。

温泉が有るから使わんのですけども。

DSC02276

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ。

DSC02279

ボディーバーと体ゴシゴシするやつ。

DSC02280

トイレも別で、トイレも広い。

DSC02250

トイレにも洗面台有り、ソープとハンドタオル付き。

DSC02252

ウォークインクローゼット。主室とバスルームの間に有ります。

DSC02237

ハイアットデザインの浴衣。

DSC02239

子供サイズの浴衣。

DSC02240

セキュリティボックスは引き出し埋め込み。

DSC02242

羽織りが人数分。子供サイズもしっかり用意されてます。

DSC02234

浴衣と同じデザインの巾着。これ持ち帰りOKだって。

IMG_4809

感動したのが浴衣のデザイン。羽織が特にオシャレでした。

キャザー有り太めのリブ。子供の羽織も同じデザインで、スンゲー可愛いです。

20201108_201109_0

館内も浴衣で過ごしても良いってのは、

雰囲気を損なわないようデザインしているからなんですね。

大浴場(温泉)

温泉は2階の「スパIZUMI」内に有ります。

IMG_4577

Spaの中を入って右側が温泉の入口。

IMG_4586

手前が男性、奥が女性。

IMG_4585

鍵付きのロッカーのある更衣室。

必要なモノも全て置いてあるので、手ぶらでOKです。

IMG_4580

バスタオルもフワフワなのが使い放題。

IMG_4582

洗面スペース。

IMG_4579

ひげそり、クシ、ブラシ、歯ブラシ、綿棒、ティッシュ。

IMG_4583

アフターシェーブローション、ヘアトニック、ヘアリキット、化粧水、乳液。

IMG_4584

大浴場。露天風呂は有りませんけど広いです。

IMG_4826

シャワースペースも広めでした。

IMG_4828

スタンドタイプのシャワーも有ります。

IMG_4829

置いてあるシャンプー類は、ジェル状のソープ。

SPAでも使用されているモノと思われる。

スンゲー良い香りで、いつもより多めに使用したよね。

リビングルーム(ラウンジ)

ハイアットリージェンシー箱根といえば、

開放感の有るラウンジ「リビングルーム」。

 

リビングルームの営業時間は、7:00~24:00ですが、

朝の7:00~11:00と夕方の16:00~19:00は、

宿泊者のみ利用可能となっており、

飲み放題のフリードリンクサービスが利用できます。

IMG_4870

ロビーフロアのすぐ下に有ります。

IMG_4869

IMG_4858

吹き抜けの天井に大きな窓。

IMG_4863

IMG_4867

リビングルーム隣のライブラリー。

IMG_4950

こちらには書籍、絵本も有りました。

IMG_4951

 

夕方からは、リビングルーム中央の暖炉に火が付きます。

暖炉の周りは激戦の超人気のスペース。

IMG_4606

朝は、コーヒー、紅茶、ジュース程度のメニューですが、

夕方は、シャンパン、ワイン、生ビール、ウイスキー、カクテル・・・

といったアルコール類も飲み放題となる。

ジュースメニューも豊富で、

レモネード、マンゴービネガー、ブルーベリービネガーとかも有りました。

IMG_4608

アラカルトメニューも注文できますが、こちらは有料。

ディナーを食べないなら、飲み放題しながら食事も良いですね。

IMG_4632

ただ、こちらのソファエリアは人気なので、

夕方のフリードリンクサービス開始とともに超混雑します。

IMG_4802

私は、開始早々行ったので、リビングルームは満席、

奥のレストラン「ベルス」のテーブル席に案内されました。

IMG_4683

こちらにも小さな暖炉が有り。子供は炎にくぎづけ。

20201108_201109

本日のカクテルはカンパリオレンジ、シャンパンはヴーヴクリコ。

IMG_4652

ウイスキーは、アイリッシュウイスキー。ブッシュミルズだったかな。

IMG_4671

メニューには無かったけど、コーヒーとかも頼めました。

IMG_4667

夕食時間が近づく18時頃は空いていたので、

カクテルタイムを楽しんでから、遅めのディナーってのは有りかなと。

 

ちなみに、朝は空いており、

ドリンクのコーヒー、紅茶はセルフサービスでした。

IMG_4853

ジュースは置いて無いので、スタッフにオーダーしてくれってよ。

IMG_4854

コーヒーの持ち帰りカップも有るので、

コーヒーだけ貰って客室でゆっくりってことも可能です。

IMG_4855

せっかくなので、ソファに座りましたけども。

IMG_4862

 

リビングルームの外には小さな庭園があり、

IMG_4864

客室側からも降りれるようになってました。

IMG_4834

IMG_4875

晴れた日は、外でゆったりするのも良さそうですね。

IMG_4877

ダイニングルーム

ディナー(ウェスタンキュイジーヌ)

今回は、夕食付きプランでの宿泊でしたので、

レストランでディナーも食べて来ました。

寿司懐石も選べましたけども、洋食のコースメニュー。

リビングルームの奥にある、

ダイニングルーム「ウェスタンキュイジーヌ」で頂きました。

IMG_4859

ドリンクメニューは、別料金。

ホテルなんでなかなかのお値段。格安なビールで950円とか。

IMG_4706

ソフトドリンクで800円

IMG_4711

 

コースは、メインディッシュを4種類の中から選べます。

豚とブロッコリーのサラダ、合鴨ムネ肉のロースト、

和牛ロース肉のグリル、和牛フィレ肉のグリルは+3,800円

フォアグラのソテーも+1500円で追加できます。

IMG_4710

前菜、シェフからの小皿。

IMG_4735

お肉に柿・・・生ハムとメロン的なやつですね。

IMG_4738

2種類のパンとバター。

IMG_4741

追加のパンは、くるみのパン。

IMG_4772

 

相模湾産マグロのカルパッチョ ナスのバルサミコ和え

イクラのクリームフェッテ 柑橘の香り。

IMG_4745

漬けマグロ的なテキスチャーに複雑な香り。モチロン旨い。

IMG_4747

 

リゾット 栗 トリュフ 24ヶ月熟成コンテ。

IMG_4764

トリュフの香りに栗のソフトの甘さ。モチロン旨い。

IMG_4765

 

和牛ロース肉のグリル(100g)

蓮根のロースト 小玉ネギのカラメリゼ ボルト酒ソース。

IMG_4774

焼き加減はレア指定で正解。

霜降りロース肉で十分に脂のりのり柔らかい。

IMG_4775

 

妻のメインは、北海道産合鴨鴨肉ロースト

蜂蜜スパイス 人参ピューレとカリフラワー ジュードカナール。

鴨特有の臭みも無く、弾力の有りつつ柔らかい赤身肉。ソースも美味しい。

 

デザートは4種のケーキ。

洋梨ムース 栗のマドレーヌ ブランマンジェと果実 チョコレートアイスクリーム。

このちょっとずつが嬉しい。

IMG_4788

 

ちなみに、夕食付きプランに含まれているのは大人のみ。

子供は別料金で別メニューでした。

IMG_4702

単品でも中々のお値段なので、

スープ、ドリンク、デザート付きのキッズセット3,500円を注文。

 

キッズセットのコーンクリームスープ。

IMG_4725

キッズプレートは、白米、エビフライ、フライドチキン、

フレンチフライ、ハンバーグ、サラダ。

IMG_4756

キッズパフェ。

IMG_4783

子供も美味しかったようで、気づいたら完食してました。

朝食

朝食ビュッフェは、コロナの影響で中止・・・

というわけで、洋食 or 和食のセットメニューでした。

朝食の時間は、7:30~10:30

 

昨晩と同じレストラン「ウェスタンキュイジーヌ」にて提供・・・

かと思ったら、隣の「ダイニングルーム 鮨」へ案内されました。席の関係です。

IMG_4899

アメリカンブレックファーストか和定食か選ぶのですが、

本来ビュッフェだったということで、融通も効くと仰って頂けました。

あんまりアレンジすると別料金だそうです。

 

ジュースは、オレンジ、グレープフルーツ、トマト、アップル。

ホットドリンクは、コーヒー、紅茶が選べました。

 

和定食メニュー。

ご飯 or お粥、味噌汁、焼き魚、小鉢、

だし巻き卵、豆腐、香の物、納豆、フルーツ。

IMG_4941

味噌汁はトロロ昆布入ってるし、かまぼこにわさび漬けも有るし、

納豆は黒豆だし、イクラも有るし、豆腐に牛肉乗ってるし、

特に、焼き魚の鮭がスンゲー美味しかった。

皮目がパリパリサクサク、脂も乗りまくり。

 

洋食は、サラダ、フルーツ、冷菜、温菜、ブレッド、卵料理。

卵料理は、オムレツ、目玉焼き、スクランブルエッグ、ポーチドエッグ、

エッグベネディクトが選べました。

目玉焼きバージョン。片面焼き、両面焼きも選べます。

IMG_4910

昨日のディナーから、パンがとにかく美味しい。

IMG_4915

デニッシュは、バターがふんだんに使われている感。

お腹いっぱいなのに、うっかりおかわりも頂きました。

子供へのサービスも素晴らしく、むしろビュッフェじゃなくて良かったなと。

子連れだとビュッフェ疲れるんですよね。

 

帰りにダイニングルームのメニューを見ましたが、

アメリカンブレックファーストと和朝食は、

いずれも3,700円のメニューとなってました。

IMG_4898

なかなかのお値段・・・朝食付きプランがお得ですね。

宿泊した感想

最初から最後まで、スタッフの対応が素晴らしく、

なんか久しぶりにホテルのフルサービスを受けた感じ。

ホテルもこじんまりながらゴージャスだし、

ルールも、ホテルっぽい高級旅館という感じ。

旅館の良さとホテルの良さを上手く融合してるなと。

IMG_4805

まぁその分、値段も高額なんですけども、

Go Toトラベル利用なので、普段よりもだいぶ格安。

部屋付にしたディナーの追加料金も、地域共通クーポンが使えましたからね。

ホント予約が取れるウチに取っておいて良かったです。

Go To トラベルキャンペーン第2弾の攻略&裏技。Go To予約しまくって気づいた注意点。

 

難点は、ホテル自体にレジャー施設が無く、山の中に有ること。

温泉入って、客室でゆったりのんびりするホテルだなと。

子供が暇にならないか不安でしたけども、

広い客室と温泉&浴衣が気に入ったようで、これも杞憂に終わりました。

 

チェックアウト後はGo Toイートを活用して、箱根の蕎麦を頂き、

Go To Eatキャンペーン攻略。席だけ予約の裏技と注意点。

残った地域共通クーポンを、小田原駅の無印良品で消化して帰りました。

電子クーポンの利用先も、だいぶ増えてきてますね。

Go To トラベル「地域共通クーポン」の利用方法と利用先。電子クーポンを必ず消化する方法。

普段は泊まらないし、泊められないホテルに泊まれるのは、

Go Toキャンペーンの良いところ。

今度は、ハイアット会員として割引無しで・・・来れたら良いなぁ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です