家族5人で大磯プリンスホテルに宿泊。客室、夕食、朝食、インフィニティプール、温泉レビュー。

Go Toトラベルとかながわ県民割を利用して、大磯プリンスホテルへ宿泊。
夏場のプール「大磯ロングビーチ」はよく利用していますが、家族での宿泊は初めて。
リニューアルした客室とダイニング、インフィニティプールを目当てに行ってきました。

インフィニティプールは、子供利用不可なので・・・
オフシーズンはファミリー向けというよりも大人向けですね。
我が家は、家族5人で利用したんで、その辺を踏まえてレビューです。

目次

ホテル外観

神奈川県に住んでいる私は、車で1時間ほどの距離。
国道1号線から一本入った道を進むと、大磯プリンスホテルが見えてくる。

DSC00031

ホテルに続く道は、郊外っぽい雰囲気。
ちょっと不安になりますが大丈夫。小高い丘の上にホテルが有ります。

DSC00035

手前に有るのが新しいスパ棟「THERMAL SPA S.WAVE」。

DSC00178

奥に有るのが従来の客室棟。

DSC00179

二つの棟は連結しており、ホテル内で繋がっています。

DSC00173

駐車場料金は、1泊につき1台あたり1,000円。
特に、ゲートや案内も無く、自由に停めて良いとのことでした。
客室棟の裏側にも、たくさん駐車スペースも有りました。

DSC00174

ロビー

メインエントランスは、新しいスパ棟側に有ります。

DSC00171

2017年7月にオープンしたばかりとあって、エントランスも非常に綺麗。

DSC00039

入り口のスグ脇にフロント。

DSC00054

目の前は、開放的なロビーに大きな窓。

DSC00043

リゾートっぽい景色ですね。

IMG_5547
DSC00051

ロビー続きにカフェラウンジ・バーカウンターとなっています。

DSC00050
DSC00052

ロビーから外にも出られるようになっており、プールや太平洋も見えます。

DSC00047

外からの見たホテル。

IMG_5546

なんもない。

IMG_5541

周辺には建物も無いので、夜は真っ暗。

IMG_5339

散歩するような場所は無いですね。

IMG_5341
IMG_5340

エレベーター&客室フロア

客室棟へ続く通路。

DSC00055

エレベーター前に、広めの休憩スペース。
客室棟もリニューアルで、モダンな雰囲気へ。

IMG_5517

大磯ロングビーチが見える。

IMG_5265

客室へ向かうエレベーター。エレベーターは昔のデザイン。

IMG_5266

客室棟は、10階フロアまで。

DSC00067

4階フロアの客室。

DSC00069

客室フロアの廊下。

IMG_5473

客室ドア。

DSC00072

客室の雰囲気と設備

部屋の内装

大人2名、子供3名(小学生2名、幼児1名)での利用だったので、
海側のオーシャンビューツインを二室予約しました。

大磯プリンスホテルって、ファミリールーム的な客室が無く、
広い部屋となるとスイートになっちゃうんですよね。

客室入るすぐベッドルーム。28.6㎡なので広くは無いです。

DSC00111
DSC00088
DSC00073

こちらの部屋は3名利用なので、窓際ソファがベッド化しています。

DSC00074

空気清浄機、テレビ、ポット・・・狭いスペースに設備が一通り置いてあります。

DSC00076

ツインベッド。シングルサイズ。

DSC00078

ソファベッド。

DSC00077

寝具は、ビジネスホテルでよくある、ペラペラのパジャマ。

DSC00079

リクライニングソファと、ミニテーブル。
デスクスペースも無いので、テーブルはこれだけ。

DSC00080

ベッド脇のサイドテーブル。

DSC00114

照明スイッチ、コンセント類。

DSC00158

隣のツインルーム。

DSC00125

レイアウトが左右対称になっただけ。同じでした。

DSC00130

こちらは二名宿泊なので、ソファベッドはソファのままです。

DSC00129

窓からの眺望&夜景

4階フロアの客室ですが、オーシャンビューの部屋だったので眺望は綺麗でした。

DSC00107

客室から外のベランダにも出られます。

DSC00138

目の前は、大磯ロングビーチ。

DSC00192

その向こう側に太平洋。

DSC00194

オンシーズンは、客室で休憩もできるし、上からプールを見下ろせるわけですね。

DSC00190
DSC00085

コーヒー&ドリンク類

ベッド前のカウンターに、ポット。

DSC00087

除菌シート、マスクも置いて有ります。

DSC00108

ポット下の引き戸に冷蔵庫、ホットドリンク。

DSC00106

緑茶、インスタントコーヒー。コーヒーはドリップタイプも有りました。

DSC00104

玄関脇のクローゼット。

DSC00093

使い捨てスリッパ。

DSC00095

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

玄関とベッドルームの途中に洗面所。

DSC00092

ホテル定番のアメニティ。ドライヤーはパナソニック。

DSC00110

小さいですが、お風呂場も付いてます。

DSC00099

シャワーヘッド昔のタイプ。まぁ、大浴場が有るので使わないかな。

DSC00122

シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは、ボトルタイプ。

DSC00102

バスとトイレは別。

DSC00098

トイレには洗面所も有り、広めですね。

DSC00096

インフィニティプール、温泉、サウナ

インフィニティプールと温泉は、スパ棟(THERMAL SPA S.WAVE)に有り、
客室棟3階から、スパ棟へ行ける連絡通路が有ります。

IMG_5250

3階には温泉の大浴場が有り、4階にインフィニティプールとサウナが有る。
入り口はどちらも共通であり、3階のスパ・温泉フロントで受付をする必要が有ります。

IMG_5258

受付では、温泉の利用か?インフィニティプールの利用なのか?聞かれ、
インフィニティプールを利用する場合は、バスタオルとバスローブが入った透明バッグも借りられました。
プールは水着着用が必須、中学生未満は利用不可能で、飲食の持ち込み禁止です。

IMG_5254

3階には男女別の更衣室が有り、鍵付きのロッカーも使えます。
更衣室は、大浴場にも繋がっているので、そのまま全裸になって温泉にも入れます。

EXPERIENCE | THERMAL SPA S.WAVE | 大磯プリンスホテル

更衣室を出た奥に、4階のインフィニティプール(男女共用)に繋がる階段有り。
インフィニティプールの利用時間は、朝は6時から、夜は24時まで入れました。
我が家は子連れだったので、早朝に夫婦二人でこっそりと利用してきました。

4階へ上がると、バーカウンター。

IMG_5421

その脇の休憩スペース。既に絶景です。

IMG_5422

ファイアープレイス。こちらも休憩スペースです。

IMG_5419

荷物置き場も有り。皆さんここにバッグとタオルを置いてます。

IMG_5418

テラス、リクライニングチェア。

IMG_5365

海と繋がっているようなプール。これは凄い絶景ですね。

朝方は、日の出もバッチリ見えました。

IMG_5404

プールの奥には、ジェットバスも有り、
サーマルテラスのリクライニングチェアでのんびりするのも良かった。

IMG_5358

フジテラスからは、富士山も見えます。

IMG_5357

インフィニティプールだけでなく、サウナ設備も有り。
サウナだけで4部屋も有ります。
景色が綺麗なパノラミックサウナ。室温40-50度

IMG_5429

目の前はオーシャンビュー、こちらも富士山が見えます。

IMG_5430

岩盤浴室。室温は約55度。

IMG_5427

フィンランドサウナは高温の蒸気サウナ。室温80-100度。

IMG_5417

アロマの香り漂うヒーリングサウナ「テピダリウム」。室温は約35度。

IMG_5431

アイスルーム。温めた体を冷やす部屋。室温10-15度。

IMG_5426

水風呂のクールバスも有り。

IMG_5363

シャワールームも付いてました。

IMG_5364

サウナ好きにもたまらないですね。
インフィニティプールが目当ての人が多いので、
サウナも空いている気がしました。

フィットネスルーム

客室棟3階にはフィットネスルームもありますが・・・
ランニングマシーンと、エアロバイク程度。ジムっていうほどの設備は無いです。
フィットネスルームにはあまり力を入れていない印象。

しかも、今回はコロナ下ということで利用不可でした。

IMG_5251

大磯ロングビーチ

ホテルは大磯ロングビーチが目の前というよりも、直結しています。

IMG_5518

SPA棟と客室棟の間から、大磯ロングビーチへも直接入場可能。

IMG_5520

ホテルゲストエリアには、ホテル宿泊者専用プールも有り。

IMG_5521

オフシーズンでも、大磯ロングビーチエリアも散策できました。

IMG_5522
R0003437

飛び込み台プール・・・深い。

IMG_5525

人がいない大磯ロングビーチは変な感じですけども、
やっぱりオンシーズンに泊まりたいホテル。
プールで疲れたら、ホテルでも休憩できるって最高の贅沢ですよね。

IMG_0052

夕食セミビュッフェ

夕食、朝食付きプランでの宿泊。
中華と洋食の2択でしたが、洋食のセミブッフェを選択。
コロナ下ということで、セミブッフェは配膳での提供した。

スパ棟の新しいレストラン「S.DINING」。
天井が高くて、雰囲気も良かったです。

IMG_5333

大磯ロングビーチの絵画。

IMG_5332

テーブルにアルコールスプレー、マスクケース。

IMG_5284

セミビュッフェは、通常大人1名5,200円。前菜、サラダ、デザートが食べ放題。
メインは5種類の中から選択式、追加料金払ってメイン料理のアップグレード可能です。

IMG_5278

ドリンクメニュー。ビールやグラスワインは1,000円前後、ソフトドリンクは500円。
別途サービス料10%取られます。ホテル価格です。

IMG_5277

食べ放題のサラダ。

IMG_5287

食べ放題の前菜。

IMG_8654

本来は、ブッフェスタイルなのですけど、子供が居ると配膳してくれた方がラクですね。
どれも美味しくて、1度お替りしましたけど・・・2皿でお腹膨れます。

IMG_5301

スープ。

IMG_5303

メインのお肉。鹿児島県産黒豚ロースのグリル。小田原レモン風味。肉やわらけぇ。

IMG_5324

妻のメインは魚。本日のお魚料理。

IMG_8663

なんの魚だったか忘れたけども、美味しそうに食べてました。

IMG_8660

デザート。こちらも食べ放題。ケーキ美味しかったのだけど、
さすがにお代わりできない・・・前菜食べ過ぎました。

IMG_8667

こちらは子供のキッズメニュー。スープとサラダついてました。

IMG_5294

前菜は無く、メインはお子様プレート。

IMG_5310

お子様プレートは、ハンバーグから揚げフライドポテト。

IMG_5307

デザートも大人とは微妙に異なり、アイスが付いてました。

IMG_5326

朝食(和食)

朝食バイキングがやっていないといことで、和定食と洋食プレートの選択制。
ディナーが洋食だったので和食を頂きました。
和食会場は「地魚と自然薯料理 海山」です。

IMG_5509

和朝食は2,800円。お子さま和朝食は1,680円。

IMG_5507

和風テイストな内観に、結婚式で使うようなテーブルとイス。
客室棟のレストランなんで・・・ちょっと時代を感じますね。

IMG_5482

朝食セットの内容は、自然薯とろろ、自然薯すり流し、焼魚、煮魚、豆腐、 野菜のお浸し、おかず海苔、
漬物、ご飯、赤出汁、デザートです。

IMG_5483

1品1品が美味しく、バイキングじゃなくて良かったなって。
ボリュームも有るし、自然薯なんてなかなか食べれませんからね。

IMG_5484

子供のセット内容は、しらすの俵ご飯、自然薯コロッケ、わかめのおうどん、自家製さつま揚げ、味付け海苔、自家製豆腐、デザート。

IMG_5500

うどんにご飯になかなかのボリューム。

IMG_5502

大人も子供もデザートは一緒。寒天フルーツでした。

IMG_5501

ホテル内ショップ

客室棟の1階に売店が有り、お土産も売ってます。
Go Toトラベルの地域共通クーポンが有ったので、お土産も買いましたけど。
なかなか湘南地区住民の我が家にとっては、馴染みの品ばかり。

IMG_5262

アディダスをパロったazidesのTシャツ。
これマホロバマインズでも売ってましたので、大磯限定でも無いのだな。

家族5人で「マホロバ・マインズ三浦」に宿泊。客室、朝食ビュッフェ、プール、クアパークレビュー。

IMG_5261

アジですTシャツは、通販でも普通に売ってますし、パーカーも有ります。
著作権的な話は存じ上げません。

宿泊した感想

大磯プリンスホテルって、ちょっと古臭いイメージ。
リニューアルで、手軽にリゾートっぽい雰囲気が味わえるのは良いですね。

IMG_5547


エントランスからリゾートホテル感あるし、やはりインフィニティプールが最高でした。

ただ、ファミリーで泊まるようなホテルではない気はしました。
子連れなら夏に泊まりたいですけど、オンシーズン料金が高額なのが難点だし、
ファミリー向けの部屋もあんまり無いし、リゾートホテルにしては客室は狭い。

そして、ホテルの設備も大人向けなので・・・家族5人となるとちょっとコスパ悪い。
ファミリー向けプールなら、近くに小田原ヒルトンもありますからね。
ヒルトンの朝食ブッフェは美味しいし、全体的に格安な気もしました。

「ヒルトン小田原リゾート&スパ」宿泊レビュー

逆をいえば、大人のカップルなら冬場は格安に楽しめて良いですね。
あとは、プリンスポイントを使って安く泊まれる人向けかなと。

大磯って土地柄、周辺にはなんも無いので・・・
ホテル目的でリラックスするホテルだとも感じました。
今度は、夫婦2人でゆったりと使いたい。
サウナもホントはもっとゆっくり使いたかったのでした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる