「ヒルトン小田原リゾート&スパ」宿泊レビュー。

ヒルトン小田原リゾート&スパ

小田原市根府川という関東圏では、なかなかの田舎に有る・・・

自然満載の立派なホテルが「ヒルトン小田原リゾート&スパ」。

 

関東からも手軽に行けるリゾート感あふれるホテルということで、

私も家族で何度か利用させて頂いておりますので、常連レビュー。

 

ビジネスでは、使いづらい立地なんで・・・ゆったり休養したい人へ。

都心のホテルに比べると広い客室も多く、

全体的に料金も格安なので、ファミリー利用がベストです。

ヒルトン小田原リゾートの外観。

ヒルトン小田原は、山の中に有るので車じゃないとアクセスしづらい場所。

最寄り駅からは、無料シャトルバスも有ります。

根府川駅からは1時間毎に3本程度、小田原駅からも1時間に1本程度。

シャトルバス時刻表

 

ヒルトン小田原リゾートの敷地は広く、専用道路からリゾート感漂います。

DSC02328

車の駐車場は326台停められ、

自分で駐車するなら駐車料金は無料(リゾート料金に含まれる)。

DSC04067

ヒルトン正面玄関。Hilton Odawara Resort & Spaの文字。

DSC02659

反対側(客室側)の外観。客室は全室オシャンビューとなってます。

DSC04035

さすが高台に有るホテルです。

ヒルトン小田原リゾートの内観&ロビー。

建物自体が大きいですが、エントランスから広い。

DSC02338

ロビーも広く、ゴージャス。

DSC04029

チェックインカウンター前は、吹き抜けの休憩スペース。

DSC04043

入り口のすぐ左手には、ヒルトンオーナーズ会員用のチェックインカウンター。

DSC02661

ヒルトン会員なら座ってチェックインできます。奥に一般のチェックインカウンター。

DSC024181

エレベーター&客室フロアの廊下

入り口入って、左手奥に客室行きのエレベーター。

DSC02609

最上階は12階。エレベーター内はバリアフリーで広め。

DSC02477

客室フロアのエレベーター前。こちらも広い。

DSC02598

客室フロアの廊下。

DSC00608

宿泊した部屋の雰囲気と設備

我が家は5人家族なので、ヒルトン小田原で泊まるのは毎回広めの部屋。

和洋室デラックスと、和洋室スイートの両方に泊まったので、

比較してみたいと思います。

Japanese Western(和洋室デラックス)

2名から6名で利用できる、54㎡の和洋室デラックス。

9階フロアの部屋でした。

部屋の内装

DSC03974

和洋室デラックスは2部屋続きとなっており、

1部屋目が洋室。和モダンな雰囲気。

DSC03973

窓側から、入り口側の景色。この部屋だけでも広い。

DSC03975

ベット横のサイドテーブルにはテレフォン類、メモ帳、メニュー。

DSC02464

右手奥に、2つ目の部屋。和室です。

DSC03966

和室奥からの眺め。両部屋に窓がついてます。

DSC03967

ふすまの中には、予備の布団セット。

DSC02457

反対側にも、もう1セット入ってました。

DSC02459

ただ、布団セットを使う場合は、1組あたり3000~4000円取られるとのこと。

布団のために追加料金払うのもシャクなんで、

ツインベットをくっつけて、家族5人で寝ましたけど!

ソファも広いんで、そのままベッド代わりに寝れますからね。

洗面所&バスルーム

入口入って右手に洗面所。更に奥にバスルーム。

DSC03968

洗面台には、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディクリーム。

シェーバー、シャワーキャップ、歯ブラシ類も多めに置いてありました。

ハンドソープ、ハンドタオル、ドライヤー。

お風呂もバリアフリー仕様。広いです。

DSC03969

トイレも別。こちらもバリアフリーとのことで広い。

ウォシュレットも付いてます。

DSC02447

コーヒー&ドリンク類

ヒルトンオーナーズは、1日あたり水ボトル2本無料。

DSC02434

コーヒー紅茶のアメニティ類は、テレビ下の台に収納。

DSC02620

コーヒーは、UCCのドリップタイプ。

DSC02624

クローゼットには、金庫とアイロン台。

スリッパも大量にありました。

DSC02442

上段のスリッパは持ち帰りもOKだけど、小さいやつ。

DSC02443

引き出しの中には、バスローブと浴衣。

DSC02627

部屋からの眺望&夜景

洋室、和室の両部屋にベランダが付いており、窓から外へも出られます。

DSC02438

9階とあって、どちらも眺望は最高。

IMG_2785

自然の中で高台なんで、最高の景色です。

DSC02440

右手にはプールや広場も見えます。

DSC04014

左手には、チャペルやレストラン。

DSC04016

夜は夜景は見えませんが、代わりに月明かり。

海に反射して幻想的。

DSC02616

山なんで夜景というよりも、星空ですね。

DSC02617

Japanese Western Suite(和洋室スイート)

和洋室スイートも2名から6名で利用できる部屋。

同じく2部屋ですが、68㎡なので、更に広かった。

4階~6階が「和洋室スイート」で、

7階~11階が「和洋室プレミアムスイート」となるようですね。

 

スイートと名が付く有って高かったのですが・・・

受付の対応も明らかに異なりました。

客室まで案内してくれ、ホテルスタッフ個人の名刺まで渡されました。

たまたまですかね?

通常料金だと手が出ないので、ヒルトンセールで宿泊しましたけど。

部屋の内装

入り口入って右手に洋室。

DSC00595

部屋の中央にソファとテレビ。

DSC00596

洋室だけでも非常に広く、窓も2つ付いてます。

DSC00599

ソファ横にデスクコーナー。

DSC00594

洋室の反対側(テレビ裏)に和室の入り口。

DSC00604

和室だけでも8畳。

DSC00564

和室にもベランダ付き。

DSC00567

ふすまの中には、布団セット。

和洋室スイートの場合、追加料金云々は言われませんでした。

DSC00573

浴衣も引き出しの中に入ってます。

DSC00574

バスローブも2タイプ。

DSC00814

洗面所&バスルーム

入り口横に洗面所。

DSC00589

アメニティ類は変わらず。

DSC00586

ハンドソープに、ドライヤー。

DSC00587

予備タオル。

DSC00588

風呂も別。ちょっとだけ雰囲気がゴージャスかな。

DSC00593

トイレも別で、相変わらず広い。

DSC00585

コーヒー&ドリンク類

DSC00578

コーヒー、紅茶、お茶パック。

アメニティ類は和洋室スイートも一緒ですね。

DSC00577

クローゼットの中にスリッパ。

DSC00580

部屋からの眺望&夜景

和洋室スイートは、4階~6階なので・・・

以前泊まった9階の和洋室デラックスよりも、低い位置。

DSC00597

高台に有るホテルなんで、5階も9階も景色は綺麗ですな。

DSC00570

5階フロアでも、余裕で海が見えます。

DSC00598

まぁ、料金ほどの差は無いかなといった印象。

和洋室デラックスでも十分な広さなんで、

スイートは必要無いかな・・・というのが個人の感想です。

天然温泉大浴場

ヒルトン小田原リゾート宿泊者は、

通常料金は大人1700円(子供1000円)の大浴場も無料で利用可能となり、

チェックイン前もチェックイン後も、何度でも利用できます。

※別途、入湯税100円(12歳以上)は取られます。

 

大浴場は、3階フロアのバーデ棟に有るので、

本館棟エレベーターから少し歩きます。

3階フロアエレベーター前には、大浴場の案内。

IMG_2726

案内に従って、バーデ棟へ。

IMG_2730

照明でライトアップされた通路。まぁまぁ歩きます。

IMG_2735

大浴場入り口。

IMG_2760

2018年7月にリニューアルしたばかりと有って、

以前に比べ、だいぶ綺麗になってました。和モダンなエントランス。

IMG_2738

左手が女湯。右手が男湯。

リニューアルで男女が入れ替わったらしいです。

IMG_2737

入り口に靴箱。

IMG_2739

靴箱の鍵は、ダイヤルロック式。

IMG_2741

浴室タオル、バスタオルは、使い放題。

IMG_2742

着替え用のロッカーも、ダイヤルロック式。

IMG_2745

ダイヤルロック式に戸惑う年配の方もチラホラ。

IMG_2744

ロッカーの番号は覚えられないという人のために、

リストバンドも用意されてました・・・けどボールペンが無い!

IMG_2752

ウォーターサーバー。

IMG_2746

ひげ剃りとブラシ。

IMG_2747

パウダールーム。ドライヤーは引き出しに収納されてます。

IMG_2751

肝心の温泉はというと、外に小さな露天風呂が1つ、

中規模な内風呂が一箇所。水風呂、サウナも有りました。

塩化物強塩泉・・・とのことで、塩気の強い温泉。

ひげ剃りとか、体を剃った後だと染みるやつです。

 

エントランス脇に、待合室。

カップルで来る場合は、こちらで女子が出てくるのを待つわけですわい。

IMG_2753

自動販売機はホテル料金で高め。ビン牛乳とかは有りません。残念。

IMG_2756

 

大浴場の利用時間は6:00~24:00(最終受付23:30)ですが、

早朝と深夜の時間帯は、宿泊者専用となり、ドアも施錠されます。

客室カードキーをタップしないと、大浴場に入れない仕組みでした。

 

そうとは知らずに、早朝はドアが開くのを待ってる人も多かった。

私もその1人。皆で無駄に15分くらい待ちました。

プール(バーデゾーン)

大人3500円(小学生まで2000円)のプール「バーデゾーン」も、

宿泊者なら無料で利用可能。

無料というよりも、リゾート料金(1人あたり1100円)に含まれています。

 

プールの利用時間は9:00~21:00(最終受付20:30)なので、

ナイトプールとしても利用可能です。※屋外バーデエリアは18:00クローズ

 

プール受付カウンター。宿泊者は2日目以降はスルーでOK。

DSC02341

受付奥に、プールエントランス。

DSC03959

セキュリティボックスとタオル。

タオルは1人1枚という設定ですが、各自で持っていくので使い放題みたいなもん。

DSC02349

プール入口で靴を脱ぐ。

DSC02346

靴ロッカー。鍵ロックタイプ。

DSC02350

男女の別れ道に待合所。

IMG_2703

タオル返却ボックスは、こちらに設置されてます。

DSC02352

男性ロッカーは左手、右手が女性ロッカーです。

DSC02361

男性の更衣室。縦長の鍵付きロッカー。

DSC02842

パウダールーム。隣にトイレ。

IMG_2701

シャワールームも完備。清潔感もあります。

DSC02848

ボディソープ、シャンプー、コンディショナーも有ります。

DSC02846

脱水機も有りますが、1個だけなんで毎回混雑してます。

DSC02845

バーデゾーンには、全部で10種類のプール。

DSC02841

プール脇には休憩スペースが有り、

DSC03926

中央にレジャープール。

DSC03940

25mプール。こちらは水泳帽が必要です。

DSC02851

外にも温水プールが有ります。

DSC02388

外のプールは浮き輪利用可能。

DSC02407

外にも水シャワー。

DSC02389

ドライサウナも有ります。

DSC02397

サウナも2個あり、大浴場よりも大きめ。

水着着用ですが、男女で入れるのは良いですね。

DSC02398

サウナ前には飲水用の冷水機。

DSC02394

水プールも有りました。

DSC02401

他ヒルトンホテルのプールと比べて、広くて綺麗で気合も入っている印象。

レジャーホテルのプールって感じで、噴水や流れるプールもあるので子供も大満足ですね。

※参考→ヒルトン小田原リゾート&スパのプール「バーデゾーン」を満喫してきた。 | 小田原が!どっと混む。

ジム(フィットネスセンター)

ホテル宿泊者は、1人3000円のフィットネスセンターも使えます。

宿泊者なら24時間利用可能、客室カードキーにて入退出できます。

DSC02651

室内用のシューズが必要なので、持ってない場合はレンタル400円。

スポーツウェアのレンタルもやっています。

DSC02653

毎回、室内シューズを忘れるので、利用してませーん。

今度使ってみますわ。

屋外施設(テニスコート、パターゴルフ、多目的広場)

小田原ヒルトンは、屋外施設も豊富であり、

多目的広場や、テニス、パターゴルフも楽しめます。

DSC02646

バーデ棟側から外へ出ると、屋外施設へ続く道があります。

DSC04055

多目的広場・・・なんも無いけど広いっす。

DSC04054

春どきは、花が咲く道だった・・・気がする。

DSC04061

屋内、屋外テニスコート。別料金です。

DSC04050

パターゴルフ場。こちらも別料金です。

DSC04064

アミューズメント施設

地下には、ボウリング場、カラオケ施設も有りますが、

有料なんで利用してません。

 

無料で利用できるのは、キッズルーム。

サッカーみたいなのができる小さなコート。

DSC00614

広めのキッズルーム。

DSC00617

別の部屋にもキッズルームがありました。

DSC00628

キッズルーム周辺には、ゲームセンターもありますので、

子供にゲームをせがまれるのも必至。余計な出費してしまうわー。

コインランドリー

意外と便利だったのが、本館3階にあるコインランドリー。

IMG_2764

洗剤は置いてあるのを自由に使う感じ。

IMG_2762

洗濯100円。乾燥機も30分100円でした。

IMG_2763

子供がブッフェで派手に食い散らかしたんで・・・

洗えるのはありがたい。長期滞在する場合も着替えいらずで助かりますね。

ヒルトンショップ(コンビニ)

ヒルトン小田原には、お土産や日用品が売っているヒルトンショップも入ってます。

DSC00929

店内は広く、小田原土産、ヒルトンオリジナルアイテムも売ってました。

DSC00930

飲み物、おつまみ、お菓子類も揃ってます。

DSC00932

ホテルの焼き立てパンも売っていたりと、

お土産以外にも便利に使えます。

ただ、全体的に値段は割高。山の中なんで仕方ないですかね。

 

ヒルトンショップは、夜は営業していませんが、

代わりにロビーで「ナイトショップ」が営業開始となります。

DSC00792

軽食類、日用品は、夜間でも売ってますので困ることは無い。

ホテル滞在者用のコンビニと言った感じでしょうか。

ヒルトン小田原の朝食ブッフェ

ヒルトン小田原は、山の中・・・

というわけで、朝食ブッフェを利用するのも宿泊者。

朝食ブッフェの質も高く、朝食セットプランも格安なのでコスパも高い。

ブッフェは、1階ブラッセリーフローラでの提供。

ブラッセリーフローラ

入口には持ち帰り用のコーヒー、小田原レモネードが用意されてます。

DSC02674

ブラッセリー・フローラの内観

入口からレストラン「フローラ」への通路。

左右にもテーブル席があります。

DSC02679

レストランの内観。全体的に開放的で明るいです。

DSC02699

ヒルトンオーナズ会員は、優先的に案内され、

より良い席が充てがわれます。窓際の広い席を確保です!

DSC02688

朝食ブッフェ:食事メニュー

朝食ブッフェで一番人気は、

目の前で調理してくれるエッグステーション。

DSC02696

オムレツ、目玉焼き。

DSC02702

オムレツは中に入れる具材も選べるし、

目玉焼きの焼き加減もカスタムできます。

DSC02701

しらすオムレツは、スゥイートチリソースでどうぞ。

DSC02704

納豆、豆腐、卵焼き、切り干し大根。

DSC02727

さつま揚げ、塩辛、温泉卵。

DSC02728

大人気、鮮魚コーナー。

マグロ、アジ、しらす、トビコ、わさび漬け、海苔の佃煮、錦糸卵。

DSC02731

漬物類に、お粥。

DSC02739

白米に味噌汁。

DSC02735

煮物に焼き魚。アジの干物。

DSC02734

ピラフ、温野菜。

DSC02732

スクランブルエッグ、ベーコン、ウインナー。

DSC02736

フライドポテトに、春巻き。

DSC02708

シュウマイ。

DSC02707

ココナッツカレー。

DSC02733

パンコーナー。

DSC02760

パンケーキもあり、生クリームやシロップ類もかけ放題。

DSC02789

シリアル類の種類も豊富。

DSC02762

サラダ&フルーツコーナー。

DSC02768

ハム、チーズ、ヨーグルト、

DSC02765

Kiriのクリームチーズや、ビヒダスヨーグルトも有る。

DSC02770

トマト、コーン、水菜。

DSC02771

ドレッシングは、シーザー、和風、フレンチの3種類。

DSC02777

朝食ブッフェ:ドリンクメニュー

朝食ブッフェは、ドリンクメニューも飲み放題。

低脂肪牛乳、牛乳、トマトジュース、オレンジ、りんご、グレープフルーツ、レモン水・・・

DSC02763

温かいドリンクは、ほうじ茶、紅茶、コーヒー。

DSC02772

ヒルトンオーナーズ会員は、ドリンクメニューも注文できました。

カフェラテ、カプチーノ、チョコレートドリンク、小田原レモネード。

DSC02684

本日のスムージーは、バナナとほうれん草。飲みやす!

DSC02711

朝食ブッフェで美味しかった食べ物

サラダがフレッシュ。とりあえずコレから。

DSC02781

小田原ヒルトン名物の海鮮丼。

カスタマイズ自由。海鮮盛りまくり。

DSC02740

見た目は悪いけど、温泉卵もいれて混ぜたら最高っす。

DSC02746

パンケーキは、なんちゃってエッグスン。

DSC02791

焼き立てオムレツは、やはり美味しい。

DSC02712

オムレツの中身を変えておかわり。玉子ばっかり食べてる。

DSC02818

ココナッツカレーが意外と旨い。

甘ったるいのかと思いきや、意外とスパイシー。

玉ねぎのみじん切り?いっぱい入ってます。

DSC02743

ヒルトンゴールド会員特典

私はヒルトンゴールド会員なので、朝食2名分無料となりました。

小学生未満はブッフェ料金も無料ですから、家族全員無料です。

 

部屋のアップグレードも毎回期待するのですが、

ヒルトン小田原では、アップグレードされたことが有りません。

家族で利用するので、大部屋のアップグレードは難しいのかもね。

代わりに貰えるのが、ラウンジのドリンク券でした。

DSC02470

ヒルトンオーナーズ会員へのウェルカムスイーツは、

バームクーヘン。

IMG_2714

ドリンクチケットは、

1階のレストラン「フローラ」と「ザ・ロビーラウンジ」で使えます。

今回は、ロビーラウンジで使ってきました。

DSC02919

ドリンククーポン専用メニューが有り、

ソフトドリンクは、コーヒー、紅茶、エスプレッソ、

オレンジ、アップル、コーラ、オレンジ、烏龍茶。

 

アルコールメニューは、ビール、赤白ワイン、

スパークリングワインでした。

DSC02907

無理して利用した感は、否めないっすけど。

まぁ、無料なら使うよね。

ヒルトン小田原に宿泊した感想。

首都圏にあるホテルとは違い、立地やアクセスは悪いですが、

田舎ならではの格安料金で、全てが広いので、贅沢な感じを受けます。

 

箱根に行くなら、根府川のヒルトンも選択肢に入れる。

プール。温泉。アクティビティと、一通り揃ってますので、

わざわざココに来る。ここだけで完結するホテルという感じ。

ゆったりと休養するために、小田原に行くのは悪くはないかと。

大人は動かなくて良いので、ラクですわ。

 

温泉、プールと、自由に使えるタオルが置いてあるので、

部屋から手ぶらで行けるってのも非常にラク。

リゾート料金は1人1,000円(小学生以上)取られますが、

プール、温泉、フィットネスが使えるなら妥当かなと。

ただ、周りには何も無いのでレンタカーも有った方が良いかと。

レストランもブッフェメインで、同じような内容で飽きがち。

※参考→ヒルトン小田原リゾート&スパ 朝食・昼食・夕食ブッフェの食べ比べ。 | 小田原が!どっと混む。

 

車が有れば、小田原、箱根、湯河原と近い。

海の幸、山の幸も堪能できます・・・けど、

疲れるからやりませーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です