バンコク・スワンナプーム国際空港のプライオリティパスラウンジまとめ

スワンナプーム国際空港プライオリティパスラウンジ

タイのバンコクは日本人にも大人気の観光地であり、

バンコクのスワンナプーム国際空港は、アジア圏有数のハブ空港。

世界的にも大きな空港であり、プライオリティパスラウンジも多いです。

 

有料ラウンジだけでなく、航空会社ラウンジでも使えるってのも、

スワンナプーム国際空港ならでは。

たくさん有りすぎて悩むので、

各ラウンジの特徴と、オススメのラウンジまとめておきます。

バンコクプライオリティパスラウンジ一覧

スワンナプーム国際空港のプライオリティパス対象ラウンジは、

2019年6月現在、全部で14ヶ所もありますが、

そのウチ9ヶ所がMiracle Lounge(旧 Louis’ Tavern CIP Lounge)となってます。

DSC08854

バンコク プライオリティパスラウンジ

場所 ラウンジ名 営業時間 利用時間 シャワー
1 コンコースA(国内線 Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで
2 コンコースA(国内線 Miracle Lounge 24時間 2時間まで
3 コンコースA (国内線 Blue Ribbon Club Lounge 4:30~22:00 3時間まで 有り
4 コンコースC Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで
5 コンコースD ゲートD5 Miracle Business Class Lounge 24時間 2時間まで 有り
6 コンコースD ゲートD6 Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで 有り
7 コンコースD ゲートD7 Blue Ribbon Club Lounge 4:30~22:00 3時間まで 有り
8 コンコースD ゲートD8 Turkish Airlines Lounge 24時間 制限無し 有り
9 コンコースE Oman Air First&Business Class Lounge 5:00~20:30 2時間半まで 有り
10 コンコースF Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで
11 コンコースF ゲートF2 Air France – KLM SkyLounge 24時間 3時間まで 有り
12 コンコースG Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで
13 コンコースG ゲートG2 3F Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで 有り
14 コンコースG ゲートG2 4F Miracle First Class Lounge 24時間 2時間まで 有り

赤色がミラクルラウンジ青色が航空会社ラウンジです。

 

Blue Ribbon Club Loungeも2ヶ所有りますが、

コンコースAとBは、タイ国内線便が利用するエリアなので・・・

被るミラクルラウンジも除くと、

実際、使うのは5種類のラウンジとなるわけです。

 

また、スワンナプーム国際空港のプライオリティパスラウンジは、

ほぼ全てのラウンジで利用時間の制限があり

全て出国審査後の制限エリア(エアサイド)に有る点にも注意。

荷預け手荷物が有る場合も、

チェックインカウンターオープンしないと制限エリアに入れませんからね。

 

ちなみに、ダイナースクラブラウンジは11ヶ所で、

Blue Ribbon Club LoungeとTurkish Airlines Loungeが対象外。

※参考→スワンナプーム国際空港(バンコク) ラウンジ

 

LoungeKey(ラウンジキー)は13ヶ所で、

Turkish Airlines Loungeが対象外でした。

※参考→ラウンジキー_v201812.pdf

 

ブルーリボンクラブもターキッシュも、

プライオリティパスで追加されたばかりのラウンジなので、

そのうちラウンジキーやダイナースでも追加されるかもしれませんけど。

Miracle First Class Lounge

Miracle Loungeは、いわゆる有料ラウンジ。

有料ラウンジは、航空会社ラウンジに比べて劣る印象がありますが、

コンコースDのMiracle First Class Loungeは別格。

 

2017年にオープンしたばかりのラウンジで、綺麗でゴージャス。

2018年度のラウンジオブ・ザ・イヤーで総合優勝してるから。

プライオリティパスで得する国まとめ。海外主要空港のラウンジ数を比較。

DSC09119

Miracle First Class Lounge コンコースD

  • 営業時間:24時間営業
  • 利用条件:最大2時間まで3歳未満無料
  • 場所:エアサイド3階、搭乗ゲートD6付近
  • 飲食:軽食、アルコール
  • 設備:WiFi、シャワールーム、礼拝専用室

 

ラウンジ設備だけでなく、ビッフェスタイルの食事も豊富。

オーダー料理も有り、カオマンガイヌードルメニューも食べられます。

DSC09074

ドリンクメニューも豊富で、スパークリング、リキュールと、

アルコール類も一通り有ります。

DSC09100

綺麗なシャワールームも有り、24時間営業アクセスも良い

とりあえず、使うならコンコースDのミラクルラウンジが間違いないです。

スワンナプーム国際空港「Miracle First Class Lounge(ミラクルファーストクラスラウンジ)」レビュー

 

難点は、利用時間が最長2時間と短い点。

これは全てのミラクルラウンジで共通です。

Air France – KLM SkyLounge(エールフランス)

航空会社系ラウンジで一番のオススメが、

エールフランスの「Air France – KLM SkyLounge」。

エール・フランスは、スカイチーム加盟であり、

ヨーロッパ最大の航空会社。ラウンジの質も高いです。

DSC08937

Air France – KLM SkyLounge

  • 営業時間:24時間営業
  • 利用条件:最大3時間まで2歳未満無料
  • 場所:エアサイド3階、搭乗ゲートF2付近
  • 飲食:軽食、アルコール
  • 設備:WiFi、シャワールーム、マッサージチェア

ラウンジは広くて綺麗で24時間営業。しかも割と空いてます。

深夜便でも利用でき、最大3時間利用可能と長めに滞在できるのも嬉しい。

食事、ドリンクメニューも多く、特にデザートメニューは豊富。

スワンナプーム空港「Air France KLM SkyLounge(エールフランス KLM スカイラウンジ)」レビュー

DSC08893

エクレアとかタルトとかアイスとか、

スイーツ食べながら、アルコール飲みまくれます。

DSC08935

難点は、コンコースFのゲートF2付近にあるので、

逆側コンコースA、B、Cの搭乗ゲートだと、ちょっと遠い。

まぁ、私は逆側でも使いに行きますけど。

Oman Air First&Business Class Lounge(オマーン航空)

オマーン航空は、アライアンス非加盟の航空会社。

ラウンジ利用する機会も少ないのですが、

スワンナプーム国際空港なら、プライオリティパスで利用できます。

Oman Air First&Business Class Lounge

  • 営業時間:午前5時~午後8時30分
  • 利用条件:最大2時間半まで、大人1名毎に7歳未満1名無料
  • 場所:エアサイド3階、コンコースE入り口付近(E2ゲート手前)
  • 飲食:軽食、アルコール
  • 設備:WiFi、シャワールーム、礼拝専用室

 

食事も豪華で、他では食べられない中東メニューも多く有る。

アルコールメニューも非常に豊富なので、

飲み食いするには最高のラウンジ。

他の空港では体験できないオマーン航空のラウンジっていうレア感、

是非ともスワンナプーム国際空港で体験して頂きたい。

大人1名につき7歳未満の子供1名無料というのも、地味に嬉しい。

 

ただ、営業時間が短く午後8時30までしかやっておらず、

トイレとシャワールームも一つずつと、ラウンジはあまり広くない。

 

私が行ったときは、既に営業時間外だったり、

リニューアル工事中だったりと、私とは相性の悪いラウンジです。

DSC08847

Turkish Airlines Lounge(トルコ航空)

2019年3月に新しくできた、ターキッシュエアラインラウンジ。

スターアライアンス加盟のトルコ航空のラウンジであり、

ANAの上級会員や、SFC会員でも利用できるラウンジです。

DSC08980

Turkish Airlines Lounge

  • 営業時間:24時間営業
  • 利用条件:2歳未満無料
  • 場所:エアサイド3階、搭乗ゲートD8付近
  • 飲食:軽食、アルコール
  • 設備:WiFi、シャワールーム

食事類は、良くも悪くも普通ですが、

ドリンク類は豊富で、バーカウンターも有ります。

チャイやトルココーヒーも、このラウンジならでは。

スワンナプーム空港トルコ航空ラウンジ「Turkish Airlines Lounge(ターキッシュ エアライン ラウンジ)」レビュー

DSC08977

ラウンジは新しく綺麗であり、

24時間営業唯一利用時間の制限が無いってのも、

トランジット等では使いやすいかと。

仮眠室っぽく使えるクワイエットルームも有るからね。

 

ラウンジは空港の中央エリア、

コンコースDのゲートD8付近に有るので、

とりあえず、通過するついでに利用してみるのも悪くないかと。

Blue Ribbon Club Lounge(バンコクエアウェイズ)

2018年10月、バンコク・エアウェイズのラウンジも、

プライオリティパスで利用可能となりました。

エコノミークラスの「ブティックラウンジ」ではなく、

ビジネスクラスの「ブルーリボンクラブラウンジ」が使えます。

DSC09038

Blue Ribbon Club Lounge

  • 営業時間:午前4時30分~午後10時
  • 利用条件:最大3時間まで、2歳未満無料
  • 場所:エアサイド3階、搭乗ゲートD7付近
  • 飲食:軽食、ソフトドリンク
  • 設備:WiFi、シャワールーム

バンコク・エアウェイズも、アライアンス未加盟の航空会社。

ビジネスクラスラウンジが使えるってのはレア。

 

このラウンジは、オーダーできる料理が4種類あり、

特に海老のワンタンスープは、非常に美味しかったです。

スワンナプーム国際空港バンコクエアウェイズ「Blue Ribbon Club Lounge(ブルーリボンクラブラウンジ)」レビュー

DSC09022

ただ、ラウンジは非常に狭く、他のブッフェ料理はイマイチ。

アルコール飲料も置いてないので、

オーダーメニュー以外は特筆すべき点が無い。

 

まぁ、中央エリアのコンコースDに有るので、

軽くワンタンスープだけ食べて他のラウンジに移るってのは有りかと。

営業時間が午後10時までなので、そこだけ気をつけて。

バンコクプライオリティパスラウンジまとめ

スワンナプーム国際空港のプライオリティパスラウンジは豊富なので、

早めに行って色々試してみるってのも楽しいかと。

こんなに航空会社ラウンジが使える空港も珍しいです。

プライオリティパスで得する国まとめ。海外主要空港のラウンジ数を比較。

 

スワンナプーム国際空港も広いとは言え、

シンガポールみたいにターミナルが分かれているわけでも無いから。

シンガポールのチャンギ空港で、プライオリティパスが使えるラウンジまとめ。

 

スワンナプーム国際空港のターミナルは一つだけ、

プライオリティパスラウンジも全体的に中央寄りです。

中央のコンコースDに、ミラクル、ターキッシュ、バンコクと有るし、

コンコースFのエールフランスや、コンコースEのオマーンも、

各コンコースの中央側に位置してますから。

 

タイによく行くなら、プライオリティパスは有った方が良いですね。

クレジットカード特典で無料発行。

最安で年会費1万円楽天プレミアムカードで利用可能です。

プライオリティパス特典が付帯するクレジットカード。同伴者無料カード、家族カード発行の比較まとめ。

 

ただ、バンコクでプライオリティパスは最高ですが、

他の国では微妙なことも多い。使って得する人も限られてます。

プライオリティパスの必要性。使って気づいたメリット・デメリット。

タイのラウンジは良かったけど、

やっぱり同伴者料金払うほどの価値は・・・無いかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です