Hilton Sukhumvit Bangkok(ヒルトン スクンビット バンコク)宿泊レビュー

ヒルトン・スクンビット・バンコク客室

タイ・バンコクは物価が安いので、ホテルも格安に泊まれる国。

バンコクにあるヒルトンホテルも、1泊1万円ちょっとで泊まれました。

 

バンコクの一等地スクンビット・ソイ24通りに面しているし、

客室も広くて綺麗で、朝食ブッフェも豊富で良かったです。

ヒルトン スクンビット バンコクの格安予約-バンコク

外観

ホテル外観。壁に緑がたくさん。

Hiltonのロゴ。

建物も立派です。

入り口もガラス張りでデカイ。

ロビー

エントランス。外も中もモダンデザイン。

高めの天井で、ロビーも広い。窓も天井まであり開放感あります。

ロビーの休憩スペース。

よくわからない彫刻が

入り口から右手奥にレセプションがあります。

エレベーター&客室フロアの廊下

客室へ向かうエレベーター。

カードキータップしないとボタン押せないタイプ。

客室フロアのエレベーター前。

客室フロアの廊下。

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回宿泊したのは、17階のツインエグゼクティブルームで、

エグゼクティブラウンジも使える部屋。

一番安いデラックスルームからアップグレード。

 

エグゼクティブルームは、エグゼクティブラウンジだけでなく、

コンシェルジュサービスや、無料アイロンサービスも使えるってさ。

IMG_8368

エグゼクティブルーム特典の説明書が日本語で貰えました。

右側の紙はゴールド会員特典の説明書です。

部屋の内装

客室内、いきなり広い感じ。

左側にベッド。窓際にデスク。

IMG_7837 (1)

窓側から、客室内の眺め。広いので家具同士のスペースもゆとり有る。

IMG_7840 (1)

ベッド横のサイドテーブル。

よくわからない置物。

荷物置き場。高い位置でスーツケース広げられるのは好き。

広めのデスク。

デスク上のコンセント類。マルチプラグコンセントやUSB、LANケーブル。

HDMIやD-SUB端子まで有りました。テレビに繋がってるのか?

部屋の中央に壁掛けディスプレイ。

コンセントは多めにあるのが嬉しい。

マルチプラグなんで、日本のコンセントもそのまま差し込めます。

窓からの眺望&夜景

17階なので、それなりに高層フロア。

部屋からの眺めも綺麗でした。

バンコクの街並み。

左側は高い建物が多いので、

右側の方が視界が開けており、ベットから見えるのもこちら側。

夜景。

朝焼け。

部屋の設備

客室入り口に広めのクローゼット。アイロン、ハンガー。

クローゼット横の収納棚に、バスローブ、ドライヤー。

フィリップス製。悪くない。

スリッパも置いて有ります。ペラペラだけど。

コーヒー&ドリンク類

水ボトル、ヒルトン会員は2本無料。瓶ボトルです。

エビアンも置いてありましたが、こちらは有料。250バーツってスゲー高いな。

冷蔵庫の中のドリンク類。こちらは有料。

カウンターテーブルの引き出しの中に、コーヒー&グラス。

コーヒーは粉末。紅茶はDilmah(ディルマ)。

ウェルカムスイーツも置いて有りました。

こんなん。

凄い濃厚で激甘なスイーツ。上部がバターで下がチョコみたいな。

半分食ってギブアップです。

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

洗面所。高級感あります。

ヒルトンおなじみのクラブツリー&イヴリンのアメニティ。

生花が飾ってあります。

浴室も広い。

IMG_7844 (1)

バスタブも凄い広い。足伸ばしても届かない広さでした。

IMG_7845 (1)

シャワーは、ハンドシャワー、天井シャワーもあり、水圧も湯もバッチリ。素晴らしい。

バスタオルにフェイスタオル。ぐるぐるレイアウト。

お風呂場からも使えます。

ブッフェで食べ過ぎた体に体重計。

水洗トイレ。ウォシュレットは無し。

浴室は客室からガラス張りになっており、

客室からも見えますし、ブラインドを下ろすことも可能。

フィットネスジム

宿泊者は、24時間年中無休でフィットネスジムが使えます。

最上階フロアにあります。

そんなに広くないですが、一通りの設備はあるかなと。

ダンベル。

ランニングマシーン。

水、ヘッドフォン、タオル。

タオルはサイズが二種類。

インフィニティプール

ジムの隣にプール。屋上のインフィニティプールです。

プールの営業時間は午前7時~午後9時です。

プールサイドの休憩スペース。屋上なんで、眺めは最高ですね。

またしても居ました変な像。

カップル風、ナイスバディです。

そんなに広くは無いプール。

プール周りの休憩スペース。

ソファースペースもあります。

プール脇にバーカウンター。

お酒を飲みながら、景色を見るだけでも楽しめそう。

朝食ブッフェ:Scalini(スカリーニ)

朝食ブッフェは、2階のイタリアンレストラン「Scalini」での提供。

平日は朝6:30~10:30、土日は朝6:30~11:00までの営業です。

奥の方にも座席はたくさんあるので、広いですね。

ヒルトン会員ということで、窓際の席に案内されました。

レストラン中央に食事コーナー。

カットフルーツ。

サラダコーナー。

フルーツポンチ、ミューズリー、ヨーグルト。

コールドステーション。ハム、チキン、サーモン。

チーズステーション。

寿司コーナー。寿司は、具がほとんど無くほぼ酢飯。

白米。

 

味噌汁。

チャーハン。

醤油焼きそば。

豆のシチュー。

トマトパスタ。

洋食コーナー。

カリカリベーコン、ソーセージ、ポテトグラタン、焼きトマト。

おかゆ。

おかゆ用の薬味。

市販のヨーグルト。

シリアルコーナー。

ベーカリーコーナー。

パンがたくさん。

デニッシュ、マフィン、パイ・・・

ホットケーキやフレンチトースト、パンプディング。

ジャムとか、ピーナツバターとか。

飲茶もありました。

ヌードルステーション。

麺を選んで、お好みの具を選んで、ヌードル作ってくれます。

完成したヌードル。

エッグステーション。目玉焼き、ゆで卵、ポーチドエッグ、オムレツが頼めます。

タイオムレツを頼んでみた。

隣では、お好みの具材で炒めものも作ってくれます。

完成。本格中華炒めオイスター風ですね。海老旨いっす。

ジュースコーナー。

好みの野菜&果物でミックスジュースも作ってくれます。

盛り過ぎた俺。

野菜は間違い無いです。

南国なんでフルーツが美味しいですね。

特にマンゴスチンが最高でした。日本では、まず食べられない。

ヌードルも美味しい。辛くしすぎたけど。

100周年記念ということで、パンケーキもいただきました。

エグゼクティブラウンジ

私はエグゼクティブフロア宿泊だったので、

4階のエグゼクティブラウンジも使えました。

レストランと同じくAM6:30~朝食を提供しています。

PM2:00~PM4:00はアフタヌーンティーで、軽食、スイーツ。

PM5:30~PM7:30はイブニングカクテルで、食事やアルコールも提供しています。

今回は、朝食ブッフェだけ利用しました。

 

レストランの朝食ブッフェよりも品数は少ないですが、

ラウンジは利用客も少なく快適でした。

ラウンジの方が、全体的にゴージャスですね。

パソコンやコピー機もあります。

Macです。

屋外のラウンジスペース。喫煙所ですね。

基本的には、レストランで提供されている食事と一緒。

寿司とかハムとか、

チーズとかとか。

サラダコーナー。

 

シリアル類。

奥にも食事が置いてあります。

ベーカリーコーナー。

その場で作ってくれるのは、卵料理くらい。

テーブルにも、注文用紙が置いて有りました。

軽い朝食なら、こちらで十分。

ヌードルバー、炒め料理、フレッシュジュースが無いけど、

ラウンジの方がゆったりと食べられて良いかなと。

宿泊した感想

ホテルのスタッフはヒルトン品質、

レセプションから丁寧であり、スタッフは笑顔も素敵。

英語対応ですが、英語難の有る私に気を遣って分かりやすく説明してくれました。

日本語対応スタッフは居なかったですね。

 

ホテルの設備は、リゾートっぽさは有りませんが、

綺麗で間違いないホテル。

大きなバスタブも有るし、湯量も抜群、部屋も広いですからね。

インフィニティプールも有るので、カップルとかにも良さそう。

BTSプロンポン駅からも徒歩圏内。電車移動するにも便利。

朝食ブッフェもバリエーション豊富でどれも美味しかったので、

利用するなら朝食付きプランですね。

高級ホテルに安く泊まれるはバンコクの良いところ。

この後、5つ星ホテルにも泊まったのですが・・・

どれも非常に格安でした。ヒルトンの最上級ホテルも安い。

Conrad Bangkok(コンラッド バンコク)宿泊レビュー | とりあえずバンクーバー。

Millennium Hilton Bangkok(ミレニアム ヒルトン バンコク)宿泊レビュー

マリオット系の最上級ホテル、セントレジデンスも破格で凄いサービスでした。

The St. Regis Bangkok(セントレジデンス バンコク)宿泊レビュー 

 

強いてヒルトンスクンビットの難点をいうなら、

繁華街の中心地に有るということ。

目の前の道路は、週末混みまくり。

狭い道路なんで、バイクも歩道に乗り上げまくって走ってました。

Grabが全然来ないのもちょっと困った。

バンコクGrabの料金相場と注意点。タイGrabと他国Grabの違い。

まぁ、バンコクの渋滞はここだけの話ではないけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です