海外キャッシングと海外クレジットカード決済と現金両替の為替レート比較。

Pocket
LINEで送る

カナダ、アメリカと行く頻度が増えてまいりましたので、

その時の決済情報を元に、為替レートを比較したいと思います。

 

海外でお金を使うにあたり、一番お得な方法は何なのか?

海外キャッシングなのか?クレジットカード決済なのか?宅配両替サービスなのか?

はたまたマネパカードの外貨両替なのか?

実際の請求額を元に、手数料を導き出し、差額を調べて比較します。

 

宅配両替の為替レートと配送料。

海外通貨を日本で用意するなら、外貨宅配サービスが安い。

なかでも、外貨両替ドルユーロが安かったです。

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

 

カナダドルを、2016年1月14日に両替したので、

基準となるCAD / JPYのレートは81.97円

CAD / JPYの為替レート推移 ※24時間の平均値

  • 2016年1月14日:81.97

※参照元→過去の為替レート | OANDA

 

外貨両替ドルユーロでの購入レートは85.41円(+3.44円)

500ドル換金して配送料400円とられたので、合計43105円

 

一応、1ドルあたりの換金レートを算出してみる。

43105 ÷ 500 ≒ 86.21円

1月14日の為替レート81.97円 → +4.21円

 

為替レートは時間毎に変動するし、両替各社の算出時刻も異なるので、

正確な数値は算出できませんが、

宅配両替では、約3円~4円プラスといった感じでしょうか。

 

実際のところ、カナダにはレートの良い両替商が多くあるので、

日本円をそのまま持っていった方が、良いレートで両替できる。

現地の両替商でも、+3円~4円の手数料で交換してくれます。

ワーホリでお金を持って行く方法。カナダドルの両替方法と為替手数料。

配送料が必要無い分、結果的に割安にもなるからね。

 

海外クレジットカード決済の為替レート。

国際ブランドVISAとMasterCardとJCBとAmerican Expressと、

カナダ、アメリカと利用して、何度も利用して比較してきましたが・・・

 

やはり現金両替や、宅配両替に比べると、断然格安で利用できます。

決済日の市場レートと比較しても、為替レート+1.5~2.5円といったイメージ。

中でも、MastercardとJCBは、特にレートが良かったです

海外クレジットカード決済の為替レートを徹底比較。

 

為替レートが良いだけでなく、そのほかに手数料も発生しないし、

ポイント還元もされるので、なんだかんだで一番お得な決済方法。

 

宅配両替だと、配送料が取られるし、

海外キャッシングは、返済日までの利息や、ATM利用料が発生しますから。

現金を持たなくて良いという面でも、クレジットカード決済がオススメです。

 

海外キャッシングの為替レートとキャッシング金利。

クレジットカードでは、カードでそのまま決済する以外に、

現金調達の手段としても活用できます。

現金が必要な場合は、海外キャッシングで両替するのも一つの方法です。

 

海外キャッシングの換算レートは、為替手数料が発生しないので、

クレジットカード決済よりも為替レートは良くなります。

一般的なクレジットカードの海外キャッシングに伴う費用

  • 為替手数料(事務手数料)は無料となる
  • 海外キャッシングの金利:年利18%
  • 海外ATM利用手数料/1回:1万円以下108円1万円超216円

海外専用プリペイドカードの手数料を比較。外貨両替するなら海外キャッシング。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

例えば、同日同時刻のクレカ決済と海外キャッシングのレート比較すれば、

海外キャッシングの方が、断然レートが良いのを体感できます。

  • 1月25日のクレカ決済 → 換算レート 85.543円(エポスVISA)+1.943
  • 1月25日のキャッシング → 換算レート 84.21円(エポスVISA)+0.61

 

特に、MastercardとJCBは、為替レートが非常に良く、

市場レートとホント大差無い数値となりました。

海外キャッシングの為替レート in ハワイ(2017年7月12日)

  • エポスカード(VISA):USD=114.21ドル(市場レート+0.857
  • 楽天カード(Mastercard):USD=113.434ドル(市場レート+0.081
  • セディナカード(Mastercard):1USD=113.434ドル(市場レート+0.081
  • JCBカード(JCB):1USD=113.30ドル(市場レート-0.053

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

American Expressはレートが悪いのは、クレジットカード決済と同様みたい。

 

海外キャッシングは、為替レートが良い場合が多いのですが・・・

もちろん例外があります。

海外キャッシングは、現地ATMにより為替レートが悪くなる場合も有るという事。

バンクーバーとハワイで、レートが非常に悪かった事例も有る。

  • オリコカード Master:1CAD=93.135円(市場レート+6.206
  • セゾンカード AMEX:1USD=117.8ドル(市場レート+4.70

市場レート+5~6円で、キャッシング利息ATM利用料まで発生するのを考えると、

全然お得じゃないから。

 

また、海外キャッシングは、為替手数料が発生しない(為替レートが良い)代わりに、

キャッシング金利海外ATM利用料が発生するわけです。

ややこしいですが、全ての手数料を含めた返済金額は、

クレジットカード決済よりも高くなってしまうというオチ。

 

以下は、エポスで、キャッシング利用した場合の合計金額。

200ドルの海外キャッシングで、元金16842円海外ATM利用料216円

16842円+216円=17058円。

金利無し、返済手数料も無しなら、非常に格安で現地資金を調達できます。

 

エポスカードの海外キャッシングで実際に払った金額

  • 200CAD → 実際に返済した合計額17058円 → 1ドルあたり85.29円
  • 当日レート +1.6 (1月25日平均レート83.6円

 

海外キャッシングは、返済日が遅くなればなるほど、金利も増えてきます。

キャッシング金利は、基本的に年率18%なので、

年利18% ÷ 12ヶ月 = 月利1.5%

更に月利を日割りすると・・・

月利1.5% ÷ 約30日 = 日利0.05%

例えば、10万円キャッシングした場合は、1日50円も金利を払う事になります。

 

銀行の両替手数料や、為替手数料を考えたら断然安いと思いますが、

早く返済するに越した事は有りません。

繰上げ返済の方法も把握しておいた方が良いです。

海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。

遅くとも翌月一括返済。間違ってもリボで返済し続けないように。

 

また、利用毎にATM利用料(108円 or 216円)が発生するので、

少額利用の場合は、ATM利用料の占める割合も大きくなります。

海外キャッシングにおける海外ATM手数料

  • ご利用金額1万円以下:100円+税 / 件
  • ご利用金額1万円超:200円+税 / 件

 

例外として、ATM利用料が発生しないクレジットカードが有り、

JCBカードと、セディナカードで海外キャッシングを利用した場合は、

ATM利用料は発生しませんでした。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。

セディナカードでは、繰上げ返済もWEB経由で完結するので・・・

数日分の金利が、主な手数料という感じです。

手数料含めても、市場レート+0.347円って凄いパフォーマンス。

 

セディナカードの海外キャッシングで実際に払った金額

  • 60USD → 実際に返済した合計額6822円 → 1ドルあたり113.7円
  • 当日レート +0.347 (7月12日平均レート113.353円

 

一方、セゾンのアメックスカードで、200カナダドルキャッシングした際は、

約1周間後にキャッシング返済で・・・金利は54円

1月25日に17068円キャッシングして、2月2日の振り込み返済で17122円

ATM利用料216円を取られて、合計17388円

1ドル換算すると86.94円+3.34)。まぁ悪くはないけど、良くも無い。

 

キャッシングの手間や、金利、ATM利用料を考えると、

やはりクレジットカード決済した方が得だね。ポイントも貯まるし。

 

マネパカードで両替→現地通貨引き出し。

海外通貨への両替で頻繁に目にするマネパカード

試しに、アメリカドルに換金してみましたが・・・

FXレート+0.8円の両替手数料は、悪いレートでは有りませんが、

海外キャッシング比べると、微妙に劣るレート。

 

現地引き出しの際には、ATM手数料2ドルだけでなく、

お取引手数料現地のATM利用料)が発生するので、

現地で利用するATMによっては、海外キャッシングより高くつく。

現地のATM利用料は2ドル~5ドル前後。

 

海外キャッシングとは違い、金利や返済手数料が発生しないので、

利用方法によっては、海外キャッシングに比べて割安となる事も。

 

マネパカードは、事前入金&オンライン両替の手間はあるけど、

返済する手間&日々増える金利への恐怖が無い。

海外キャッシングと違って、事前に換金レートも把握できるのも嬉しい。

マネパカードの使い方と注意点。現地で利用するまでの流れと、余った残高の活用方法。

 

米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルの5通貨対応なので、

カナダドルへの両替にマネパカードが使えないのが、難点ですけど。

 

マネーパートナーズの外貨両替(空港外貨受取サービス)

マネーパートナーズといえば、マネパカードが有名ですが、

FX口座で両替して、空港で受け取ることも可能です。

マネーパートナーズで外貨両替。空港外貨受取サービスの利用方法。

 

FXレート+0.2円の両替手数料なので、

マネパカードで両替するよりも、レートが良く、

海外キャッシング並に良い為替レート。

発生する手数料は、外貨受取依頼事務手数料500円のみ。

 

500円の手数料と聞くと、高く感じますが、

マネパカードで現地通貨引き出しをする場合も、

マネパのATM利用料2ドル、現地ATM利用料も2ドル以上と、

なんだかんだで4ドル以上の手数料、

最低でも500円くらいの手数料は発生してしまいます。

 

海外キャッシングの場合も、海外ATM利用料、

返済日までの金利が発生しますからね。

 

ただ、マネーパートナーズの外貨両替は、

少々分かりづらく、事前に申し込みが必要という事が難点かな。

 

決済方法の違いによる為替レート比較まとめ。

海外キャッシングのレートは予想以上に良かったですが、

利用する際には、様々な手数料も考慮しなければいけないという事。

得するのは、あくまで繰上げ返済をした場合です。

海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。

繰上げ返済をしない場合は、支払いまでの1ヶ月~2ヶ月分の金利も上乗せされますので、

クレジットカードでそのまま決済した方が、断然お得で手間も少ないです。

 

クレジットカード決済なら、海外ATM手数料も発生しないだけでなく、

利用額に応じて、ポイント還元もされますので、

なんだかんだで、結局一番お得な決済方法。

 

利用する為の様々な手間も無いし。

ショッピング保険海外旅行保険が付帯するカードも多く有りますからね。

オススメの海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険。

 

無料のクレジットカードでも高還元カードは増えており、

1.00%還元も当たり前になっているので、

無理して海外キャッシングするよりは、クレジットカードで決済するのが得策。

特にカナダやアメリカは日本より、カード社会。

チップもクレジットカードで当たり前に払えます。

カナダのチップ相場(目安)とバンクーバーの消費税について。

ハワイでのチップ相場と渡し方。クレジットカードでの支払方法。

 

海外キャッシングの場合は、

ポイント還元も対象外となるだけでなく、大金利用にも向いてない。

少額利用なほどATM手数料の割合も高くなるし、

ATMの利用制限(1日の限度額制限等)とかも有るからね。

 

日本でも宅配両替サービスを使えば、少しはお得に両替できますが、

クレジットカード決済や、海外キャッシングに比べると断然レートは劣ります。

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

 

海外に現金を持ち込みたいなら、なるべく持ち込まない。

必要に応じて、海外キャッシングした方がお得です。

ワーホリでお金を持って行く方法。カナダドルの両替方法と為替手数料。

海外生活にクレジットカードは必需品。

現金が必要な場面って、非常に限られてきますから。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です