海外キャッシングと海外クレジットカード決済と現金両替の為替レート比較。

2016年1月、2016年12月と、再度カナダへ行って参りましたので、

その時の決済情報を元に、決済方法別の為替レートを比較したいと思います。

 

海外でお金を使うにあたり、一番お得な方法は何なのか?

海外キャッシングなのか?クレジットカード決済なのか?宅配両替サービスなのか?

実際の請求額を元に、手数料を導き出す。差額を調べて比較します。

カナダドルの為替レートの推移

決済別の為替レートを比較する前に、元となる日本とカナダ間の為替レート。

私がカナダ滞在した時は、為替が大幅に変動している時でした。

KS002131

CAD / JPYの為替レート推移 ※24時間の平均値

  • 2016年1月14日:81.97
  • 2016年1月15日:81.03
  • 2016年1月24日:84.06
  • 2016年1月25日:83.60
  • 2016年1月26日:83.16
  • 2016年1月27日:83.94
  • 2016年1月28日:84.31
  • 2016年1月29日:85.71
  • 2016年1月30日:86.63
  • 2016年12月07日:85.8901
  • 2016年12月08日:86.0288
  • 2016年12月09日:86.9290
  • 2016年12月10日:87.4280
  • 2016年12月11日:87.4263
  • 2016年12月12日:87.9198
  • 2016年12月13日:87.7413
  • 2016年12月14日:87.7083

※参照元→過去の為替レート | OANDA

2016年1月頭は87円だったのに、一旦80円を切るくらいまで下がり、

再び87円に戻る流れだったのですが・・・

 

私は80円付近の時に、日本で外貨両替をし、

87円に戻りつつある84円くらいの時に、カナダで外貨決済をしていたわけです。

2016年12月の時も、トランプ相場で為替が大幅変動中ということで、

決済の違いによるレートの違いも分かり辛いですが・・・

なんとか、計算して検証したいと思います。

 

宅配両替の為替レートと配送料。

海外通貨を日本で用意するなら、外貨宅配サービスが安い。

カナダドルの場合は、外貨両替ドルユーロが安かったです。

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

 

1月14日に両替したので、CAD / JPYのレートは81.97円 ※24時間の平均値

外貨両替ドルユーロでの購入レートは85.41円

500ドル換金して配送料400円とられたので、合計43105円

 

一応、1ドルあたりの換金レートを算出してみる。

43105 ÷ 500 ≒ 86.21円

1月14日の為替レート81.97円 → +4.21円

 

為替レートは時間毎に変動するし、両替各社の算出時刻も異なるので、

正確な数値は算出できませんが、

宅配両替では、約4円~4.5円プラスといった感じでしょうか。

 

実際のところ、カナダにはレートの良い両替商が多くあるので、

日本円をそのまま持っていった方が、良いレートで両替できる。

現地の両替商で、約2円~4円プラスの手数料で交換してくれます。

ワーホリでお金を持って行く方法。カナダドルの両替方法と為替手数料。

 

海外クレジットカード決済の為替レート

国際ブランドVISAとMasterCardとAmerican Expressを使いましたので、

クレジットカード明細に記載された金額と換算レートを元に計算しています。

2016年1月末のクレカ決済レート比較 in カナダ

  • 1月25日:20.75ドル → 1775円 → 換算レート 85.543円(VISA)+1.943
  • 1月25日:57.55ドル → 4945円 → 換算レート 85.925円(AMEX)+2.2325
  • 1月26日:20.00ドル → 1718円 → 換算レート 85.900円(VISA)+2.74
  • 1月26日:18.52ドル → 1591円 → 換算レート 85.907円(AMEX)+2.747
  • 1月26日:126.41ドル → 10864円 → 換算レート 85.942円(AMEX)+2.782
  • 1月27日:29.56ドル → 2551円 → 換算レート 86.299円(VISA)+2.359
  • 1月27日:76.55ドル → 6602円 → 換算レート 86.244円(AMEX)+2.304
  • 1月28日:9.75ドル → 846円 → 換算レート 86.770円(VISA)+2.460
  • 1月28日:43.84ドル → 3814円 → 換算レート 86.998円(AMEX)+2.688
  • 1月28日:42.21ドル → 3640円 → 換算レート 86.235円(AMEX)+1.925

2016年12月中旬のクレカ決済レート比較 in カナダ

  • 12月9日:20.00ドル → 1785円 → 換算レート 89.250円(VISA)+2.323
  • 12月9日:6.72ドル → 600円 → 換算レート 89.2858円(AMEX)+2.3568
  • 12月9日:102.30ドル → 9142円 → 換算レート 89.3656円(AMEX)+2.4366
  • 12月10日:57.55ドル → 5134円 → 換算レート 89.210円(VISA)+1.782
  • 12月10日:22.48ドル → 2008円 → 換算レート 89.3239円(AMEX)+1.8959
  • 12月10日:164.09ドル → 14664円 → 換算レート 89.3656円(AMEX)+1.9376
  • 12月11日:30.07ドル → 2708円 → 換算レート 90.057円(VISA)+2.6307
  • 12月11日:243.81ドル → 21787円 → 換算レート 89.3606円(AMEX)+1.9343
  • 12月11日:83.90ドル → 7497円 → 換算レート 89.3564円(AMEX)+1.9301
  • 12月12日:56.55ドル → 5063円 → 換算レート 89.532円(MasterCard)+1.6122
  • 12月12日:200.77ドル → 18146円 → 換算レート 90.3821円(AMEX)+2.4623
  • 12月12日:23.24ドル → 2101円 → 換算レート 90.4045円(AMEX)+2.4847

海外クレジットカード決済の為替レートを徹底比較。 

決済先も、決済時刻も違うので、完璧に比較することはできませんが、

やはり宅配両替に比べると、為替レートは良かったです。

決済日の為替レートと比較しても、

為替レート約1.5~2.5円くらいプラスといったイメージ。

中でも、マスターカードが一番レートが良いといった印象です。

海外クレジットカード決済の為替レートを徹底比較。 

 

宅配両替や、海外キャッシングに比べると、

別途手数料(配送料や金利やATM利用料 等)が発生しない分、

なんだかんだで格安になる。

現金を持たなくて良いという面でも安心。

 

海外キャッシングの為替レートとキャッシング金利。

クレジットカードで現地決済もしましたが、

クレジットカードで、海外キャッシングも利用しております。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

海外キャッシングの為替レートも、手数料含めた金額で換算します。

 

200カナダドルの海外キャッシングで発生した合計金額

  • エポスカード(VISA):16842円 + ATM手数料216円17058円
  • セゾンカード(AMEX):17068円 + ATM手数料216円 +金利54円17338円

 

海外キャッシングって、基本的には為替手数料が無料であり、

クレジットカード決済するよりも、為替レートが良くなるカードが多いのですが・・・

一般的なクレジットカードの海外キャッシングに伴う費用

  • 為替手数料(事務手数料)は無料となる
  • 海外キャッシングの金利:年利18%
  • 海外ATM利用手数料/1回:1万円以下108円1万円超216円

海外専用プリペイドカードの手数料を比較。外貨両替するなら海外キャッシング。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

もちろん例外があります。

海外キャッシングはクレジットカードにより、為替レートが大幅に異なるという事。

例えば、オリコカードでは、非常に悪いレートでのキャッシングとなりました。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。 

 

エポスカード(VISA)の海外キャッシングの為替レート

  • 1月25日:200ドル→16842円→換算レート 84.21円(VISA)+0.61
  • 12月9日:200ドル→17556円→換算レート 87.78円(VISA)+0.851

セゾンカード(American Express) の海外キャッシングの為替レート

  • 1月25日:200ドル→ 17068円→換算レート 85.34円(AMEX)+1.74

オリコカード(MasterCard)の海外キャッシングの為替レート

  • 12月9日:200ドル→ 18627円→換算レート93.135円(MasterCard)+6.206

 

一方、エポスカードでは、同日同時刻にカード決済したVISAクレカよりも、

キャッシングしたVISAクレカの方が、断然レートが良いのを体感できました。

  • 1月25日のクレカ決済 → 換算レート 85.543円(VISA)+1.943
  • 1月25日のキャッシング → 換算レート 84.21円(VISA)+0.61

 

為替手数料が発生しない代わりに、

キャッシング金利と海外ATM利用料が発生するわけです。

ややこしいですが、全てを合計した返済金額は、両替えよりも格安で済みます。

 

エポスカードの海外キャッシングで実際に払った金額

  • 200ドルキャッシング → 実際に支払った合計額17058円 → 1ドルあたり85.29円
  • 当日レート +1.69 (1月25日平均レート83.60)

 

海外キャッシングは、利用毎にATM利用料200円+税が発生しますが、

ATM利用料を考えても、お得な事が分かりました。

たとえキャッシング金利が発生したとしても、海外キャッシングは非常に安い

 

キャッシング金利って、基本的に年率18%なので、

年利18% ÷ 12ヶ月 = 月利1.5%

更に月利を日割りすると・・・

月利1.5% ÷ 約30日 = 日利0.05%

10万円キャッシングしたとしても、1日50円くらいしか金利は付きません。

両替手数料や、為替手数料を考えたら、これは非常に安いです。

 

セゾンのアメックスカードで、200カナダドルキャッシングした際も、

1周間ぐらいのキャッシングで・・・金利は54円のみ。

1月25日に17068円キャッシングして、2月2日の振り込み返済で17122円

ATM利用料200円+税も取られますが、

合計17388円。1ドル換算しても86.94円

海外キャッシングは悪く無いですね。

 

決済方法の違いによる為替レート比較まとめ。

海外キャッシングのレートが予想以上に良かったですが、

上記は、あくまで繰上げ返済をした場合です。

海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。

繰上げ返済をしない場合は、支払いまでの1ヶ月~2ヶ月分の金利も上乗せされますので、

クレジットカードでそのまま決済した方が、得する可能性も高く、

手間も少ないハズです。

 

クレジットカード決済は、海外ATM手数料も発生せず

利用額に応じて、ポイント還元もされますので、実質一番お得な決済方法。

海外旅行保険が付帯されるカードも多く有りますからね。

オススメの海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険。

 

また、海外キャッシングの場合は、ポイント還元も対象外となります。

無料のクレジットカードでも高還元カードは増えており、

1.00%還元も当たり前になっているので、

無理して海外キャッシングするよりは、クレジットカードで決済するのがお得です。

特にカナダは日本より、カード社会。チップもカードで当たり前に払えます。

カナダのチップ相場(目安)とバンクーバーの消費税について。

 

日本でも宅配両替サービスを使えば、少しはお得に両替できますが、

クレジットカード決済や、海外キャッシングに比べると断然レートは劣ります。

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

 

海外に現金を持ち込みたいなら、なるべく持ち込まない。

必要に応じて、海外キャッシングした方がお得です。

ワーホリでお金を持って行く方法。カナダドルの両替方法と為替手数料。

海外生活にクレジットカードは必需品。

現金が必要な場面って非常に少ないですから。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です