ワイキキ⇔アラモアナのANAシャトル「ANA Express Bus(ANAエクスプレスバス)」レビュー

ハワイでANA便を利用する人は、
ホノルルで、ワイキキのDFSとアラモアナセンターを繋ぐ、
無料のシャトルバスを利用できます。

思った以上に利用者が少なく、
利用方法も戸惑いましたので、使い方、乗り方をまとめておきます。
アラモアナに行くなら、ピンクラインより早くて良いかも。

目次

ANAエクスプレスバスの利用条件

ANAエクスプレスバスは、
ANAの東京発ホノルル便を利用した人が利用できるバス。
ホノルル到着日から30日間、本人と子供の同行者のみ利用可能です。

ANAオリジナル電気トロリーバス│ANA Hawaii for AMC│ANAマイレージクラブ

ANAエクスプレスバス利用条件

  • 対象者:東京発ホノルル行き搭乗者(コードシェア便を含む)
  • 乗車可能期間:東京発ホノルル便の到着日を含む30日間
  • 同伴者条件:18歳未満の子供3名まで

乗車チケットは、デジタル乗車チケットを提示するだけ。
ANAマイレージクラブアプリの「Coupon」ボタンを押せば、
デジタルチケットが表示されます。

チケットは乗車時に見せるだけ。
画面のスクリーンショット保存でもOKです。

ANAマイレージクラブアプリを持って居ない場合、
指定ページアクセスでも、乗車チケットも表示できます。
「ANAマイレージクラブアプリをお持ちでない方」より、
「乗車チケットを表示する」を選択です。
※参考→ANAオリジナル電気トロリーバス│ANA Hawaii for AMC│ANAマイレージクラブ

こちらもスクリーンショットでOKであり、
画面プリントアウトしても利用できます。

ANAエクスプレスバスのコースと時刻表

ワイキキとアラモアナ間の直行するコースなので、
停留所はTギャラリア(DFS)とアラモアナセンターの2ヶ所のみ。
15分間隔で運行しており、始発は朝9時のワイキキ発。
終電はアラモアナ発21時45分となってます。

ANAエクスプレスバスの時刻

  • コース:Tギャラリア ハワイ⇔アラモアナセンター
  • 時刻表:午前9時から15分間隔
  • 始発:9時(Tギャラリア ハワイ by DFS発)
  • 最終発:21時45分(アラモアナ・センター発)

ブルーとオレンジの2台のバスで運行しているから、
15分間隔で運行できるんだな。
ワイキキ⇔アラモアナ以外は停まらないので、最速12分と早いです。

ANAエクスプレスバスの乗り場

Tギャラリア ハワイ by DFS(ワイキキ)

ワイキキ側のANAエクスプレスパス乗り場は、
ワイキキの中心地Tギャラリア内の、
ワイキキトロリーバス乗降エリアにあります。

正面のカラカウア通りから入った場合、
中央のエスカレーター、楽天カードラウンジの入り口も通り過ぎる。

楽天カード ハワイラウンジ(ワイキキラウンジ)レビュー | とりあえずバンクーバー。

更にまっすぐ、奥へと進む。

突き当りにニッポンレンタカーが見えてくるので、

その手前を左へ。

ここから外へ出ると・・・

トロリーバス乗り場が登場。

この乗り場の一番左が、ANAエクスプレスパスのレーンとなってます。

ベンチで座って待てるのは良いですね。

トロリーバス共有で、ベンチも大量に有るので。

バスが来ると、スタッフも呼びかけてくれます。

ちなみに、アラモアナへ行くバスで「ピンクライン」も有りますが、
同じワイキキトロリーでも、ピンクラインだけ乗り場が異なるので間違えないように。

ロイヤルハワイアン通り側の出口前がピンクラインの停留所です。

JCBカードでピンクライン(ワイキキトロリー)を無料利用する方法。

アラモアナセンター(アラモアナ)

アラモアナ側のANAエクスプレスパスの乗り場は、
アラモアナセンターの海側、
フードコート「マカイ・マーケット」側を出たところ、
アラモアナ大通り沿いにあります。

こちらも、トロリーバスと共通の乗り場となっており、
JCBのピンクライン乗り場も同じ場所。
正確には、ピンクラインのちょっと後ろあたりになります。
まぁ、看板も出ているので、すぐに分かるかと。

ワイキキ側と同じく、15分間隔でバスが来ます。

ANAエクスプレスバスの車内

ANAエクスプレスパスは、まだ始まったばかりで知名度が低いのか?
利用している人は全然いませんでした。

この時は貸切状態。

座席はANAのブルーカラー。

ハワイっぽいイラスト。

座席には、全てANA HAWAIIの文字。

新しいだけあって、座席も綺麗ですね。

乗って驚いたのが、バスには窓が無いこと。
トローリーバスと同じく、外の風も感じられます。

車内の電光掲示板には、一応行き先も表示。

電気バスとのことで、乗り心地も快適、音も静かでした。

車内では、無料WiFiも使えるとのこと。
まぁ、15分程度の乗車時間なんで・・・ね。

ANAエクスプレスパスの感想

DFSのバス乗り場を探すのにちょっと苦戦しましたが、
乗り場さえ見つけてしまえば、ラクで便利で早いですね。

ANAのエクスプレスパスは、15分間隔と分かりやすく、
ガラガラで乗れないこともない。
乗り心地も快適だし、空いているから乗っていて気持ちも良い。

ホヌデザインのバスに乗るってだけでも楽しかった。
フライングホヌで来たら、是非とも乗りたいバスですね。

ANA 成田⇔ホノルル便 フライングホヌ(A380)搭乗レビュー。エコノミークラスとプレミアムエコノミーの違い。

私は、お土産だけを買いにアラモアナに行くことも多いので、
時間短縮で行けるのも嬉しい。
ピンクラインだとスゲー混むし、日中は結構待たされますからね。
何気に使えるANAエクスプレスパスでした。

まぁ、ピンクラインはまた別物なので、
どちらが良いとは一概には言えませんけど。
2階席は開放的、観光バスとしてはピンクラインも悪くない。

JCBカードでピンクライン(ワイキキトロリー)を無料利用する方法。

ピンクラインはDFS以外にも、ワイキキ主要スポットで停車するので、
宿泊するホテルによっては、ピンクラインの方が使いやすい。

ワイキキのホテルといっても、
端から端は距離あるし、DFS周辺はやっぱり高いから。

ホノルル(オアフ島)でオススメの4つ星高級ホテルまとめ。

まぁ、いずれもバス乗り場は近いので、
タイミングの合うバスを乗ったら良いのかと。
ホノルルには、公共バスThe Busという方法も有りますので。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる