スワンナプーム空港タイ航空「THAI ROYAL SILK(ロイヤルシルクラウンジ)」レビュー

スワンナプーム国際空港ロイヤルシルクラウンジ

タイ国際航空は、タイ王国最大のフラッグキャリアであり、

スワンナプーム国際空港は、タイ航空のハブ空港。

というわけで、タイ航空のロイヤルシルクラウンジも豊富でした。

 

ラウンジ数は多いんだけど、メイン空港の割には・・・

って感じでしたので、そのへんも含めレビュー。

バンコクのスターアライアンス系ラウンジは、他に魅力的な場所も多いですからね。

ロイヤルシルクラウンジの基本情報

タイ航空は、スターアライアンス加盟の航空会社。

タイ航空のビジネスクラスラウンジ「ロイヤルシルクラウンジ」、

「ロイヤルオーキッドラウンジ」共に、スターアライアンスの上級会員で利用できます。

DSC07680

スワンナプーム空港タイ航空ラウンジ

  • Domestic Royal Silk Lounge:コンコースA (国内線エリア
  • Royal Silk Lounge:コンコースC
  • Royal Silk Lounge:コンコースC
  • Royal Silk Lounge:コンコースD ※ビジネスクラス利用時のみ
  • Royal Silk Lounge:コンコースE
  • Royal Orchid Lounge:コンコースE
  • Royal First Lounge:コンコースD ※ファーストクラス利用時のみ

スワンナプーム国際空港には、

全部で7ヶ所もタイ航空のラウンジが有るわけです。

タイロイヤルシルクラウンジの場所

クリック&タップで拡大します。

ただ、スターアライアンスゴールド会員(ANAのSFC会員等)で利用できるのは、

ロイヤルシルクラウンジ3ヶ所(コンコースC×2、コンコースE)

ロイヤルオーキッドラウンジ1ヶ所(コンコースE)であり、

いずれも、営業時間は5:00a.m.~1:00a.mとなってます。

スター アライアンス加盟航空会社運航便にご搭乗の
スターアライアンスゴールドメンバーのお客様
※但し、ご利用いただけるラウンジは、コンコースCまたはEにあるロイヤルシルクラウンジまたはロイヤルオーキッドラウンジ(コンコースE)のみとなります。

サービス案内 | サービスガイド | タイ国際航空

コンコースDの「ロイヤルシルクラウンジ」は、

エコノミークラス利用のスターアライアンスゴールド会員(ANAサファイア会員、SFC会員等)では利用できません。

スターアライアンス航空便のビジネスクラス搭乗者でないと利用できないので気をつけて。

コンコースDのロイヤルシルクラウンジがダントツで広いんですけど、

基本的に提供される料理やドリンクは変わらず、

コンコースDのラウンジには、シャワールームが有りませんので。

※コンコースA、D以外の全てのラウンジに、シャワールーム有り。

 

また、ロイヤルオーキッドラウンジは、同じビジネスクラスラウンジですが、

ロイヤルシルクラウンジに比べると、ちょっと狭いので、

バンコクで使うなら、ロイヤルシルクラウンジが良いかと。

 

ちなみに、タイ航空のビジネスクラス(ロイヤルシルククラス)、

ファーストクラス(ロイヤルファーストクラス)搭乗者は、

コンコースDのロイヤルオーキッドスパも利用可能となります。

ビジネスクラスは30分、ファーストクラスは1時間のマッサージが無料でっす。

ロイヤルシルクラウンジの場所

ANAの搭乗口は、Eゲート。

私はANAのエコノミー便だったので・・・

ANA国際線 成田/羽田⇔バンコク エコノミー B787-9(789)搭乗レビュー

コンコースEのロイヤルシルクラウンジに行って参りました。

コンコースEロイヤルシルクラウンジの場所

クリック&タップで拡大します。

出国審査を抜けた場所がコンコースDなので、コンコースE・F・G方向へ。

コンコースEに入ると、すぐ左側にロイヤルシルクラウンジが出てきます。

DSC07601

向かい側には、ロイヤルオーキッドラウンジもあります。

DSC07681

スターアライアンスゴールド会員なら、両ラウンジが利用できますが・・・

まぁ、ロイヤルシルクラウンジの方が広いので。

ロイヤルシルクラウンジの内観

ラウンジ入り口。

DSC07679

ラウンジ受付。

DSC07677

ラウンジ内、大きな窓がラウンジ奥まで続いてます。

DSC07644

ラウンジ左側の休憩スペース。オレンジソファ。

DSC07641

ラウンジは右側に長く続いている。

DSC07608

こちらは、ブルーソファ。

DSC07665

ラウンジ内から、コンコースEゲートも見える。

DSC07663

もう一方の窓は、滑走路に面しているので、こちらの景色も良い。

DSC07671

飛行機もバッチリ。

DSC07649

ロイヤルシルクラウンジの食事メニュー

ラウンジ中央にダイニングコーナー。

DSC07661

食事提供エリアは広く、バリエーションも豊富です。

DSC07631

ミートソーススパゲティ。

DSC07628

タイカレー。

DSC07625

白米。

DSC07626

野菜炒め。ブレッブレ。

DSC07627

サテ、タルト、パイ。

DSC07612

ピザ、春巻き。

DSC07614

サラダ、カットフルーツ。

DSC07629

カオタムマット。

DSC07633

パイ。

DSC07636

サンドウィッチ。

DSC07634

クリームマン、エビ&チキンマン、エビ&肉シュウマイ。

DSC07648

食パン、ジャム。

DSC07616

スイーツタワー、レッドベルベッドケーキとか。

DSC07610

ロイヤルシルクラウンジのドリンクメニュー

ドリンクコーナー。

DSC07637

スピリッツ類。カルーアも有る。

DSC07639

冷蔵庫の中に缶ドリンク類。

缶ビールは、チャーン、シンハービール、ハイネケン。

DSC07638

Shaerer(シェーラー)のコーヒーマシーン。

DSC07617

アップルジュース、トマトジュース、オレンジジュース。

DSC07618

トワイニング、リプトン、おーいお茶。

DSC07620

デカフェコーヒー、ミルクとか。

DSC07619

ロイヤルシルクラウンジのビジネスコーナー

ラウンジ入り口脇にビジネスコーナー。

PCは4台有り、全てMac。プリンターも使えます。

DSC07675

ロイヤルシルクラウンジその他設備

ラウンジ内のコンセントはそれほど多く無い。

座席にはなく、壁や床にコンセント。

DSC07670

日本のコンセントも使えます。

DSC07672

新聞・雑誌コーナー。タイの新聞有ります。

DSC07609

英字、中国語、日本語は無いですね・・・

DSC07652

DSC07642

ロイヤルシルクラウンジのシャワールーム&トイレ

トイレの洗面所。

DSC07658

男性用トイレ。タイっぽい面白い形。

DSC07656

個室トイレ。こちらも丸くて可愛い便器。

DSC07653

 

コンコースEのラウンジには、

シャワールームも2部屋有りますが・・・残念ながら使用中でした。

DSC07660

ロイヤルシルクラウンジの感想まとめ

タイ航空の本国、ハブ空港のロイヤルシルクラウンジという割には・・・

思ったよりも微妙でした。

料理、アルコール豊富だけど、他のラウンジに比べて味が微妙。

 

ラウンジ設備もちょっと古臭いし、

コンコースEラウンジも、ANA便利用者で混んでましたからね。

DSC07664

同じスターアライアンス系なら、

シルバークリスラウンジや、エバー航空ラウンジも有るわけで。

敢えてロイヤルシルクラウンジを選ぶ必要は無いかなと感じました。

スターアライアンス系ラウンジ

 

バンコクは、プライオリティパスラウンジも豊富なので、

プライオリティパスユーザーなら、

スターアライアンス系ラウンジにこだわる必要も無い。

オマーン航空ラウンジエールフランス航空ラウンジミラクルラウンジ・・・

いずれも質が高く、ラウンジで悩み放題できます。

バンコク・スワンナプーム国際空港のプライオリティパスラウンジまとめ

 

バンコクは、他国エアラインのラウンジが充実しているので、

ロイヤルシルクラウンジは見劣りする感じ。

まぁ、一般的なラウンジ基準で考えれば悪くは無いし、

コンコースEを利用する際も、Eゲートには一番近いラウンジなので。

搭乗前に待機するにも使いやすいじゃないかと。

DSC07684

今回、私のANA便もE3ゲート発でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です