リゾナーレ八ヶ岳を日帰りで満喫。プール「イルマーレ」レビュー。

リゾナーレ八ヶ岳プール

八ヶ岳旅行がてら、リゾナーレ八ヶ岳でプール利用して参りました。

リゾナーレ八ヶ岳は、日帰りでも楽しめるアクティビティだらけ。

中でも一番の売りは、プール「イルマーレ」。

 

ホテルのプール以上、遊園地未満だけど、

遊園地ほど混んでないし、設備も綺麗なんで想像以上に良かった。

リゾナーレって泊まると高いけど・・・日帰りなら格安。

プールだけでなく、リゾナーレの雰囲気も素晴らしかったです。

リゾナーレ八ヶ岳の駐車場

リゾナーレ八ヶ岳は日帰り利用OK、駐車料金も無料です。

宿泊者のみフロント側の第1駐車場が使えますが・・・

DSC04300

日帰り利用者は、第2~第5駐車場の利用となります。

第2駐車場といっても、道路を挟んだ向かい側。

DSC04302

ピーマン通り側の入り口目の前なんで、アクセスは良い。

DSC04321

8月末(平日)の繁忙期ですが、駐車場も空いてました。

リゾナーレ八ヶ岳のプール料金

プール「イルマーレ」は、宿泊者と日帰りで料金が異なります。

宿泊者の方が安いんですけど・・・

宿泊者でも料金が取られるので、日帰りが安く感じる不思議。

DSC04383

宿泊のお客様(1日)

  • 大人 1,500円
  • 4歳~小学生 750円
  • 3歳以下 無料

日帰りのお客様(1日)

  • 大人 2,000円
  • 3歳~小学生 1,000円
  • 2歳以下 無料

※2019.10/1〜 大人 2,100円、3歳~小学生 1,050円

日帰りの場合、2歳以下は無料であり、

年齢制限も無いので赤ちゃんでも利用可能となっています。

 

全天候型の屋内プールというわけで、

冬でも雨でも、季節や天候も気にせず楽しめるのが良いところ。

ただ、GWや夏休み期間は繁忙期ということで料金が約2倍に上がります。

DSC04412

繁忙期料金(4/27〜5/6、7/13〜9/1)

  • 大人 3,800円(16:00以降 2,400円)
  • 3歳~小学生 1,900円(16:00以降 1,200円)
  • 2歳以下 無料

 

ちなみに、地元優待料金もあり、

山梨県民と長野県民は激安で利用できます

近場に住んでいるなら市民プール価格。

ただ、こちらも7/1〜9/30、10/12〜10/14の期間は除外となっています。

地元優待料金(山梨、長野県民)

  • 大人 1,000円
  • 3歳〜小学生 500円
  • 2歳以下 無料

※2019.10/1〜は、大人 1,100円/3歳〜小学生 550円

日帰りプールの利用方法

プール受付の場所

日帰りプールを利用する場合、プール受付にて直接申込みとなります。

プール「イルマーレ」は、ホテル棟側の突き当り。

DSC00664

車を第2駐車場に停めた場合は、ピーマン通りを抜けた先。

DSC04336

アルプス広場の突き当りの建物に、プール入口が有ります。

DSC00618

建物内にプールの案内看板。

DSC04385

エレベーターへ地下1階へ。

DSC04387

地下一階へ降りると、案内看板。

宿泊利用者は左へ。日帰り利用者は右へ。

DSC04555

日帰りの場合、カウンターで必要事項を記入し、

隣の券売機でチケット購入をしてから受付へ。

DSC04393

DSC04394

記入項目は、利用日、氏名、連絡先、利用人数、アンケート。

DSC04407

券売機はデジタル。夏利用なんで料金が割高でっす。

DSC04398

現金のみで、クレジットカードは使えませーん。

DSC04408

チケットを購入したら、反対側のプール受付へ。

DSC04559

水着を持っていない場合は、こちらでレンタルも可能。1着500円です。

DSC04560

更衣室&ロッカー

受付が終わるとロッカーの鍵を渡されますので、

男子と女子に分かれて、各々更衣室へ。

DSC04417

DSC04419

更衣室前にシューズボックスが有りますが、

DSC04420

鍵がないので、ロッカールームにも入れられます。

DSC04421

靴用ビニールも置いて有る。

DSC04422

ロッカールーム。

DSC04423

上下二段。中央にベンチも有ります。

DSC04425

シャワールーム

ロッカールームの反対側にシャワールーム。

IMG_9567

パタパタ開く扉。鍵はかかりません。

綺麗ではありますが、狭くて、荷物をかけるスペースは無し。

IMG_9516

ボディソープ、シャンプー、コンディショナー有り。

IMG_9515

パウダールーム

ロッカールームの間に、パウダールーム。洗面所ですね。

IMG_9565

ドライヤー、クリーム類、ティッシュ、綿棒が置いてあります。

プール「イルマーレ」レビュー

水着に着替えたら、プールへ。

シャワーをよく浴びて下さいと書いてあるので、

シャワールームに行ってから出るのか?と思いきや、

IMG_9513

プールエリアに入ると、すぐ目の前にシャワーが有る。

DSC04431

プールエリアは、扇状になっており、プールの種類も様々。

DSC04435

波のプール

イルマーレ中央に有るのが、メインとなる波のプール。

DSC04440

波のプールといっても、波が出るのは、

オープン1時間後から毎時10分間

10時オープンの場合は、11時00分~11時10分まで。

その次のビッグウェーブは、12時00分~12時10分まで。

DSC04452

思ったよりも、ちゃんとした波のプールが楽しめます。

DSC04509

DSC04521

波が出る時間帯は、スタッフの人も多くなり、監視の目も強くなる。

壁際は波が強く危ないので、寄らないように注意されたり。

DSC04511

波は強いから楽しいんですけどね・・・

まぁ、小さい子供も多いから仕方ない。安心では有ります。

ボールプール

更衣室を抜けると、最初に出てくるのがボールプール。

小さい子供が遊べるように水深も浅い。

IMG_9568

ボールを投げたり、バケツで遊んだりもできます。

ウチの子供はひたすらボールを集めてましたけど。

ジェットバス

奥の壁際にジェットバスプール。

水温も高めで、お風呂みたいな温かいプール。うたせ湯も有ります。

DSC04460

窓越しに外のプールにも繋がっている。

DSC04462

IMG_9557

外に出ると、ジャグジープールが有ります。

IMG_9549

露天風呂のような感じで、気持ち良い。

IMG_9556

Kids Area(キッズエリア)

中央の奥の壁越しに、キッズエリア。

DSC04441

キッズエリアには、水を使った様々な遊び場がある。

IMG_9593

DSC04458

でこぼこすべり台、どきどきスライダー。うちの子供はエンドレス滑り台でした。

DSC04453

どきどきスライダーと、でこぼこすべり台は身長制限あり。

小さいこどもは身長を測って、リストバンドで色分け。

IMG_9538

スイッチを押すと水が出てくる「ぴょんぴょんスイッチ」。

IMG_9594

水のドームの中に入れる「かくれんぼシャワー」

IMG_9579

何かを流す「くるくるリバー」。子供はこういうの好きだよね。

IMG_9595

押さえる場所で水力が変わる「ぷくぷく池」や、

ランダムに水が出てくる「いたずら噴水」。

IMG_9569

他にも、ちゃぷちゃぷベンチ、ぽかぽかベンチと、ここだけでも1日遊べそう。

ただ、キッズエリアは保護者同伴なので気をつけて。

DSC04455

その他設備

女性更衣室前の休憩所。

DSC04437

レンタルコーナー。

DSC04442

クラフトコーナー。有料のペーパークラフトはこちらで作業。

DSC04447

ジェットバスの奥にサウナルーム。

DSC04465

サウナルームの上にボディシャワー・・・稼働してませんでしたけど。

DSC04467

プールエリアにもトイレ。

DSC04552

授乳室まで有ります。

DSC04554

プールを利用して気づいた点

タオルが使い放題

イルマーレの良いところはタオルが使い放題なところ。

タオルが置いてある場所も多く、

更衣室やシャワールームにも黄色いタオル。

IMG_9512

プールエリアにも黄色いタオル。何枚でも気兼ねなく使えるのは最高です。

DSC04472

現金は不要、ロッカーキーNo.で精算

プール内での料金支払は、全てロッカーキーで行うのえ、

プールエリアにお金を持ち込む必要は有りません。

DSC04418

ロッカーキーNo.で、支払い情報は全て管理される。

DSC04427

貴重品はプールエリアに持ち込む必要もなく、

更衣室のロッカーではなく、貴重品ロッカーに入れておくのが安心。

DSC04395

貴重品ロッカーは、プール受付前にありますが、

プールエリアのイルマーレカフェにも有ります。

DSC04499

プールは再入場可能

日帰りプール利用者も、当日中ならプールの再入場が可能です。

一旦、退場する際には、

ロッカーに荷物を入れたまま、ロッカーの鍵も預けられます。

IMG_9511

プール内で料金利用がある場合は、一旦精算が必要となります。

 

鍵を預けると、代わり番号札がもらえる。

DSC04557

プール受付の前には、休憩スペースも有るので、

ここで待ち合わせもできます。

DSC00605

浮き輪の持ち込みはOK、空気入れも有り

浮き輪レンタルもやってますが、浮き輪の持ち込みもOKでした。

水鉄砲は持ち込み不可能でした。

持ち込みビーチグッズ等の制限や利用不可アイテムはありますか?

フィン、オール、日焼け用ローション、プラスチック製の空気を入れない遊具(水鉄砲など)その他、危険又は他のお客様にご迷惑になると当施設が判断したものは、お持ち込み・ご利用を中止していただく事もございます。

 

危険物ってことで、カメラとかも懸念したのですが、

プール内での撮影はNGではなく、

防水カメラや、Go Proで撮影している人もチラホラ見かけました。

 

プールエリアには、自動の空気入れがあるので、

浮き輪を膨らますのも一瞬です。

DSC04480

風量が強いので、浮き輪を破裂させないように注意です。

飲食物の持ち込み禁止、水だけ飲み放題

プールエリア内は、飲食物の持ち込みは禁止です。

リゾナーレ内での購入品も持ち込み不可能。

プールでは、プールエリアで購入したものしか食べられません。

 

プールエリア内には、給水スポットは有るので、

水だけなら無料で飲み放題は可能です。

DSC04498

 

とはいえ、カバンは持ち込めるし、

遊園地みたいな手荷物検査もありませんので・・・

 

まぁ、再入場可能なので、食事をしたいなら、

一旦プールエリアから出るのが懸命ですね。

ビート板とライフジャケットは無料レンタル

浮き輪のレンタルは有料ですが、

ライフジャケットや、ビート板は無料レンタルしてました。

DSC04488

あと砂遊びセットみたいなやつも無料で貸し出してました。

DSC04486

小さい子供用、ボールプール用ですね。

タオルでの座席確保はNG

プールの休憩スペースの場所取りをしたいところですが、

タオルを使って座席の確保はNGです。

座席にタオルを置いていると、タオルだけ漏れなく回収されます。

DSC04507

椅子も多めであり、場所取りするほど混んではいませんでしたが、

座席を確保しておきたいなら、

浮き輪とか、カバンとか置いて場所とる感じになります。

DSC04469

プール内のレンタル料金

プール内では、大きい浮き輪やビーチボールのレンタルも有りました。

DSC04483

浮き輪レンタル料金

  • カリホーダイ:1,600円
  • ビーチボール大:400円
  • ビーチボール:300円
  • 光るビーチボール:400円
  • フラワーフロート:800円
  • ビックチューブ:900円
  • ダブルチューブ:700円
  • 浮き輪:400円
  • バナナボート:800円
  • マットフロート:500円
  • ジョイポール:300円
  • ベビーフロート:500円
  • アームリング:500円

1日借り放題で1,600円、大きめの浮き輪は700円~900円

DSC04494

プールアクティビティも有料で楽しめます。

DSC04495

ウォーターバルーンは、5分1,000円

IMG_9605

森の中マーメイドは、15分1,000円で撮影し放題。

DSC04496

キッズボードを作るペーパークラフトは、1枚600円

DSC04428

まぁ・・・リゾナーレなんで、やっぱり高い。

プール内のレストラン料金

プールエリア唯一の飲食店「カフェイルマーレ」。

プール内料金なんで・・・ちょっと高いっす。

DSC04501

カフェメニューの一例

  • ビーフカレー:800円
  • お子様カレー:600円
  • たらこと椎茸のパスタ:650円
  • フライドポテト:450円
  • オニオンリング:450円
  • からあげ:500円
  • 缶ビール:400円
  • チューハイ:400円
  • ワイン:800円
  • ソフトドリンク:200円

カフェースペース。給水スポットもコチラ。

カフェ利用者以外も自由に出入りできます。

DSC04497

浮き輪レンタルコーナーにもドリンク類は売ってますが、

ソフトドリンク200円と一緒でした。

DSC04485

リゾナーレ八ヶ岳の感想

リゾナーレって宿泊すると高いですが、

泊まらないならそこまで高額でも無いし、スッゲ良い場所。

日帰りで朝から晩まで楽しめるので、むしろ格安に感じました。

 

リゾナーレのアクティビティって、

宿泊者優先のルールが有るものの、日帰り利用でも内容は一緒。

プールだけでなく、アウトドア系のアクティビティから、

DSC00668

室内のものづくりアクティビティもたくさん有る。

DSC04378

ジップラインとかも、凄い楽しそうでした。

DSC00666

うぇーい。

DSC04353

宿泊者割引も有るとはいえ微々たるもの。

宿泊者も基本的に有料なので、宿泊費に使う分、

日帰りでアクティビティに奮発した方が子供も喜ぶかなと。

 

飲食店も多く入っているので、食事に困ることもない。

DSC04372

ランチブッフェも格安で美味しかったからね。

さすが、お高いホテルのブッフェって感じ。

リゾナーレ八ヶ岳ブッフェレストラン「YYgrill(ワイワイグリル)」ランチレビュー

DSC04661

 

お土産にファーマーズチーズケーキも買って帰りましたが、

DSC00638

これまた、予想を裏切る美味しさでした。

IMG_9612

小洒落た店も色々入っているので、フラフラするだけでも楽しい。

DSC00682

 

できれば泊まりたい星のリゾートですが、値段も最高だから。

子供は泊まりたがってましたけど・・・予算オーバー。

DSC00669

 

まぁ、下見がてら日帰りで来る価値も有るんじゃないかと。

DSC00626

ヨーロピアン調の雰囲気、フラッと散歩するだけでも楽しい。

DSC00633

リゾナーレ八ヶ岳は、駐車場料金も無料ですからね。

 

実は、我が家も近場の安い宿に泊まって、日帰りリゾナーレってわけ。

ホテルだと1名料金で高いので・・・1室料金のAirbnbを利用。

1軒屋をまるまる借りて家族5名で素泊まり。

なんちゃってリゾナーレでも、スッゲー楽しめましたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です