カプセルホテル「ナインアワーズ蒲田」宿泊レビュー。

ナインアワーズ蒲田

JGC修行のOKA-KULタッチで、

那覇最終便→羽田着となり、

翌日成田発→クアラルンプールという過酷スケジュール。

 

羽田から成田への終電は終了しているし、

かといって羽田に一泊すると、翌日成田発が厳しいというわけで、

中間をとって、蒲田の「ナインアワーズ蒲田」で一泊することにしました。

 

ナインアワーズは成田に宿泊しましたが、意外と悪くなかった印象。

空港直結カプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」宿泊レビュー。

蒲田のナインアワーズは、同じく快適なのか?

意外と格安にも泊まれましたので、レビューしておきます。

宿泊料金と利用時間

ナインアワーズは、夜利用の「宿泊」以外にも、

日中利用可能な「仮眠」、「シャワー」利用だけも可能。

この辺は、成田のナインアワーズと共通ですが、

蒲田のナインアワーズには、作業スペースとしての「デスク」料金も有りました。

ナインアワーズ蒲田の利用料金

  • 宿泊(13時~翌10時):4,900円~(チェックイン13時、チェックアウト10時)
  • 仮眠(13時~21時):1,000円~(最初の1時間1500円、1時間毎に500円追加)
  • シャワー(24時間):700円 ※シャワーのみ
  • デスク(24時間):300円~ ※デスクのみ

 

宿泊料金こそ、成田と同じですが、

仮眠、シャワールームと、成田よりも格安になってます。

 

また、実際に予約しようとしたところ、

様々なプランも有り、早割りプランや、カフェチケットプラン等も有りました。

私は「オープン記念プラン」の激安価格3,000円で予約。

楽天のクーポン使って600円割引、結果2,400円で宿泊できました。

2018-11-22_15h57_11

 

楽天ポイントも宿泊金額の1%貰えるという・・・

代理店限定のクーポンやプランも有るので、なんだかんだでお得かと。

外観&受付

普通のビルのような佇まい、9 hoursの看板も控えめ。

DSC06200

1階入口には、デスクスペースが並んでおり、中央に受付カウンター。

DSC06198

デスクだけの利用プランも有りますが・・・

これだけの為にお金を払うなら、ファミレスに行った方が良いかと。

DSC06180

強いて言うなら、コンセントやUSBで充電できるってのが、強みですかね。

DSC06171

 

受付を済ましたら、突き当りのエレベーターへ。

左が女性専用エレベーター、右側が男性専用エレベーター。

DSC06181

男性は4階がロッカー&シャワールームとなっており、

5階~7階が客室フロアとなっています。

 

チェックイン→ロッカー→シャワー→カプセル→チェックアウトという順番は、

ナインアワーズ共通。

 

まず、ロッカーの有る4階へ行き、

荷物を置いて、着替えて寝る準備をしてから客室へ。

シャワーや洗面所も4階に有ります。

 

アメニティ類

受付すると、アメニティ類が入ったメッシュのバッグを貰えます。

バッグの中には、バスタオル、スリッパ、歯ブラシ、パジャマ。

DSC06186

パジャマはスウェットような、上下セット。

 

DSC06196

上着サイズは小さく、大柄な私はピッチピチ。

S~Mサイズといったところ、着れたもんじゃない。

ロッカー

客室フロアは3フロア有りますが、

ロッカーは全てワンフロアにまとまってます。

DSC05182

ロッカーの鍵は、物理的な鍵ではなく、

渡されたカードキーのQRコードを読み込む仕組み。

DSC06184

ロッカーを締めると自動的に鍵もかかるので、

うっかりカードキーを中に入れないように気をつけて。

 

ロッカーの広さは成田と同じ、

中央に台が有り、上下に荷物を収納可能。

下段には、中型のスーツケースくらいなら入りそう。

DSC06182

 

ロッカールームには、ベンチも無く狭いので、

ちょっと荷物を整理したり、着替えたりがし辛いです。

成田のナインアワーズに比べると、ちょっと不便でした。

客室(カプセル)

客室は、相変わらずザ・カプセルって感じ。

DSC06192

成田のカプセルと全く一緒ですね。

DSC06194

枕元には、電源コンセント、明かり調節、イヤホンジャック。

ちょっとした小物置き場くらいなんで、

寝るだけのスペース。

 

他人のいびきは聞こえましたが、

囲まれているのでそれほどウルサくないし、やっぱり落ち着きます。

布団も枕もこだわっているらしく、悪くないです。

トイレ&洗面所

ロッカールームの奥に、洗面所。

DSC05180

ドライヤーは、洗面所下に収納されています。

成田に比べると、ギュッとしてコンパクト、悪く言えば狭いですね。

 

その隣にトイレが有ります。トイレも少ない。

DSC06197

トイレはウォシュレット付き。よく見かけるタイプのトイレです。

シャワールーム

洗面所の奥に、シャワールーム。

全て個室になっています。

DSC05181

シャワールーム内は広く、

手前に荷物を置いたり、着替えたりするスペースが広めに有ります。

DSC06190

シャワールームはガラス仕切り。

DSC06188

アメニティ類は、ナインアワーズオリジナルブランドだっけ?

DSC06189

シャワーの水流はGood。

シャワー口も大きいタイプと、可動式の小さいタイプを使い分けられます。

DSC06191

下手なラウンジのシャワーよりも断然良いですね。

ナインアワーズ蒲田までのアクセス

私は羽田から向かったので、

京急蒲田駅から行きましたが・・・意外と歩きました。

徒歩6分ってなってますが、Google Mapだと徒歩7分の距離です。

 

京急蒲田駅から向かうなら、商店街を突っ切り、

DSC06162

途中大きな交差点を渡り、

DSC06163

更に商店街を突き進むと・・・

DSC06164

左手にナインアワーズが見えてきます。

DSC06165

看板もあんまり目立たないので、私はうっかり通り過ぎちゃうっていう。

DSC06199

Google Mapが無いと迷う距離でしたわ。

ナインアワーズ蒲田に宿泊した感想

シャワーを浴びて、寝るだけならコスパは高いですね。

シャワールームや、布団の質こだわっているようで、

下手なビジネスホテルに泊まるよりは、断然快適に過ごせました。

 

ただ、空港へのアクセスとなると、ちょっと微妙。

最寄り駅(京急蒲田駅、蒲田駅)からは徒歩5~7分

成田まで約1時間20分、羽田まで約20~30分

渡しの場合、翌日は早朝から成田だったんで、ちょっとしんどかったです。

 

成田のナインアワーズよりは格安ですが、

成田に移動することを考えるなら、成田に泊まった方が快適ですね。

空港直結カプセルホテル「ナインアワーズ成田空港」宿泊レビュー。

 

ちなみに、夜間のチェックインは非常に混んでました。

今回、私はほぼ終電時刻に訪れたのですが、ナインアワーズ蒲田はべら混みでした。

DSC06170

チェックインに15分待ち。

スーツケースを持った異国の利用者も多かったんで、

わざわざここまで来るんだなって。

 

まぁ、周りは商店街であり、

飲食店、居酒屋も非常に多いので、意外と便利なのかもしれません。

次は普通に都内滞在の時にでも利用したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です