海外滞在で日本の銀行(ネットバンク)が必要な理由。

海外滞在には日本の銀行が必要な理由

海外長期滞在で資金を管理するとなると、

まず思い浮かぶのが、現地口座を開いて現地通貨を預けておくという方法。

私もワーホリした時は、

トラベラーズチェックで大金を持ち込み、現地で口座開設しましたが・・・

 

実は、日本円は、日本の銀行口座で管理した方が、

手間も無く、様々な手数料も抑えられます。

 

海外に居ながら、日本のネットバンキングを活用する。

海外生活する上で、何が便利なのか?

私もイマイチ理解できていなかったので、まとめておきます。

海外滞在で損しない資金管理の方法

海外旅行、海外留学、海外出張。

短期、中期、長期滞在に限らず、

日本人なら、日本円とは切り離せない関係に有るわけで、

海外行ったところで、日本円基準で考えることも変わりません。

 

これから海外に行くにしろ、日本人で有る以上、

日本の税金や保険料の支払いも避けられませんからね。

 

となると、なるべく日本円で管理するのが、

手間が無いだけでなく、なにより損が無いです。

 

海外に資金を持って行く方法で、

一番有効なのが「なるべくお金を持って行かない」ということ。

海外へお金を持って行く方法。両替方法による為替手数料の違い。

 

現金で持って行くにも、

両替手数料が発生し、外貨の管理リスクも増える。

かといって、わざわざ海外口座を開設して、海外送金すれば、

高額な海外送金手数料も発生しますし、時間もかかります。

そもそもの話、どこの金融機関でも為替手数料が高いわけで、

海外では口座維持手数料が発生するのも当たり前ですからね。

 

というわけで、利用するのが、

日本円のまま、外貨に交換するツール「クレジットカード」。

クレジットカードの為替手数料が非常に安く、

海外ショッピング決済、海外キャッシングと、

外貨で利用した分を、日本円で請求してくれる。

日本で発行したクレジットカードは、日本円での支払いとなるので、

日本の銀行口座に、日本円を置いておけば良いってわけ。

 

先進国では、当たり前にキャッシュレス。

クレジットカードがあれば、何をするにも問題無いし、

むしろ信用(クレジット)証明という点で、無いと困る

海外で働くわけでもないなら、海外口座も不要だし、

私が海外で働いてた時も、給料は現金手渡しだったからね。

 

最近ではマネーロンダリング(資金洗浄)等の影響で、

海外口座開設も難しくなっており、

いつの間にか口座凍結・・・なんて話もポチポチ聞くので、

まぁ、銀行だからって過信しないほうが良い。特に海外はっていう。

海外でネットバンクが役に立つパターン

海外でネットバンクをどのように活用するか?

実際に使ってみなければ、理解するのは難しいもの。

 

具体的な活用方法を理解して、

日本に居るうちに、しっかり仕組みを作っておきましょう。

ネットバンクも海外に行ってからでは作れませんからね。

引き落とし口座:クレジットカード決済、定期契約

クレジットカード決済は、為替レートも非常に良く、

ポイントも貯まるので、なんだかんだで一番得する決済方法。

海外でも、一番使うのがクレジットカード決済です。

海外決済で得する高還元率クレジットカードまとめ。

海外先進国では、日本以上にキャッシュレス文化が根付いており、

クレジットカードが使えない店舗の方が少ないですからね。

 

セキュリティ的にも、現金支払いは危険であり、

キャッシュレス化の流れの中、現金決済という仕組みも、

今後無くなって行く流れなのかと。

 

ネットバンクがあれば、毎月のクレジットカード支払いも管理できるし、

クレジットカード以外にも、毎月引き落としに利用しているサービスは有るハズ。

 

解約したくない携帯プランとか、年契約のサービス。

定期支払が、残高不足で引き落とされて無いとか、

知らぬ間にサービス停止や、ブラックリスト入りしても困りますから。

やっぱり、海外から管理できる銀行口座が無いと困るってわけです。

現地通貨の引き出し:両替、海外キャッシング

クレジットカード決済でほとんど済むとはいえ、

どうしても現地通貨が必要となる状況は避けられません。

 

チップの支払い、カード決済未対応のローカル店、屋台・・・

私は、家賃のデポジットにも現金(or 小切手)が必要でした。

バンクーバーの部屋探しの方法と注意点。ワーホリの家賃相場。

 

現地通貨を用意する為に登場するのが、クレジットカードの海外キャッシング。

現地ATMでキャッシングするだけで、

ほぼ為替手数料無しのレートで、現地通貨を借りられるというわけ。

発生するのは微々たる金利海外ATM手数料のみ。

クレジットカード決済同様、一括払いで自動返済も可能ですからね。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

 

ちなみに、最近のキャッシュカードには、

国際キャッシュカード(デビットカード)機能による引き出しも可能ですが、

デビットカードでの現金引き出しや、決済はオススメしません。

IMG_6858

デビットカードは、為替レートやポイント還元率が悪く、

海外ATM手数料だけでなく、現地ATM手数料もとられがち。

両替手数料 海外ATM手数料 ブランド
住信SBIネット銀行 2.50% 無料
※現地ATM手数料発生する場合有り
VISA
GMOあおぞらネット銀行 3.02% 現地ATM手数料 VISA
楽天銀行 3.02% 無料
※現地ATM手数料発生する場合有り
VISA
JCB
ジャパンネット銀行 3.02% 無料
※現地ATM手数料発生する場合有り
VISA
ソニー銀行 1.76% 216円/回
+ 現地ATM手数料
VISA
セブン銀行 3.00% 108円/回
※現地ATM手数料発生する場合有り
JCB
イオン銀行 1.60% 216円/回 VISA
JCB
三菱東京UFJ銀行 3.00% 108円/回
※現地ATM手数料発生する場合有り
VISA
JCB

クレジットカードの海外キャッシングなら、

両替手数料は発生しないし、現地ATM手数料も発生しませんからね。

海外キャッシングの為替レートと手数料を徹底比較。 

 

また、デビットカードには、クレジットカードのような補償が無く

セキュリティに関しても微妙な部分があるので、

海外でこそデビットカードは多用すべきではないかと。

クレジットカードには、不正利用被害の場合、一切払う必要が有りませんが、

デビットカードには、不正利用に対する補償に制限が有ります

デビットカードのメリット・デメリット。クレジットカードとの違い。 | ビジネス幼稚園

銀行残高≒利用限度額にもなっちゃうわけで、

たとえ補償が効いたとしても、残高がなくなるリスクは危ないから。

 

特に海外ATMは、故障機やトラブルも多いのも事実。

クレジットカードの方が、まだいくらか対応してくれますから。

海外ATMでお金が出てこないトラブル。海外キャッシングの不正請求被害の調査と返金までの流れ。

銀行振込:海外キャッシングの返済、代金支払

銀行で使うサービスって、ATMの入出金と銀行振込くらい。

私が、ネットバンキングで一番利用するサービスも、

他金融機関口座への銀行振込です。

これは海外滞在時も一緒。

銀行振込は、その他諸々の代金支払をする時にも使いますが、

主に海外キャッシングの繰り上げ返済で使う事が多いです。

 

銀行振込で繰り上げ返済することにより、金利手数料さえも節約。

格安な海外キャッシングが更に安く利用できるわけ。

海外キャッシングで繰り上げ返済。返済方法による利息と手数料の違い。

 

ペイジー入金にて返済する場合も、ネットバンクは必要だし、

銀行振込で繰り上げ返済する場合も、

ネットバンクなら振込手数料も無料になったりしますから。

海外滞在にオススメのネットバンクまとめ。

 

ちなみに、海外プリペイドカード「マネパカード」へ入金するにも、

指定口座への銀行振込が必要であり、

マネパカード名義と同一の名義口座からの振込じゃないとダメ。

基本的に、本人が振り込む必要がありますからね。

マネパカードの使い方と注意点。現地で利用するまでの流れと、余った残高の活用方法。

日本円の受取口座:日本から入金、仕事の報酬(給料)

海外滞在でよくあるトラブルが、資金不足。

私自身もワーホリ中に金欠に陥りましたが、

現地でお金が足りなくなってる人は、たくさんいました。

 

海外送金では間に合わないし、どーすれば良いの?って嘆く人々。

だからって、一期一会の友達から借りたいとか無いだろってやーつ。

 

この問題も、日本のネットバンクとクレジットカードが有れば対応できるわけ。

日本の口座へ振り込んで貰えさえすれば問題解決。

日本円があれば、そのままクレジットカード決済するなり、

海外キャッシングするなり、資金調達はできるわけです。

 

もちろん資金源となる家族なり、友人なりが必要ですが・・・

海外で知り合った人に頼むよりは、全然マシだよねん。

 

また、海外で日本の口座を管理できれば、

海外に居ながら、日本の仕事を請け負う事もできわけ。

ビザの都合で働けなかったり、後進国だと賃金も安い。

下手したら、日本の企業から仕事を貰った方が稼げますからね。

海外で語学留学しながらネットで稼ぐ。クラウドソーシング。

仕事もオンラインで請け負う時代です。

海外でネットバンク利用する際の注意点

日本のネットバンクは、あくまで日本居住者向けのサービスとなります。

日本の銀行口座開設するには、

日本の住所が確認できる本人確認書類の提出が必要となりますし、

銀行から郵送される書類も、日本の登録住所に届くわけで、

重要書類は書き留めとなり、受け取りサインも必要になりますからね。

 

住所を抜けば、回避できる税金も有るわけで、

住民税や保険料を払いたく無い為に、住所を抜く人も居るわけ。

ワーキングホリデー期間中の国民年金、健康保険、住民税について。

ここで問題となるのが、日本から海外に住所を移した場合。

日本の銀行は海外住所には対応しておらず、

日本非居住者となった場合は、銀行口座解約となるパターンが多いです。

 

ただ、実際のところ住所を海外に移したからといって、

銀行口座を解約するかといえば・・・ね。

まぁ、引っ越しても、住所変更手続きしないまま利用しているパターンは有るわけで、

実際問題困るのが、銀行からの郵便物を受け取れなくなる事、

銀行側が住所変更を把握できるのも、郵便物が戻って来た時くらいかと。

 

私も銀行から配達不可能通知で、

銀行の住所変更していないことに気づく事が多いです。

 

銀行って口座開設してしまえば、届く郵便物ってほぼ皆無なんですが、

トークンを採用している金融機関では、トークンの再配達があります。

 

ジャパンネット銀行、ソニー銀行、ゆうちょ銀行・・・

トークンには有効期限があり、有効期限間近になると新しいトークンが届ってやつ。

IMG_6859

トークンは、セキュリティ上安心なのですが、

海外で利用することを考えると、ちょっと煩わしい。

持ち歩くのも面倒だし、入力も面倒、紛失した場合は更に面倒ですからね。

海外でネットバンクが必要な理由まとめ

海外に居ながらにして、日本の銀行にある資産を管理する。

これは、海外に限った話ではなく、

日本でも、自宅に居ながらにして全て完結。

銀行に行くこと自体少なくなりました。

 

 

コンビニATMで、お金も引き出せますし、

そもそもの話、現金を引き出して使う事があんまり無い。

キャッシュカードもデビットカード一体型。

わざわざATM手数料払って、引き出す意味も無い。

ネットバンクなら、振込手数料も安いし、無料にもなりますから。

海外滞在にオススメのネットバンクまとめ。

オススメのネットバンク

 

クレジットカード、電子マネー、QRコード決済、Apple Pay・・・

現金を避けるだけで、ポイントもじゃぶじゃぶ貯まりますから。

面倒だからといって、使わないのはホントもったいないね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です