ホノルル国際空港からホテルまでの交通手段。空港送迎サービスの選び方。

ダニエル・K・イノウエ国際空港(旧 ホノルル国際空港)から、
ホテルの有るホノルル市中心地(ワイキキ周辺)までは、近いといえど約10kmの距離。

徒歩では到底無理だし、電車も走ってないので、車で行くしかありません。
車でホテルへ向かうとはいえ、その種類は様々。
人数や用途によって、最適なサービスも異なります。

ハワイは日本人だらけのリゾート地って事で、
日本語対応だったり、チップ込のホテル送迎サービスも増えてますから。

目次

シャトルバス

ホノルル空港からホテルまで直行専用のシャトルバス。
日本からのツアーで利用される人も多く、観光客には一番馴染みがあるんじゃないかと。

シャトルバスの利用だけでも申し込めるし、
一人でも申し込めるので、少人数こそ格安に利用可能です。

所要時間は40分前後、料金は片道20ドル前後が相場。
1人につきスーツケース2個まで無料のとこが多く、
相乗りの都合、時間誤差、混雑具合にもバラつきが有るのが難点です。

日本人なら、日本人向けシャトルバスを利用するのが一般的かと思いますが、
ダニエル・K・イノウエ国際空港から、ホノルル市街へは沢山の送迎サービスが有ります。

各送迎サービス会社への直通電話ボックスも空港内に有りますし、
空港前にシャトルバスを停車して、値段を提示している会社も有ります。

実際のところ、日本人向けのサービスだからといって、値段は大きくは変わりませんので、
なるべく日本円請求日本語対応が分かりやすくて安心かと。

HISの格安送迎サービス

日本の格安旅行代理店といえば、HIS(エイチ・アイ・エス)。
ツアー利用者でなくとも、シャトル送迎サービスが利用可能。
日本のサービスなので、現地でも日本人対応というのもありがたい。
チップ込みの料金なので、結果的に安いです。

【混乗送迎】ホノルル国際空港 ホテル(ワイキキ)間 片道送迎

HISシャトルのメリット

  • 日本の旅行会社で安心
  • 現地で日本語カウンター英語は不要
  • 料金は片道18ドルと格安。
  • チップ料金込み

HISシャトルのデメリット

  • 事前予約が必須
  • 運行時間は7:00~13:00

チップ料金込みで18ドルという事で、
ロバーツハワイや、スピーディシャトルと比べても圧倒的に安い。
日本経営という事で、問合せ先も日本の会社。日本人カウンターにて対応。
なんか有った時にも安心ですね。

運行時間が7:30~14:00対象フライトは6:00~13:00到着便)という事ですが、
日本からホノルル間の直行便に関しては、特に問題無く利用もできるかと。

団体出口を出れば、すぐHISカウンターも見えるし、
カウンターで間違いなく日本語が通じるのが何よりもメリット。
よく分からないまま、待たされる不安もないです。

ちなみに、日本の旅行会社JTBでも、現地送迎バスのプランが存在します。
現在では募集していないのか?料金が記載されていません。以前は18ドルでした。

【あいのり送迎プラン】手軽に安心!送迎プラン・ホノルル空港→ホテル (エアポート・エクスプレス)

こちらも団体出口を出た左手に「JTBカウンター」が有り、日本語対応です。

ロバーツ ハワイ エクスプレスシャトル

日系シャトルバスの老舗といえば、
ロバーツハワイエクスプレス(Roberts Hawaii Express Shuttle)の送迎シャトル。
黄色のシャツを着たスタッフが目印です。

以前は、16ドルと格安だったんだけど・・・今では片道23ドル
日本人向けの高額サービスとなってしまいまさいた。

ロバーツハワイエクスプレスシャトルのメリット

  • 片道23ドルの料金は、ポーター代&チップ込み
  • 立ち寄るホテルは最大5カ所まで
  • 日本語サイトで予約が可能。旅行代理店経由の予約も可。
  • 当日の英語でのコミュニケーション不要
  • 24時間運行

バーツハワイエクスプレスシャトルのデメリット

  • 事前予約が必須
  • 海外サービス故のルーズさ有り。
  • 往復料金44ドル往復割引は無し

料金だけみると、他社と同水準の片道23ドルですが、
ロバーツハワイの場合は、チップ込の料金となってます。
公式サイトにも、ポーター代、チップが含まれていると明記されている

料金にはチップが含まれており、チェックアウトの際にはチップ 明細が表示されます。

※参考→Honolulu Airport Shuttle to Waikiki Hotels | Express Shuttle

乗り場は、団体出口を出てすぐ右側にロバーツハワイのカウンターが有ります。
出た場所にもプラカードを持った案内スタッフも居るので、迷う事も無いかと。

日本人向けがメインなので、日本人利用者が多いという点では安心。
立ち寄るホテルは5カ所の制限が有るけど、バスが遅れたら意味ないから、
時間的な速さは、他社と変わらないと思う。
私が利用した時は、飛行機遅延も有り、結構待たされました。

空港送迎サービス「ロバーツハワイ エクスプレスシャトル」レビュー。

この時も、利用者は全て日本人だったよ。

スピーディシャトル

ホノルル空港公式のエアポートシャトルといえば、スピーディシャトル(Speedi Shuttle)も有名。
予約不要で乗れるので、国籍問わず多くの観光客が利用しているイメージ。

スピーディシャトルのメリット

  • 事前予約が不要。当日現地で申込みOK。
  • 片道17.6ドル往復31.68ドル。往復利用で割引。
  • 相乗りシャトルだけでなく、貸し切りが可能
  • 24時間運行

スピーディシャトルのデメリット

  • チップは別。荷下ろしに1ドルが必要。
  • 公式サイトの造りが微妙。日本語訳が怪しい。
  • 同乗者の目的地の制限が無い。

ロバーツハワイのシャトルバスが予約のみに対し、
スピーディシャトルは、事前予約不要で当日乗車可能
その場で料金を支払い、ホテル名を告げれば利用できます。
クレジットカード決済もOK。
復路も利用するつもりなら、帰りの時間も予約できます。

ロバ―ツハワイよりも安い料金で片道17.6ドルですが、
相乗りシャトルの場合は、チップは別料金と明記されてます。
荷下ろしにチップ1ドルが相場なので、合計すると18.6ドル。だったらHISが良いかなと。

混乗シャトル運賃にはドライバーへのチップは含まれていません

専用車サービス運賃にはドライバーへのチップが含まれています。

スピーディバスの乗り場は、個人出口を出た右側。
赤い「Speedi Shuttle」の看板と、赤いハワイアンシャツのスタッフが目印。

個人出口を出ると、赤いアロハシャツの人も沢山いるので、すぐ分かります。
黄色がロバーツハワイ、赤がスピーディシャトル。

タクシー

ダニエル・K・イノウエ国際空港にも、タクシー乗り場(タクシープール)は有ります。
タクシー乗り場は、個人用出口を出て、右の方に案内が出てます。

難点は、やや高額なタクシー料金と、英語という事。
とはいえ目的地さえ伝えられれば良いので、そこまで難しい事もありません。

料金はワイキキ中心地までで、メーター40ドル前後、
チップ込で45ドル~50ドルみておけば問題無いかと。
1台で4人までは乗れますが・・・荷物が多い場合は注意。
普通サイズの車だと、スーツケース3個くらいが限界だと思います。
所要時間は20分~30分
タクシーが来るのを待つ必要もなく、相乗りでも無いので早いです。

ハワイのタクシーは、現金対応しかしてくれない運転手が多いので、
利用する場合は、現金を用意しておきましょう。
私はクレジットカードで痛い目にも遭ってますから。

ハワイのタクシーではクレジットカードは使えないと思った方が良い。

チャーリーズ・タクシー

格安な空港送迎のタクシーといえば、チャーリーズ・タクシー
日本から日本語で事前予約可能ですが、
ホノルル空港に到着後、電話ボックスで到着を知らせる必要が有ります。

日本語専用ダイヤルも有るので、日本語OKです。
連絡先は、予約時のメールに記載されてます。

  • 日本語専用ダイヤル:1-(808)-531-1331(6:00~22:00)
  • 英語 フリーダイヤル:1-(877)-531-1333
  • 英語 通常ダイヤル:1-808-233-3333

空港から、チャーリーズタクシーに電話をかける場合、
公衆電話は、個人用出口から出た正面に有ります。
最初に50セント(クォーターコイン2枚)を入れて、番号プッシュ。

日本語ダイヤルで上手くつながらない場合は、配車専用ダイヤルでも問題有りません。
英語で応答されても「Do you have any Japanese spkeaker?」でOK。
最悪「Japanese Please!」で、日本語スタッフに代わってくれるかと。
到着を伝えれば、あとは指定された場所で待っているよう案内されます。

待ち合わせ場所も近く、公衆電話から見える場所、
空港出口を出て、横断歩道を渡ったところにある茶色の屋根が待ち合わせ場所。
空港敷地内でスタンバイしているので、タクシーも約5分ほどで到着します。
運転手が名前の確認したら、スーツケースを積んでもらい、タクシーに乗り込むだけ。

料金は一律31ドルですがチップ、消費税は別なので、
34ドル~35ドル支払うのが一般的かと。
現金だけでなく、クレジットカードの支払いにも対応しています。
日系の運転手も多く、カタコトの日本語対応してくれる事も多いです。

定員4人まで乗れて、ワイキキまで片道31ドルで済んでしまうなら悪くない。
注意点としては、タクシーに乗る荷物には制限が有ること。

空港送迎・定額料金タクシー:1台につき定員4名。
お荷物は1人につき、スーツケース1個、機内持ち込み荷物1個まで

ワイキキ定額料金タクシー – Charley’s Taxi

大型荷物が有る場合は、一個につき追加料金5ドルが発生します。

自転車、ゴルフバッグ、サーフボード、その他重さ36Kg以上、又は容量283ℓ以上の荷物には1つに付き$5

実際、利用して感じた難点は、やはり電話の手間。
混雑時は電話口も混み合うし、なんだかんだで待たされるから。

定額制の送迎サービス「チャーリーズタクシー」レビュー。

Uber、Lyft

日本では普及に苦戦している配車サービス「Uber」ですが、
世界各地で普及しており、ハワイでも非常に便利に使えます。
基本的にホノルル周辺なら、待たずに乗れる事がほとんどです。

Uberのメリット

  • タクシー料金よりも格安。3割~5割くらい安い
  • アプリ経由で気軽に配車予約が可能
  • 利用可能な車の場所が、リアルタイム把握できる
  • アプリ経由なので英語でのコミュニケーションが不要
  • 決済がアプリ経由チップの割合も細かく設定可能
  • 事前登録したクレジットカードで決済される。精算時のやり取り不要。
  • 配車リクエスト時に、目的地も設定できる
  • ドライバー情報、ドライバーの評価も確認できる

Uberのデメリット

  • 混雑時は割高になる。
  • 基本的には一般ドライバーの集まり。白タクです。
  • 白タクなので幼児は乗れない ※ルール上

Uberの素晴らしい点は、格安な料金だけでは無いです。
アプリ経由で車を呼べ目的地も事前に指定が可能
英語を使う必要は一切有りません。

ドライバーに直接料金を払う必要も無く、
アプリ経由で登録したクレジットカードへ請求となるので、
精算時の手間も無く、ボッタくられる心配も有りません。
チップの割合も事前指定で、自動的に請求してくれますし、
クレジットカードすら持つ必要も無くなるという。
Uberには、評価制度も有り、車のグレードも選べるので、
嫌なタクシーに当たる確率も減らせるという、至れり尽くせり。
Uberが空港で使えないというのも、過去の話です。

Uberには大型サイズのUber XLもあるので、最大6人+荷物で乗れるのも良い。
我が家も家族旅行で利用しまくりました。
難点は、混雑時に割高になること。これを避けるにはLyftの併用した方が良い。

ハワイのタクシーはUberとLyftを使うべき理由。料金、チップ、空港送迎、スーツケース、子連れ利用の注意点。

ハワイに限らず、タクシーアプリは使った方が良いので、
まだ利用したことないなら、登録しておく事を推奨します。

ほんとUber有ると無いとでは、行動範囲も全然変わってくる。
レンタカーでしか行けないような場所も、気軽に行けるようになるから。

リンカーンリムジン

ハワイではリムジンも良く見かけるのですが、意外と格安に利用できます。
空港からホテルまで1台120ドル
最大6名まで乗車可能でスーツケースも5個までと、意外と格安です。

【片道/往復送迎】リムジンなど車種指定 専用車送迎(空港‐ワイキキホテル間)

6人で乗れば、1人20ドルで利用できてしまいます。シャトルバス並みに安いのです。
我が家も家族旅行で使いましたけど、テンション爆上がりしました。

家族だけでなく、友人間での利用もコスパも高いかと。
もちろん、カップルでゴージャス体験するのも悪く無いと思いますけど。

レンタカー

ハワイでレンタカーを借りる予定なら、空港で借りてしまうという方法も有ります。

レンタカーの営業所も空港から近く、
海外大手レンタカー会社、Budget(バジェット)、AVIS(エイビス)、
Hertz(ハーツ)、National(ナショナル)と、Advantage(アドバンテージ)・・・と、
空港の国際線駐車場(Overseas Parking Garage)内に有ります。

個人出口から空港出て、徒歩5分以内の距離です。

海外で車の運転に抵抗が無く、滞在期間中借りるなら空港で借りた方が良いです。
ただ、国際線の長時間フライト直後という事で、疲れにはくれぐれも気を付けましょう。
ホノルル市街へ行くには、高速道路も走るし、一方通行も多いので・・・ね。
21歳以上、運転免許証、クレジットカードが必須です。

慣れない海外の運転、接触事故の可能性は高いです。
トラブル時こそ日本語対応が安心ですね。

TheBus(市バス)

オアフ島内は、公共バスの「TheBus」が走りまわっているので、
ダニエル・K・イノウエ国際空港から、ホノルル市街も格安で行くことが可能です。

空港近くのTheBus停留所は、到着ロビーでは無く、
出発カウンターの有る2階にあり、19番20番のバスが停車します。

1人一律3ドルと非常に格安ですが、
スーツケースのような大型荷物は持込不可能となってます。

ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

現地で行動する為の交通手段としては有効ですが、
ホテルへの交通手段としては、ちょっと難しいかと。
私も実際に利用してみましたが、やはりネックは荷物ですね。

ダニエルKイノウエ空港からThe Busでワイキキ市内へ移動。往復利用して気づいた注意点。

荷物サイズのルールも有りますが、The Busは混みますので・・・
荷物が小さいなら、といったところです。

ホノルル空港送迎まとめ

1人ならシャトルバスが最安ですが、
タクシーを含めた貸し切りは、何より早いです。
カップルならタクシーをおすすめしたいし、
家族ならリムジンを利用したって、値段は大して変わらないんだよね。

1人ならシャトルバス

【混乗送迎】ホノルル国際空港 ホテル(ワイキキ)間 片道送迎

2~6人ならUberとLyft

ハワイのタクシーはUberとLyftを使うべき理由。料金、チップ、空港送迎、スーツケース、子連れ利用の注意点。

リムジン貸し切りも安い

【片道/往復送迎】リムジンなど車種指定 専用車送迎(空港‐ワイキキホテル間)

リムジンとかも、日本ではまず乗れませんし、意外と格安料金です。
ハワイのアトラクション一つとして、
家族やカップルで使うのも、悪く無いと思います。

チャーリーズタクシーは格安だけど、現地で電話する手間は否めない。
なんだかんだで手間が無いのはUberなのでした。

観光客向けサービスって、やっぱり割高なんで・・・
まぁ、色々試してみるのも面白いと思います。
ハワイは日本人も多く、何とかなってしまう国ですから。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

2008年度カナダワーキングホリデーの人。
ワーホリしたのに英語喋れません。
JGC、SFC修行済み。
海外に行きたいけども、今は日本に居ます。
最近は子連れ旅行が増加中。
プロフィール

コメント

コメントする

目次
閉じる