ラッフルズプレイス駅からマーライオンパークへの最短ルート。

マーライオンパークまでのアクセス

シンガポールといえば、マーライオン。

チャンギ空港から「Raffles Place(ラッフルズプレイス)」駅まで来たのは良いんだけど、

意外と迷ったのが、「Merlion Park(マーライオンパーク)」までの道のり。

駅からマーライオンまで距離も有り、都心部故に真っ直ぐにも進めない。

近道を使うため、グーグルマップも役に立ちませんので・・・道筋を記録しておきます。

帰りは、地下鉄だから駅の場所も見失うがち、来た道を忘れないように。

 

チャンギ空港からMRTで、ラッフルズプレイス駅に来る方法は、以下ページも参考に。

シンガポールの電車「MRT」乗り方。チャンギ空港から市内へ。

駅の改札出たら「H」出口へ。

ラッフルズプレイス駅の改札出口の風景。

通勤の時間帯という事で、人も多いです。

DSC05632

改札を出たらフラートンホテルを目指します。

フラートンホテルはH出口

DSC05634

 

駅は「One Raffles Place」っていうショッピングセンターも直結しており、

地下街には、おいしそうな飲食店も並んでます。

そんなわけで、H出口に向かいながら、食事や飲み物を楽しむのも良いと思う。

通勤前ということで混んでましたけど。

 

行列ができてたのが「Fun Toast」というファーストフード店。

シンガポール&マレーシア料理が美味しそう。

DSC05636

 

更に凄い行列だったのが「Old Tea Hut」。安くて美味しい紅茶専門店。

DSC05638

 

なんだかんだで、ウロウロしていると、

Six Battery Roadと案内とともに、駅の出口が見えてきました。

DSC05641

 

「H」出口からフラートンホテルへ。

H出口を出たら、次に目指すはフラートンホテル。

駅を出たら、右手の川沿いの道へ。

DSC05642

川に出たら右手に進みます。既にフラートンホテルがチラ見え。

DSC05645

フラートンホテルが近づいてきました。

DSC05649

フラートンホテル前に、変な銅像がありましたので、小休止。

DSC05650

皆さん撮影してましたけど、なんなんでしょうコイツ。

DSC05654

・・・The Fullerton Hotel(フラートンホテル)の正面入り口へ。

DSC05787

でも、入ったらダメ。遠回りですよ。

 

フラートンホテルに正面から入ってはダメ。

マーライオンパークへ行くには、フラートンホテル内の通路が近道。

ってのがよくある話なんだけど、間違えてホテル入っちゃうと迷います。

ホテル内から、マーライオンパークへも行けなくも無いですが、

ホテルは広く、結果的に遠回り。なにより高級ホテルだから・・・入ったら気まずい。

DSC05798

私は、ホテル内を5分くらい彷徨いました。凄いホテル。私の違和感ハンパない。

DSC05791

 

というわけで、マーライオン公園に行きたいなら、

フラートンホテルに入らず、正面入り口向かって右手の道へ行きます

IMG_8619

この脇道を進むわけです。

IMG_8618

そのままホテル右手の入口を目指します。

IMG_8617

右側のホテル入口(南側)が見えてきました。

IMG_8616

これが目指すべき入口。旧正月なので、デコレーションされてます。

DSC05801

 

で、繰り返しますが、ホテルに入ってはダメ。

地下から、そのままマーライオン方面へ向かいます。

左側が上りエスカレーター、右側が下りエスカレーター。

IMG_8614

下ると、Merlion Parkへ続く地下道が出てきますので・・・

IMG_8612

あとは、案内に従ってひたすら進むだけ。

IMG_8613

動く歩道も有るので、思ったよりも早く着きます。

IMG_8611

地下道出口が見えてきました。

IMG_8610

出口を出ると、すぐ目の前に・・・

DSC05662

マリーナベイサンズ!

DSC05704

後は、左手に向かって湾沿いを歩けばよいだけ。既にマーライオン見えてます。

DSC05663

マーライオン到着。思ってた以上に水が噴き出てます。

DSC05664

マーライオンとマリーナベイサンズのコラボレーション。

DSC05816

正面マーライオン。目的達成です。

DSC05814

帰りは、ラッフルズプレイス駅まで、逆方向に進めばよいわけですが・・・

意外と迷いました。駅は地下鉄なので、目印も少ないっていう。

 

まぁ、フラートンホテルまで着けば、

あとはグーグルマップ頼りで、なんとでもなります。

駅には、H出口から入る必要も有りませんので。

 

私は、そのまま空港へ。

日本へ帰りる為East West Lineの「to Cahngi Airport」に乗ります。

DSC05706

行き同様、空港まで1本では帰れず、

途中「Tanah Merah(タナ・メラ)」駅で乗り換えるのを忘れずに。

Standard Ticketでもチャージで乗車が可能です。

 

シンガポールの電車「MRT」乗り方。チャンギ空港から市内へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です