Hilton Garden Inn Hong Kong Mongkok(ヒルトンガーデンイン 香港モンコック)宿泊レビュー

ヒルトンガーデンイン香港モンコック客室

香港にあるヒルトン系ホテルは、

「コンラッド香港」と「ヒルトンガーデンイン香港旺角」の二つのみ。

コンラッドは高いので・・・今回は、格安なヒルトンガーデンインに決定。

DSC02831

ホテル周辺の雰囲気は、ちょっとローカル感漂いましたが、

ホテル価格の高い香港では、コストパフォーマンスの高いホテルに感じました。

ヒルトンガーデンイン 香港モンコックの詳細情報

外観&ロビー

旺角(モンコック)とありますが、

旺角のメイン通りからはちょっと離れた場所に有るホテル。

DSC02772

ホテル周辺にある建物はボロボロですが・・・

ホテルは、2016年末にできたばかりとあって綺麗です。

DSC02770

ホテルロビー。

IMG_5742

ガラス張りの窓に、高い天井。

IMG_5741

入ると目の前にレセプション。左側がバー。

奥に長く続いています。

DSC02679

チェックイン手続きをしたところ、

少し時間がかかるということで、ロビーで待っていると・・・

水ボトルを頂けました。

DSC02671

反対側の入り口には、お花。

DSC02785

PCが2つ。Macです。

DSC02784

反対側の出口には駐車場、車で来る場合は、こちらから。

DSC02827

エレベーター&客室フロアの廊下

1階中央に客室へ向かうエレベーター。

DSC02782

エレベーター。

DSC03021

カードキーをタップしないと反応しないタイプ。

DSC02786

客室フロアのエレベーター前。

DSC02825

客室前の廊下。

DSC02819

目の前は窓ガラス・・・周りのビルは廃墟みたいですね。

DSC02821

ある意味すごい眺望です。

宿泊した部屋の雰囲気と設備

今回宿泊したのは、ガーデンビューのツインゲストルーム。

最安値の部屋を狙って宿泊しました。それでも2万円弱くらい。

部屋の内装

部屋の中は綺麗ですが、ちょっとこじんまりしてます。

DSC02797

ベッドの奥に、デスク、窓。

IMG_5752

窓側からだと、こんな感じ。

IMG_5754

デスクは、細長い。

DSC02802

デスク前のコンセント。

コンセントはBFタイプですが、USB給電も可能です。

DSC02801

ベッドサイドの電話機。照明スイッチ、USB。

DSC02803

反対側のサイドテーブルには、時計と照明スイッチ。

DSC02815

窓からの眺望&夜景

ガーデンビューの部屋ということでしたが、

目の前の公園「Cherry Street Park」が見えるって事でしょうか。

DSC02806

目の前は大きな道路なので、遮るものは無いですね。

DSC02804

廊下の旺角側の景色に比べると、

奥運(オリンピック)側の街並みの方がマシかな。

DSC02805

夜は、夜景まで行かない夜景が見れます。

DSC03012

コーヒー&ドリンク類、部屋の設備

ヒルトン会員なら、ペットボトル二本無料。

DSC02800

コーヒー、紅茶類。

DSC02812

棚の下には冷蔵庫。

DSC02814

冷蔵庫は空なので、買ったものを冷やせます。

DSC02813

洗面所、バスルーム、トイレ、アメニティ類

部屋の入口横に、バスルーム。

IMG_5750

洗面所。

DSC02789

ヒルトンお馴染みのハンドローション、

歯ブラシ、歯磨き粉も有ります。

DSC02793

洗面所下に、タオル類。バスタオルは厚め。

DSC02795

シャワールームは、ガラス扉で仕切るタイプ。

IMG_5748

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。

ヒルトンお馴染みのやつ。

DSC02792

入り口反対側にクローゼット。

クローゼット内に金庫有り。

DSC02809

アイロンにアイロン台。

DSC02808

クローゼットには、スリッパも有りました。

DSC02807

朝食ブッフェ(Eagle’s Garden)

朝食ブッフェは、6:30〜10:00の時間帯。

2階のレストラン「Eagle’s Garden」にて提供となります。

IMG_5768

レストランは、奥に長い造り。

DSC03070

それほど広くは有りませんが、利用者も少ないので快適でした。

IMG_5770

料理メニュー

壁側にズラりと料理。中華が多いですが、洋食も有ります。

DSC03073

パン、サラダにシリアルコーナー。

DSC03029

レタス、キュウリ、コーン、トマト。

手前には、モッツァレラチーズやカマンベールチーズも有ります。

DSC03102

サウザンアイランドドレッシング、ゆずドレッシング。

ピクルス、ケッパー、らっきょ。

DSC03101

シリアルは3種。

DSC03024

丸ごとフルーツにカットフルーツ。

DSC03027

パンコーナー。

DSC03028

 

ホットミールコーナー。

IMG_5769

肉シュウマイ。

DSC03030

海老シュウマイ。

DSC03031

焼きそば。

DSC03032

ブロッコリー、カリフラワー

DSC03033

ハム、ベイクドビーン。

DSC03034

ゆで卵、チキンソーセージ。

DSC03035

ミートソーススパゲッティ。

DSC03036

テリヤキチキン。

DSC03037

炊飯器の中にチャーハン!

DSC03051

中華粥。

薬味。

味噌汁まで有りました。

奥のカウンターには、洋食コーナー。

DSC03077

フライドポテト、ハッシュドポテト。

DSC03056

自分で作るワッフルコーナー。

DSC03059

自分で粉を入れ、タイマーなったらくるりと引っくり返す。

DSC03060

オムレツ、目玉焼きを作ってくれるエッグステーション。

DSC03066

目玉焼きは焼き方を選べ、オムレツは入れる具材も選べます。

DSC03065

ヨーグルトも3種類。

DSC03022

ドリンクメニュー

座席に案内される時に、

スタッフにドリンクオーダー(コーヒーか紅茶)できますが、

レストラン内にもセルフのドリンクコーナーが有ります。

 

ネスカフェのエスプレッソマシーン。

DSC03067

オレンジ、グレープフルーツ、アップルジュース。ミルク。

DSC03025

個人的に美味しかった料理とか

料理の種類は、そこまで多くは有りませんが、

洋食メニューも一通り揃っており、どの料理もハズレ無し。

DSC03081

特に中華メニューは美味しく、シュウマイは激ウマ。

中華粥もハマりました。

DSC03085

 

 

 

味噌汁も旨くてビックリ。

DSC03105

洋食メニューは普通でしたが・・・

DSC03104

ワッフルがフワフワカリカリで凄い美味しかった。

DSC03086

まぁ、サラダもチーズも有るから、これだけで私は満足です。

DSC03103

ホテルへのアクセス

最寄り駅からは、ちょっと離れており、

旺角駅から徒歩10分、油麻地駅からは徒歩7分

ちょうど2つの駅の間に位置します。

 

ネイザンロードからも離れており、

地元の商店街を抜けた先に、ホテルが有ります。

DSC02682

ホテル前の通り。ローカル感が漂います。

DSC02773

こんなところにホテルが有るのか?と思うくらい。

DSC02778

反対側の道路付近には、ボロボロの町工場とか、高架下には乞食と、

ちょっと空気も悪い。皆さんタバコ吸いまくり。

DSC02766

ホテルからも見える建物も・・・ボッロボロっす。

IMG_5746

DSC02680

夜は、人気も明かりも少なくなります。

DSC03003

 

まぁ、繁華街「旺角」を徒歩でブラブラと観光できるし、

MTRまで歩いて行ける距離なので、観光するには不便は無い。

 

ただ、香港空港から行くなら、タクシーの方が良いです。

九龍駅から来るとなると、乗り換えないと行けないし、

シャトルバス送迎も無い。私もUberで行きました。

香港国際空港から九龍までUber(ウーバー)を利用してみた。

車の方がアクセス良いし、

片道250香港ドル(約3,500円~4,000円)で行ける距離。

二人ならエアポートエクスプレス料金とも大差ないから。

DSC02828

宿泊した感想

駅からは、ちょっと歩き、

ホテル周辺は、ちょっと独特な雰囲気が漂いますが、

その分、ホテルは格安であり、ホテルも新しく綺麗。

MTRまで歩く距離を許容できるのであれば、

非常にコストパフォーマンスが高いホテルだと思います。

部屋は広くないけど、設備は新しいので清潔感も有る。

日本のビジネスホテルを想定しておけば、

まぁガッカリすることもないハズ。

 

ちなみに、旺角へも歩いていけますが、

反対側の奥運駅へも徒歩16分と、こちらも歩いて行ける距離。

ショッピングモール「Olympian City」も有るので、

鬱蒼としたローカル香港に飽きた場合にも良い。

ミシュラン一つ星を獲得した「ティムホーワン(添好運)」も有る。

チャーシューメロンパン。名物だけあって旨い。

2人で食べまくっって、2000円未満でしたから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です