飛行機の預け荷物にダンボールを利用。バンクーバーで段ボールが貰える場所。

海外に長期滞在する人にとって、

スーツケースは、拠点から拠点へ荷物を運ぶ為だけの入れ物に過ぎないって事。

長期滞在(ワーホリ・留学)にオススメのスーツケース。選び方と注意点。

 

わざわざ、スーツケースに入れるほどでは無い荷物。

微妙に容量オーバーするなら、ダンボールに入れて、空港で荷預けしたら良い。

実際、空港のカウンターで、ダンボールを預けている人も多いです。

 

とはいえ、カナダでは手に入りにくいダンボール。

利用するなら、事前準備も必要です。

海外旅行のお土産で、帰国時に荷物が増えてしまうってパターン。

私はよくやりますので、参考までに。

空港の預け荷物をダンボールにするメリット・デメリット。

ダンボールは、旅行には不向きです。

目的地まで荷物を運ぶ為に、

あくまで荷物を移動させる為だけに、使えるという事。

 

機内預け荷物が2個まで無料なのに、

1個しかスーツケース持って無いときとか、

小さいスーツケースや、ボストンバッグとか、わざわざ買うなら。

ダンボールという選択肢も有るよって話。

 

ダンボールのメリット

  • 安く手に入る or 無料。
  • 紙だから軽い。
  • 四角いから、無駄の無い梱包が可能。
  • 使い捨てできる。
  • 自分に有ったサイズが、その都度選べる。

ダンボールのデメリット

  • 強度が弱い。特に水分に弱い。
  • 持ち運びしづらい。
  • 開け閉めには向かない。繰り返し利用不可。
  • 手荷物検査で開封の可能性が上がる。

 

段ボールなら格安で手に入るし、

ちょっと頑張れば無料で選びたい放題です。

スーツケースの用に、外枠もブ厚くも無いし、

角も丸くないので、沢山入るし、荷物も詰めやすい。

 

預け荷物にする分には、ダンボールは便利ですが、

開け閉めが頻繁な旅行には向かないし、

一旦締めたら、開け閉めも面倒で、使うたびに痛みます。

 

難点は持ち難さと、強度が弱い点。

強度が弱い分、スーツケースよりも断然軽いんだけど・・・

どう頑張っても、空港までの持ち運びが大変。

空港についてしまえば、カートが有るから、なんとかなる。

 

あと、ダンボールって商売っ気が有るので、

手荷物検査で、ほぼ間違いなく中身を聞かれます。

「何入ってんのこれ?」って。

 

ダンボール梱包する際の注意点。

ダンボールは強度が弱いと言われますが、

梱包次第で、強度も強くなるし、中身も守れます。

この辺の考え方は、スーツケースと一緒。

中身に壊れ物や割物を入れたところで、乱暴に扱われれば壊れます。

ハードタイプのケースほど、ブン投げられるという話も聞きますし、

周りの形状よりも、重要なのは中に入れた壊れ物の梱包方法だよね。

長期滞在(ワーホリ・留学)にオススメのスーツケース。選び方と注意点。

いくら頑丈なスーツケースに入れたって、梱包方法を誤れば破損するから。

 

まず、ペラペラのダンボールを補強します。

底が抜けないように、新聞紙やタオルを一枚敷く。

書籍や粉類、お米等の重い物は、なるべく下側へ。

ダンボールの外側には、緩衝材代わりになるモノを。

衣類やタオル等、柔らかいモノを側面へ。

 

濡れて困るモノ、漏れて困るモノはビニール袋へ。

液体ボトルは立てて入れた方が、漏れづらいです。

そもそも壊れ易いモノ、壊れて困るモノは絶対に入れない

 

ダンボールには、隙間なく詰め込むのが大事。

必要が有ればサイズも調整する。動くスペースが無いように。

なるべく余白が無ければ、衝撃も分散されます。

紙を丸めたり、ビニール袋に空気をいれて縛ればエアパッキンも造れます。

 

ダンボールにピッタリ詰めるのは大事ですが、箱の形が崩れない程度に。

詰め過ぎて、中央が盛り上がるのはNG。

積み重ねた時に、盛り上がった部分だけ負荷がかかります。

DSC05152

・・・とはいえ、よっぽど壊れやすいもんじゃければ、

そんな神経質になる必要は無いかな。

割とテキトーですが、今のところトラブルになったことも無いです。

 

最後にテープでぐるぐる巻きにしておけば、ある程度濡れても大丈夫。

破損して、穴が開くなんてことも、避けられるかと。

持ち手が付いているダンボールの場合は、 持ち手の補強も忘れずに。

 

あとは「壊れ物(FRAGILE)」と「上側(UPSIDE)」を、

気休め程度に記載してます。

ダンボールは間違えられやすいので、

名前や目印的なマークも、描いたりしてます。

 

預け荷物に最適なダンボールサイズについて。

ダンボールが大きくなればなるほど、荷物は詰め込められますが、

大きくなればなるほど、箱の強度は弱くなり、持ち運びもしづらくなります。

 

私の経験として、100~120cmサイズのダンボールが使いやすいです。

重いモノを詰め込んでも、重心も偏りにくく、底も抜けずらいサイズ。

3辺が120サイズって、機内持ち込みのサイズくらい。

頑張れば、片手でも持てるかな?ってくらいの大きさになります。

 

100~120サイズでも、重たいモノばかり詰め込めば、

20kgは余裕でオーバーします。

エアカナダ機内預け荷物の重量制限は23kgなので・・・

それなりに詰め込んでも、大丈夫なダンボールとして、

100~120サイズが一つの目安になるんじゃないかな。

 

バンクーバーでダンボールが貰える場所。

バンクーバーのダウンタウンを歩いていれば、

一歩入った路地の大きなコンテナ、ダンボールが捨ててある事が有ります。

とはいえ、物凄い不衛生だし、使えるのは少ない。

 

人の居る店舗で貰ってきましょう。日本と同じ。

大きなスーパーなら、レジ横に置いてある場合が多いです。

DSC04639

勝手に持って行っていいって言われたけど・・・

野菜の水分でへなっていたり、汚れていたり、

そもそも梱包向けのダンボール・・・あんま無い。

DSC04638

ダンボールの形も微妙ですが、海外のダンボールは強度も弱いです。

ホントペラッペラで、質も悪いので、正直オススメしません。

 

日本人なら、皆さんご存知コンビニ屋

クロネコヤマトの「詰め放題パック」用のダンボールが3ドルで購入できます。

KS002905

YAMATO TRANSPORT USA: つめ放題パック

 

どのサイズのダンボールも同じ値段なので、買うならLサイズ。

Lサイズは33×46×25.5→104.5cmと丁度良いサイズ。

「詰め放題パック」を使わずとも、箱だけで売ってくれます。

 

コンビニ屋のレジ横でサイズ確認もできる・・・

DSC05024 (2)

で、気付いた。

空のダンボールが置いて有る。しかも形状も良い。

DSC05025

店員さんに伺ったところ、無料でくれるという神対応。

というわけで、コンビニ屋でも、

要らないダンボールが置いてある可能性高いです。

日本の商品が入っていたダンボールなので、質も間違いない。

DSC05026

ちなみに、ダンボールは英語でCardboard Box、Packing Box。

郵便局なんかでも売っているようですが・・・

買っている日本人は、見た事は無いです。

 

バンクーバーで梱包用テープが購入できる場所。

無事ダンボールが手に入ったら、あとは梱包用のガムテープ。

ガムテープっていうよりも、透明なOPPテープ。

ダウンタウンのロンドンドラッグ(グランビル×ジョージア)で見つけました。

DSC04955

地下フロアで、3.99ドルで売ってました。

ホームセンターや、文房具的なモノを扱ってる店なら売ってるかと。

日本に比べると、高いですが・・・使い心地は変わらず。

DSC05151

まぁ、背に腹は代えられないですね。

 

ちなみに、日本でいうガムテープは見かけません。

紙や布の茶色テープ、売ってません。

買う場合は、透明テープになるかと思います。

探す場合は、Duct Tape、Packing Tapeで訊いてみましょう。

 

空港でダンボールを預ける方法。

ダンボールを預ける方法は、スーツケースと一緒。

空港でチェックイン時に、預け荷物用のBagTagが印刷できるので・・・

空港の自動チェックイン機の利用方法。エアカナダでセルフチェックイン。

 

あとはBag Tagを貼り付けて、Bag Dropで預けるだけです。

IMG_0788

タグを全面貼り付けてしまうってのが、違う点かも。

 

皆さん、当たり前にダンボールで預けてるので、

当たり前に、ダンボールで受け取ってくれます。

この辺も文化の違いですかね。

 

成田空港にダンボール到着。空港宅配サービスで自宅まで配送。

成田でも、スーツケースと一緒にダンボールが流れてきます。

特に破損も無く、毎度綺麗なまま到着してます。

IMG_0789

手荷物検査通過したらー、

そのまま、空港宅配サービスのカウンターに持ちこんで、

そのまま、自宅まで運んでもらうというのが、毎度定番の流れ。

IMG_0791

JAL ABCのカウンターでもダンボール購入できますが、

1個250円~とられますからね。

事前に詰め込んでおけば、帰りもラクラクです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です