航空機遅延損害保険を使って気づいた注意点。事前に知っておくべきこと。

飛行機の遅延トラブル

海外旅行保険の中で、重要なのは治療費と携行品損害費用と言われますが、

なんだかんだで利用頻度が高いのが航空機遅延保険。

クレジットカード付帯の海外旅行保険の選び方と注意点。保険会社で契約する保険との違い。 

海外の航空会社やLCCは、機材トラブルも多いですし、

自然災害での遅延トラブルも多い。日本は台風国家でもありますからね。

 

私も何度か利用して気づいた点もありますので、

勘違いしやすいポイントを含め、注意点をまとめておきます。

保険のポイントを抑えておけば、トラブった時に保険も最大限活用できますし、

遅延で食べ放題&飲み放題とか・・・意外と悪くないですから。

クレジットカードの航空便遅延保険を利用してみた。申請から返金までの流れ。

航空機遅延保険の補償の範囲。遅延は食事代のみ。

クレジットカードに付帯する航空機遅延保険の補償範囲は意外と狭いです。

食事代、ホテル代、衣料品、日用品・・・となってますが、

ホテル代の補償が有るのは、4時間以上の乗継で遅延が発生した場合

ただの遅延じゃ駄目なわけです。

航空機遅延保険の補償の範囲

  • 出航遅延・欠航・搭乗不能:食事代
  • 乗継遅延:食事代宿泊費
  • 手荷物遅延・紛失:衣料購入費生活必需品購入費

飛行機遅延・欠航した場合は、食事代のみの補償であり、

これは、ほぼ全てのクレジットカードでの共通ルールとなってます。

三井住友カード

出航地において代替便が利用可能となるまでの間に被保険者が実際に負担した食事代
※ホテルなどの客室料はお支払いの対象となりません。

保険金をお支払いする主なケースとお支払いする保険金|クレジットカードの三井住友VISAカード

JCBカード

国内外の航空便ご利用時の出航遅延で生じた飲食費および乗継遅延等で生じた宿泊・飲食費や、
預けた手荷物が遅延・紛失した際の衣類購入費等を補償します。

オリコカード

搭乗する予定だった航空機について、出発予定時刻から4時間以上の出発遅延、航空機の欠航もしくは運休または搭乗不能が生じ、出発予定時刻から4時間以内に代替となる他の航空機を利用できない場合に、被保険者が負担する「食事代」を保険金額を限度にお支払いします。

海外・国内航空機遅延保険|クレジットカード・カードローンのオリコ

アメックスカード

搭乗する予定だった航空便について、出航予定時刻から4時間以上の出航遅延や航空便の欠航などで搭乗することができず、出航予定時刻から4時間以内に代替となる航空便に搭乗できなかった場合、お食事代を2万円を限度として補償します。

旅行関連保険 – アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベル – クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

ただ、唯一例外のカードが有り、

セゾンゴールド・アメリカン・ エキスプレス・カード」は、

補償範囲がダントツ広かったです。

セゾンゴールドアメックスカード

①1回の出発遅延、欠航もしくは運休または搭乗不能について、
宿泊費と食事代、交通費および国際電話等通信費の実費を3万円限度としてお支払いします。
ただし、被保険者が払戻しを受けた金額、被保険者が負担することを予定していた金額、
または、②により支払われるべき金額はこの費用の額から控除します。

②旅行サービスについて、取消料、違約料、旅行業務取扱料その他の名目において
旅行サービス提供・手配機関との契約上払戻しを受けられない費用またはこれから支払うことを要する費用をお支払いします。

遅延で食事代だけでなく、宿泊費、交通費、国際電話等通信費、

旅行サービスの取消料、違約料までも補償の範囲となってます。

 

他のカードと比べても、

やはり、セゾンゴールドアメックスカードだけ補償範囲が広いっていう。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用の補償範囲

補償金額 補償範囲
セゾンゴールドアメックス 3万円 宿泊費、食事代、交通費、国際電話料等通信料
旅行サービスの取消料、違約料
セゾンプラチナアメックス 3万円 宿泊費、食事代、交通費、国際電話料等通信料
旅行サービスの取消料、違約料
JCBゴールド 2万円 食事代
JCBプラチナ 2万円 食事代
三井住友ゴールド 1万円 食事代
三井住友プラチナ 2万円 食事代
MUFGゴールドプレステージ 1万円 食事代
MUFGプラチナ 1万円 食事代
アメックスゴールド 2万円 食事代
アメックスプラチナ 3万円 食事代
SPGアメックスカード 2万円 食事代
ダイナース 2万円 食事代
ラグジュアリーカード 2万円 食事代
Orico Card THE WORLD 3万円 食事代
dカード GOLD 1万円 食事代

※参考→航空機遅延損害保険が付帯するクレジットカードの違い。補償範囲と補償金額の比較。 | ビジネス幼稚園

遅延だけではお金は貰えない。使ってナンボ。

上記の金額は、実際に費用が発生した場合のみ請求できる金額となります。

遅延トラブル遭遇後に、お金を使わなければ保険も使えないということです。

基本的に食事代ということで、

レストランだけで2~3万も食事するか?ってこと。

 

ちなみに、航空機遅延で、航空会社から食事クーポン等を提供された場合、

食事クーポンから足が出た金額のみ、保険会社へ請求できます。

保険の対象者は本会員のみ。家族は対象外。

2~3万円の食事代とありますが、

基本的に保険適応となるのは、カードを所有する本会員のみとなります。

家族旅行で遅延トラブルに遭遇した場合でも、

一人分の食事代しか保険適応とならないわけです。

 

ただ、これも例外のクレジットカードが有り、

家族特約付きのクレジットカードなら話は別

航空機遅延で、家族も同等の金額が補償されます。

航空機遅延保険 家族特約の有無

家族特約
セゾンゴールドアメックス 自動付帯(海外のみ)
セゾンプラチナアメックス 自動付帯(海外のみ)
JCBゴールド なし
JCBプラチナ なし
三井住友ゴールド なし
三井住友プラチナ なし
MUFGゴールドプレステージ なし
MUFGプラチナ なし
アメックスゴールド なし
アメックスプラチナ 利用付帯(海外のみ)
SPGアメックスカード なし
ダイナース なし
ラグジュアリーカード 自動付帯(海外のみ)
Orico Card THE WORLD なし
dカード GOLD 自動付帯(海外のみ)

 

航空機遅延保険で家族特約まで付帯するのは数カード。

ここにも、セゾンゴールド・アメックスカードは入ってます。

 

アメックスプラチナカードの家族特約は利用付帯となってますが、

アメックスプラチナカードは、家族カードを4枚まで無料発行できるので、

家族カード会員として、航空機遅延保険を有効にしておくのが無難かと。

 

他クレジットカードでも、

家族カードで本会員と同等の保険が適応となることが多いです。

ただ、家族カードは18歳以上でなければ発行できないので、

家族特約が有るに越したことはないですけどね。

キャンセル費用は、航空機遅延保険の対象外。

飛行機遅延となると、一番困るのが全てのスケジュールがずれ込む事。

私も先日、10時間遅延に遭遇したばかりですが・・・

大規模遅延で発生するのが、直前キャンセルのキャンセル料。

滞在予定のホテルもキャンセル、参加予定のツアーもキャンセルとなり、

海外WiFi等のレンタル料も無駄になったりするわけです。

 

こういった費用は、航空会社は一切負担してくれませんし、

航空機遅延保険でも補償対象外となります。

 

ちなみに、事情が事情なので、

直前キャンセルでも、キャンセル料を無料としてくれる可能性は有ります。

ホテルのキャンセル費用は、ホテルに相談することでなんとかなることも・・・

とりあえず、宿泊できないのが確定した場合は、

なるべく早くホテルに連絡することをオススメします。

大規模災害による遅延は、保険対象外の可能性。

天候の悪化、台風等、自然災害による遅延トラブルの場合、

基本的には保険適応となるのですが、

地震や津波という、大規模な災害の場合は、保険対象外となる場合が有ります。

保険契約者・被保険者・保険金受取人の故意・重過失・法令違反による事故
地震・噴火・津波による事故
戦争・暴動など変乱、放射線照射、放射能汚染、原子力核反応による事故
これらの理由に伴い生じた事故または秩序の混乱に基づき生じた事故

保険金をお支払いできない場合について|クレジットカードの三井住友VISAカード

秩序の混乱に伴い生じた事故・・・

こればっかりは仕方ないとは思うんですが、判断は難しい。

 

まぁ、災害トラブルに関わらず、とりあえず遅延が発生した場合は、

保険会社に確認するのが確実です。

事故受付デスクは、フリーダイヤルで通話料も無料だし、

保険の補償範囲も確認しておけば、安心してお金も使えます

電話した時の受付記録も保存しておいてくれますから。

保険申請手続きの期限。帰国後で問題なし。

とはいえ、海外で遅延トラブルに遭遇した場合、

保険会社に電話できないことも多いと思います。

国内ではフリーダイヤルの電話番号も、

海外からだと国際電話で有料扱いだったり、

わざわざIP電話で電話するのも、音声品質悪すぎますからね。

 

実際、保険会社に確認したところ、

事故手続きは、旅行後で構わないと言われました。

後から気づいて、費用を負担していれば申請できるってことです。

いつまで申請しないと駄目ですか?も伺いましたが、

「3年間有効なので、ゆっくりで大丈夫です」って仰って頂けました。

※セゾンゴールドアメックスで保険申請した時に言われました。

 

ただ、時間が経つにつれ、証拠書類の用意が難しくもなるハズですし、

保険会社によっては、事故発生後30日間以内という期限も有ったりするので、

旅行後に、なるべく早く手続きするに越した事は無いです。

自動付帯のクレジットカードは、一切使う必要無し。

保険で請求できる金額は、実費精算ということで、

保険付帯のクレジットカードで決済する必要が有ると思ってましたが、

実費費用の支払いに、クレジットカードは使う必要がありませんでした。

 

領収書 or レシートさえあれば、

現金支払もOK、他社クレジットカードの支払いでも問題無いとのこと。

考えてみたら、クレジットカードが使えない店舗も有るし、

JCBやアメックスが使えない店舗も多いわけですからね。

保険代金の精算も、保険会社から指定口座への振り込みでした。

 

航空機遅延保険が自動付帯のクレジットカードを所持しているなら、

航空券の支払いにもクレジットカードを使う必要もないわけで、

ホント持ってるだけで、保険適応にしてくれます。

4時間以上の出発遅延でOK。現地到着時間は関係無い。

航空機遅延保険で、一番利用頻度が高いと思われるのが遅延トラブル。

4時間以上の遅延で、保険適応となるとのことですが、

出発時刻の遅延であって、現地への到着時刻は関係有りません

 

私は先日、成田からクアラルンプール経由のシドニー行きが欠便となり。

10時間遅れで、羽田からシドニーへの直行便に振替なったのですが、

結局の所、経由便が無くなった為、

目的地シドニーには予定よりも2時間早く到着してしまったわけ。

遅延→代替便で、予定よりも早く着いてしまうというミラクル。

 

出発時に4時間以上遅れていれば保険適応となるわけで、

到着時刻は関係無いと言われました。ラッキーなパターンでした。

ちなみに、4時間ピッタリでOKですが、3時間59分では駄目ってよ。

外貨で支払った場合は、微妙に差額が出る。

実際に使った金額を、後で請求するので、

海外で食費なりホテル代なりを、外貨で支払った場合は、

実際に払った金額との差額が発生します。

 

保険で支払われる金額は、日本円直近レート換算となる

為替レートの変動により、微妙に差額が出るわけです。

他クレジットカードの保険金額と合算が可能。

海外旅行保険は、重複して契約していた場合に、

保険の補償金額は合算することが可能。

これは、航空機遅延保険の場合も同じでした。

 

例えば、セゾンアメックスゴールドと、三井住友ゴールドを所持しており、

遅延トラブル(4時間以上)に巻き込まれた場合は、

セゾンアメックスゴールドで2万円

三井住友ゴールドで1万円合計3万円の補償が受けられるってわけ。

セゾンゴールドアメックスカードの場合は、

ホテル代や交通費も補償対象となるので、

他社カードでは、補えなかった代金も請求できるってわけです。

 

実際の保険申請の手続きはというと、

カード毎で手続きが必要というわけではなく、

保険会社から保険会社へ連絡して、全部まとめてやってくれます

差額分も、勝手に手続きをしてくれるってよ。

航空機遅延損害保険の注意点まとめ。

航空機遅延保険って、あくまで保険なんで、

保険申請手続きは、まぁまぁ面倒。

慣れてないと結構めんどくさいので、

使うからには、しっかりと活用して、

少しくらいは遅延のストレスを発散させて頂きましょう。

 

レストランでの飲食代は基本的に全てOK、お酒も飲み放題でっす。

私も一人で、ウナギ、寿司、焼き肉・・・と食事を堪能させて頂きましたから。

クレジットカードの航空便遅延保険を利用してみた。申請から返金までの流れ。

DSC03158

 

海外に行く事が多いなら、セゾンゴールドアメックスカードは必携かと。

搭乗遅延だけで、食事代、ホテル代、交通費と対象となり、

最大3万円まで補償してくれます。

保険も自動付帯で、家族特約も付いてますからね。

こんなに海外旅行保険が充実したカードは、ホント他に有りません。

海外旅行保険が自動付帯!オススメのクレジットカードまとめ。 

海外旅行保険にオススメのクレジットカード

海外旅行保険の補償額は、複数カードで合算できるので・・・

クレジットカード付帯の海外旅行保険の選び方と注意点。保険会社で契約する保険との違い。 

他社クレジットカードとの併用して所持するのもオススメです。

2 Comments

しろいクマちゃん

飛行機の遅延で、成田でうなぎ、高級寿司、羽田で高級焼肉をお召し上がりになった記事を見ました。素晴らしくてため息です。それで、結構の場合はどうなんだろう?と、探してみたら、欠航でも、お食事出るんですね。私は全く今の今まで存じませんでした。過去、5年前の鹿児島空港で、ジェットスター便成田行きが欠航しました。自腹で、夫婦ふたり、空港~街までの往復のバス代、ホテル代、食事代負担しましたが、JCBゴールドカード夫婦で持っていました。そして、今年7月、インドネシアバリ島噴火で、成田空港へ朝、チェックインした時に、欠航を知りました。前の日、わざわざ成田のホテル自腹で宿泊しました。当日、がっかりして、夫婦で上野へ行き、焼肉ランチを食べて、帰宅しました。ダイナースカード本会員の夫、家族会員の私、他にも、アメックスゴールド、JCBゴールドも持っていました。美味しいお食事が出来るんですね。まず、欠航になったら、その場でクレジットカード会社に電話連絡をして、利用できるのか、聞くのですね。覚えておきます。あーあ。知らないって、本当につまらないですね。教えてくださってどうもありがとうございます。

返信する
田中ゴロー

保険が手厚いカードをたくさん所持されているようで・・・確かにもったいないですね。w
実際にトラブルに遭遇してみると、そこまで頭が回りませんし、
保険って、なんだか遠慮してしまいがち。
私も未だに保険を使うのは、毎度勇気がいります。

ただ、保険会社側でも審査はありますので、
常識の範囲内に留めておくのが無難かと。

私は航空会社の対応が酷くて、悔しくて、
気づいたら暴食してしまいましたが・・・
不安であれば、トラブル時に確認しておいた方が安心です。
JCBゴールドカードは、国内でも使えるから最高ですね!
次回は、是非お試し下さいませ。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です