カナダ料理は多国籍。バンクーバーの格安レストランとオススメグルメ。

私にとって、旅の思い出は、食べ物の思い出。

旅行するなら名物グルメから決める。それくらい食べ物は大事。

 

カナダは多国籍国家、様々な国の本格料理が、

一つの都市バンクーバーで食べれてしまいます。

カナダ名物ってのは、カナダっぽくない料理だと思う。

本場並の味と、本場とは微妙に違った料理も楽しめる。

日本とはまた違う、旨い物が集まった街。

 

ワーキングホリデーしていた私が、旅行に来る人相手に考えました。

どんな観光地にしろ、食べ物ひとつで良いイメージへ。

日本からわざわざいらっしゃる時に、ホント悩んだから。

プーティーン:フリッツ(Fritz European Fry House)

カナダ料理といえば、まず思い浮かぶのがプーティーン。

フライドポテトにグレイビーソースとチーズが合わさった、

超高カロリーのファーストフード。

最近は日本でも見かけますが、これぞカナダ料理です!

 

マクドナルドとか、ティム・ホートンズとか、

チェーン系のファーストフード店や、レストランでも食べられますが、

プーティーンで有名なのが、フリッツ(Fritz European Fry House)。

IMGP5811

グレービーソースとチーズが大量で、熱々ウマウマです。

お店の中で食べる事も可能ですが、

お店自体は小さいので、基本的にテイクアウトで食べ歩いてました。

 

ダウンタウン中心地よりも、ちょっとだけ外れたとこに有ります。

店舗も小さいので、場所把握しとかないと見失いがち。

 

ハンバーガー:スピリッツグリル(Spilitz Grill)

プーティーンの他に、カナダ料理って言われると困るんだけど・・・

ハンバーガーなんかも、それっぽい料理だと思う。たぶんアメリカ産まれだけど。

 

スピリッツグリル(SPLITZ GRILL)のハンバーガーは、カナダのベストバーガー。

有名だし名物って言って良いと思う。

メニューもハンバーガーと、フライドポテトくらいしか無い。

超どデカイスーパーサイズバーガー、下の写真はトッピングしまくりの一例。

SANY0130

サブウェイ(SUBWAY)みたいに、色々カスタマイズしながら注文する。

オーダーしてから作ってくれますので、時間はかかります・・・が、

やはり出来立ては超ウマイです。

 

私は、ウィスラー在住時によく通ってましたが・・・

IMGP5423

 

いつの間にか、バンクーバーにも店舗ができたみたい。

メインストリート沿いとダウンタウンからは少し離れますが、

わざわざ行く価値は有ると思います。

 

ハンバーガーとプーティーンをレストランで食べるなら、レッドロビン(RED ROBIN)。

ファミリーレストラン的な感じ。店員さんもフレンドリーで気持ちが良いです。

DSC04262

 

アメリカンな雰囲気も味わえます。(カナダだけど)

たぶんアメリカ産まれのチェーン店。(カナダだけど)

オニオンタワーと、どデカイハンバーガーと、プーティーンを食らってます。

SANY0017

完全にアメリカンだけど、それっぽいから良いと思う。

ロブソン通り(ロブソン×サロー)に有るので、ダウンタウンの中心地とアクセスも良いから。

 

シーフード料理(ロブスター、クラブ、オイスター)

バンクーバーと言ったら、シーフード料理は外せない。

魚介類って事で、ちょっと値段は張りますが、鮮度は抜群。

せっかくだから食べたいよね、やっぱり。

 

ロドニーズ(Rodneys Oyster House)

シーフードを食べるなら、ロドニーズ・オイスター・ハウス。

バンクーバー2店舗あり、ガスタウンとイエールタウンにあります。

今回は、イエールタウンの店舗へレッツゴー。

メイン通りから、ちょっと路地に入ったところにあります。

DSC04803

とりあえず、サラダ。この時点で美味い店確定。

DSC04833

オイスターハウスという事で、定番なのは生カキ。

牡蠣は小ぶりですが、臭みが全くない。

いくらでも食べれてしまう、鮮度抜群の味。

添えられてるホースラディッシュ(西洋わさび)とタバスコかけても絶品です!!

DSC04827

ロブスターはやはり時価。デカすぎるし、

ブリッブリの身に、バターソース付けたら美味すぎた。

DSC04816

ムール貝。この辺になると美味かった記憶しかない。

DSC04838

地ビールも地ワインも飲めます。

ビールも美味しかったけど、白ワインも非常に美味しかった。

DSC04813

店員さんも最高ですが、店内の雰囲気も最高です。

なんだこの隠れ家っぽい感じは。船内をイメージしたインテリア最高。

DSC04843

地元民でめちゃ混むくらいなので、料金も格安。

って言ってもシーフードだし、飲みまくれば高額になりますよね。汗

  • Kusshi×6(生カキ):21.6ドル(1個3.6ドル)
  • Clam Steamer(アサリ):15.95ドル
  • 1.25lb Lobster(ロブスター):36.88ドル(29.5ドル/1b)
  • Salad(サラダ):8.95ドル
  • Mussel Steamer(ムール貝):16.95ドル
  • Cream Ale×3(ビール):21.75ドル(1杯7.25ドル)
  • Lager×3(ビール):21.75ドル(1杯7.25ドル)
  • I.P.A(ビール):7.25ドル
  • Btl Red Rooster(ボトルワイン):42ドル

212.01ドル+GST9.65ドル+Liquor Tax9.28ドル+TIP31.8ドル→合計243.81ドル

半分はお酒だし、少々頼み過ぎたので・・・

2人で100ドルくらいあれば、満足できるのではないかと。

ロドニーズの難点は、むっちゃ混んでます。

本当に行きたいなら予約するのが無難かな。

 

サンドバー(The Sandbar)

私が好きなのが、グランビルアイランドのサンドバー(The Sandbar)。

こちらは、ちょっとオシャレな雰囲気のお店。

DSC00811

1階は別のレストランなので、間違えないように。

「Please Proceed Upstairs to Guest Services」って事で、2階へ上がりましょう。

DSC00838

毎度食べるのがWok Squid(イカの中華風炒め?)。手前はFried Oysters(カキフライ)。

DSC00816

なんとなくCup Chowder(クラムチャウダー)。

DSC00817

ちょっと贅沢なLobster(ロブスター)with Rice(米)です。

DSC00823

こういったお店は、ちょっと勇気が居るんですが、

2人で100~150ドルも有れば、満喫できます。

 

例えば、今回のサンドバー料理の料金は・・・

  • Fried Oysters:14ドル
  • Wok Squid:13ドル
  • 1.25LB Lobster:40ドル
  • Cup Chowder:6ドル
  • Coffee × 2:6.5ドル
  • VILLA TERESA(ハーフボトル ワイン):23ドル
  • LIQUOR(酒税):2.3ドル
  • GST(消費税):5.12ドル

Amount 109.92ドルで、Tip 16.49ドルの合計126.41ドルでした。

2人では十分過ぎる量。お酒も飲んでるからね。

日本円で約1万円くらい・・・ロブスターが時価って事でビビりました。

 

グランビルアイランドっていう場所も、観光地っぽくて素晴らしい。

ディナーを食べた後の、夜景も素晴らしく綺麗ですから。

冬場のバンクーバー観光にオススメの夜景&イルミネーションスポット。

 

ステーキ肉:ケグ・ステーキハウス(The Keg Steak house)

カナダは牛肉の生産地としても有名。

シーフードよりも、肉食な人には是非アルバータ牛を食べて欲しい。

上質なアルバータ牛が、気軽に食べられるThe Keg Steakhouse

こちらはAlbeni StreetのKEG。バンクーバーだけでも3店舗あります。

DSC04570

入口こそ入りづらいですが、ステーキハウスのチェーン店。

値段も格安だし、そこまで気にする事は無いです。

DSC04567

上品な店内ですが、皆さんカジュアルな恰好。店員さんも陽気です。

DSC04564

とりあえず、前菜にシーフードサラダを注文。

DSC04536

ステーキにパンはセットで付いてきます。

歯ごたえあるのに、フカフカしたパンは美味。お代わりもできます。

DSC04538

 

アルバータ牛はブランド牛。赤身の質も非常に良く、柔らかく、臭みも無い。

特にプライムリブには、とんでもなく旨いです。日本の霜降りとはまた別物。

DSC04547

付け合わせはアスパラにしましたが、色々選べます。

ステーキソースとホースラディッシュを付けて食べましょう。

赤身なのに、なんだこの柔らかさは?赤身肉の旨味、噛むほどに感じられます。

 

サーロインは、しっかりとした歯ごたえの赤身肉。

日本でサーロインステーキっていうと、脂身が付いているイメージですが、

こちらは赤身のみ。歯ごたえ噛みごたえある牛肉。

DSC04549

ソースが無いと思ったら、しっかりと肉に味が付いてます。

これはこれで美味しいのですが、

とりあえず最初に食べるなら、是非ともプライムリブをオススメしたい。

高級ですが、柔らかい赤身肉は衝撃です。

 

美味すぎて赤ワインも飲み過ぎましたが、二人で合計164.09ドル

KEGで暴飲暴食した内訳は以下のような感じ。

  • 14オンスのプライムリブ:34ドル
  • 12オンスのサーロイン:31ドル
  • シーザーサラダ×2:16.5ドル
  • 赤ワイングラス×2:17ドル
  • 赤ワインボトル×1:32ドル

130.5ドル+GST6.53ドル+LIQ TAX5.65ドル+TIP21.4ドル→合計164.09ドル

 

14オンス(400gオーバー)のプライムリブ頼んで、ワイン飲みまくってますからね。

お酒飲まなければ、全然安く済みますので、是非お試しあれ。

ステーキ肉だけでなく、ロブスターセットのメニューも有りますから。

 

レストランバー:カクタスクラブカフェ(Cactus Club Cafe)

お酒を楽しみながら、現地の料理も外したくないのであれば、

カクタス・クラブ・カフェ(Cactus Club Cafe)なんかも超有名でオシャレ。

DSC04174

店内もオシャレだし、店員さんも美男美女だらけで、めっさフレンドリー。

DSC04161

基本的に料理も何頼んでも美味しい。ボリュームも凄いから。

DSC04162

  • Rocket Salad(上):17.75ドル
  • Tuna Tataki(左):15.75ドル
  • Calamari(右):14.25ドル

この日はつまみメニューでお腹いっぱいになりましたが、

カナダ名物のステーキ肉や、シーフード料理を頼んでも間違いない。

牛ヒレ肉や、ロブスターメニューも有ります。

バンクーバーの美味しい地ビールも飲めます。銘柄は既に忘れたけど。

DSC04157

問題は混んでいる事。空いている時間帯のHappy Hourはお酒も安くなるので、

観光なら早めに来店できるし、夕方から飲む事をオススメします。

ドリンク一杯4ドル~6ドルって激安だから。

DSC04152

※Happy Hour:平日午後3時~午後6時 or 日曜~木曜の午後9時以降

ハッピーアワーは多くの飲食店でも導入されています!

 

この日も、物凄い飲んだんだけど、なんだかんだで2人で80ドルくらいで済んだ。

チップ含めて100ドルなら、全然有り。混む理由も分かります。

バンクーバーでも人気で、多くの店舗か有るので、ウロウロしてれば見つかると思う。

Cactus Club Cafe Locations | Cactus Restaurants Ltd.

個人的にオススメは、イングリッシュベイの店舗。

ロケーション最高、サンセットビーチの日没(Sunset)は絶景。

コレを見ながらディナーを食べれる・・・素晴らしい。

DSC00468

サンセットの時間帯は非常に混みますので、予約するなり、早めに行くなりしましょう。

 

ギリシャ料理:ステフォーズ(Stepho’s Souvlaki Greek Tavern)

バンクーバーのオススメレストランで、必ず挙がるのがギリシャのグリーク料理。

ギリシャ料理っていうより、ほぼステフォーズ(Stepho’s)だよね。

元祖1号店はデイビー(Davie Street)の店舗ですが、

新規2号店のロブソン通り(Robson St)の方がアクセスしやすいかと。

DSC00543

バークレーホテルの真ん前です。

 

絶対外せないのが、Souvlakiaという串盛りセット。smallでも全然スモールじゃない。

串肉、ピラフ、サラダ、ポテトに、別皿でフォカッチャみたいなピタも付きます。

 

下の写真はSmallの量。Largeだと串も、2串になります。定番はラム肉。

左がイカのカラマリと右側がサラダかな。とにかく何を頼んでも量が凄い。

DSC00539

カナダビールといえば、KokaneeとCanadian。ビールにもよく合います。

DSC00535

ビールも3本飲んで、たらふく食べて・・・料金も安いですから。

 

この時は2人でAmount 50.04ドルで、Tip 7.51ドルのTotal 57.55ドルでした。

店員さんのサービスも良くてステキ。食べきれない分は、包んで貰ったよね。

 

冬場は割と空いてますが、夏場はいつも行列できてます。

特に週末の混みようは凄い。

並ばないなら早めに行くか、遅くに行くか、時間をズラす高等テクを使いましょう。

年中無休で深夜12時まで営業していた・・・ハズ。

 

メキシコ料理:タコフィーノ(TACOFINO)

バンクーバーにも様々なメキシコ料理がありますが、

中でも安くて気軽に美味しいのが、タコフィーノ(TACOFINO)。

フードトラックが有名ですが、ガスタウンに実店舗が有ります。

DSC00624

 

手前が、BURRITO BARというTAKE OUT専門スペース。

奥の通路を入ると、TACO BARとなっており、レストラン形式で注文できます。

DSC00627

TACO BARとBURRITO BARは、メニューも営業時間も微妙に異なります。

Taco Bar

Sunday – Wednesday 11:30am – 10pm
Thursday – Saturday 11:30am – Midnight
Enter through blood alley squareBurrito Bar

Sunday – Wednesday 11am – 10pm
Thursday – Saturday 11am – Midnight

 

私は気楽にBurrito Bar、FISH TACOはとにかく美味しい。

白身魚のカリカリフライがウマすぎて6ドル

タコスって言っても、パリパリのタコスじゃなくて柔らかいタイプだから!

IMG_6284

 

BURRITO系は、10~11ドルとTACOよりも良いお値段ですが、

ブリトーはギッシリ色々入ってるし、なんとも言えない複雑な美味しさあるよ。

DSC00689

上はCHICKEN BURRITOの中身。食いかけで申し訳ないが・・・ピリ辛でウマイっす。

 

ブリトーはクルクルっと巻いてあるので、

持ち運びもしやすく、そのままどこでも食べれるのも良い。

DSC00633

 

場所がガスタウンなので、ちょっと治安の悪い地域に近いので、

ウロウロと迷わないように。この辺は怪しい変な人率も高めです。

ダウンタウンの危険地域。Hastings St.(ヘイスティングス・ストリート)

事前にTACOFINOの場所を、しっかりと確認しておきましょう。

 

メキシコ料理といえば、ナチョスとグアカモレ(アボカドディップ)の組み合わせは最強。

TACOFINOに限らず、アボカド好きな方は是非とも本場のワカモレをお試し下さい。

 

マレーシア料理:Belachan Kitchen、バナナリーフ(Banana Leaf)

バンクーバーのダウンタウンに有ったトロピカ(Tropika)。

「星馬印」って書いてあるの謎のお店でしたが、マレーシア料理のレストランでした。

 

マレーシア料理って話だけど、インドネシア料理とタイ料理とシンガポール料理のごちゃまぜな感じ。

Roti Canaiという謎のモチモチのパンも美味しく、

なんだかわからないカレーも、日本のカレーとは違い美味。

個人的には、パイナップルに入ったチャーハン(Pinapple Fried Rice)が最高でした。

IMGP5899

 

ワーホリ時代は、ロブソンストリートの2階に有るトロピカに、

よく行ってたんだけど・・・

IMGP5901

どうやら閉店?となってしまったようで、

現在は、Belachan Kitchenという別の店舗になってました。

DSC04944

こちらもマレーシア&タイ料理で、メニューも以前と同じような感じ。

とりあえずランチ行ってみたけど、ハイナンチキンライスも、

グリーンカレーも非常に美味しいです。

DSC04936

  • Hainanese Chicken Rice(左):10.25ドル
  • Green Curry Tofu Vege Rice(右):9.00ドル

※別途ライスも付いてます。

 

ランチメニューは格安でバリエーションも豊富。

店内も綺麗で、2階という事もあり眺望も良く、雰囲気も良いです。

DSC04941

 

バンクーバーのマレーシア料理&インドネシア料理と言ったら、

バナナリーフ(Banana Leaf)も超有名店。

DSC04609

いつの間にかバンクーバーに5店舗も有るから、そっちも間違い無いかと。

Menu — Banana Leaf

マレーシアっていう異国の料理、馴染みが無くて美味しいから。

 

スイーツが好きな方は、

Mango Sticky Rice(カオニャオ・マムアン)も試してみて下さい。

DSC04940

ココナッツミルクで炊いたモチ米&マンゴーのスイーツ。

米が甘くて美味しい不思議。

 

韓国料理:South Castle Korean Restaurant、MDG(Ma Dang Coul)

韓国料理でオススメなのが、

サウス・キャッスル・コリアン・レストラン(South Castle Korean Restaurant)。

穴場的な外観と店内の雰囲気が好き。

DSC01041

韓国人の友人に教えて貰いましたが、ここのSundaeguk(순대국 スンデク)は衝撃的。

ノースバンクーバーなので、ダウンタウンからはちょっと遠いし、ちょっと分かりづらい。

 

店内は韓国語だらけ、私以外のお客さんも全て韓国人だったよ。

DSC01033

 

このグツグツ煮立ってるのが、Sundaeguk(スンデク)です。

DSC01035

 

スンデ(순대)という、内臓系のソーセージが謎に旨い。

春雨、野菜と内臓系のお肉を腸詰めしたものらしい・・・

DSC01040

内蔵系なので苦手な人もいるだろうけど、独特の調味料と相まって旨い。

野菜もたっぷり具だくさんスープ。良い感じの辛さで、汗もダクダク。

 

韓国料理には、米とスープと色々な前菜が、当たり前についてくるのも嬉しい。

よく分かんない漬物が、コレまた美味しいんだよね。

DSC01038

もう一個はビビンバを頼みましたが、言うまでもなく間違いない。

 

料金はビビンバが11.99ドル、スンデクが12.49ドル

GST込みでTotal 25.7ドル、Tipを入れて29.56ドルでした。

 

わざわざノースバンクーバーまで行かないなら、

MDGことMa Dang Coul Korean Restaurant。

こちらはダウンタウンのロブソンストリート沿い。デンマン×ロブソンに有ります。

DSC04610

ここも現地の定食屋さんのような雰囲気で、値段もお手頃。

自動的に出るお通し、美味しい漬物だけで満足。芋の煮物も激ウマ。

DSC04614

とりあえず、プルコギ(BULGOKI)。間違いない。

DSC04616

豆腐チゲ(TOFU JJIGAE)。MDGのチゲは美味しい。ご飯との相性も抜群。

DSC04624

一品10ドルくらいなので、二人で20ドル+チップくらいなのも嬉しいところ。

 

韓国料理って、日本人に馴染み深いので、基本的に何を食べても外れない。

ワーホリ滞在中で、訪問率が一番高かったのが韓国料理。白飯も食べれるからね。

 

ダウンタウンにも様々な韓国料理屋がありますが、

有名な韓国料理屋といえば、スラ(Sura Korean Restaurant Vancouver)。

DSC01651

ロブソンストリートに有るので、アクセスも抜群。

大人気なんで・・・いっつも混んでるのが難点。

店内もオシャレでサービスも行き届いている分、

他の韓国料理店に比べると割高な気は否めない。

 

中華料理:ダイネスティ―(聚 Dinesty)、サンスイワ(新瑞華 SUN SUI WAH)

中華料理といえば、リッチモンド。

リッチモンドの行列店「Dinesty」が、ダウンタウンのロブソンストリートにも登場。

「聚」の看板ロゴが有る場所がDinesty Dumpling Houseです。

DSC04309

本場上海のシェフが作っているという事で、基本的にはなんでも旨い。

Dumpling Houseっていう位なので、小籠包が非常に有名。

DSC04295

これほど汁っけのある小籠包は、中々食べれない。

じゃぶじゃぶ漏れる。6個で6.5ドルと値段もお手軽。

DSC04297

エビのオレンジ炒めも美味しかった。

なんとも言えない甘辛さと野菜のシャキシャキ感。

DSC04306

店内もいわゆる中華料理店というより、オシャレな感じ。

とはいえ、高級感有り過ぎる感じでも無く入りやすい。

DSC04281

料金も格安だから、やっぱり混んじゃうんだよね。

キリンビール頼んで、二人で60ドルも行かなかった。

  • Shirimp in Orange:17.95ドル
  • Steamed Pk Dumplings:6.5ドル
  • Stewed Dk Leg in Bro:7.95ドル
  • Shanghai Chick. Nood:9.5ドル
  • Kirin Beer:5.25ドル

47.15ドル+GST2.36ドル+LQT0.53ドル+TIP7.51ドル→合計57.55ドル

 

また、リッチモンドまで行くなら、土地柄、本格的な中華料理店が多いです。

中国人だらけなので、混んでいれば、基本的にハズレも無い。

中でも有名なのが、サンスイワ(SUN SUI WAH)。・・・混んでます。

DSC01445

 

オーダーは紙に書いて渡すタイプ。英語を喋る必要も無い。

チャイニーズ系のレストランは、このシステム多いよね。

DSC01450

 

人気メニューは写真付きで載ってるので、英語分かんなくても理解できるね。

DSC01447

 

海老餃子(Prawn Dumpling)プリプリ。

DSC01467

 

豚肉エビ焼売(Pork Shirimp Shiu Mai)もプリプリ、

エビの甘酢炒め(Sweet Sour Shirimp)も旨いよ。

DSC01456

 

カニの揚げたやつ、奥が醤油焼きそばみたいなやーつ。

DSC01458

どれも外れ無し。本格中華って感じの味です。本物とか知らないけど。

2人では頼みすぎな量でした。

 

こんだけ食べて36.7ドル(税込)、チップを入れて合計42.21ドルでした。

DSC01471

リッチモンドに行く予定があればオススメ。

 

中国料理は色々有りすぎますが、基本的に旨い記憶しかない。

ゲテモノ料理さえ選ばなければ・・・飲茶系は間違いないね。

Golden Ocean Seafood Restaurant(金海閣海鮮酒家)なんかも飲茶で有名かな?

2階に有ります。

IMGP6237

 

紙に書いてオーダーもできますが、何がなんだかサッパリぷー。

こちらは常時、積み上げられた飲茶がカートでぐるぐる運んでる人も居ますので、

わからない人は、そっちから貰っても良いかも。

こちらで初めて食べた大根餅・・・ハマりました。

IMGP6236

 

いずれの店舗にせよ、ダウンタウンからはちょっと距離あるので、

中華料理を食べる時は、用事ついでに行ければ。

 

インド料理:オール・インディア(All India Sweets Restaurant)

インドといえばカレー。オール・インディア(All India Sweets Restaurant)は、

ベジタブルカレーが、ビュッフェ形式で食べられます。

食べ放題のインド料理って事で、珍しい店舗。

DSC01677

通常メニューも有りますが、ベジタブルビュッフェ(Vegeterian Buffet)がオススメ。

ランチ、ディナーに関わらず、1人10.95ドルで、

6種類のベジタブルカレーとか、サラダとかナン、デザートも食べ放題。

 

プラス4.95ドルで、肉系のカレーも一品付けられます。

バターチキン、チキンカレー、ラムカレー、ヤギカレー、ほうれん草カレー(ラム?)の5種類から選べます。

 

食べ放題のベジタブルカレーは、すっごい酸っぱかったり、かなり強烈な物も有るので、

日本人の口に合うのは少ないかな・・・

 

4.95ドルの肉カレーの方が、間違いなく美味しいです。

バターチキンカレーはテッパンかと。写真左側のやつです。

DSC01681

10.95ドル+4.95ドルが定番かと思いますが、

チャイ頼んで、チップ払ったら、なんだかんだで一人20ドルは超えます。

 

ベジタブルカレー自体のクセも強いので、好みは分かれるかも。

ダウンタウンからは、距離も有るので・・・馴染みの無いカレーを食べまくりたい方に。

日本のカレーやタイカレーとは、全く異なる味ですから。

 

タイ料理:サラタイ(Sala Thai)

タイ料理で有名なレストランといえば、サラタイ(Sala Thai)。

DSC01569

ロブソン×バラードに近く、アクセスの良い場所に有ります。

 

タイ風焼きそばといえば、パッタイ(PAD THAI)。

甘辛い感じで、米粉を使った麺がモッチリと旨い。

CIMG1383

 

タイ風チャーハン。カオパットだっけな?炒めご飯も国が違えば味は全然違う。

CIMG1384

ランチだと安くて、1品10ドルくらいで食べられるので、よく利用してました。

定番で間違い無いのが、グリーンカレー。

ランチならTHAI GREEN CURRYも10ドルで食べられるから。

 

トレンド的な店舗では、ピンク・エレファント(Pink Elephant Thai)も人気。

アルバーニストリート沿いにあるので、場所も悪くないです。

外観はショッキングピンクですが・・・本格タイ料理が味わえます。

同じくランチは10ドルくらいなんで、ピンクに抵抗無ければ是非。

内装もオッサレーな感じで、ホワイト×ピンクで激し目です。

 

タイ料理って、日本でも普及してるんで、好きな人はホント好きだよね。

無印良品のトムヤムクンと、イナバのグリーンカレー缶が好きな私にはたまらない。

本場の味?は、また違った美味しさがあるから。

 

チーズケーキ:Trees Organic Coffee、Cheesecake etc

濃厚チーズケーキと言えば、ツリーズ(Trees Organic Coffee)。

バンクーバーだけで3店舗もあるので、何度も行ってます。

グランビルst、ガスタウン、イェールタウン、行けるタイミングでどうぞ。

Your Nearest Trees Organic « Trees Organic

DSC01336

 

チーズケーキ店が有名ですが、ちゃんとしたカフェですので、

コーヒーも美味しい。ケーキにエスプレッソ合います。

IMGP6011

 

ブルーベリーのチーズケーキが好き。濃厚で量もあるから、これだけでお腹いっぱい。

DSC01328

 

実は、食事系もちゃんとしてます。

ラップ系の食べ物買ったけど、焼いてくれて美味しかったなぁ。

DSC01335

 

チーズケーキ専門店で外せないのが、チーズケーキ・エトセトラ(Cheesecake Etc

チーズケーキ専門で、しかも夜しかやっていないという超有名店。

営業時間は午後7時~午前1時。場所も微妙で分かりづらい。それなのに混んでいる。

グランビルアイランドに近いから、ディナー後の夜景ついでにフラッとね。

 

ここのチーズケーキは、Treesのチーズケーキとも違う、

割とあっさり系で、お腹いっぱいでも食べられる不思議。別腹。

チーズケーキ好きじゃないから~とか一番渋ってた人が、一番バクバク喰ってました。

 

チョコレートチーズケーキもあるけど、やっぱプレーンのオリジナルチーズケーキ。

生クリームモリモリだけど、超あっさりしてます。

フルーツソースは是非。ストロベリーでもブルーベリーでも良いから!

DSC00848

 

カップルだったら、2人で一個でも十分さ。

夜遅くまでやってるから、ディナーついでに行っても良いと思う。

DSC00854

ラズベリーソース乗っけたチーズケーキ1個に、飲み物2杯で合計12ドル

お会計はレジでする感じ。

チップもカフェシステム。レジのチップ入れに入れまくりました。

店員さんも皆とても素敵でしたから。

 

日本料理(サーモン寿司):Shizen Ya Restaurant

カナダに来てまで、日本食かよって話ですが、

ワーホリ時代は、かなりお世話になりました。

寿司って馬鹿にしてたんですけど、日本のそれとも微妙に異なりますし、

生でサーモン食べたいなら、日本の文化、寿司や刺身が最適です。

IMGP5839

カナダ風にアレンジされた寿司。特にロール寿司は、発展しまくり。

日本では見たこともないような、様々な巻き寿司があります。

 

日本料理(寿司)でオススメはShizen Ya

ブロードウェイにもあるけど、アクセスが良いのはHornbyの店舗。

小さいけどいっつも混んでる。

店員さんもシェフも日本人だらけで安心する。日本語100%OK。

DSC05091

Party Sockeye Sashimi(サッカイサーモンの刺身)は17.95ドル

名物紅鮭の旨さ。1枚も極厚。

DSC05058

Natural Bomber Roll(ナチュラルボンバーロール)は13.95ドル

アボカド×海老天の組み合わせ、マズイワケが無い。

DSC05063

Sakura Blossom Roll(桜ブロッサムロール)は13.95ドル

サーモン×カニ×アボカド×マグロって贅沢。

DSC05083

Fresh Crab CALIFORNIA ROLL(カリフォルニアロール)は10.95ドル

カニカマ×アボカド→カリフォルニアロールなんだけど、

カニカマじゃなくて、生カニの身を使っている。

DSC05078

Sockeye Salmon Carpaccio(サーモンカルパッチョ)は13.95ドル

タタキ風に炙って、味付けも洋風で、醤油で楽しむのとは別物。

DSC05087

Quinoa Cone(有機キノアベジ手巻き)は3.5ドルの変わり種。

初めて食べる味でしたが、ベジタリアンじゃなきゃ寿司喰っときましょう。

DSC05075

 

All you can eat(食べ放題)系の寿司屋も色々あるけど、

ウエスト・ブロードウェイのトモカズ(Tomokazu)はよく行ってました。

ランチタイムなら1人11.95ドルで食べ放題。コスパも悪く無いです。

こちらも、紙にかいて注文するタイプのオーダーシステム。

謎の寿司メニューも多く、割と楽しめます。

IMGP3889

やはりサーモンは美味。ネタも大きく肉厚で良い感じの脂のノリ具合。

IMGP3886

味噌汁は、イマイチだったけどね。

Tomokazu(トモカズ)って名称だけど、働いてる人で日本人は見かけないので、

たぶん中国系オーナーだと思う。故に微妙に変化してて楽しめます。

 

ブリティッシュコロンビアの名のつく、BCロールは正に名物だよね。

カリカリの鮭の皮が入って美味しいから、せっかく食べるなら是非食べて。

 

バンクーバーはラーメンが流行ってるので、

山頭火や、家系ラーメンとかも行列店ですが・・・

わざわざ旅行ついでに食べるものではないかな。

DSC04277

 

ジャパドッグ(JapaDog)も有名ですが・・・

だったらホットドッグやピザオススメします。

ダウンタウンを歩いていれば、ホットドッグ屋台にぶつかります。

ホットドッグ、かなり好きでした。トッピング載せまくってかぶりつく。

屋台とナメるなかれ、旨いですから。

 

ピザは激安ジャンクフード。炭酸1本とピザ2枚で6ドル

薄っぺらくて、デカイピザが忘れられません。

DSC01254

ワーホリ時代は、激安ピザばかり食べてたよね。

メガバイトピザ(Megabite Pizza)とかは、よくお世話になりました。

 

カフェ:ティム・ホートンズ(Tim Horton’s)、ブレンズ(BLENZ)

カナダ最大のファーストフードチェーン店といえば、ティム・ホートンズ(Tim Horton’s)。

どこを歩いても、見かけるほどの大規模チェーン店です。

ファーストフード、カフェというよりも、ドーナツ屋のイメージ。

カナダに住んでいる人なら、行った事ない人は居ないと思う。

私も週に2,3回は行ってました。名物というより日常食、買うほどに安い謎の値段。

 

どのドーナッツも、なんとなく激アマで旨いんだけど、

ハニークルーラー、ブルーベリーマフィン辺りがテッパンかな。

飲み物は、コーヒーをダブルダブルの甘々にするか、ホットチョコレートかな。

夏場はアイスカプチーノで決まりです。

ただ、激安チェーン店故に、接客には期待しない方が良いです。

 

個人的に好きなカフェは、ブレンズ(BLENZ COFFEE)。

私は、WAVESよりもBLENZ派です。

店員さんも綺麗なお姉さんが多い・・・気がする。

なんか落ち着けるんだよね。いつもコーヒー一杯で長く居座ってました。

奮発するときは、ホットチョコレート、カフェモカ、抹茶ラテ。

窓際の席で食事すると、海外に来た気分にも浸れます。

DSC00597

 

バンクーバーはオサレなカフェだらけなので、

なんとなく雰囲気よさそうなら、何処は入ってもハズレは無い。

フラっと入ったTHE NOSHERIEというカフェ。

バターチキンのサンドウィッチはバリウマ。

DSC00371

サーモンも美味しく、店員さんもステキでした。

DSC00372

オサレなカフェは、店員さんも愛想よいパターン。

スタッフの対応で味も変わっちゃう。

 

グランビルアイランドで食べ歩く。ポットパイと多国籍料理。

テレビでバンクーバーが登場すると、必ず紹介されるのがグランビルアイランド。

風景も素晴らしいですが、更に素晴らしいのがパブリックマーケット。

様々な飲食店が入っているので、食べ歩きにもオススメです。

 

一番のお気に入りは、A La Modeというお店。

DSC00907

ポットパイ(Pot Pie)が有名。定番はオニオンスープのポットパイ。

個人的には、クラムチャウダーがオススメです。

ポットパイだけでなく、キッシュみたいなパイも超ウマいから!

DSC00894

デザートにはレモンパイ。酸味もメレンゲのフワフワもグゥ~。

IMGP3726

適当に座って食べるのですが、絶景が目の前と、場所も素晴らしい。

DSC04918

特に、早朝は人も少ないから、ゆったりできて幸せです。

DSC00905

パブリックマーケットって、様々な国の料理が集まってるのも良い所。

DSC00777

アレコレと適当に購入して、外の絶景を見ながら食べられる。

どこの国の料理だか覚えてないけど、タイっぽいね。

IMGP3478

こっちはインド系だったかな?食べかけで、すいません。

IMGP3484

晴れた日には、海風も最高のスパイスとなります。

IMGP3477

カモメに喰われないよう気をつけてね。

 

海外っぽい惣菜も、たくさん売ってるから、

持ち帰るだけでごちそう。グアカモレ最強再び。

DSC01264

バンクーバーって、外ではお酒飲めないから、

酒のつまみは持ち帰って、自宅酒場の出来上がり。

IMGP5393

オリーブとか、チーズとか・・・パブリックマーケットならでは。

色々と並べるだけで、オシャレバーの完成。

 

グランビルアイランドで飲み歩く。地ビールと地日本酒。

グランビルアイランドは、酒の醸造所としても有名。

ビール醸造所のグランビル アイランド ブリューイング(Granvil Island Brewing)は、

ビール好きなら、必ず訪れるべし。

DSC00707

8種類のビールが飲み比べ可能。テイスティングできます。

料金はTaster(5オンス)が1杯2.5ドル。Taster Roundの4杯セットが7ドルです。

※食べ物メニューも、おつまみ程度なら有ります。

DSC00739

全部飲みたいって行ったら、全部持ってきてくれました。店員さんも最高。

DSC00744

Taster Roundの4杯×2なので、これで14ドルは安いかと。

バナナ味とかバニラ味とかチョコレート味とかとか・・・

美味しいかどうかはおいといて、味の違いを楽しめます。かなり違います。

メープル味のビールが美味しかったな。

カナダの薄めのビールとは違い、しっかり濃いビールの味。

さすが地ビール。全部飲み尽くすのは、しんどかったぜぇ~。

 

グランビルアイランドは、ビール以外の醸造所も有ります。

ウォッカ、ジン等の醸造所のリバティー(The Liberty Distllery)でも、

テイスティングを楽しめます。

DSC00737

他にお客さんが居なかったので、今回はスルー。

 

また、アーティザン・サケ・メーカー(Artisan Sake Maker)という酒蔵も有り、

ここでは日本酒のテイスティングが楽しめました!

IMGP6230

Sake Tastingは、1杯2ドル3杯で5ドル、全部で5種類でした。

日本で飲む日本酒よりも美味しく感じたのは、私だけではなかった。

 

グランビルアイランドでは有りませんが、イェールタウンにも有名なビール醸造が有ります。

グランビルアイランドとイエールタウンは、フェリーバスでアクセスもラクなんで、

イエールタウン・ブリューイング・カンパニー(Yaletown Brewing Company)にも行けます。

IMGP3261

バーやパブのエリアと、ちゃんとしたレストランが併設されている感じ。

ビールの種類も豊富で、料理も色々食べましたが・・・

日本酒とビールでぐでんぐでんに酔っ払ってたんで・・・素晴らしかった記憶しかない。

 

フィッシュ&チップス:ゴー・フィッシュ(Go Fish)

こちらもグランビルアイランドついでに紹介される行列店。

フィッシュアンドチップスが有名で、新鮮な魚の出来立てを食べられます。

DSC00722

 

ここのフィッシュ(白身魚)がフワッフワで激旨です。

フライドポテトはそれほどでもないが・・・とにかく量が凄い。

DSC00729

 

天気が良い日は最高なのですが・・・生憎の雨。

行列のできる店舗も、本日はガラガラです。

DSC00726

 

グランビルアイランドの中ではなく、グランビルアイランドの入り口から、

ヨットハーバー側に歩いた所に有ります。

グランビル・アイランドの中に有ると思ってたし、

突き当りの港なんで・・・場所で不安になった。

DSC00719

ホント端っこに有りますから。

 

食べた事の無い料理こそ、バンクーバーの醍醐味。

同じ国の料理でも、素材が変われば味も変わるし、

その土地土地で料理している人も違います。

カナダに住んでいる人が作る各国料理。

日本向けの味付けとは、また違います。

 

普段食べ慣れていたはずの国の料理。

バンクーバーで食べれば、同じ料理とは思えない違った味。

全く知らない料理にも多く出会ったし、どこの国の料理も旨いんだなって。

 

一つの国なのに、毎日違った国の料理も食べられる。

飽きること無く、新しい味ってのも美味しい秘訣だと思う。

 

エスニック料理って、最初に食べた物のイメージで決まってしまうから、

どうしても喰わず嫌いな人も多い。

バンクーバーという土地で、是非本物の味を試して欲しい。

旅行気分で、更に美味しく感じますから。

 

P.S.

カナダで働く板前さんが言ってたけど、

酢飯の味にしても、天つゆの味にしても、日本の料理のそれとは違うって。

全て濃い目。味の無い「ご飯」ってのもカナダ人には有り得ない。

寿司につける醤油の量一つにしても全然違う。

醤油の減り半端ないから、テーブル醤油の補充が毎日の日課でした。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です