ダウンタウンの危険地域。Hastings St.(ヘイスティングス・ストリート)

IMGP3285_thumb.jpg

バンクーバーは安全で住みやすい。

そんなイメージを覆す、危ない場所。

バンクーバーの東側(イーストサイド)、ガスタウンとチャイナタウンの間。

 

犯罪発生率は北米でも1、2を争うくらい。

チャイナタウン辺りは、行く方も多いので知っておきましょう。

IMGP3283

ホームレスや麻薬中毒者が、めっさいるでぇ~。

危険地帯を走るバスは、フレイザーの8番。

E Hastings St.を走るバスといえば、フレイザーの8番(Route 8: Fraser)。

乗ってみたら、結構仰天な光景です。雰囲気がヤバいです。

私は知らずに何度か乗ってますが、

通称「クレイジー8」と呼ばれるくらい、デンジャラスバスです。

バスから見ても、ヤバい人だらけです。

バイオハザードな感じです。

 

メイン3番(Route 3: Main)のバスも、

ギリギリヤバいエリアを通りますので、乗る方は一応意識しておきましょう。

※バンクーバーのバスマップ→TransLink

 

危険エリアを走るバスと言う事で、

危ない人も乗ってくる可能性が高いのです。予め心構えしておきましょう。

一番の危険地帯は、Hastings St. × Main St.

危険地帯として一番有名なのは、Hastings St. × Main St.辺り。

 

特にカーネギーホール(Carnegie Community Centre)前は、

危ない人が、ワラワラ居ます。

ホームレスの食事の支給の場でもあるという事で、

そういったジャンルの人たちが集うみたいです。

 

私は、観光がてら、ウロウロしてましたが。

普通に注射針が落ちていたり、ガラクタ満載

まぁ、雰囲気はヤバいかったです。

IMGP3285

 

特に、Gastown(ギャスタウン)は、観光地として非常に有名ですので、

そのまま危険地帯に乗り込まない様に。

 

とりあえず、絡まれる事間違いない。

危ない人とは、目を合わせない、耳を傾けない。

バンクーバーのダウンタウンは乞食が多い。話しかけられても無視すべし。

これ鉄則。


スポンサーリンク

コメントを残す