海外留学・ワーホリでお金を持って行く方法。両替方法による為替手数料の違い。

カナダへワーキングホリデーするにあたり、一番悩んだのが、

お金の持って行き方、現金を持ち込み方法。

 

留学エージェントに言われるまま、トラベラーズチェックで持って行って、

けっこー損したぁ~って後悔したので。

 

外貨両替するには手数料が取られます。

どこで両替するかで、取られる手数料は全然違います。

せっかく貯めたお金。なるべく損なく持ち込みましょう。

 

カナダメインでの話となりますが、

基本的に、どこの国でも同じ。グローバルな時代です。

日本での両替は最低限に。金融機関の両替手数料は非常に高い。

日本の金融機関でもカナダドルに両替できますが、

これは損でしかないです。

 

例えば、本日の両替レート。※2015年4月8日現在。

  • カナダドル円相場→約95.9円
  • 東京三菱銀行両替レート→約104.8円

 

カナダドルってメジャーじゃない分、両替レートも悪気味です。

現地空港でも、日本円をカナダドルへ換金できるので、

敢えて日本で両替していく必要も無い。

バンクーバーはレートの良い両替商もいっぱいありますから。※後述します。

 

トラベラーチェックも両替手数料は高い。※日本での取扱終了

※2014年3月31日、日本でのトラベラーズチェック販売は終了となりました。

私はトラベラーズチェックにて、カナダドル約5000ドル(55万円分)を持ってきました。

トラベラーズチェック(T/C)=両行小切手です。

 

トラベラーズチェックの良いところは、

券面の番号を控えておけば、紛失や盗難に遭っても再発行が可能な事。

お店とかでも、トラベラーズチェックのまま使えるという事らしかったが、

使う事は無かったし、使えそうな気がしなかったです。

カナダの銀行口座開いて → そのままトラベラーズチェック全額を入金。って感じ。

 

カナダドルに両替するよりも、為替レートも良いって聞いていたけど、

日本の金融機関にて発行なんで、やっぱり手数料は高かったイメージです。

利用の際に手数料を取られる場合もある。

大金を持ちこむんで不安だったけど、安全な分お得では無いよね。

 

日本円の現金で持ちこむ。バンクーバーにはレートの良い両替商がある。

バンクーバーは移民の町。あっちこっちに両替商があります。

日本円の需要も高い為、日本に比べると交換レートは非常に良いです。

 

先ほど、日本の金融機関の両替レートと比較すると・・・

再び本日の両替レート。※2015年4月8日現在。

  • カナダドル円相場→約95.9円
  • 東京三菱銀行両替レート→約104.8円
  • 現地両替商レート→約97.2円VBCE

 

1ドルに付き、約8円も違うじゃねぇか!?

10万円両替したら、8000円くらい損します。

100万円両替したら、8万円・・・そのくらい違います。

 

バンクーバーで有名な両替商といえば、

VBCEといえば、日本語の話せるスティーブさん。まだいるのかな?

 

注意点として、大金持っていくと通関で捕まる可能性あり。

1万ドル以上の持込は、入国時に申告が必要です。

 

※追記

外貨宅配サービスで、カナダドルが安く両替できるようになってます!

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

現地両替商よりは高くなりますが、これなら許容範囲だと思う。

カナダで行動する為にも、少しは両替しとかないといけませんから。

 

現地で口座を開いて、日本から海外送金する。

海外送金も簡単になった時代。

現地に到着して口座を開いてから、日本の口座から送金するって方法もあります。

ネットバンキング対応の銀行なら、オンラインで海外送金手続きが可能です。

 

時間はかかるし為替レートも悪いけど、大きな金額を送金するなら良い思う。

私は、ゆうちょ銀行でやった事有りますが、結構面倒で手数料も高かったです。

 

海外送金にオススメなのが、楽天銀行

しかも大手金融機関よりも、海外送金手数料が安い。

 

海外送金手数料の比較

  • 三菱東京UFJ銀行:3500円
  • 三井住友銀行:4000円
  • みずほ銀行:5500円
  • りそな銀行:6000円
  • 新生銀行:4000円
  • ゆうちょ銀行:2500円
  • 楽天銀行:750円

 

実は、海外送金手数料以外に海外銀行への仲介手数料も取られるのですが、

楽天銀行の場合、海外中継銀行手数料も一律1000円と割安です。

※海外中継銀行によっては、1000円以上になる場合も有ります。

 

国際キャッシュカードなら日本のバンクカードがそのまま使える。

日本の銀行口座で発行されるキャッシュカードが、海外のATMで使える。

国際キャッシュカード(インターナショナルキャッシュカード)です。

 

バンクーバーにも、国際キャッシュカードが使えるATMは多いです。

国際キャッシュカードには、PlusかCirrusマークが記載されており、

現地に対応ATMも多いです。

※カードにマークが記載されていても、金融機関で手続きが必要な場合もあります。

出発前に必ず確認しましょう。

 

Cirrus(シーラス) – Master系のATMネットワーク

cirrus-logo_424573

 

PLUS(プラス) – VISA系のATMネットワーク

imgres

 

国際キャッシュカード対応金融機関

  • 新生銀行:PowerFlex インターナショナルキャッシュサービス
  • シティバンク銀行:バンキングカード
  • ジャパンネット銀行:JNB Visaデビット
  • 楽天銀行(旧イーバンク銀行):楽天銀行デビットカード
  • 三井住友銀行:国際キャッシュカードサービス
  • 三菱東京UFJ銀行:インターナショナルカード
  • みずほ銀行:みずほインターナショナルキャッシュカード
  • スルガ銀行:ワールド・キャビット

私がワーホリしたときは、シティバンクと新生銀行くらいのもんでしたが、

VISAデビットカードの普及に伴い、国際キャッシュカードも普及した感じ。

 

お手軽な分、その為替レートは悪く、

引き出しの際に手数料が取られる場合も多い。

 

国際キャッシュカードの換算レート

  • 新生銀行:為替レート+4%
  • シティバンク銀行:為替レート+3%(ATM手数料200円+税)
  • ジャパンネット銀行:為替レート+3.024%
  • 楽天銀行(旧イーバンク銀行):為替レート+3.024%
  • 三井住友銀行:為替レート+3%(ATM手数料100円+税)
  • 三菱東京UFJ銀行:為替レート+3%(ATM手数料100円+税)
  • みずほ銀行:為替レート+3.4%
  • スルガ銀行:為替レート+3%(ATM手数料200円+税)

 

短期滞在の旅行には向いているかもしれないが、

長期滞在の留学やワーホリには、不向きだと思う。

非常時用に持っていっても良いとは思うけど。

 

VISAデビットカード、JCBデビットカード。

VISAデビットやJCBデビットなら、国際キャッシュカードにも、ほとんど対応しています。

VISAデビット対応なら、世界中のVISA加盟店でクレジットカードとして使えます。

即日引き落としとなるので安心。日本でも普及してますからね。

 

VISAデビットカード対応金融機関(国際キャッシュカードも対応)

  • ジャパンネット銀行:JNB Visaデビット
  • 楽天銀行(旧イーバンク銀行):楽天銀行デビットカード(JCB or VISA)
  • 三井住友銀行:国際キャッシュカードサービス
  • 三菱東京UFJ銀行:三菱東京UFJ-VISAデビットカード
  • みずほ銀行:みずほインターナショナルキャッシュカード
  • スルガ銀行:ワールド・キャビット

 

VISAデビットの海外利用の注意点としては、

やはり海外利用の都合、通常クレカよりも為替レートは悪くなります。

クレジットカード決済の場合は、

為替レート約1.6%前後に対し、銀行系VISAデビットは約3%前後です。

デビットカード(国際キャッシュカード)為替手数料の比較まとめ

  • ジャパンネット銀行(VISAデビット):3.02%
  • 楽天銀行(VISAデビット、JCBデビット):3.024%
  • 住信SBIネット銀行(VISAデビット):2.5%
  • セブン銀行(JCBデビット):3.0%
  • ソニー銀行(VISAデビット):1.76%
  • イオン銀行(VISAデビット、JCBデビット):1.60%
  • 三菱東京UFJ銀行(VISAデビット):3.0%
  • 三井住友銀行(VISAデビット):3.0%
  • スルガ銀行(VISAデビット):3.0%
  • りそな銀行(VISAデビット):2.5%
  • みずほ銀行(JCBデビット):3.4%

※参考→海外クレジットカード決済の為替レート比較。国際ブランドによる事務手数料の違い。 | KJ新谷のビジネス幼稚園

 

また、即日引き落としがメリットですが、

為替レート関係上、最初に多めに引き落とされ微調整額が後日返金になったりする。

 

まぁ、国際キャッシュカードとして現地で現金を引き出すよりも断然お得なので、

日本円をカナダドルで引き出すくらいなら、

そのままVISAデビットとして使った方がお得です。

 

一番お得なクレジットカード。両替するなら海外キャッシング。

為替レートで考えるなら、一番お得なのはクレジットカードです。

どんなに安く両替したって、それなりの両替手数料が取られますが、

クレジットカードの海外キャッシングなら、

両替手数料は取られず、キャッシングの金利とATM手数料だけで済みます。

一般的なクレジットカードの海外キャッシングに伴う費用

  • 為替手数料(事務手数料)は無料となる
  • 海外キャッシングの金利:年利18%
  • 海外ATM利用手数料/1回:1万円以下108円、1万円超216円

海外専用プリペイドカードの手数料を比較。外貨両替するなら海外キャッシング。 | KJ新谷の輸入ビジネス幼稚園

 

実際、クレジットカード決済とキャッシングで発生した費用を比較しましたが、

海外キャッシングの方が、断然レートも良く、金利やATM手数料を含めても割安でした。

海外キャッシングと海外クレジットカード決済と宅配両替の為替レート比較。

 

キャッシングと聞くとビビりますが、両替手数料に比べたら金利は安いし、

クレカ決済同様、自動の一括返済(口座引き落とし)が基本となっており、その利用方法も簡単です。

海外キャッシングの利用方法。お得に両替する為に注意すべき事。

 

また、クレジットカードでそのまま決済するのが、一番お得でスマート。

クレジットカード決済も、為替手数料は取られておりますが、

明細を見る限り、明らかに為替レートは良い。

海外クレジットカード決済の為替レートを徹底比較。

利用額に応じてクレジットカードで還元あり、ポイントも貯まります。

 

日本以上にキャッシュレスのカード決済文化も根付いているので、

お店でVISA、Masterなら、ほぼ間違いなく使えます。

AMEXでも使える場所は多いですが、レートはVISA、Masterの方が良いい。

 

年会費無料のクレジットカードも多いですし、

無料なのにポイント貯まったり、海外保険なんかも付帯していたりする。

オススメの海外旅行保険はクレジットカードの付帯保険。

不正利用被害を恐れる方が多いですが、

身に覚えのない利用は支払う必要もありませんし、盗難された場合も安心ではあります。

 

現金よりも、カード決済が普及しているので、当たり前にクレカ決済できます。

日本では少額決済でクレカ・・・?ってなりますけど、むしろ当たり前です。

というよりも、大金持って歩いている方がビビられますし危険です。

皆、20ドルくらいしか持って無いイメージ。

 

現地のデビットカード(インタラクティブカード)も普及しているからね。

銀行口座開けば、銀行のキャッシュカード(Interrac)でそのまま決済できます。

飲食店の場合、チップの額も電子入力したりできます。

 

クレジットカード情報を悪用される・・・なんて恐れている方もいらっしゃいましたが、

私は所構わず、バッシバシ利用してましたが、

いかにも怪しい所で利用しなければ問題無いと思います。

身に覚えのない請求は払う必要ないんですから。

 

キャッシュパスポート等の海外専用プリペイドカード。

トラベラーズチェック無き今。

海外滞在に非常にオススメなキャッシュパスポート

対応通貨も「米ドル・ユーロ・英ポンド・豪ドル・NZドル・カナダドル」と、

カナダドルにも対応しているし、ワーホリ主要国でも使える。

 

国際キャッシュカードとしても利用でき、クレジットカードとしても利用できる。

特筆すべき点は、年齢制限が無く、銀行口座の開設も不要という事。

審査も無く、発行手数料も無料なので、急ぎに必要な場合でも即手に入る。

プリペイドなのに、Tポイントも貯まったりする。

 

VISAデビットの様に銀行口座に紐づけられることも無いので安心。

VISAデビットの良い点だけを抽出したようなサービスですが、デメリットもあります。

 

キャッシュパスポートのデメリット

  • 一年間使わないと維持費が発生する。カード維持費は月150円
  • カード発行は無料ですが、解約時に解約手数料500円が必要。
  • 為替レート約4%と銀行系VISAデビットに比べると約1%程高い

やはり安心な分、為替レートが悪いって感じです。

 

日本国内のATMや、インターネットバンキングから入金が可能なので、

保護者の方が滞在する方に持たせる分には、非常に良いと思います。

もしもの時用に持って行くのも有りだとは思う。

トラベレックスが発行する信頼の外貨プリペイドカード

似たようなサービスで、マネパカードがありますが、

「米ドル・ユーロ・ポンド・オーストラリアドル・香港ドル」と、

どうやら、カナダドルは対応していないみたいですね。

 

お得に現金を持ち込みたいなら、なるべく持ち込まないという事。

カナダドルに両替すると、どう頑張っても手数料は発生します。

日本にお金を残して、そのまま使うという方法。

それが可能なのが、クレジットカードです。

 

クレジットカードが嫌なのなら、VISAデビットという方法もありますし、

プリペイド方式で使えるキャッシュパスポートもあります。

 

時代はグローバル。換金にも困らない時代です。

多国籍国家のカナダなら尚更。日本円の需要も高い。

現金で持っていきたいのであれば、日本円で持っていく。

最低限、使うかもしれない可能性を考えて、

1~2万円くらいを、外貨宅配サービスでカナダドルに両替しとく。

外貨宅配の両替レートを徹底比較!カナダドルで比較してみた。

 

実際に私が持って行った金額は60万位でしたが、

わざわざ現金を使わなくても生活できますし、クレジットカードを使った方がお得です。

1年間のワーキングホリデーで使った費用とカナダで稼いだ金額。

ワーキングホリデーなら、現地で現金も稼げますからね。

 

必要な時に換金できるようにしておく。

それが一番損が無いです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です