プライオリティパス特典が付帯するクレジットカードまとめ。

thumb.jpg

プライオリティパスのプレステージ会員特典が付帯するクレジットカード。

そのクレジットカードは様々有り、年会費も異なり、カード審査や難易度も違います。

 

空港のVIPラウンジ利用の為、プライオリティパスを狙っている人へ。

プライオリティパス以外にも、選択肢はあるから。

プライオリティパスの種類と違い。スタンダード会員とプレステージ会員。

プライオリティパス会員といっても、3つの会員ランクが有り、

クレジットカードに付帯する、プライオリティパスの内容も異なります。

thumb.jpg

プライオリティパス会員の年会費の違い

  • スタンダード会員:年会費99USドル
  • スタンダード・プラス会員:年会費249USドル
  • プレステージ会員:年会費399USドル

 

スタンダード会員の場合、空港ラウンジ利用の権利のみなので、

一回利用する毎に27USドルの利用料が発生します。

スタンダード・プラス会員の場合、年間10回までラウンジを無料で利用できます。

プレステージ会員の場合、利用回数に関わらず何度でも無料で利用可能となります。

いずれの会員の場合でも本人のみ有効となるので、

同伴者料金も利用させたい場合、一人に付き27USドル発生します。

 

プライオリティパス会員ランクによる、空港ラウンジ利用料の違い

  • スタンダード会員:利用料27USドル。同伴者利用料も27USドル。
  • スタンダード・プラス会員:年間10回まで無料、それ以降27USドル。同伴者は27USドル。
  • プレステージ会員:無制限に無料。 同伴者利用料は1回27USドル

 

一般的にプライオリティパスが付帯するクレジットカードというのは、

スタンダード会員、もしくはプレステージ会員の権利であることが多く、

無料でプライオリティパス会員の権利が貰えます。

 

スタンダード会員の特典が付帯しても、あまり魅力的ではないので、

無料でプレステージ会員(年間399ドル相当)の特典が利用できるクレジットカードを探します。

 

プライオリティパス対応のクレジットカード

プライオリティパスが付帯するクレジットカードは多くありますが、

プライオリティパス狙いで申し込めるカードは限られています。

また、同じプレステージ会員特典付帯でも、同伴者無料のカードも有ったりと。

利用方法によって、持つべきカードも異なります。

インビテーション不要!プライオリティパス特典の有るクレジットカード。

プライオリティパスのプレステージ会員特典が付帯するカードは多々ありますが、

ほとんどが招待制でハイクラスのクレジットカードばかり。

自ら申し込めるクレジットカードで、プライオリティパス特典は限られています。

 

プライオリティパス特典の有るクレジットカード(インビテーション不要)

  • 楽天プレミアムカード:年会費10,000円+税
  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費20,000円+税
  • MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード:年会費20,000円+税
  • 三井住友VISAプラチナカード:年会費20,000円+税
  • JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ:年会費31000円+税
  • JCBプラチナ法人カード:年会費30,000円+税

いずれもゴールド、プラチナカードですが、

楽天、セゾン、MUFGあたりは、審査も優しいです。

 

特に、楽天プレミアムカードは、年会費1万円+税という激安価格。

プライオリティパス狙いなら、普通に申し込むよりも安いです。

一応ゴールドカード扱いですが、審査も通常カード並に優しいので・・・

良くも悪くも誰でも持てるゴールドです。

 

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、

家族カード(年会費無料)でもプライオリティパスが発行できます。

家族でプライオリティパスを利用したいなら。※後述します。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、

ビジネスという名称ですが、通常のサラリーマンで申し込めます。

プラチナカードなので、カードスペックも非常に高く、

プラチナカードなのに招待も不要で、マイル還元率も高く

利用額次第で年会費も半額になるという・・・

プライオリティパス抜きにしても所持したいカードです。

 

ちなみに、クレジットカードにより同伴者利用料は異なり、

通常の同伴者料金27USドルに比べると、安い場合が多いです。

セゾンとMUFGのプライオリティパス同伴者利用料は2000円+税と安く、

楽天プレミアムカードでの同伴者利用料は3000円+税と高くなってます。

 

海外に利用した場合でも、日本円請求2000円+税で上がってました。

成田国際空港ラウンジの違い。プライオリティ・パスが使える場所と利用方法。

一人で利用してもツマラナイから、1000円の違いは大きいと思われます。

 

プライオリティパスで同伴者も無料のクレジットカード。

プライオリティパスのプレステージ会員では同伴者は有料(27米ドル)ですが、

クレジットカード特典でプライオリティパスの同伴者も無料となるカードが有ります。

いずれもプラチナカード以上で所持する為の難易度も高いです。

 

プライオリティパスで同伴者も無料となるクレジットカード

  • アメックスセンチュリオンカード(年会費375,000円+税):2名無料
  • アメックスプラチナカード(年会費130,000円+税):1名無料
  • JCB ザ・クラス(年会費50,000円+税):1名無料
  • スルガVISA インフィニットカード(年会費120,000円+税):2名無料
  • JAL アメリカンエキスプレスカード プラチナ(年会費31,000円+税):1名無料
  • セディナプラチナカード(年会費30,000円+税):1名無料
  • 楽天ブラックカード(年会費30,000円+税):2名無料

 

基本的に招待制のクレジットカードばかりなので、意図して所持するのは難しい。

自分の意志で申し込めるのは「JAL アメリカン・エキスプレス・カード プラチナ」のみ。

ステータス性の高いカード故に審査も厳しくなり、年会費3万円超えも当たり前となるので、

プライオリティパス目的というよりも、

プライオリティパスが付いてるなら・・・という感じでしょう。

 

家族カードでもプライオリティパス発行可能なクレジットカード

家族カードでプライオリティパスが発行できれば、

お互いのプライオリティパスで、同伴者料金を払う必要も無くなります。

家族一緒に空港ラウンジ利用を想定しているなら、

家族カードでプライオリティパス発行という選択肢もあります。

 

家族カードでもプライオリティパス発行可能なクレジットカード

  • アメックスセンチュリオンカード(年会費375,000円+税):家族カード無料
  • アメックスプラチナカード(年会費130,000円+税):家族カード無料
  • ANAアメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード(年会費150,000円+税):家族カード無料
  • 三井住友VISA(MasterCard)プラチナカード(年会費50,000円+税):家族カード無料
  • MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード(年会費20,000円+税):家族カード無料(2人目3,000円+税
  • JAL アメリカンエキスプレスカード プラチナ(年会費31,000円+税):家族カード15500円

 

MUFG・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードなら、年会費20000円+税で、

家族カードも1人まで無料で発行可能。家族カードでプライオリティパスも発行できます。

家族でプライオリティパスを利用する為に、年会費2万円払うなら、

年会費1万円の楽天プレミアムカードを2枚発行するのも、変わら無いです。

 

ちなみに、楽天プレミアムカードの家族カードは年会費5000円ですが、

プライオリティパス発行不可能です。

家族カードが発行できるカードだからといって、プライオリティパスが発行できるわけでは有りません。

家族カード会員と本カード会員では、付帯サービスの内容も異なる場合が多いので、

併せて気を付けましょう。

 

スタンダード会員に登録できるクレジットカードでも良いのではないか?

プライオリティパスのプレステージ会員の年会費は399ドル。

年会費4万円相当のサービスが無料となりますが・・・

個人的には、それほど価値の無いサービスだと思ってます。

 

プレステージ会員が付帯するカードは、確かに魅力的ですが、

プライオリティパスって、全ての空港ラウンジが使えるわけでも無いし、

特に国内空港で使える空港ラウンジは・・・かなり微妙です。

成田国際空港ラウンジの違い。プライオリティ・パスが使える場所と利用方法。

航空会社ラウンジは、当たり前に使えません。

 

カードラウンジの方が空いていて良いし、カフェとかでも良いし、

むしろ使わなくても良いんじゃないのか?って。

そうなると、別にスタンダード会員(年会費99ドル)でも良いんじゃないか?って。

スタンダード会員なら、アメックスのグリーンカードでも無料となります。

 

プライオリティパス スタンダード会員特典が付帯するクレジットカード

  • アメリカン・エキスプレス・カード(ゴールド):年会費29000円+税
  • アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン):年会費12000円+税
  • SuMi TRUST CLUB ゴールドカード:年会費12,000円+税
  • SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード:年会費12,000円+税

 

海外出張が増えて来ると、空港ラウンジ自体も使わなくなりますからね。

ラウンジ滞在する時間すらもったいないし、必ず利用するわけでも無い。

わざわざラウンジ利用する為に、早く行くのか・・・?っていう疑問。

 

とりあえず、スタンダード会員でも27ドル払えば利用できるので、

時間が有る時に、試しに使ってみたら良いと思う。

スタンダード会員になれば、同伴者も同じ価格(27ドル)で利用できますから。

 

ダイナースクラブとプライオリティパスの空港ラウンジ比較。

プライオリティパスで、多くの空港ラウンジが使えるようになりますが、

ダイナースクラブカードでも、同様に多くの空港ラウンジが使えるようになります。

提携ラウンジも被っている事が多く、プライオリティパス代わりにも成り得ます。

 

国内&海外の提携ラウンジ数

  • プライオリティパス:世界900ヵ所以上の空港ラウンジサービス
  • ダイナースクラブカード:世界600ヵ所以上の空港ラウンジサービス
  • ラウンジキー:世界650ヵ所以上の空港ラウンジサービス

 

両カード共に、同じラウンジを使える事が多く、

国内では、VIPラウンジのKALラウンジが使えるのも一緒ですが・・・

海外に限っていえば、プライオリティパスの方が提携ラウンジも多く、利便性は高いです。

利用する場所が決まっているなら、予め調べておきましょう。

 

提携ラウンジ検索

 

プライオリティパス付帯のクレジットカードでは、

クレジットカードではなく、プライオリティパスカードの提示が必要ですが、

ダイナースクラブカードの場合は、

クレジットカード自体に空港ラウンジサービスが付帯しているので、

カード別持ちする必要が無くなります

海外出張時に、何枚もカード類を持つ必要が無いってのも地味に嬉しい。

 

ダイナースクラブカードは、マイル還元率も高く、付帯保険も充実。

高級レストランが半額となる「ダイナースクラブ・エグゼクティブ・ダイニング」も有る。

ステータスカードとしても非常に優秀です。

 

ダイナースカードのデメリットは、年会費22000円+税と高額な点と、

ダイナース利用できる提携店舗が少なめ。海外でも使いづらいイメージです。

 

空港ラウンジの為に、年会費1万~2万円のクレジットカードを検討しているならば、

特典満載で年会費22000円+税のダイナースクラブカードは魅力的かと。

アメックスゴールドの年会費29000円+税に比べても安いですからね。

 

SBIカードLoungeKey(ラウンジ・キー)との比較。

2015年9月末に、SBIプラチナカードとSBIワールドカードでプライオリティパスが廃止。

代わりに始まったLoungeKey(ラウンジ・キー)特典は、

the Gollinson Group(コリンソングループ)が提供するサービス。

空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー(LoungeKey)」を標準装備。専用カード不要、SBIプラチナカードを提示するだけで世界中の空港ラウンジを年6回まで無料でご利用いただけます。SBIプラチナカードをお持ちの本会員様はもちろん、ご同伴の方のご利用(有料)も可能です。

SBIプラチナカード|カードの種類|SBIカード

  • 本会員様:年6回まで無料、7回目より2,000円/回(税抜)
  • 家族会員様・同伴者様:2,000円/回(税抜)

 

世界650カ所以上の空港ラウンジを利用できるという事で、

提携ラウンジも、やはりプライオリティパスと被ってますが・・・

プライオリティパスよりは少ない感じになってます。

LoungeKey 提携ラウンジ一覧 → lounge.pdf

 

日本で使えるラウンジは5カ所のみ

しかも、成田空港で使えるラウンジは・・・・

T.E.Iラウンジと、IASSラウンジのみ。カードラウンジレベルの内容です。

日本でLounge Keyが利用できる空港ラウンジ

  • Star Alliance Lounge:Nagoya Central Japan Intl
  • T.E.I Lounge:Tokyo Narita International Terminal 1
  • T.E.I Lounge:Tokyo Narita International Terminal 2
  • IASS Executive Lounge:Tokyo Narita International Terminal 1
  • IASS Executive Lounge:Tokyo Narita International Terminal 2

lounge.pdf

 

また、プライオリティパスのプレステージ会員とは違い、

年間6回までの回数制限も有り、

プライオリティパスのスタンダード・プラス会員の年間10回にも劣る。

比べて勝る点は、クレジットカード提示でラウンジが使える点くらいかな。

 

SBIプラチナカードの空港ラウンジサービスは、以前の内容と比べても悪くなったのは明白。

SBIワールドカードの場合は、利用回数無制限で同伴者も無料となるようですが・・・

 

SKY TEAM(スカイチーム)ラウンジとの比較。ゴールドメダリオンとエリートプラス。

空港ラウンジをメインで考えるなら外せないクレジットカード。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

年会費26000円+税と少々高い年会費ですが・・・

所持するだけで、デルタ航空の上級会員ゴールドメダリオン会員資格と、

スカイチームの上級会員エリートプラス会員資格が付与されるという恐ろしいカード。

 

デルタ航空のゴールドメダリオン会員=スカイチームのエリートプラス会員となるので、

デルタ航空だけでなく、スカイチーム加盟の航空会社でも恩恵が受けられます。

 

空港ラウンジだけでも特典満載で、プライオリティパスでは利用不可能な、

ワンランク上のスカイチーム・ラウンジが利用可能になります。

「デルタスカイクラブ」ラウンジを含み、その数は世界500カ所以上にも上り、

更に同伴者1名無料で利用可能になってます。

 

ゴールドメダリオン(エリートプラス)で利用可能な国内空港ラウンジ

  • 成田国際空港:デルタスカイクラブ(デルタ航空)、KALラウンジ(大韓航空)、ダイナスティ・ラウンジ(チャイナ・エアライン)、エール・フランスラウンジ(エール・フランス航空)
  • 羽田空港:TIAT LOUNGE、サクララウンジ(JAL)
  • 中部国際空港:KALラウンジ(大韓航空)、セントレア・クローバル・ラウンジ
  • 関西国際空港:KALラウンジ(大韓航空)、サクララウンジ(JAL)、KIACラウンジ
  • 新千歳空港:ロイヤルラウンジ
  • 福岡空港:サクララウンジ(JAL)、KALラウンジ(大韓航空)
  • 那覇空港:ダイナスティ・ラウンジ(チャイナ・エアライン)

スカイチームラウンジ検索 → Lounge Finder Search

 

プライオリティパスで利用できる大韓航空のKALラウンジだけでなく、

デルタ航空のデルタスカイクラブに、

チャイナエアラインのダイナスティラウンジまでも利用可能となります。

 

プライオリティパスが役に立たない羽田空港でも、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード所持者なら、

スカイチーム提携先のJALサクララウンジも利用する事が可能になります。

 

日本に限っていえば、プライオリティパスよりも断然使い勝手も良い。

空港ラウンジだけでなく、優先搭乗や優先アクセスの特典も有る。

空港ラウンジ狙いなら検討すべきカードです。

 

プライオリティパスにオススメのクレジットカードまとめ。

プライオリティパスを最安で所持したいだけなら、

楽天プレミアムカード年会費1万円+税で可能となりますが・・・

楽天プレミアムカードは、国内旅行特典も無くなってしまったので、

正直プライオリティパスくらいしか特典は有りません。

プライオリティパスの同伴者利用料金も1回3000円+税と高いから。

 

プライオリティパスが付帯するカードで優秀なのが、

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

招待不要で自己申込み可能なアメックスプラチナカードは希少です。

海外旅行保険は最高1億円自動付帯、ショッピング保険も有り、マイル還元率も高く、

年間200万円以上の利用すれば、次年度の年会費は1万円+税になってしまいます。

アメックスブランドのプラチナカードという事で、海外でもステータス性が高いです。

 

プライオリティパスは、ユナイテッドラウンジが使えなくなり、

成田ではKALラウンジだけだし、羽田空港では相変わらず使いないまま・・・。

成田国際空港ラウンジの違い。プライオリティ・パスが使える場所と利用方法。

だったら、ダイナースクラブ特典の空港ラウンジでも良いのでは無いか?

ダイナースクラブカードは年会費22000円+税と少々高いですが、

特典も満載で、別途ラウンジ用のカードを所持する必要も有りません。

プライオリティパスと比べても、ラウンジ数で若干劣るくらいです。

 

プライオリティパスよりも、一歩上のVIPラウンジを使いたいなら、

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード。

年会費年会費26000円+税と、更に高くなりますが、

空港ラウンジの質もが上がるだけでなく、空港の様々な場面で優遇されます。

ゴールドメダリオン会員&エリートプラス会員と、

航空会社のヘビーユーザー同等の上級会員権利が得られるのは反則です。

 

いずれにせよ、空港ラウンジはあくまでオマケの特典。

自己満足ついでに付いてくるモノだと思ってます。

 

プライオリティパスだけ持ってても、ホント意味無いです。

素晴らしいカードに付帯する、あくまで特典に過ぎませんから。


スポンサーリンク

コメントを残す