リモワ トパーズ ステルス(RIMOWA TOPAS STEALTH)購入レビュー。

リモワ ステルス

トラベラーなら一度は憧れる、RIMOWA(リモワ)のスーツケース。

中でも、アルミニウム合金ジェラルミンのトパーズ(TOPAS)は、

むちゃクソ高くて、カッコ良い。

 

トパーズの中でも、更に高いのが、ブラックモデルのSTEALTH(ステルス)。

重厚感のあるトパーズを、真っ黒に塗装して・・・っていう。

無性に欲しくなってしまったので、遂に買ってしまいました。

せっかく買ったんで、レビューします。

リモワ トパーズ ステルス 45Lの外観。

サイズに悩む事一週間・・・

リモワ トパーズ ステルスの45Lモデルに決めました。

 

リモワ正規店購入では無いので、並行輸入品でしょう。

少しでも安く欲しかったので、楽天市場で購入。それでも約12万円。

リモワ トパーズ ステルス

 

リモワは、定期的に仕様変更しているみたいなので、参考までに。

型番から推測するに、私が購入したのは2016年モデルのトパーズステルスです。

IMG_4817

アルミニウム合金(ジェラルミン)素材で、艶消しのマットブラックカラー。

黒光りしないところが、他のスーツケースとは違うところ。

IMG_4805

アメリカ旅行に必須のTSAロック。3桁ダイヤル式で2つ付いてます。

IMG_4808

このサイズでロック二つは贅沢ね。

 

リモワのトパーズは、ハンドメイドという事で、

アルミニウム合金は、良くも悪くも、味の有る造り。

IMG_4809

MADE IN GERMANYの刻印。ドイツ製です。

IMG_4810

製造番号(個体番号)も記載されてます。

 

サイド上部に有るバッグホルダーが便利。

IMG_4807

簡単に固定できるのに、しっかりとバッグ掛けられます。

IMG_4806

意外と使う場面が多く、手提げバッグとか、ビジネスバッグとかだけじゃなく、

コンビニのビニール袋や、お土産の紙袋とか、

ちょっとした買い物も引っかけられるので、ホント便利。

 

キャリーハンドル部分は、真ん中のボタンを押すとロック解除。

IMG_4811

ハンドル部分は、好きな長さで固定できるという。テレスコープハンドル。

IMG_4814

 

横と上に付いている取っ手は、自動的にパタンと折りたたまるやつ。

IMG_4775

取っ手が当たる部分には、丸ポッチ。ゴム製素材で、クッションになってます。

IMG_4818

 

リモワ トパーズ ステルス 45Lの内装。

リモワのステルスは、中身も落ち着いた色味で統一されてます。

45Lモデルは左右両方とも、divider(ディバイダ―)が装着されてます。

IMG_4778

大型モデルだと、片側がガーメント(スーツケース)なんですけどね。

私はガーメント不要なので、ディバイダー2個のが嬉しい。

 

ディバイダーは、伸縮性の有るゴム素材のバンドで固定してくれるので、

荷物を入れたあとも状態キープで、荷崩れを防止してくれます。

IMG_4781

ディバインダーを外すとこんな感じ。裏地はRIMOWAの刺繍生地。

IMG_4783

シンプルな構造で、ハンドルが収納されている方は凸凹が有ります。

 

ディバインダーは、メッシュ地の収納も付いてます。

IMG_4782

ファスナーにもRIMOWAのロゴ。

 

リモワ トパーズ ステルス 45Lの付属品。

トパーズステルスの付属品。スーツケースのディバインダーの中に入ってました。

保証書、ステッカー、ネームタグ、巾着、カバー・・・

IMG_4784

スーツケースの裏地と同じ生地で作られた巾着バッグ。高級感有ります。

IMG_4787

ネームタグはレザー素材。

IMG_4785

スーツケースカバーまで付いてましたが・・・正直これは使わないかな。

IMG_4820

 

リモワのスーツケースサイズに悩む。45Lを選んだ理由。

リモワのトパーズは、32L、45L、64L、82L・・・とサイズが有り、

32Lと64Lと悩んで、最終的に45Lモデルを選びました。


リモワ スーツケース トパーズ ステルス 45L TOPAS MULTIWHEEL マルチホイール シンプル 大型【RIMOWA ブランド おしゃれ かわいい 正規品 新品 2017年 ギフト プレゼント】90456

 

私は、単身旅行が多いので、機内持ち込み可能サイズの32Lも悩んだんだけど、

機内持ちこみ可能なサイズは、

サムソナイトのB-Lite 3 Spinner 55(36.5L)を、既に持っている。

 

機内持ち込みって、3辺サイズだけじゃなくて、

総重量にも10kgという制限有るから、こっちに引っかかる。

サムソナイトB-Lite 3(36.5L)の超軽量で、スーツケース重量は2.2kg

それでも荷物入れたら10kgギリギリになっちゃうんだよね。

 

リモワのトパーズは、32Lで4.8kgというヘビー級。

重量オーバーで、結局預けることになるっていう。

重量気にせず、荷物もぶち込みたいですからね。

 

実際、サムソナイト(36.5L)は、頻繁に使ってるんだけど、

なんだかんだで荷預けしてしまうし、ちょっと容量不足という。

 

かといって、あんまり大きいサイズだと、利用頻度が減りそう。

国内旅行でも使いたいから、国内でも利用できるサイズ・・・

って事で、45Lを選びました。

 

45Lを購入して思ったのは、意外小さいという印象。

32Lと比べて、縦横に+5cmくらいです。

 

RIMOWA TOPAS STEALTHの3辺サイズ

  • 32L:55×40×20cm
  • 45L:56×45×25cm
  • 64L:69×45×28cm

 

現在使っている、サムソナイトの36.5Lと比べて、

若干大きい程度。高さは1cm違うらしい。

IMG_4799

ハンドルはリモワの方が長くなる。長さ調節効くし、造りも頑強で安心。

IMG_4797

横から見た図。奥行きは5cm違うらしいけど、あんま違いが分かんない。

IMG_4802

上から見た図。幅も5cm違うってさ。

IMG_4803

リモワといえば、スムーズに動くキャスター。

キャスターサイズは3倍くらい違います。

IMG_4791

リモワのキャスターは、噂通りのスムーズさ。

ホント、ヌルヌルと滑らかに動くので、動かしていて楽しいです。

行きたい方向へ思うがまま、全然ストレスが無い。

 

リモワを買って気付いたデメリット。

ステルスモデルに限った話では無く、リモワトパーズに共通するデメリット。

買う前から知っていた事、買ってから気付いた事も有りますので。

 

リモワトパーズは値段が高い。

リモワのトパーズは、アルミニウム合金という事で、

重厚感が有り、高級感の有るデザインとなってますが、その分価格も高いです。

同じくリモワのポリカーボネート素材のモデル、

サルサ、サルサデラックス、サルサエアーに比べると、断然高い。

サルサの47Lが64800円に対し、トパーズの45Lが113400円と、約2倍。

 

トパーズでも、黒塗りのステルスモデルは、更に値段が高くなっており。

トパーズ+1~2万円と、リモワの中でも特に高額なスーツケース。

 

RIMOWA TOPAS STEALTHの国内販売価格

  • 11L:70200円
  • 29L:118800円
  • 32L:118800円
  • 34L:124200円
  • 45L:129600円
  • 64L:140400円
  • 82L:151200円
  • 85L:156600円
  • 98L:162000円

 

高額だから欲しくなる・・・っていうのは有ると思うけど。

普通のスーツケースなら、1~2万円で買えるからね。

 

リモワトパーズは重量がヘビー級。

リモワのトパーズは、アルミニウム合金素材という事で、重いです。

届いた時は、意外と軽いな・・・という印象でしたが、

キャンバスのサムソナイトと比べたら、やっぱり重かった。

 

RIMOWA TOPAS STEALTHの重量

  • 11L:2.3kg
  • 29L:4.4kg
  • 32L:4.8kg
  • 34L:5kg
  • 45L:5.3kg
  • 64L:6.2kg
  • 82L:7.1kg
  • 85L:7.2kg
  • 98L:7.4kg

 

例えば、リモワの軽量スーツケース、サルサエアーなら、

105Lの大容量モデルで、3.9kgの超軽量となってます。

 

RIMOWA SALSA AIRの重量

  • 22L:1.7kg
  • 33L:1.9kg
  • 65L:3.2kg
  • 80L:3.3kg
  • 91L:3.8kg
  • 105L:3.9kg

 

ポリカーボネイトは軽い分、強度が弱くなる・・・

というよりも、見た目でジェラルミンを選んじゃうけどね。

 

 

リモワトパーズは簡単に凹み、簡単にキズが付く。

リモワのトパーズは、ジェラルミンという事で、

強度が有るイメージですが、軽くする為、薄くなっているので、

荷預けしたり、ぶつけると簡単に凹んでしまいます。

 

これがリモワの醍醐味でも有るのですが、

やはり高額なリモワ、最初は少しでも傷つくのは抵抗が有る。

 

ステルスモデルのブラック塗装も、簡単に剥げるという。

敢えて剥げるようにしている節も有り、

これを、リモワの味として捉えられるか?否か?

旅の思い出として、リモワにキズを増やして、育てるといった感じ。

綺麗なまま使いたいという人には、向かないと思います。

 

リモワトパーズのホイールはスムーズ過ぎるし、ハミ出る問題。

リモワのメリットとして、スーツケースの動かしやすさ。

大型ホイールで、力をかけずに自由自在に動く反面、

微妙な傾斜でも、動いてしまいます。

ちょっと止まりたくても、スーツケースは転がるという。

 

また、ホイールが大きいという事で、スーツケース本体よりも、はみ出して来る。

IMG_4800

ホイールを使って動かしてる分には、問題ないのですが、

スーツケースを立てた時、このホイールが地面とスーツケースの間に挟まります。

動いちゃうから、スーツケースを横向きにすれば、ホイール挟まる現象。

IMG_4768

ホイールが挟まるので、スーツケースが斜めになってしまうという。

水平にする為に、手でホイールを倒す手間。

IMG_4769

この現象は、スーツケースを広げる時にも起こります。

IMG_4779

スーツケースの下にホイールが挟まって、ガタつく現象。

ホイールを横向きに揃えると、スーツケースは安定するという。

IMG_4780

リモワはホイールが壊れやすいとい事ですが、

ホイールが収納されず、負荷が発生して壊れる気がしました。

 

それでも、私がトパーズステルスを使う理由。

初めてワーホリした時に、

リモワっていうブランドを知って、かれこれ十年あまり。

ジェラルミンモデルは、高額で重くて、使いづらいのは知っていた。

 

その後、欲しくなったのは、アローズ別注のブラックモデル。

真っ黒でカッコ良いのに、

傷まみれで、更にカッコ良くなってるリモワを見かけた事。

それから、ステルスモデルとして定番ラインナップ。

ずっと気になっていたけど、購入は躊躇ってきた。

 

ずっと躊躇ってきたんだけど、購入して良かったのは、

これで、ようやく悩む必要も無くなったな。って事。

 

実際、所持して思うのは、

使うなら、やっぱりキャンバス地のソフトキャリーが最強だって事。

長期滞在(ワーホリ・留学)にオススメのスーツケース。選び方と注意点。

ソフトキャリーに比べて、やっぱり重いし、

ファスナーの片面開きに比べて、やっぱり使いづらい。

 

ただ、見た目は断然、リモワのトパーズが最強。

無理してでも使いたいカッコ良さ。

キャスターでコロコロしまくりたい。

無駄にスーツケースの上に座りたい気持ちになる。

 

旅する事は、ファッション。

特にスーツケースは、目立つアイテム。

ファッションに着心地や機能性を求めるか?って言ったらナンセンス。

ジェラルミンの堅牢性とか言うけれど、

結局、スーツケースに大したものは入れないし、

大切な物は、機内に持ち込んじゃうからね。

 

キズを含め、愛着が沸くかどうかは、未だ分かりませんが、

とりあえず、よくわかんないステッカー貼って、

私もボッコボコにしてやりたいと思います。

 

私は楽天市場で購入しましたが、やっぱり安かったです。

リモワ トパーズ ステルス

トパーズステルスは在庫も希少なので、

あまり見かけないのも、嬉しいポイントですね。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です