海外で語学留学しながらネットで稼ぐ。クラウドソーシング。

KS001753.jpg

パソコンさえあれば、どこでも仕事ができる。

外でも在宅でもできるし、内職よりも高時給。

 

インターネットで世界は繋がっています。

海外に滞在しながらでも、日本人として働く事が可能です。

クラウドソーシングの時代。特別なスキルも必要ありません。

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシング=Croudsorcing。

企業が主にインターネット経由で、仕事をアウトソーシングする事。

アウトソーシング=Outsorcing。

仕事を外部のサービス会社に委託する事。

 

というわけで、企業が仕事を外部に発注しており、

それをインターネット経由で、我々が請け負う事が出来るワケです。

 

クラウドソーシングの大手会社

 

現在、仕事の多様化により、

クラウドソーシングだけで、生活している人も多く居る。

ホームページ作成、アプリ開発、ロゴ作成、ウェブシステム、データ収集・・・

企業から仕事を受けるという事で、

特殊な資格や、スキルが必要かと思いきや、

我々素人でも、高報酬を稼ぐ事ができます。


クラウドソーシング「ランサーズ」

私はデザイン系の仕事かじった事があるので、

イラスト系の仕事もやったりしましたが・・・

断然オススメなのは、ライティングの仕事。

記事作成代行が、単価が非常に良いです。

 

記事作成(ライティング)の仕事がオススメの理由。

イラスト系の仕事は、デザインという事で作成するのに時間もかかり、

また、その報酬の定義も曖昧。デザインスキルも求められます。

データ収集系の仕事もやったりしましたが・・・

つまらないし、すぐ飽きてしまいました。

 

で、私が主にやっていたのが、ライティングの仕事。

インターネットには様々な情報サイトが有り、その情報の一部を作る仕事です。

口コミ、レビュー、サービスの評判、体験談・・・

そういった一般人ならではの記事を書いて報酬を貰う。

 

最初は文字単価も高くないので、それ程稼げないと思っていましたが、

文字を打つことは意外と楽しく、滞りなく稼げます。

また、明確に何文字何円と定まっている場合も多く、

目標も分かり易く、ゲームみたいな感じで楽しぐ稼げました。

英語の息抜きに日本語を打ちこむ。

日本語に飢えてる人も多いハズです、英語ストレスの解消にも役立ちます。

 

ワーホリや留学生にオススメのポイントとしては、

意外と海外の情報を欲している企業は多く、誰にも真似できない記事が出来上がる事。

海外生活で体験した事を書くだけで、濃い内容の記事となります。

 

注意点としては、

ライティングの仕事は、ネットの記事のコピーは絶対にNGなので、

オリジナルの記事を書く事を求められます。

そういった面でも、海外生活はネタの宝庫かと。

 

私は帰国するちょっと前くらいから、やり始めましたが、

月5万円くらい稼げるレベルになりました。

どこでもできるので、アルバイトと併用して留学費用を稼ぐのにもオススメです。

ワーホリ&留学費用を稼ぐなら、高時給バイトよりも住み込みがオススメ。

 

最近では記事作成の単価も上がっており、

1記事数万円なんて言うもの、結構あるので、

それだけで生活している人も多いみたい。

 

ライティングのスキルが上がれば、単価の高い案件もこなせますし、

企業としても、質の良いライターさんは欲しているので、

継続するほどに、単価も自ずと上がります。

コピー駄目でも、文字数稼ぐ為にコピーする人は多いみたい。

信用の有る人気ライターになれば、稼げるのは当然ですね。

 

ライター専門のクラウドソーシングサービス。

クラウドソーシングでライティングの仕事をしたい。

で、どこのクラウドソーシングを利用すべきなのか?って話。

 

記事を書く作業って単純そうで、誰にでもできるようで、意外と難しいです。

最初は少ない文字数で、報酬が貰えるものをオススメします。

 

初心者にオススメなのは、げん玉のCROWD(クラウド)。

記事を書いた事が無い、素人にも簡単に稼げる案件が多い。

文字数が少ない案件、300文字~とかも多くある。

報酬確定のタイミングが早いのも、やる気の出るポイント。

300円から換金できるし、2日後には有効になる事も多いです。

 

稼いでる人は月20万くらい稼いでいましたが・・・厳しいかと。

KS001753

稼げる案件がある時と、稼げない案件ばかりの時の差が激しいので、

ある程度文章に打ち込みが慣れたら、

専門のクラウドソーシングサービスを利用した方が、効率が良いかと。

 

ライティングの仕事を探すなら

 

クラウドソーシングの会社によって、稼ぎやすいとかは無いと思う。

私はランサーズを主に利用してましたが、

ライティングの仕事は、案件により難易度がバラバラです。

どこでも良い案件は、早く埋まりがちですので、

定期的に新規案件をチェックする事をオススメします。

 

多少難易度が高くても、自分が趣味や、得意なものの方が断然書きやすいです。

中には、自分の得意分野だけを書いて。みたいな仕事も有った。


クラウドソーシング「ランサーズ」

注意点としては、案件によりライティングルールが異なる場合も多いので、

面倒でも毎度しっかり確認しましょう。

 

正しい日本語の理解は、英語の理解にも繋がる。

私自身、英語を書くより、日本語を書くなんて屁でも無いと思ってましたが、

正しい日本語で、正しい日本語で文章を書く。

英語云々の前に、日本語の理解が足りてない事に気づきました。

 

正しい文章で、物事を伝えるって非常に難しいです。

ライティングの仕事をするようになり、話し方も変わり、日本語の理解も深まりました。

日本語の仕組みが分かれば、英語の仕組みとの違いも、より理解し易くなるかと。

 

英語の勉強で文法は関係無いと言いますが、

確かに意思疎通したいだけなら、英文法は必要有りません。

英単語を羅列すれば、なんとなく言いたい事は伝わります。

 

イッテQの出川さん。凄いですよね。

英語全然分からないのに、知ってる単語と身振り手振りだけで、

目的地まで辿り付き、目的のモノまで、手に入れてしまいます。

 

しかしながら、私が求めてるモノってそこじゃないと思うし、

何より、あの勇気、私には有りません。

よって、私は正しい英語を勉強しなければならないのです。

 

正しい英文法で、より正しい英語を使いたい。

ネイティブっぽい、スラングを使えるのもカッコ良いのかもしれませんが、

正しい英文法で、正しい英語を話せた方が、断然カッコ良いと思ってます。

 

正しい英語が書ければ、正しい英語を喋れるようになれる。

それは当たり前です。読み上げるだけですから。

英文法を学ぶのは、遠回りかもしれませんが、

公式の理解が深まれば、色々と応用が効くようになります。

 

その公式を理解する為に、日本語の理解を深めてはいかがでしょうか?

特に海外では日本語に飢えているので、ライティング作業は楽しいと思う。

英語に疲れた時や、ストレス発散にも、お勧めです。

 

P.S.

アメリカのアウトレットモール迄行って、

アバクロ、コーチ、ラルフローレン等の海外ブランドを安く仕入れ、

ヤフオク出品したりしてる強者も居ました。

 

買付代行のサービス。BUYMAなんかもやってる人も居ましたが、

バイヤーとして先に買い付ける資金が必要だったり、

上記のヤフオク同様、直接お客様の対応をしないとイケない為、

クレームや、商品返品等のリスクも有るみたいです。

 

国際郵便の関税はお客さん負担は了承の元。

日本でお客様商売をやっていた経験があるなら、

有りなのかもしれませんね。

関税、国際送料を払ってでも欲しい人は、たくさんいます。

私の友人の部屋は、一時期アバクロと、コーチだらけになってました。笑

懐かしい話です。


スポンサーリンク

コメントを残す