エアカナダ エコノミークラス搭乗レビュー。成田→バンクーバー直行便。

私は初めての海外旅行で、初めての国際線でエアカナダに乗りました。

飛行機ってどんなもんだろうという漠然とした不安。懐かしい。

 

同じように、初めてエアカナダに乗る方や、

バンクーバーに行く方、ワーホリに挑戦する人の為にも。

エアカナダエコノミークラスの心構えとして、参考になれば幸いです。

 

エアカナダの評判や口コミは賛否両論ありますが、

なんだかんだで私は一番利用しています。

エコノミーごときで文句は言えないし、

直行便ってだけで最高だから、搭乗レビューしときます。

成田空港でエアカナダが有る場所。搭乗ゲートまでの流れ。

成田国際空港で、エアカナダが有るのは第1ターミナル。

チェックインカウンターは、第1ターミナル南ウイングの4階の「Iカウンター」有ります。

DSC03978

第1ターミナルは、3階と4階が国際線の出発ロビー。

4階にチェックインカウンターが有り、3階に搭乗ゲートが有ります。

 

電車で行く場合、第1ターミナルは「成田空港駅」で下車となります。

路線検索すると、複数の駅が出るから、私は混乱しました。

成田空港のややこしい駅名

  • 第一ターミナル「成田空港駅」
  • 第二ターミナル「空港第2ビル駅」

一応、間違えて下車しても、ターミナル間で連絡バス(無料)は走ってますので、

行けない事はない・・・けど、結構面倒だし時間もかかります。

日中は約7分間隔のバススケジュール。

第2ターミナル→第1ターミナルまでの所要時間は約10分です。

DSC00106

 

チェックイン(搭乗手続き、手荷物預け)は、

2時間前が推奨時刻。出発の1時間前で受付終了となります。

預け荷物が無ければ、チェックインカウンターに並ぶ必要も有りません。

空港の自動チェックイン機の利用方法。エアカナダでセルフチェックイン。

 

チェックイン→セキュリティーチェック→税関→出国審査が終わったら、

あとは、搭乗ゲートで搭乗アナウンスを待つのみ。

 

エアカナダ(バンクーバー行)の搭乗ゲートは、基本的に43番ゲートが多い。

南ウイングの端なので、結構遠くて歩きます。

※稀に搭乗ゲートは変更となる可能性が有ります。

DSC00154

搭乗ゲートの締切時間は15分前(18:45)ですが、

最低でも30分前(18:30)には、搭乗ゲートに居るように。

搭乗者が揃わないと、パニックだし、

実際のところ、18:10頃には搭乗開始して、18:20には機内に入ってました。

全員が早く搭乗すれば、早く出発→早く到着する可能性も高くなります。

定刻どおりに到着する事は、ホント稀ですから。

 

ちなみに、プライオリティパスで空港ラウンジを使いたい場合、

「KALラウンジ」は中央ビルにあるので非常に遠い。覚悟しておきましょう。

KS002683

※参考→成田国際空港フロアガイド | 成田国際空港公式WEBサイト

 

大韓航空(KOREAN AIR)のラウンジなんで、

わざわざ行くほどでも無いかと・・・成田でプライオリティパスは微妙です。

成田国際空港ラウンジの違い。プライオリティ・パスが使える場所と利用方法。

DSC00137

ラウンジで同伴者料金払うくらいなら、適当なカフェに入った方がマシ。

出国審査後にも飲食店はポチポチ有りますから。

narita nakamise(第1ターミナル南ウィング) / 免税店・ブランドモールMAP | 成田国際空港公式WEBサイト

 

飛行機内のタイムスケジュール。食事の出るタイミングと消灯時間。

バンクーバーは、アメリカの北側に位置するカナダの都市。

東京からは7500kmオーバーの距離という事で、

飛行機の中で過ごす時間は、9~10時間もの長旅となります。

 

エアカナダの往路(バンクーバー行き)の出発&到着予定時刻

  • 成田空港19:00発 → バンクーバー空港10:40着(カナダ時刻)
  • フライト時間は平均8時間40分

エアカナダの復路(成田行き)の出発&到着時刻

  • バンクーバー空港13:50発 → 成田空港16:40着(日本時刻)
  • フライト時間は平均9時間50分

 

上記はあくまで予定時刻。

地球自転や風の流れの影響等で、帰りの便の方が飛行時間は長くなりますし、

フライト状況により、1時間くらい到着時刻は前後することも多い。

 

エアカナダエコノミークラス飛行機内の流れ

  1. 離陸
  2. イヤホン配布
  3. 入国審査カード配布
  4. ご飯&ドリンク
  5. ご飯片付け
  6. ドリンク
  7. 機内販売
  8. 消灯(水のサービス)
  9. 点灯
  10. 飯&ドリンク
  11. ご飯片付け
  12. ドリンク
  13. 着陸

 

成田離陸後20分くらいで、シートベルト着用サインが消えて、

その後10分くらいでドリンクサービス。

更に30分後(離陸1時間後)くらいでディナー(夕食)となります。

日本時間で、午後8時前後のイメージです。

※前方から順に配膳されるので、前の席と後ろの席では結構なタイムラグ。

その後、機内販売が終わって、落ち着いた頃に消灯。

 

消灯後も、水のサービスは、定期的に回って来てくれます。

軽いお菓子(クッキーとか)も貰える。

 

到着2時間前くらいに、照明が点灯、機内が再び明るくなる。

カナダに着く2時間~1時間30分前に機内食2回目の朝食タイム。

カナダ時刻だと午前9時前後(日本時間だと午前2時前後)。

 

ちなみに、離陸した直後に、入国審査カードも渡されます。

入国審査に必要なので、カナダに到着するまでに記入しておきましょう。

IMG_6254

日本に帰る際も一緒。日本行きなので日本語。

DSC01931

記入するにはペンが無いと困る。

ボールペンくらいは機内に持ち込んでおきましょう。

 

エアカナダの機内食レビュー。

エアカナダの機内食は、評判がイマイチ。

皆さん美味しくないというので、毎度期待していないのですが、

私には別に不味くも無いし、これはこれで嫌いじゃない。

パターン化されてるので、何度も乗るとさすがに飽きてくるけど。

往路1回目のディナーメニュー(夕食)

成田→バンクーバーの往路は、出発時してすぐに夕食となります。

機内食メニューは、座席モニターにて確認できます・・・が英語です。

毎度ディナーは、ビーフ or チキンの2択。

DSC04016

 

ビーフパターンその1は、トマトカレー(Braised beef with tomato curry sause)。

日本のカレーというよりも、異国のカレーの味。美味しかった。

DSC04033

中華ビーフンのサラダ(Chinese vermicelli salad)とカレーって組合せ、すっげ。

DSC04037

デザートはMocha Cakeって。まぁ、想像どおりの味です。

DSC04038

 

ビーフパターンその2は、ビーフシチューっぽいやつ。メニュー忘れた。

DSC00171

メインのシチューの肉も柔らかく、美味しかったけど、

サラダも東南アジア系のエスニックっぽい味も好みでした。

チョコケーキも美味しかった・・・けど、相変わらずジャンルの統一感は無いね。

 

ディナーは毎度水のペットボトルが付いているのも、地味に嬉しいポイント。

ドリンクで回ってくる飲み物は、蓋もできないから。

 

チキン写真が無いのが恐縮ですが、基本的にビーフの方がハズレ無いイメージ。

この時も、チキンは「Chicken with sweet vinegar broth, chirashi rice」って事で、

チラシ寿司的なモノだったんで・・・あまり美味しそうでもなかった。

 

往路2回目ブレイクファースト(朝食)

成田→バンクーバー便で、到着直前に出される朝ごはん。

朝食メニューは、卵(エッグ)or 米(ライス)の2択です。

ライスと言っても、毎度お粥ですが・・・

こちらも座席モニターで、事前にメニュー確認できます。

DSC04017

 

卵メニューその1、スクランブルエッグ。

ふわふわの卵が美味しい。左側はホウレンソウにポテト。

右側のはメキシカンっぽい豆。豆は好みが分かれそう。

DSC00178

卵メニューその2、オムレツのトマトソースがけ。

まぁ、可も無く不可も無く。ほうれん草とハッシュドポテトも無難な味。

DSC04063

 

お粥は鳥のササミが入っている。

日本ではワザワザ食べないお粥ですが、美味しいです。

DSC00180

別の回のお粥。お粥メニューは鉄板みたいですね。毎度代り映えしません。

DSC04061

 

復路1回目ランチメニュー(昼食)

バンクーバー→成田便の復路は、出発時してすぐに昼食タイム。

毎度ディナーは、ビーフ or チキンの2択。

 

この日のビーフは、BBQだっけな?焼肉弁当みたいなやつ。

DSC01896

 

チキンは、ささみっぽい肉にトマトソースのようなものがかかってる。

横の丸いのはパスタのようなもの。残念ながら、私の好みでは無かったぁー。

DSC01902

やはり、ビーフにしておけばよかったー。

 

復路2回目ディナーメニュー(夕食)

バンクーバー→成田便の2回目の食事。もうすぐ日本に着くぜっってタイミング。

夕食メニューは、パスタ or チキンとなります。

時間帯的にはディナーだけと、質素なんで軽食のようなイメージ。

 

Baked chicken with steamed rice(鶏肉のオーブン焼き)

ご飯の上に、玉ねぎ、チキン、ホウレンソウが乗ってます。

DSC01934

 

Cavatappi pasta with beef rose sause(カヴァタッピパスタ、ビーフロゼソース)

ミートソースのマカロニグラタンのような味。チーズはかかってないけど。

DSC01937

 

2回目の食事は、毎度変わらないメニューなので・・・

可も無く、不可も無くといったところ、個人的にはパスタの方が好き。

ミートソースっぽいやつは、間違いない。

 

エアカナダのドリンクメニューは豊富。

エアカナダのドリンクメニューは、良い方の部類に入るかと。

ソフトドリンクだけでなく、アルコール類も豊富。

座席の画面で飲み物リストも確認できます。

DSC04044

ビールも冷えていて美味しかったし、カナディアン飲めます。

DSC04035

赤ワイン、白ワインも堪能させて頂きました。

DSC04048

消灯後も、水は定期的につぎに来てくれるので、

アルコール頼み過ぎて喉乾いても大丈夫。トイレだけが心配だけけど。

 

エアカナダ エコノミークラスの設備について。

座席についている液晶ディスプレイは、ワイドタイプのタッチパネル式。

DSC00161

イヤホンは必要な人のみ貰うシステム。

配られるイヤホンは音質も接触も非常に悪いので、自前のを使いましょう。

DSC04021

イヤホン音質と飛行機内の騒音も相まって、最大音量じゃないと全然聞こえません。

映画を楽しむなら、ノイズキャンセリングイヤホン必須です。

DSC04059

 

ディスプレイの下側には、充電用のUSB端子が有ります。

ただ電圧は低いっぽいので、Ankerのモバイルバッテリーに比べると充電速度は遅い。

DSC04039

足元の緑に点灯している部分にも、充電用のユニバーサルコンセント。

ノートパソコン利用の際にも安心です。

DSC04008

 

パーソナルTVでは、英語の番組や映画が見られますが、

日本語字幕、日本語吹き替えに対応している作品はごく一部。

対応言語で絞り込みも可能。邦画なんかも有ります。

DSC04051

フライトスケジュールも確認できます。

日本時間、カナダ時刻、到着予定時刻、分かるだけで頑張れます。

DSC00187

 

アームレストにはディスプレイ操作、読書灯のオンオフ、

キャビンアテンダントの呼び出しボタンもがありましたが・・・

エアカナダ肘掛

最近乗った機内では、全てディスプレイ画面からの操作する仕組みになってました。

DSC04053

肘タイプコントローラーの時に、

誤ってキャビンアテンダント呼び出しボタン押しまくって、怒られている人居ました。

人型マークのボタンは、呼び出しボタンです。気を付けましょう。

 

読書灯は、ピンポイントに明かりを照らしてくれます。

DSC01930

 

座席のヘッドレストは、実は調整可能です。

左右を持ち上げる事が可能で、上下方向にも稼働します。

DSC00176

意外と使えるやつです。ネックピロー使う前に、一旦試しても良いかと。

DSC04028

 

エアカナダ エコノミークラスの座席選び。窓側か?通路側か?

バンクーバーは約8~10時間の長旅。

座席選びで、その快適さは大幅に変わってきます。

セルフチェックインの時代、自分で座席もある程度選べますから。

空港の自動チェックイン機の利用方法。エアカナダでセルフチェックイン。

 

現在エアカナダでは、左3列、中央3列、右3列の9列の機体がほとんど。

どこを選んでも3列なので、とりあえず真ん中の席は除外。

残る選択肢は窓側か?通路側か?って話。

 

一見すると、窓際の席の方が良いように思えますが、

窓側よりも通路側の席の方が断然快適です。

通路側の席は、通路スペースも利用できるという事。

食事準備をする時、上着を羽織る時、荷物を出す時・・・

片側にスペースが有ると無いとでは、大違いです。

 

エコノミークラスって、予想以上に座席も狭く、

テーブル広げられたら、ホント身動きが取れません。

DSC04009

トイレ行くとき、荷物を取り出す時、

イチイチ隣の人に伺うのは非常に面倒。

 

飛行機のトイレだって、限られた数しかなく、いつも混んでます。

DSC01941

飛行機の様子を伺いながら、行きたいタイミングでトイレに行く。

人のことを気にする必要が無いっていうよりも、

狭い座席で人の前を通るのは、ホント大変だから。

起こされるよりも、起こす方が苦痛だし、

シートベルト着用ランプ点灯したらトイレにも行けない。

 

意外と快適なのは、中央列の廊下側の席。

中央列の真ん中の人は、左右どちらからでも、出れるから。

片側の人がテーブル広げちゃっても、反対側の方からトイレ行ってくれる。

 

敢えて窓側を選ぶメリットとしては、

片側に壁が有るので、頭をくっつけて寝るのに快適。

DSC01894

また、離陸や着陸の際に、景色や夜景を楽しめるのは窓際ならではの醍醐味。

DSC04065

とはいえ、私は窓際なんて選ばないけど。

 

ちなみに、後ろの方の席は、食事の配膳も遅いし、

トイレも近かったり、人通りも激しいので、あまりオススメできません。

トイレ待ちの人に見られている気配。

料理の選択も最後になるので、希望のメニューを選べない事も有りますから。

 

バンクーバー直行便ならエアカナダが安い。

エアカナダの特徴として、航空券が安いです。

安い割に、機内サービスや、座席スペースは大して変わりません。

 

私は、カナダに行く時は、ほとんどエアカナダ。

オフシーズンや、セールで激安に購入できます。

海外旅行で格安航空券を探す方法。バンクーバーの往復チケットで比較。

 

強いて悪い点を言うなら・・・

エアカナダって、機内が非常に寒いです。

最初は暖かいのですが、離陸してから数時間経つと、冷えてきます。

体感温度が違うのか?冬場はブランケット1枚じゃ足りない。

追加で貰うのも面倒なんで、毎度エアティックダウン羽織ってます。

 

また、カナダの航空会社だから、日本人の割合が低いという事。

日本からバンクーバーへの直行便は、エアカナダとANAとJALのみ。

日本の航空会社はANAとJAL。カナダ人ならエアカナダ使うよね。

 

ちなみに、エコノミーの上は、プレミアムエコノミー。

グレードアップすれば、座席スペースも料理も異なります。

エアカナダ プレミアムエコノミー搭乗レビュー。エコノミークラスとの違い。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です