成田エクスプレスを格安料金で利用する。普通車とグリーン車の違い。

私が海外へ行く度に、

毎度利用するのが成田エクスプレス(N’EX)。

神奈川、東京在住で、

電車経由で成田空港に行くなら乗る可能性は高いハズ。

私も毎度、品川から利用させて頂いております。

DSC00082

NEXって、たまにしか利用しないから、

行き当たりばったりで利用している人も多いハズ。

ただでさえ高い特急料金。

事前に手配しておけば、格安料金で利用できるようになります。

成田エクスプレスの料金。普通車とグリーン車との料金の違い。

成田エクスプレスに乗車する場合、

乗車区間の運賃「乗車券」料金だけでなく、

「指定席特急券」or「特急券・グリーン券」の料金も必要となります。

KS003033

料金のご案内>成田エクスプレス:JR東日本

 

例えば、東京から成田空港駅まで乗車する場合、

乗車券1320円+指定席特急券1700円 → 合計3020円(片道)となります。

グリーン車にアップグレードする場合は、

乗車券1320円 + 特急券・グリーン券3240円 → 合計4560円(片道)となる。

 

ちなみに、上記の料金は通常期の料金。

普通車指定席は、閑散期は200円引き繁忙期は200円増しとなります。

きっぷあれこれ > 特急券:JR東日本

閑散期とか知らなかったけど、毎度料金が違うのは、

指定席特急券の料金が、シーズン毎に変わるせいだったのか。

 

成田エクスプレスは全席指定席。普通車とグリーン車の座席の違い。

私は、成田エクスプレスのチケットの違いが理解できてませんでした。

「グリーン車」っていう名称が、ややこしくしている気がする。

 

成田エクスプレスの車両は全席指定席。よって普通車両でも指定席なわけ。

普通車=「指定席特急券」を指し、グリーン車=「特急券・グリーン券」を指す。

その料金差は、東京→成田で差額1540円(片道)も有る。

どんだけ座席が違うのって話?

 

成田エクスプレスの普通車レビュー。

私が毎度座っている、成田エクスプレスの普通車シート。

DSC08077

普通車両とは思えないほど、広くて快適。十分ゆったり。

DSC08076

足元も広くて、足も伸ばせます。

下手なエコノミークラスの飛行機より広いんじゃないかな。

DSC08080

テーブルは前シートに固定タイプ。可も無く不可も無く。

DSC08081

肘掛下に充電用コンセントが付いているのが、素晴らしいと思う。

普通に利用してたら、たぶん気付かないけど。

 

普通車とはいえ、基本的にギュウギュウに混むってのは見たことないかな。

横に人が座る事は、多々ありますけどね。

DSC00083

2016年3月下旬より、無料の公衆無線LANサービスも開始されたので、

インターネットも使えるようになりました。便利ですね。

※接続時にメールアドレスの登録が必要です。

 

成田エクスプレスのグリーン車レビュー。

たまには奮発してみるかって事で、

成田エクスプレスのグリーン車にも乗ったりしております。

DSC05361

私は品川から乗ったのですが、誰も乗っていない、貸し切り状態。

DSC05343

本革張りのシートって事で、シートは高級感が有ります。

DSC05354

普通車のシートも広かったですが、流石グリーン車、

足元は更に広く、足置きまで付いてました。

DSC05357

リクライニング具合も深くて良い。枕部分が上下に稼働するのは普通車と一緒。

DSC05353

手を付きがちなシート上部には、木目調の取っ手が付いている。

DSC05360

テーブル使っても余裕有る感じだけど、テーブル自体は普通車と一緒。

DSC05347

シート前後は余裕が有るのですが、シート横幅には余裕がないので、

隣に座られたら、狭く感じると思う。肘掛も間に一個しか無いし。

DSC05345

 

シートが革張りという事で高級感が有りましたが、

見た目以上に、座り心地は非常に良いです。

 

ただ、グリーン車のサービス自体は、普通車と変わらない。

電源コンセントは普通車にも有るし、無線LANだって普通車と共通・・・

普通席でも十分快適で、料金差額を約1500円と考えると・・・

グリーン車のコスパは悪い・・・と感じました。

 

実際座ってるのも、小一時間程度だからね。

貧乏人の私には、普通車両でも全然良いかな。

 

グリーン車内には、成田空港まで私を含め2~3人しかいないという事も多い。

閑散期という事もあるのかな?私が乗る時は、ひたすらガラガラです。

DSC05348

人気も無いのか、人も少ないってのは利点ですね。

リラックスしたい人、仕事したい人、精神統一したい人にも向いてます。

 

成田エクスプレスを利用するなら「N’EX往復きっぷ」がお得。

成田エクスプレスに乗車するには、事前予約は必要有りませんが、

事前に往復チケットを購入しておくと、大幅な割引が効きます。

N’EX往復きっぷ(旧 N’EXクーポン)を利用すれば、

通常料金の2~3割引きで、乗車できてしまいます。

N’EX往復きっぷ(普通車)料金

  • 東京(都区内)⇒成田空港・空港第2ビル:大人4,940円(小児2,470円)
  • 横浜(市内)⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,170円(小児3,080円)
  • 武蔵小杉⇒成田空港・空港第2ビル:大人5,140円(小児2,570円)
  • 高尾⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,170円(小児3,080円)
  • 大宮⇒成田空港・空港第2ビル:大人5,140円(小児2,570円)
  • 大船~逗子⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,380円(小児3,190円)
  • 横須賀⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,690円(小児3,340円)

おトクなきっぷ:JR東日本

同様に、グリーン車も割引価格で利用できます。

N’EX往復きっぷ(グリーン車)料金

  • 東京(都区内)⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,480円
  • 横浜(市内)⇒成田空港・空港第2ビル:大人7,710円
  • 武蔵小杉⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,690円
  • 高尾⇒成田空港・空港第2ビル:大人7,710円
  • 大宮⇒成田空港・空港第2ビル:大人6,690円
  • 大船~逗子⇒成田空港・空港第2ビル:大人7,920円
  • 横須賀⇒成田空港・空港第2ビル:大人8,230円

おトクなきっぷ:JR東日本

通常料金+ワンコインくらいの価格で、グリーン車にも乗れてしまいます。

今まで、通常料金で乗っていたのは何だったんだ?ってくらい安い。

 

事前に手配するだけで、格安に往復チケット購入できるのですが、

利用する際の注意点も有ります。

 

N’EX往復きっぷ利用の際の注意点。

  • 当日購入は不可能。1カ月前から前日までの発売。
  • 指定席券売機より購入が必要。WEB経由での購入は不可能
  • 往復きっぷの有効期間は14日間

 

「N’EX往復きっぷ」は、利用日の1カ月前から前日まで購入が可能で、

利用する当日には購入できません。

あくまで前日までに購入することにより、割引が効くシステムです。

有効期間は14日間なので、14日以内の旅行でのみ効果を発揮します。

 

また、「えきねっと」等、インターネット経由では購入できません。

JR東日本駅の指定席券売機でのみ購入する事が可能なので、

実際に、券売機まで赴いて購入しておく必要が有ります。

IMG_3954

券売機で「おトクなきっぷ」ボタンをタップすると、

IMG_3944

「N’EX往復きっぷ」が表示されます。

IMG_3945

普通車、グリーン車ともに往復券が購入可能です。

IMG_3946

 

N’EX往復きっぷの利用方法。座席指定は乗車直前でOK。

「N’EX往復きっぷ」は事前に購入しなければなりませんが、

成田エクスプレスの座席は、利用日当日に指定することが可能です。

ここを勘違いしている人が多いと思う。

どういうことかというと、

「N’EX往復きっぷ」を購入する時点で必要な情報は、利用開始日と乗車区間だけ。

購入時に、乗車する列車や座席まで指定する必要は有りません

購入時に座席指定の予約も可能ですが、「今は予約しない」でOK。

IMG_3949

購入後に発行される往復切符にも、

列車や座席の指定は無く、利用区間と有効期間のみ明記されています。

IMG_3958

あとは、利用日に「みどりの窓口」で「N’EX往復きっぷ」を提示すれば、

現在時刻から最適な列車を選んでくれて、座席指定もしてくれます。

※指定券売機にて、自分で座席指定する事も可能です。

 

帰国時も同じ。乗車直前にみどりの窓口で、

復路(かえり)のチケットを提示すればOK。

14日間の有効期間があるので、多少の日程がズレ込んでも大丈夫。

購入時に帰路の座席まで指定するわけでは無いので、

安心して利用していきましょう。

購入日が1日違うだけで、1000円以上も安くなりますから。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です