カナダのチップ相場(目安)とバンクーバーの消費税について。

IMG_6202_thumb.jpg

日本とカナダの文化の大きな違い。

カナダにはチップを渡す習慣が有る。

チップを渡すべき人、渡すべき金額、渡す方法・・・分からない事だらけ。

事前に知らないと、様々な場所で戸惑い、恥もかきます。

チップの相場

 

チップが有る分、料金も予想以上に高額になるし、消費税も日本より高い。

日本からしたら高い気がしますが、日本の外食が安すぎるという感じです。

スマートな日本人で有る為に、予め把握しておきましょう。

レストラン(飲食店)のチップ相場:10%~20%

レストランのウエイターに支払うチップ目安は10%~20%

15%くらい支払っておけば、失礼のない金額かと。

高級レストランになればなるほど、ウエイターの質も上がります。

サービス品質も考慮して20%~25%くらいは、想定しておきましょう。

 

レストランによっては、チップ代込のレストランも有り、

伝票に、Service ChargeS/C)、GratuityGRATUITY INCLUDEDTIP・・・

チップ関連ワードの記載の有る場合は、チップ込の請求なのでチップ不要となります。

バンクーバーは観光客も多いので、最近はチップ込のレストランも多く存在します

多く払いすぎても問題は有りませんが、一応把握しておきましょう。

 

チップの支払い方法は、

会計後テーブルに残すのが一般的ですが、会計時にまとめて払っても問題有りません。

クレジットカード払いの場合は、伝票にチップ額を記入したり、

デジタル端末でチップ額を入力したりします。※後述します。

 

チップの支払い方は、店それぞれ違いますが、

周りの様子を見れば、なんとなく分かるものです。

周りがチップを渡しているか?

不安であれば他のお客さんを観察しまくりましょう。

 

ちなみに、ウエイターのサービスに対する報酬なので、

ファーストフードや、セルフサービスのお店では、基本的に必要ありません

同様にテイクアウトする場合にも、チップは不要です。

 

ホテルのチップ相場:荷物を運んでくれたポーターへ1ドル~3ドル

それなりのホテルを予約すると、

ポーター(ベルボーイ)が部屋まで荷物を運んでくれます。

荷物の運びがてら、ホテルの説明もしてくれたりするので、

一通り終えたら、手渡しましょう。

荷物一つに付き1ドル~3ドルが目安です。

 

ハウスキーピング(ベットメイキング)へのチップ(ピローチップ)は、

ベッド1台につき1ドル~2ドルが目安。

連泊の場合は、最終チェックアウト日にまとめて支払っても良いみたい。

ベッドの上や枕の上、サイドテーブルの上、それらしい場所に置いておきましょう。

逆に、ベッド付近に現金を置いておくと、ハウスキーパーにチップと思われてしまう可能性も有ります。

現金を露出して置いておく・・・なんてことも無いとは思いますが、ご注意下さい。

ピローチップを払うのは、日本人くらいっていう話もよく聞きますが、

払える余裕が有るのであれば、日本人の「心付け」の気持ちで払えば良いと思ってます。

 

ルームサービスを利用した場合は、レストラン同様10%~20%が目安です。

その他、ホテルスタッフに頼み事(タオルや毛布の補充等)をする場合も、

1~3ドルのチップが目安です。

 

朝食込みで予約を取ったホテルとか、

Buffet(ビュッフェ)形式で、ウエイターが居る場合は、

オーダー受け、ドリンク運び、後片付けをしてくれるので、

10%目安→2ドル~5ドルくらいを支払っておけば良いかと。

 

ちなみに、ホテルのフロントの人も親切だったりするんですが、

ホテルのフロントに対してのチップは不要です。

 

タクシーのチップ相場:メーター料金の10%~15%

タクシーに乗った場合も、チップを渡します。

メーター料金の10%~15%が相場です。

 

スーツケース等の大きい荷物等が有る場合、

荷物に付き1ドル~2ドル多めに渡せるとスマートです。

 

タクシーの初乗り料金は3~4ドルで、1km毎に約2ドル

チップ額が1ドル未満になるような、短い距離でも最低1ドルは渡したいところ。

ちなみに、カナダに深夜で割増し料金になる事はありません。。

 

私は、カナダのタクシー運転手に良いイメージは無いのですが・・・

サービス悪くて当たり前なんで、躊躇わずに払いましょう。

 

チップを渡す為に1ドル、2ドル硬貨も用意しておくとスマート。

カナダドルには、1ドル硬貨と2ドル硬貨があるので、

チップ用に両替して、ポケットに入れておくと、チップは渡しやすいです。

イチイチ財布から出すのは、スマートでも有りませんからね。

 

チップを渡したいのに小銭を持っていない場合、

大きめの紙幣しかない場合は、堂々とお釣りをもらいましょう。

紙幣渡して「○○ dollars back please」で、全く問題無いです。

当たり前にある事ですので、遠慮せずチップのお釣りをもらいましょう。

 

とはいえ、日本人の私には抵抗があるので、

現地に着いたら、必須のミネラルウォーターを購入して両替してます。

 

1ドル硬貨、2ドル硬貨はチップに使いやすいですが、

余ってる小銭をまとめて、チップとして払うのは辞めましょう。

大量の5セント、10セント、25セントコイン。少額硬貨は貰う方も困ります。

 

クレジットカード決済時にチップを支払う方法。

クレジットカードでどうやってチップを支払うんだろう?

って思ってましたが、向こうはカード社会。

当たり前にクレジットカードでチップも払えます。

クレジットカードでチップを支払う

海外でのカード利用でよくあるトラブル|クレジットカード・カードローンのオリコ

 

よく見かけるのは、TIPだけ手書きで記入するパターン。

SUBTOTAL   $21.50
TIP: $________
TOTAL:   $________

チップの額をTIP欄に書いて、SUBTOTALとTIPの合計をTOTALに記入するってやり方。

チップ額と合計額を未記入のままサインすると、

店側に任せたとみなされて、店側に勝手に記入される・・・

なんて恐ろしい話。まず有り得ません。

 

実際、カナダでクレジットカード決済しまくってきましたが、

チップを含め、すべてデジタル端末での入力でした。

レジ横の端末で入力するか、テーブルまでハンディ型の端末を持ってきてくれます。

 

ほとんどのレストランでは、テーブルまで読み取り端末を持ってきてくれ、

その場でクレジットカードのスキャン、

金額を確認して、そのままチップ額の入力する流れとなります。

 

チップ額は数字を手入力するか、

5%・10%・15%・・・と選択するだけになっている事も多いです。

端末の操作方法は微妙に違いますが、それほど難しい事はなく、

わからなければ丁寧に教えてくれます。

チップの事を聞くのは、全然恥ずかしい事でもありませんから。

 

チップの意味を理解する。日本の心付けとは微妙に異なる。

チップはサービスに対する感謝の気持ち。サービスが良かったから払うもの。

そういったイメージが有りますが、

サービスが悪かろうと、支払わないといけない料金だと認識しております。

最低限10%のチップは払う。最低限のマナーです。

 

チップは文化として払うもの。そもそも日本のサービスが良すぎる。

文化が違うと言ってしまえば、それまでですが・・・サービスの質も全然違います。

 

感謝の気持ちと思っているからこそ、

サービスが悪くて払わなくて良いなんて考えにもなり、

実際に、チップを払わない観光客も多い。

チップ込のレストランが増えているのも、そういった理由。

チップ額を考えなくて良い分、チップの強制請求はむしろ有り難い。

 

似たような文化で、日本の「心付け」が有りますが、

やはり文化が違うので、全くの別物です。

 

私自身、カナダでウエイターバイトをしておりましたが、

固定の時給は、チップを貰う事を想定して当たり前に低かったです。

時給が低いので、申し訳ないのですが、チップは当たり前に貰えるものとして考えてました。

チップの額が少なかったり、貰えなかったり・・・なんて事はまず有り得ませんし、

チップが多いとホントに嬉しかったです。

 

ウエイターは、テーブル毎に担当者が決まっており、

そのテーブルのチップは担当者のモノになるパターンが多いです。

※ジャパレスでは、チップを全スタッフで割るなんてことも有りますがががが・・・

よって、席に着いた時点で、貴方の担当ウェイターも決まるので、

注文や会計も、全て同じウエイターにお願いすると良いと思われます。

 

ちなみに、ショップ店員や、ホテルのフロントにはチップは不要です。

宅配便の配達員にもチップ不要だけど、

ピザ等のデリバリーサービスの配達員には、チップを払う。

美容室等を利用する場合も、チップは払った方が良いかと思います。

・・・なんとなくルールが見えれば、幸いです。

 

バンクーバー(BC州)の消費税。PSTとGSTとHSTについて。

カナダの消費税(Sales Tax)は、日本より高いです。

日本の消費税も増税で間もなく10%になる予定ですが、

カナダの消費税は、更にその上を行きます。

チップを含めると、予想以上に高額となりますので、併せて覚えておきましょう。

 

カナダの消費税は、州(Province)により異なります。

  • 連邦政府消費税(GST):物品サービス税、カナダ全土で一律 5%
  • 州税(PST):バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア州は 7%
  • 統合売上税(HST):GST+PST。BC州は2013年4月までHST表記でした。
  • ケベック州税(QST):ケベック州はPSTでは無くQSTとなってます。

※消費税率は頻繁に更新されてます。責任負いかねますので参考までに。

 

GSTは、Good&Serviseに係る税金。一部非課税の物も有りますが、

基本的には、ほぼ全ての商品やサービスに発生する。

PSTも、かかるもの、かからないものも有るので、一概にも言えない。

生活に不必要な贅沢嗜好品関連は、間違いなく両方課税されます。

よって、旅行の場合は、GSTとPSTの両方が発生すると思っておきましょう。

詳しくは→Provincial Sales Tax – Province of British Columbia

 

バンクーバーの有る、ブリティッシュ・コロンビア州の消費税は、

GST 5%+PST 7%合計12%となってます。

※宿泊税のPSTは8%+3%

 

カナダは税抜き表示なので、表示料金+12%のセールスタックス、

更に接客サービスを受ける場合は、チップで+10~15%必要となります。

日本の感覚でいると、予想以上の金額に驚くと思います。

怯むことなく、想定の範囲と思えるように心構えておきましょう。

 

チップ目安が料金の10%~15%目安なので、

チップはGSTの3倍くらいと覚えておいても良いかもしれません。


スポンサーリンク

“カナダのチップ相場(目安)とバンクーバーの消費税について。” への1件のコメント

  1. イサオ より:

    参考になりました。ありがとうございました。

コメントを残す