ハワイの公共バス「TheBus(ザ・バス)」の活用方法と注意点。

旅を安くする秘訣は、現地の交通手段を活用する事。

ハワイを走りまわる公営バスといえば「TheBus(ザ・バス)」。

安くて便利なだけでなく、その乗車ルールも慣れてしまえば簡単。

DSC07153

100以上もの路線もあり、ワイキキ周辺だけでなく、オアフ島全体をカバー。

観光向けのトロリーバスよりも早く、くまなく行動できます。

値段も非常に格安で、ホノルル観光するにも重宝します。

是非とも公共バスの乗り方くらいは覚えて、利用させて貰いましょう。

TheBus(ザ・バス)の料金体系。乗車料金は一律2.5ドル。

TheBusを利用する理由は、なによりその料金が安いです。

乗車料金は一律2.5ドルどこまで乗っても同じ料金となってます。

2時間以内なら、2回も乗り換え可能なので、乗れば乗るほど得した気分にもなります。

 

TheBusの乗車料金

  • 大人(18歳以上):$2.50
  • 子供(6~17歳):$1.25
  • 幼児(6歳未満):無料 ※幼児2人の場合は子供1人の料金(幼児2人→$1.25

TheBusの定期券(乗り放題チケット)

  • 4-Day Pass(4日間有効パス):$35
  • Monthly Pass(1カ月有効パス):$60(子供は$30
  • Annual Pass(1年間有効パス):$660(子供は$330

 

ノースショアのハレイワや、カイルア・ラニカイエリアへも2.5ドルで行けてしまいます。

時間さえ許せば、TheBusだけでオアフ島一周なんてことも可能です。

また、観光客向けの4日間乗り放題チケット(4-Days Pass)も有りますが・・・

観光客向けに割高料金(35ドル)なので、オススメしません。※後述します。

 

ちなみに、高齢者の方にも割引料金が存在しますが、

事前にTheBusシニアカード(10ドル)の作成が必要となります。

 

TheBusシニアカード所持者の乗車料金

  • TheBusシニアカード料金(65歳以上):$10 ※4年間有効
  • 片道運賃:$1 ※要TheBusシニアカード
  • 高齢者向け1カ月有効パス:$5 ※要TheBusシニアカード
  • 高齢者向け1年間有効パス:$30 ※要TheBusシニアカード
  • 高齢者向け2年間有効パス:$60 ※要TheBusシニアカード

 

TheBusシニアカードは、写真付きの高齢者専用カード。

4年間有効なので、長期滞在者だけでなく、ハワイ頻度が高い人にもオススメです。

TheBus優待パス事務所で作成可能です。※要パスポート

詳しくは→TheBus – 運賃と優待パス

 

バス停留所に時刻表は無い。バス停の表記と乗るべきバスの見分け方。

バス停には「TheBus」の表記と共に、停車するバスの番号が明記されてます。

ワイキキを歩いているだけでも、バス停留所を至るところで見かけます。

DSC06689

一つのバス停には、多数のバスが停車するので、乗るべきバスを間違えないように。

例えば下の表記のバス停は、19番、20番、42番、98Aのバスが来る。

DSC07725

バスにもバスルート名称とバス番号が記載してあるので、間違えないとは思いますけど。

DSC06692

バス正面だけでなく、横面にもバス番号が表記されてます。

DSC06693

バスのルートが分からないと、ルートを調べる面倒や不安も有るとは思いますが、

スマホさえ有れば、簡単に乗るべきバスも調べられます。※後述します。

 

TheBus(ザ・バス)の乗り方。バス料金の支払い方法。

TheBusの料金支払い方法はアナログです。

運転手が乗車人数を確認して、料金ボックスに現金を投入する仕組み。

運転席横に料金ボックスが有るので、

前方の扉から乗車し、乗車時に運賃を支払います

※4Day Passを利用して乗車する場合は、提示するだけです。

DSC07702 (2)

支払方法は現金のみで、電子リーダーやクレジットカードにも未対応。

両替機も無く、お釣りも出ませんので、ピッタリ用意しておく必要が有ります。

※ピッタリお金を持って無い場合、多く料金を支払う分には問題有りません

 

2人で5ドルとか、親子3人で合計6.25ドルとか、まとめ払いも可能です

紙幣でもコインでもOKですので、余った小銭を率先して消化していきましょう。

 

ただ注意点としては、運転手が目視にて乗車する人を確認するので、

不安なら払う金額を見せてから、料金を投入するのが無難です。

まとめて払う場合には、何人乗るのか?

しっかりと意思表示しておく事も、トラブル防止に繋がります。

家族で利用する場合は、まとめて支払う意思表示。

家族の人数伝え、支払う金額を見せて確認しておくのが確実です。

ハワイの運転手は観光客にも慣れてます、拙い英語でも言わないよりも確実。

地元の人も温かい人ばかりだから。

 

たまに10ドルや20ドル紙幣で、お釣りをゴネている観光客も見かけるのですが、

どう足掻いても、お釣りは貰えませんので交渉するだけ時間の無駄。

ピッタリと用意して、スムーズに乗車するのが皆の為となります。

 

ちなみに、乗換予定の場合は、

料金支払い時に、トランスファーチケットチケット(乗換券)も貰いましょう。

乗換するか分からない場合、バスに慣れていない場合も、

とりあえずトランスファーチケットは貰っておいた方が良いです。

DSC06699

「Transfer Please」で通じますから。

※何も言わなくても貰える運転手もたまに遭遇します。

 

トランスファーチケット使い方。2~3時間以内なら2回まで乗換え可能。

TheBusを利用するなら、トランスファーチケットのルールも把握しておきましょう。

トランスファーの利用ルールについて、チケット裏面に詳しく記載されてます。

IMG_3716

トランスファールール(Transfer Rules)について

  • トランスファーチケットは、言わないと貰えない
  • 一番上に表示されている時間まで有効
  • 片道方向での利用可能。復路では利用不可能
  • 2回乗換可能。1回目は下部分を切り取り2回目はチケットを回収
  • 有効期限切れのトランスファーは運転手により回収される。
  • トランスファーを他人に売らない、譲らない
  • トランスファー誤用の場合、最高2000ドルの罰金、または最大1年間の懲役

 

トランスファーチケットの有効期限は、発行から約2時間というのが通説ですが・・・

私が貰ったチケットは、大体3時間後の部分で切られてました。

切られた部分、一番上に記載されている時間まで有効なので、

乗る時間帯が早いほど、チケット自体は短くなってます。

IMG_3715

例えば、左からPM4:00、PM5:15、AM10:30、PM2:30?までが有効タイムといったところでしょうか?

左と右で切れ目が違ったり、数字の真上が切られていたりと。何とも適当。

乗車時に見せるので、乗車時に期限時間前なら使えます

日によって色分けする事で、判断しやすくするんだね。

 

トランスファーチケットは、2回まで乗換可能となっており、

1回目の乗り換えで、下部分が切り取られ、

2回目の乗り換えで、トランスファーチケット自体が回収されます。

IMG_3717

トランスファーチケットが使えるのは、片道のみ。

同一方向のバスに限り利用可能で、往復利用はできない事になってます。

チケット裏面にも、往復利用不可という事はしっかりと明記されています。

 

ただ、実際のところ、往復かどうか?は、チケット上で確認する術も無く、

往復でも問題なく利用できるでしょ?っていう感じで皆さん利用されてます。

観光客にとって、バスルートもしっかり把握するのも難しいので・・・

まぁ、その辺の判断は皆さんに任せます。

 

罰金や懲役刑のペナルティについても記載されてますが、

ハワイは観光客がいっぱいのリゾート地。

トランスファーチケットの切り取り加減の適当さも有りますが、

バスの到着時間も遅れまくりなので、

チケット時間が多少過ぎても乗車させてくれる事も多い。

駄目なら2.5ドル払う・・・くらいの気持ちで大丈夫だと思ってます。

 

4-Day Passは35ドル。観光客向け割高料金で元は取れない。

観光客向けの4日間乗り放題チケット(4-Day Pass)は、ABCストア各店で売ってます。

クレジットカードでは購入できず、現金でのみ購入可能でした。

DSC05766

25ドルなら良いと思って注文したんだけど・・・

いつの間にか25ドルから35ドルに値上がってます。高いよ。

 

35ドルという事は、35÷2.5=14回分の料金なワケ。

14回÷4日間=1日3.5回も乗車する?

そもそもそんなにTheBusを乗るか?っていったら、

1日2回くらいが限界なんだよね。

トランスファー無視してたとしても、4日間で14回も乗るのは無理です。

 

4Day Passの利用方法は、利用開始月と利用開始日を自分で削る仕組み。

削るところ間違えたらアウトだし、乗車前に削る事も忘れずに。

DSC06378

削った面を見せるんだろうけど、運転手さんの確認も適当な感でした。

 

ちなみに、私はABCストアで買いましたが、奥の方から責任者みたいな人が登場、

別の金庫みたいな場所から取り出して来て、レジで手間取りました。

きっと、購入する人も少ないんでしょう。

私は何度もTheBusを乗りましたが、

4Day Passを利用してる人も、一度も見かけませんでした。

 

確かに、小銭を用意する手間や、トランスファーの手間は無いのですが、

トランスファーチケットで2回も乗換可能な事を考えると、非常に割高。

考える事なく利用できる手間賃と思えるなら・・・有りかもしれませんけど。

 

TheBus(ザ・バス)の降り方。

バスは降りる停留所が近づいたら、窓付近の紐を引っ張ります。

DSC06404

紐を引っ張ると、車内前方にある電光掲示板に「STOP REQUESTED」と表示されます。

DSC06406

バスが停車し緑色のランプが点灯したら、車内中央に有る扉(後方扉)から降車します。

前方扉からも降車できますが、乗る人は前から乗ってくるので、

基本的には、後方扉からの降車することになります。

 

ドアの中央バー(灰色のバー)を軽く押すと、扉が自動で開く仕組み。

自動では開かないので、ボーっと待ってないように。

DSC07557

※ドアバーが無い場合は、ドア中央の黄色い部分をタップするとドアが開きます。

 

車内アナウンスも有りますが、主要観光地(ホテルやショッピングセンター)以外では、

基本的にはストリート名(付近の通り名)のみのアナウンスなので、

観光客には意味不明な場合が多く、降りるタイミングは自分で判断しないと駄目。

ワイキキから離れると、ストリート名のアナウンスすら省略される場所も多いです。

 

不安な場合は、乗車時にドライバーに降りる場所を教えて貰う方法もありますが、

スマホアプリのGPSで、現在地を把握しながら降りるのが確実。

 

まぁ、ワイキキ市内なら、停留所区間も短いので、

乗り過ごしたぁ~と思ったら、次のバス停で降りれて、歩けば良いかと。

 

TheBus(ザ・バス)の乗車マナーとルール。利用する際の注意点。

日本でもバス乗車時のマナーが有りますが、

ハワイでもバスを利用するにあたっての乗車ルールが有ります。

公共交通機関運転手に対する業務妨害は、クラスCの重罪という事で、

最悪罰金だけでは済まされません。事前にしっかりと把握しておきましょう。

 

スーツケースは持ちこめない。ベビーカーは折りたためばOK。

TheBusは、大きな荷物の持ち込みは不可能となってます。

基本的に、ひざ上に乗らない荷物は持込不可能だと思った方が良いです。

手荷物のうち、座席の下またはひざの上に収納でき、別の座席にはみ出したり、他の乗客のじゃまになったりしないものは、無料で車内に持ち込むことができます。 他の乗客に危害や不快感を与える可能性のある大型の物品、持ち運びが困難な物品、危険な物品、不快な物品を手荷物として車内に持ち込むことはできません。 通路または座席上に手荷物を置くことはできません。

TheBus – 規約

ただ例外として、ベビーカーは折りたたんだ状態なら持込可能となってます。

折りたたみ式ベビーカー(お子様を降ろし、折りたたむ必要があります)

 

ひざ上に乗る荷物ってどんくらい?

というわけで、TheBusの規約を調べてみると、

スーツケースの最大寸法は22 x 14 x 9インチまで可能との事。

22 x 14 x 9インチ → 55.8cm × 35.56cm × 22.86cmくらいなので・・・

一般的な機内持ち込みサイズよりも、若干小さいサイズまでイケるみたい。

 

意外と大きな荷物でもイケるんだな・・・と思いましたが、

私がTheBusを利用する限り、小型スーツケースや、

大きなバックパックすらも見た事ないので、

大きな荷物を持っての乗車は遠慮した方が良さそう。

無理やり膝上に乗るくらいの荷物は、辞めといた方が無難。

スーツケースが持ち運べたら、ホテル間の移動にも使えるんだけどね。

 

車内での飲食は禁止。食べ物は密封推奨。

TheBus車内では飲食禁止です。買い食いしながら乗れません。

観光気分に気を付けましょう。

また、飲食禁止だけでなく、しっかりと容器に入れてないと駄目です。

ホノルル市の条例では、バスの車内で飲食することが禁じられているだけでなく、飲食物を持ち運ぶ際は、きつく閉められた容器カバーされた容器、または包装された容器に飲食物を入れることによって、容器を振ったり落としたりしたときに中身がこぼれ出るのを防ぐことが義務付けられています

TheBus – 規約

喰わないから、持ってるだけとか、当たり前ですが通用しません。

ファーストフードの持ち帰り、紙バッグ等も見かけますが、

匂い漏れにも気を付けようね。日本でも。充満するからねアレ。

 

車内が汚れるって点を考えれば、濡れた服や水着での乗車も駄目です。

他の乗客に不快感を与えない。という事が重要なわけです。

 

バス内が激しく寒い。長距離移動に上着は必須。

TheBus内は、冷房が効いているので、大抵の場合キンキンに冷えてます。

常夏ハワイ気分で半袖短パンで乗車すると、涼しいを通り越します。

特に長距離移動の際は、もの凄い寒くなるので、必ず上着を持って乗車しましょう。

 

ウインドブレーカーが便利だけど、無いなら大き目タオルでもOK。

遠くまで移動してると、帰るころには夕方、外もひんやり涼しくなります。

一枚羽織っているだけで、後の疲労感も変わってきます。

 

TheBusは地元民も愛用。大抵混んでます。

TheBusは地元の方が愛用するバス。

朝の早い時間帯でも、思ったよりも混んでます。通勤に利用する人も多いんだろうね。

DSC06705

時間帯にもよるんだろうけど、空いているバスってのに乗った記憶が無い。

DSC07131

特に、メジャーな観光地周辺の路線は、満員電車みたいな時も有るし、

混雑し過ぎると、バス停留所も素通りとなり、バスにさえ乗れない事も有る

だからこそ、大きな荷物は駄目だし、乗客マナーも必要なんだね。

 

観光客向けのバスでは無いから、観光地までのアクセスは悪い。

TheBusは現地のバスという事で、

ワイキキ周辺や都市部を巡るには、非常に便利なのですが、

観光客が行きそうな観光スポットまで行くとなると、少々不便です。

 

ダイヤモンドヘッドくらいなら、TheBusだけでも、なんとか行けますが、

バス停から入口までは、まぁまぁ歩くし、

シーフードで有名なNico’s Pier 38も、

最寄りのバス停からは、ちょっと歩きましたからね。

タンタラスの丘なんかは、完全にバスでは無理、

治安も微妙なので、帰る事も考えたら、ツアーで行くのが無難。

 

ノースショア方面にも行けますが、レンタカーのが楽しいんじゃないかと。

カイルアへ方面へもTheBusで行けますが、カイルア周辺は、

ワイキキ周辺ほど密集しておらず、バスで巡るとなると時間もかかる。

カイルアでバスに行くなら、自転車レンタルを推奨します。

 

バスの時刻表&路線図は、日本語対応のスマホアプリを活用。

The Busはバスルートが大量に有るのが良いのですが、

バス番号やバス路線図も大量に有るので、イチイチ覚えていたらきりも有りません。

※TheBusの路線図→TheBus – System Map

 

とはいえ、バス停にはバスの番号だけ記載されており、

時刻表や、行先名などの詳細表記は一切ありません

一見すると観光客には使いづらいように感じますが、

スマホアプリさえ有れば、なんとでもなってしまいます。

 

ハワイのバスアプリといえば「Da Bus(ダ・バス)」

DaBus2も登場し、日本語にも対応しています。

 

現在地情報から、付近のバス停、バスの到着予定時刻、ルートマップと、

アプリを起動するだけで簡単に調べられます。

DSC06702

 

DaBusの使い方を覚えるのが面倒という人には、

皆さんお馴染みGoogle Mapが最高に使えます。

 

目的地を入力するだけで、現在地情報から現時刻で乗るべきバスを表示してくれます

公共機関との連携もバッチリで、遅延情報まで表示されてました。

DSC06706

バンクーバーでもGoogle Map最強でしたが、ハワイでもGoogle Map最強です。

バスマップを制する者はバンクーバーを制す。Google Map×Transitアプリの賢い使い方。

 

スマホにはGPSが内蔵されており、

グーグルマップには、自分の居る場所もリアルタイムで反映されるので、

バスに乗り間違えても安心。居場所が分かるだけで焦らなくなります。

バスで降りるべき場所も近くなればわかるので、

アナウンスの無いバス停でも安心だし、

乗り過ごした際にも、素早く気付けるという。最高さ。

 

ハワイの時刻表も、有って無いようなモノなので、

バスの現在地が把握できるというのも超便利。

炎天下の中、延々と無駄に待つことも無くなります。

 

ちなみに、Googleマップは、マップ情報の取得にデータ通信を多く使用するので、

事前にGoogleマップをダウンロードしておけば、サクサクっとルート検索もできます。

日本では未対応のオフライン機能。ハワイは対応していますから。

 

TheBus(ザ・バス)は、ハワイで一番優れた交通手段。

海外で複雑なのは、言語では無く、現地のルール。

ルールさえ分かってしまえば、英語の理解が乏しくとも、

なんとなく分かりますし、なによりハワイは、なんとなくの英語で通じます。

 

TheBusも、ルールさえ把握してしまえば、何も難しい事は有りません。

一律料金で激安だし、トロリーでは行けない場所も行けます。

歩ける距離でも、バスが走っているなら、バスに乗った方が早い。

たった2.5ドルで、2時間以内なら2回も乗り換え可能だという事。

時間短縮にもなるし、乗りまくっても全然安いから。

 

タクシーは高いし、運転手とのコミュニケーションも面倒だし、

チップとかも考えなくちゃいけないし、近距離でボッタくられたからね。

ハワイのタクシーではクレジットカードは使えないと思った方が良い。

レンタカーなんて更に難易度高いですからね。

 

離れた観光スポットへも、レンタカー無しで行ける。

とりあえず、2.5ドル握りしめて、近くの距離で試してみて。

一回乗ってしまえば、不安なんて消え去ります。

TheBusも一つの観光スポットです。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です